映画『リトル・イタリーの恋』あらすじネタバレ結末と感想

リトル・イタリーの恋の概要:オーストラリアのリトル・イタリーで暮らしているアンジェロはイタリアで暮らす花嫁候補のロゼッタに自分と偽ってイケメンの弟の写真を送ってしまう。この嘘が思わぬ展開を招く。2004年公開のオーストラリアとイギリスの合作映画。

リトル・イタリーの恋 あらすじネタバレ

リトル・イタリーの恋
映画『リトル・イタリーの恋』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

リトル・イタリーの恋 あらすじ【起・承】

1950年代後半のオーストラリア。イタリア系移民のアンジェロ(ジョバンニ・リビシ)とジーノ(アダム・ガルシア)の兄弟はリトル・イタリーでカフェを営む叔父夫婦の家で暮らしていた。真面目で内向的なアンジェロとルックスが良く明るいジーノは正反対の性格をしていたが、とても仲のいい兄弟だった。

ジーノにはコニーという恋人がいたが、兄より先に結婚はできないと考えていた。アンジェロは花嫁候補としてロゼッタ(アメリア・ワーナー)という美しい娘の写真を見せられ、彼女へ手紙を書く。しかし自分のルックスに自信のないアンジェロは手紙に弟の写真を入れてしまう。

イタリアで暮らすロゼッタは一目でジーノの写真を気に入る。彼女はジーノをアンジェロだと思い込んで結婚を承諾し、家族と離れる不安を紛らわすため自分とジーノの恋物語を書き始める。

アンジェロはロゼッタがオーストラリアに到着する日にジーノへ自分の嘘を打ち明ける。驚いたジーノは彼女と会うことを拒み、アンジェロがロゼッタを迎えに行く。本気でジーノに恋していたロゼッタは彼がアンジェロの弟だと知り、ショックで倒れてしまう。

リトル・イタリーの恋 あらすじ【転・結】

ジーノはなんとかロゼッタを説得して兄と結婚させようとするが、ジーノ自身がロゼッタに心を奪われる。ジーノは自分の気持ちを抑えるためコニーにプロポーズする。しかしコニーはジーノが心から自分を愛していないと感じ、プロポーズを断る。

ロゼッタの恋物語を読んだジーノは寝言で彼女の名前を呼んでしまう。それを聞いたアンジェロは弟の気持ちに気付く。アンジェロは傷ついているロゼッタに弟の気持ちを伝えてやり、コニーもジーノが嘘をついていることを見抜いて彼に別れを告げる。

それでもジーノは素直になれず、ダム工事の現場へ出稼ぎに行くと言い出す。ロゼッタは自分のせいで兄弟の絆が壊れることに胸を痛めイタリアへ帰る決意をし、兄弟の家を出る。コニーは誠実で優しいアンジェロに惹かれ、アンジェロも彼女を愛し始める。

ロゼッタが帰る日、アンジェロとコニーはロゼッタの残した恋物語を読み、強引にジーノを車に乗せる。ジーノもようやく心を決めてロゼッタのもとへ急ぐが、船は出航する直前だった。ジーノは船に乗り込み、船上でロゼッタとキスをする。

イタリアで結婚式を挙げたジーノとロゼッタには子供が生まれ、オーストラリアではアンジェロとコニーが結婚式を挙げる。2組のカップルをみんなは心から祝福する。

リトル・イタリーの恋 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2003年
  • 上映時間:103分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:ジャン・サルディ
  • キャスト:ジョヴァンニ・リビシ、アメリア・ワーナー、アダム・ガルシア、シルヴィア・ドゥ・サンティス etc

リトル・イタリーの恋 批評・レビュー

映画『リトル・イタリーの恋』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

おとぎ話のお姫様のような…

ロゼッタはジーノの写真をアンジェロだと思い込んだままオーストラリアにやってくる。ところが対面したアンジェロは写真とは別人で、彼女は大ショックを受ける。それは当たり前だ。ジーノの写真をノートに貼り付け、乙女チックな恋物語を散々空想してこの日を待っていたのだから。これはアンジェロが悪い。最悪だ。

しかし事実を知った後も彼女の“ジーノが好き”という気持ちは全くぶれない。むしろ高ぶっている。ロゼッタが盲目的に自分の空想に酔いしれているようにしか見えないのが痛い。さらに彼女はジーノの顔しか見ていない。写真で結婚相手を決める時代なので、それでいいのかもしれないけれど…実際に会えばいろいろと葛藤があるだろう。普通は。

ロゼッタを演じたアメリア・ワーナーは人形のように美しい。しかし演技まで人形みたいなので“お前はおとぎ話のお姫様か!”と心の中で何度もツッコんでしまった。

ジーノは結局人任せ

ジーノは頼りない兄のアンジェロをずっと支えてきたしっかり者の弟で、兄を大切に思う気持ちに嘘はない。ロゼッタのこともジーノに責任はない。そのため前半は情けないアンジェロにイライラする。しかし後半は一転して、ロゼッタに惚れてしまったことが見え見えなのに認めようとしないジーノにイラつく。“自分のことは諦めて兄を好きになってくれ”なんて偽善もいいとこだ。実際にロゼッタが兄と結婚したら、どうするつもりだったのか。

しかしあっという間に元カノのコニーとアンジェロがひっついてくれたので、ジーノは無事にロゼッタと結ばれる。こんなラッキーなことはない。ラッキーではあるが、やはりここはジーノが自ら行動すべきではなかったか。“元カノと兄がお膳立てしてくれたので何とかうまくいきました”では、男としてダサすぎる。話もさっぱり盛り上がらない。

リトル・イタリーの恋 感想まとめ

とにかく複雑な恋愛模様の描き方が浅い。ロゼッタの創作恋物語よりも現実の会話や行動で話を盛り上げて欲しかった。そうでないと4人の恋愛感情がものすごく軽く見える。好きになるのも忘れるのも早いし。ほんとに中学生の恋愛話じゃないのだから。

内容はともかく…映像や音楽など、全体のセンスはとてもいい。さらに設定も面白そうで期待したのだが、少女漫画風味な展開には興ざめした。私が枯れているからか。恋に恋するお年頃の女の子が見たら、意外にウケるのかもしれない。

Amazon 映画『リトル・イタリーの恋』の商品を見てみる