映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃の概要:劇場版クレヨンしんちゃんシリーズ第23作目。野原一家が、父の海外転勤でメキシコへ。新種のサボテンを巡り、一家のきずなが試される。興行収入22億9000万円のヒット作。

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃の作品概要

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃

公開日:2015年
上映時間:104分
ジャンル:アション、ファンタジー、コメディ、アニメ
監督:橋本昌和
キャスト:矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ etc

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃の登場人物(キャスト)

野原しんのすけ(矢島晶子)
野原家の長男。幼稚園の友人達と「かすかべ防衛隊」を結成。きれいなお姉さんが大好きで、引っ越し先のメキシコでもラテン系幼稚園教諭カロリーナに夢中。物怖じしないマイペースさで、どんなピンチも乗り越えていく。
野原ひろし(藤原啓治)
野原家の父。双葉商事勤務。新種のサボテンを輸入するため、メキシコ支社へ栄転となる。妻の尻に敷かれる優男だが、大黒柱としての責任感は強く、家族を守る事を一番に考えている良き夫。
野原みさえ(ならはしみき)
野原家の母。明るく働き者の母だが、お調子者のしんのすけには、いつも雷を落としている。家族の為なら自分を犠牲にする事もいとわない、強い女性。
カロリーナ(坂本真綾)
マダクエルヨバカ幼稚園の教諭。美人でスタイル抜群のメキシコ人女性。ダンスがうまく、運動神経も良い。園児のしんのすけの誘いもバカにせず、ダンスに応じてあげる優しい先生。
ドゥヤッガオ・エラインデス(平田広明)
野原家が引っ越した、マダクエルヨバカの町長。町を愛する気持ちは強いが、その反面、よそ者には厳しくあたる。新種のサボテンを町興しの要と考えており、サボテンが人を襲い始めても、共存を主張し続ける。
フランシスカ(指原莉乃)
いつもスマートフォンを見ている、メキシコ人の少女。しんのすけが付けたあだ名は「スマホちゃん」。無愛想で人を見下した態度を取り、何でもスマホで写真を撮る。しかし、情報収集能力に長け、とっさの時にはスマホを犠牲にするなど根は優しい。

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃のネタバレあらすじ

映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃のあらすじ【起】

埼玉県春日部市。野原一家は、いつもと同じ平凡な朝を過ごす。しかし、出勤した父・ひろしを待っていたのは、メキシコ支社マダクエルヨバカ支部異動の辞令だった。現地で採れる巨大サボテンの蜜を輸入するため、部長に昇格しての栄転だ。

危険の伴うメキシコ転勤に、単身赴任を覚悟するひろし。しかし、妻のみさえは、まだ幼い息子しんのすけと妹ひまわりの成長を見届けたい夫の苦悩を理解していた。しんのすけも、家族で共に過ごすことを望む。近所の人々や幼稚園の友人達との別れはつらいが、前向きな気持ちで春日部を発つ野原一家。しんのすけには、かすかべ防衛隊の仲間達から、オリジナルのロゴバッヂが贈られた。これがあれば、世界中どこにいても友達だ。

飛行機を降りると、そこは白い砂浜や陽気な音楽、明るい太陽の日差しが満ちた楽園のような場所だった。豪華な社宅の写真にも心躍らせ、しばしのメキシコ観光を楽しむ野原家。しかし、バスで一昼夜かけ移動し、いざ到着したマダクエルヨバカは寂れた田舎町だった。崖に囲まれた過疎町。支部唯一の社員、ホセ・メンドクセーが迎えに来るが、連れて行かれた社宅は壁もできていない建築中の状態だ。ひろしとみさえは落胆を隠せないが、楽しそうな子供達と犬のシロの様子に励まされ、現地での生活をスタートさせる。

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃のあらすじ【承】

あっという間に現地幼稚園に馴染むしんのすけ。すぐに言葉も覚え、メキシコらしい情熱的な踊りも大得意だ。大好きなカロリーナ先生と、サボテンフェスティバルでのダンスの約束も取り付けた。大きなサボテンの収穫を祝って、町を挙げてのお祭りが開かれるのだ。

一方、そのサボテンを巡って、ひろしは困り果てていた。町長のドゥヤッガオ・エラインデスは、突如現れた新種のサボテンを町興しの救世主として考えていたのだ。それが世界中の商社から狙われ、うんざりしていたのである。貧しい町だったのに、サボテンが生えて急にすり寄って来たハイエナ達。ひろしもその一人として、門前払いをされてしまう。

サボテンフェスティバル当日。ひろしの気など知らず、祭りを楽しむしんのすけ。カロリーナと踊ろうとしたその瞬間、女王サボテンの頂上に花が咲いたではないか。見とれる町の人々。すると、女王サボテンを取り囲む小さなサボテン達が、一人、また一人と町の人を飲み込み始めた。脚が生え、逃げ惑う人達を追いかけ回す。人食いキラーサボテンだ。

保安官がキラーサボテンを撃ちまくり、親玉の巨大サボテンも破壊しようと銃を向ける。しかし、彼を止めたのは町長だった。町長は、町の評判を守りたがっていた。この騒ぎは一時的な事のはずだ。そうこうしているうちに、砕けたキラーサボテンの欠片が集まり、また新たなキラーサボテンが生まれていく。祭りに招待されたサボテン研究科・イケガミーノによれば、サボテンは接ぎ木でくっつき、どんどん強くなる性質を持っているらしい。

保安官が食べられ、広場から逃げ出す人々。ホセが野原一家を助けに現れるが、彼も食べられてしまった。カロリーナの案内で、どうにかパブに逃げ込む。そこには、町長をはじめ町の人達も隠れ潜んでいた。

ひろしは町を出ようと提案するが、町長が許さない。しんのすけはシロが心配だが、ひまわりのオムツや食料調達の方が先決だ。電波もなく電話も通じず、ひろしとフランシスカ、そして勝手について行ったしんのすけが、スーパーに物資調達に向かう。結局そこでも、しんのすけが走らせたおもちゃのパトカーにサボテンが集まり、隠れ家のパブがサボテン達に見つかってしまった。

裏口から逃げ、バスターミナルを目指す。次々に食べられていき、バスに乗れたのは野原一家とカロリーナ、町長、そして愛の歌を弾き語るマリアッチ、弱虫覆面レスラーのレインボー仮面、スマホに夢中のフランシスカだけだった。安心したマリアッチが弾き語りを始めると、あっという間にサボテンにバスが乗っ取られてしまう。運転手が食べられ、暴走して大破したバスを捨てる。またサボテンとの追いかけっこかと思いきや、壊れたバスのステレオに群がるサボテン達。どうやら、音に反応するらしい。一行は、静かに町を出る橋へと向かうのだった。

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃のあらすじ【転】

橋は、既にたくさんのサボテンに占拠されている。さらに、祭りの取材に来たヘリまで襲われ、飲み込まれてしまった。町を出る事に反対の町長は、一行を建設中のサボテンランドに連れて行く。ここには水も発電機も、高い塀もあるのだ。しかし、食料が無く、代わりに見つかったのは工事用ダイナマイトだった。

やはりここにはいられない、と、橋を渡る作戦を練るひろし達。音楽が鳴るサボちゃんカーにダイナマイトを括り付け、囮にする事にした。橋を渡る時間さえあればいいのだ。しかし、サボテンの蜜を逃すまいとした町長のせいで、謝って橋を爆破してしまう。さらに、ダイナマイトで粉々になったキラーサボテンが、あっという間に増殖してしまう。一行は、逃げる途中で離れ離れになってしまった。

しんのすけと町長は、一度町に戻って食料を探すことにした。町はすっかり廃墟になっている。しんのすけに、地元のフルーツをすすめる町長。サボテン以外にも美味しいものはあるのに、町は貧しく、どんどん廃れてしまった。彼は巨大サボテンを使って、皆の為にマダクエルヨバカをメキシコ一の町にするのだと息巻くが、しんのすけに「もう誰もいないのに?」と指摘されてしまう。

食料を抱えランドに向かう途中、オシッコをせがむしんのすけ。仕方なく道端でさせると、それが偶然キラーサボテンに引っかかり、サボテンが溶けてしまった。水が弱点なのだ。大事な情報を見つけ、ランドの事務所に向かう二人。

そこでは、ひろしやみさえ、カロリーナがしんのすけの身を案じていた。三人は一度しんのすけを探しに出たが、彼のマラカスを見つけただけで、余計に心配になっていたのだ。ひろしの臭い靴下でなんとかサボテンと闘うが、日が暮れてしまい、事務所に戻ってきたところだった。それでも、息子を探しに出ようとしていたみさえ。しんのすけの帰還を一家は心から喜んだ。ずっと反抗的な態度をとっていたフランシスカや、見た目ばかりで逃げ腰のレインボー仮面は、複雑な面持ちでその様子を眺めていた。

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃のあらすじ【結】

サボテンの弱点を知り、皆で水を集めようと盛り上がる。しかし、町長だけは、乾季だし消防車も無いから無理だと後ろ向きだ。そこで、カロリーナが山の上にある貯水タンクの事を思い出した。元栓の場所は、フランシスカが知っている。スマホで検索すれば一発だ。水は、巨大サボちゃんバルーンに貯めればいい。そこに、再び町長が反論した。水を溜めて女王サボテンにかける間、キラーサボテン達はどうするつもりだ。すると、マリアッチが名乗り出る。自分の歌で気を引こう。そして、彼を守るために手を挙げたのは、レインボー仮面だった。

翌朝、作戦開始だ。各々が仮面やコーラ、スマホに臭い靴下を装備し、事務所を出発する。ひろしとみさえはバルーンを蛇口まで運び、カロリーナとしんのすけ、フランシスカは元栓へ向かう。その間、マリアッチとレインボー仮面は広場で時間稼ぎだ。

囮の二人が善戦し、バルーンは無事にセットされた。山頂にもキラーサボテンが現れるが、フランシスカのスマホやカロリーナのコーラが活躍し、なんとか開栓に成功する三人。パイプを滑り降りて、ひろし達と合流だ。バルーンは、どんどん水が溜まって膨らんでいる。

すると、サボテン達に異変が現れた。女王サボテンがキラーサボテン達を次々に吸収し、大きくなり、ついには足が生えだした。タコのように動き出す女王サボテンに、囮の二人も逃げ出すしかなくなってしまう。

この危機を救ったのは、町長だった。彼はクレーン車にサボちゃんカーをぶら下げ、音楽を鳴らして自ら囮になっていた。マリアッチとレインボー仮面を逃がし、バルーンの下まで女王サボテンを誘導する町長。ひろし達は、女王サボテン目指してバルーンを転がした。しかし、勢いよく転がりだしたバルーンには、しんのすけがしがみついたままだった。

バルーンは見事サボテンに命中するが、割れてくれない。女王サボテンの足にはトゲが無く、跳ね返ってしまうのだ。サボテンはバルーンを抑え込み、まとわりつくしんのすけを空に放り投げてしまう。しかし、しんのすけはただでは落ちてこなかった。ずっと付けていた防衛隊バッヂを外し、ピンをバルーンめがけて突き刺したのだ。

水は勢いよく吹き出し、大きな虹の下で女王サボテンはあっという間に崩れていく。幸いな事に、中から飲み込まれた人々が生きて出てきたではないか。食虫植物は、消化に時間がかかるのだ。新種のサボテンは無くなってしまったが、町には平和が戻ってきた。町に取り残されていたシロは、すっかり町の野犬たちのリーダーになっていた。町長はサボテンランドをオープンし、それが新たな目玉となった。レインボー仮面はリングで戦える度胸が付き、野原家の家も無事に完成した。

一方、埼玉県春日部市。しんのすけを涙で見送った風間君の元に、一通の絵ハガキが届いていた。しんのすけからだ。いろいろあったけど元気、という肝心な事が何もわからないハガキに、思わず笑ってしまう。サボテンが無くなったので、直に春日部に帰って来るらしい。雨上がりの春日部の空にも、マダクエルヨバカと同じ、大きな虹がかかっているのだった。

Amazon 映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』の商品を見てみる