映画『ジャングル・ブック(2016)』あらすじネタバレ結末と感想

ジャングル・ブック(2016)の概要:原作はディズニー映画。アニメーション映画の実写化。主人公以外の動物がフルCGということで話題を集めた作品。ジョン・ファブロ―が監督をつとめた。主人公はニール・セディ。

ジャングル・ブック あらすじネタバレ

ジャングル・ブック
映画『ジャングル・ブック(2016)』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ジャングル・ブック あらすじ【起・承】

人間の子供、モーグリは、ジャングルで狼の群れの中で暮らしていた。メス狼のラクシャと、黒ヒョウのバギーラが主に彼の世話をしていたが、そんなある日、動物たちの憩いの場である水飲み場に凶暴な虎、シア・カーンが現れる。シア・カーンはモーグリの存在に気づき、なぜ人間がここにいる、人間は動物にとって敵であり、殺すべきだと主張した。狼の群れのボス、アキーラは、自分たちのルールにのっとって世話をしているから問題ないと主張したが、シア・カーンがモーグリを殺したがっているのは一目瞭然だった。

ジャングルの秩序を守るため、シア・カーンに歯向かうのは望ましくない。また、モーグリが人間であることには変わりなく、いつか大人になることもわかっていた。モーグリは、狼たちの苦悩を察し、群れから出ていくことに。アキーラやラクシャは苦しみながらも、それが最善だと判断した。

バキーラと共に草原をゆくモーグリ。しかしシア・カーンの襲撃を受けて、命からがら逃げのびたものの、バキーラとははぐれてしまった。モーグリを仕留め損ねたシア・カーンは狼たちの群れに出向く。モーグリは去ったのだから、平和に過ごそうというアキーラに静かに近づいたシア・カーンは和平を示すふりをして、アキーラを食い殺すのだった。

ジャングル・ブック あらすじ【転・結】

一人でジャングルをさまようモーグリは、大蛇に襲われる。大蛇の話では、大昔シア・カーンの左目に傷を負わせた人間がおり、その人間は子供を守るために赤い花(火のこと)を操っていたという。間一髪、大蛇に食べられる前に、クマのバルーがモーグリを助け出した。バル―は、モーグリを使って、崖の上のハチミツを手に入れたかったのである。

バルーとしばし穏やかな時を過ごすモーグリ。が、赤い花を欲しがる猿の王に連れ去られてしまった。バル―とバキーラが再び助け出すが、その中で、モーグリはアキーラが殺されたことを知った。

怒りに身を任せ、モーグリは赤い花を手にして動物たちの前に現れる。やはり動物に脅威をもたらす人間だとジャングルに怯えが走るが、モーグリはその赤い花(火)を捨て、シア・カーンに戦いを挑むのだった。

ジャングルの地形や、素早さを利用してモーグリはシア・カーンを追い詰め倒す。しかし森は山火事に包まれ、誰もがモーグリの死を覚悟した。しかしその時現れたのが、畏怖の対象である象の群れである。かつてモーグリは子供の象を助けたことがあり、その恩返しに象たちはモーグリを救ったのだった。

ジャングル・ブック 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2016年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:アドベンチャー
  • 監督:ジョン・ファヴロー
  • キャスト:ニール・セティ、ビル・マーレイ、ベン・キングズレー、イドリス・エルバ etc

ジャングル・ブック 批評・レビュー

映画『ジャングル・ブック(2016)』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

CGとは思えない

フルCG、ということを知ったのは、映画を観終わった後だった。そのくらい違和感がなかったと言っていい。もちろん動物がしゃべって動き回るため、本来ならあり得ない動きをしていることになる。だが現在はロボットも非常に高度な動きをするし、どこからがCGでどこからが人形でなんて考える余地はない。とはいえ、全てがCGというのは本当に驚きだった。もしそうなら、主演の子供は素晴らしい演技力の持ち主なのだろう。

さすがディズニー

基本的に勧善懲悪で、ぐっとくる部分が多かった。まずは初めのラクシャとモーグリの別れのシーンである。いつまでもあなたは私の子供、というラクシャの言葉に泣けた。モーグリを思いながらも、群れのことを考えなければならないというある意味人間にもよくある「社会」をどうとらえるかという問題が描かれていた。

また、最後にモーグリが火をもって戻ってきた時は、一体どうなることかと思ったが、投げ捨ててシア・カーンに挑む姿は幼いながらもとても勇敢でかっこよかった。基本的に子供っぽい言動が多く、かわいらしい印象のモーグリだが、あの場面だけは本当にかっこよくて胸が熱くなった。

狼だけでなく、社会と秩序を描いた物語だと思った。動物を描くだけでなく、モーグリという異端がいるからこそ、それを社会としてどのように包み込んでいくのか、個としては受け入れられても、秩序としてどうしていけばいいのか、そういった問題がまっすぐ描かれている作品だと感じた。総じて、さすがディズニー、と思わせてくれた。

ジャングル・ブック 感想まとめ

主人公以外の動物たちが、フルCGとは思えないほど、本当に美しいグラフィックだった。何より動物たちが自在に話し、生き生きと飛び跳ねる姿はとてもかっこいいし、誰もが一度は夢見た世界なのではないだろうか。モーグリという少年の成長を描きながら、社会の機能、そして秩序とは、という側面も掘り下げている、さすがディズニーと言わせてくれる大作に間違いない。幼い子供には難しいテーマかもしれないが、裏を返せば大人でも十分に学ぶところの多い作品である。

Amazon 映画『ジャングル・ブック(2016)』の商品を見てみる