映画『いけちゃんとぼく』のネタバレあらすじ結末

いけちゃんとぼくの概要:『いけちゃんとぼく』は、西原理恵子の絵本を原作とする実写映画。少年・ヨシオと、他の人には見えない生き物いけちゃんとの交流から、ヨシオが大人になっていく姿を描く。

いけちゃんとぼくの作品概要

いけちゃんとぼく

公開日:2009年
上映時間:107分
ジャンル:ファンタジー、コメディ
監督:大岡俊彦
キャスト:蒼井優、深澤嵐、ともさかりえ、萩原聖人 etc

いけちゃんとぼくの登場人物(キャスト)

ヨシオ(小学生時代:深澤嵐 / 大学生時代:池松壮亮)
感受性が豊かで、考えることが好き。地方の田舎町生まれだが、標準語で話す。他の人には見えない「いけちゃん」が一番の友達。殴られても泣かないので、いじめっ子の標的にされ続ける。
いけちゃん(声:蒼井優)
ヨシオにしか見ることができない存在。丸っこく、感情で色が変わる。どこからともなく現れ、ヨシオに助言したり、慰めたり、時には諌めたりする。
美津子(ともさかりえ)
ヨシオの母。夫の死後、働いてヨシオを養っている。
茂幸(萩原聖人)
ヨシオの父。戦艦長門が好きで、よくプラモデルを作ってはヨシオに見せていた。口では大きなことを言うが、ヘタレなところがある。愛人宅の前で溝に落ち、亡くなった。
みさこ(蓮佛美沙子)
高校生で、ヨシオの憧れの人。優しく清楚だが、実はギャルだった。押し込んでいたものが爆発したのか、金髪のド派手ギャルに変貌する。
清じい(モト冬樹)
牛乳屋の主人。空手の達人で、ヨシオに請われて空手を教える。
池子(吉行和子)
ヨシオの最後の恋人。ヨシオの子供時代を見たいと願う。

いけちゃんとぼくのネタバレあらすじ

映画『いけちゃんとぼく』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

いけちゃんとぼくのあらすじ【起】

地方の田舎町で暮らす小学生のヨシオには、他の人には見えない友達がいる。いけちゃんだ。いけちゃんは物心がつく前からヨシオの側にいて、呼んだらいつでも出てきてくれる。
丸っこい体で、大きくなったり小さくなったり、怒ったら赤くなる。感情で色が変わるのだ。

ヨシオの毎日は、家を出るときの運試しから始まる。ヨシオは近所に住む女子高生みさこさんにあこがれている。みさこさんはヨシオに飴をくれた。
今日はついていると思ったが、それは間違いだったことがわかる。
いじめっ子に遭遇したのだ。たけしとヤスは、殴っても泣かないヨシオをいつも狙ってくる。その日も散々殴られてしまう。

ヨシオがいじめられていることは父の茂幸の耳にも入った。茂幸は憤ってたけしとヤスの親に殴り込みに行こうとするが、目の前にして引き返す。そういう小さい男なのだ。
茂幸はたまに帰ってこないことがある。そういう日は、決まって美津子の機嫌が悪い。

茂幸が死んだ。ヨシオは突然突きつけられた現実を受け入れられずにいたが、葬式に集まった人々の下世話な会話から、父が浮気相手の家の前で酔っ払い、溝に落ちて死んだと知る。

いけちゃんとぼくのあらすじ【承】

ヨシオは父を亡くして、大人になる決意をする。いけちゃんは言った。「世界には他の子よりも早く大人にならなければいけない子がいる」と。ヨシオもそういう子なのだ。

それからヨシオは、ごはんを茶碗三杯食べるようになった。そしてたけしとヤスに立ち向かうため、清じいに空手を教えてくれと頼む。清じいは投げられた牛乳瓶を素手で割った実力者なのだ。清じいは、「まず掌を握り続けろ」とだけ言った。

ヨシオへのいじめはやむ事がない。いつも逃げてばかりの友達2人に、ヨシオは一緒に立ち向かおうと言うが、2人は絶対嫌だ、逃げないヨシオが悪い、と言う。
こうして友達とも仲違いしたヨシオは1人きりになった。

そんなヨシオと一緒にいるのは、女の子のみきだけだ。「女の子といてもつまらないか」と尋ねるみきに、ヨシオは突然唇を突き出して迫る。ヨシオに全く恋愛感情のないみきは「キモイ!」といって怒り、帰って行った。
そんな2人の様子を見ていたいけちゃんも怒っている。どうやらいけちゃんは女の子らしい。

いけちゃんとぼくのあらすじ【転】

ヨシオは隣の隣町まで行くことを決意する。いけちゃんと一緒に行こうかと思ったが、1人で行かなければならないと思い直す。
ヨシオはいけちゃんに教えてもらいながら、早起きして料理を作った。残ったものを母のために残し、「たまにはゆっくり休んで」とメッセージを残し、自転車に乗って旅立った。

ヨシオが行くのは、父親が亡くなった場所。
途中、大勢の男子が弱そうな男の子をいじめているところを見かける。ヨシオは、「どこに行ったって同じなのだ」と感じる。

目的地に着いた。愛人のアパートを除いてみると、大して幸せそうでも裕福そうでもなかった。ヨシオは拍子抜けする。
父親が死んだ溝に寝転がって空を見上げ、父も同じように空を見ながら死んだのだろうかと考える。
その時、大量の水が流れ込み、ヨシオはびしょ濡れになってしまった。

帰りの道中、行きに見かけた男子たちに囲まれた。自転車の住所から、たけしやヤスと同じ町から来たことがバレる。
この男子たちは、いつかたけしたちにボコボコにされたことを恨んでいた。

殴られるヨシオを助けたのは、車に乗って現れた金髪のギャルだった。なんとそのギャルはみさこさんだった。驚くヨシオに、「これが本当の私よ」と笑う。
みさこさんは、彼氏の車でヨシオを送ってくれた。

いけちゃんとぼくのあらすじ【結】

ヨシオは、父親が死んだ場所に行ってきた、と母に報告する。思ったよりも幸せじゃなさそうだった、と言うヨシオに、母は「もう行っちゃだめ」とだけ言うのだった。

いけちゃんは、ヨシオが大人になり始めていることに気付いていた。たまにヨシオはいけちゃんが見えなくなる。
夜遅くまでいけちゃんを探すヨシオを、母が見つけて諌める。自転車で先を行くヨシオを見ながら、美津子はいけちゃんに話しかけた。
まさか自分に話しかけてくるとは思わなかったいけちゃんは驚く。だが、美津子は見えるわけではないらしい。気配はわかるのだそうだ。
いつもヨシオを見守ってくれるいけちゃんにお礼を言った。

ヨシオたちが遊ぶ空き地に、あの隣の隣町のいじめっ子たちが押し寄せた。彼らが遊んでいる場所が宅地開発で使えなくなったので、この場所を奪うというのだ。
たけしとヤスは抵抗するが、人数の多い相手にボコボコにされ、泣いた。

見かねたヨシオは、喧嘩ではなく野球で勝負しよう、と提案する。相手もそれに乗った。
こうして、ヨシオ、たけし、ヤス、そしてみきやみさこ、ヨシオの友人も集まり、野球での勝負が始まった。
ヨシオたちのチームは本当に強く、相手を圧倒する。あまりの点差に苛立った相手は、卑怯な手を使い始める。そして結局乱闘騒ぎになり、警察までくることに。

大人に怒られ、いじめっ子たちは帰って行く。そんな後姿を見ながら、ヨシオは「また野球をしよう」「一緒に使えばいい」と言う。

こうしていじめはなくなり、みんなで仲良く遊ぶようになった。

もう、ヨシオは大人になっていた。いけちゃんは最後に、自分がヨシオの最後の恋人であることを打ち明けるのだった。

Amazon 映画『いけちゃんとぼく』の商品を見てみる