映画『吸血少女対少女フランケン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「吸血少女対少女フランケン」のネタバレあらすじ結末

吸血少女対少女フランケンの概要:2009年の日本のアクションホラー映画です。本作は内田春菊の描いた『闇のまにまに~吸血少女対少女フランケン』という作品を原作にした作品です。可愛い少女達が血塗れになりながら闘う、爽快感抜群の映画です。

吸血少女対少女フランケンの作品概要

吸血少女対少女フランケン

公開日:2009年
上映時間:85分
ジャンル:SF、アクション
監督:友松直之、西村喜廣
キャスト:川村ゆきえ、斎藤工、乙黒えり、亀谷さやか etc

吸血少女対少女フランケンの登場人物(キャスト)

有角もなみ(川村ゆきえ)
本作の主人公的存在でヒロインでもある、何百年も生きているヴァンパイアの少女です。樹権に惚れてしまい執拗に付き合う事を迫り、四六時中付け狙います。
富良野けい子(乙黒えり)
もなみのライバル的存在の女の子です。もなみと同じく樹権に惚れてますが、事故で亡くなってしまいます。マッドサイエンティストの父親の手によって蘇ります。
水島樹権(斎藤工)
本作の正当な主人公であり、数々の受難を受けるイケメン主人公です。個人的にはもなみと一緒になってもいいと思ってますが、彼女の秘密が気になって仕方がありません。

吸血少女対少女フランケンのネタバレあらすじ

映画『吸血少女対少女フランケン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

吸血少女対少女フランケンのあらすじ【起】

あるところに、一人の少女がいました。その少女はセーラー服を着ており、赤い頭巾を被っていました。その少女の横には学生服を着た少年がおり、二人は神妙な顔つきで歩いていました。すると、二人の目の前に化け物が現れました。その化け物達は様々な武器を手につけており、二人に襲いかかってきました。少年は走って逃げ出しましたが、少女は違いました。少女がその手を振ると、少女の手首から血が飛び出しました。その手首から出血した血は、見る見る内に凝固し、まるで刀の様になりました。

少女は手首から生えた血の刀で、化け物達と戦い始めました。化け物達はまるで怯むことなく、少女に襲いかかりました。しかし、少女は化け物達を軽々と殺し始めました。少女がその手の刀を振り回すと、化け物達の頭は次々と宙を舞いました。

化け物達を全て倒した少女は、少年の手を取り、歩き始めました。少年はそんな少女に畏怖しつつも、少女の事を信頼しており、少年は少女に着いていきました。少女も少年の事を好いているらしく、少年と共に笑顔で歩いて行きました。

吸血少女対少女フランケンのあらすじ【承】

そして、少年は心の中で語り始めました。少女と何故、一瞬にいるのかを語り始めました。

少年の名前は水島樹権と言い、イケメンの高校生でした。学校ではモテモテで、フォンクラブもあり、樹権はそれを疎ましく思っていました。しかし、反対にそのフォンクラブなどが無くなると寂しい事も分かっており、ファンクラブがある事を嬉しくもありました。

そんなある日、樹権のクラスに転校生が来ました。その転校生は、噂では大層な美人らしく、樹権も少し期待してました。女性にモテモテで女性に飽きている樹権でも、新しい出来事にはワクワクするのでした。

そして樹権のクラスに転校生が入ってきました。その転校生は大変な美人で、女性に飽きた樹権ですらドキドキしてしまいました。そして、その転校生は樹権の事をじっと見つめ始めました。樹権はあまりにも美人なその転校生の視線に、凄くときめいてしまいました。その転校生の名前は有角もなみと言い、樹権はすぐに名前を覚えました。しかし、樹権は実はシャイだったので、もなみにすぐにアプローチはせず、その日はそのままもなみに話しかける事はありませんでした。

吸血少女対少女フランケンのあらすじ【転】

ある日、樹権が登校してくると、もなみが近付いてきました。樹権は酷くドキドキしましたが、冷静を保っていました。するともなみがチョコレートを渡してきました。その日はバレンタインデーだったのです。樹権は大変喜び、もなみにお礼を言いました。もなみは何食わぬ顔で歩いて去っていき、樹権はニコニコしていました。

そして樹権は急いで一人になれるとこに行き、チョコレートの包装紙を開けました。中にはミートボールぐらいのサイズの、美味しそうなチョコレートが入っていました。樹権がすぐにそのチョコレートを食べると、酷く変な味がしました。樹権は少し吐き出し確認すると、手の上には赤い物がありました。よく見てみるとそれは血でした。樹権はすぐに全て吐き出し、水で口を濯ぎました。

すると、もなみが目の前に現れました。樹権がチョコレートを食べた事を確認すると、もなみはニコリと笑いました。樹権は酷く怒りましたが、その瞬間、視界がおかしくなってきました。樹権の視界は曇り、周りの人間達がおかしく見え始めました。

吸血少女対少女フランケンのあらすじ【結】

実はもなみはヴァンパイアであり、自分と永遠の時間を歩んでくれる人を探していたのです。もなみは樹権を一目で気に入り、樹権に自分の血を飲ませる事にしたのです。ヴァンパイアは自分の血を飲ませると、その人間をヴァンパイアに出来る力を持っていたのです。

そんな突然の告白に驚いてる樹権を他所に、いきなり他の女の子が現れました。その子は樹権に想いを寄せている、富良野けい子と言う女の子でした。しかし、けい子は屋上でもなみと話している最中に、足を滑らし落ちてしまい、死んでしまいました。

けい子は死にましたが、マッドサイエンティストの父親の手により蘇り、もなみに勝負を挑みました。もなみはその勝負を受けて立ち、闘い始めました。吸血少女と少女フランケンの闘いが始まったのです。樹権は訳も分からず、見てるだけでした。

そして、もなみはけい子との勝負に勝ち、樹権と抱き合いました。そして樹権はもなみと一緒になり、ヴァンパイアの従者としての長い道程を歩き始めました。何人目か分からない、もなみの従者となって、何処までも歩いて行きました。

Amazon 映画『吸血少女対少女フランケン』の商品を見てみる