『マトリックス』あらすじとネタバレ映画批評・評価

マトリックスの概要:プログラマとして働くトーマスはある日、トリニティーという謎の女性に連れられてモーフィアスという男性に会う。彼から「この世界は仮想世界だ」と告げられ、現実世界で生きる選択肢を選ぶ。現実だと思っていた仮想世界とはまったく違う世界で目覚めた彼はネオと呼ばれ、この世界を救う救世主だと言われる。モーフィアスと戦闘訓練を行い、エージェント・スミスと呼ばれる敵との戦いに備えるネオ。はたして、彼は救世主としてこの現実世界を救うことができるのであろうか?!

マトリックス

マトリックス あらすじ

映画『マトリックス』のあらすじを紹介します。

「マトリックスが見ている」
突然、トーマスの元に届いた不思議なメール。そこには「白いうさぎについていけ」という指示がかいてあった。
訳のわからないトーマスであったが、謎の女性トリニティーと出会い、彼女に連れられてモーフィアスという男性に会うこととなる。

モーフィアスはトーマスに対して、今生きている世界は仮想世界であると伝え、「このまま仮想世界で生きるか、それとも現実世界で生きるか」彼に選択を迫る。この仮想世界は「マトリックス」と呼ばれ、コンピューターによって作り出されたものだと知ったトーマスは、日頃感じていた違和感と納得できるところがあり、現実世界で生きるとモーフィアスに告げる。

しかし、現実世界はトーマスが想像していた以上に驚きの連続であった。
機械と人間はパートナーとしてではなく、人間が機械の支配下に置かれ、人類は「サイバー人間」として機械の原動力となる電源を供給するものとして扱われていたのだ。

トーマスはネオと呼ばれ、世界を救う救世主として扱われる。何がなんだか理解できないまま、モーフィアスとともに仮想世界と現実世界を移動し、敵のエージェント・スミスと戦うための戦闘技術を訓練する。

マトリックス 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1999年
  • 上映時間:92分
  • ジャンル:SF、アクション、サスペンス
  • 監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
  • キャスト:キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィービング、グロリア・フォスター etc…

マトリックス 批評 ※ネタバレ

映画『マトリックス』について、2つ批評します。※ネタバレあり

機械VS人間

本作品の中で、現実世界では人間が機械にエネルギーを与えるという仕組みになっている。
その仕組みは、トーマスが目覚めた際に閉じ込められていたカプセルがポイントである。
機械は人間をとらえ、このカプセルに閉じ込めることによって意識の中で仮想世界での生活を営ませる。
仮想世界の中で人間が動いたり、生活することによって生まれる微弱な電流を機械はエネルギーとして収集し、利用しているのである。
このため、カプセルに閉じ込められていたトーマスの体にはいたるところに部品のような金属らしきものが埋め込まれているのである。

映画のストーリーの前提となるこの設定であるが、そもそも、いつから機械と人間が争うようになったのだろうか。
劇中には描かれていないが、そもそも機械が意識を持ち始め、人間が機械を労働力として酷使していたことに抵抗したことがきっかけのようです。抵抗する機械に対して、人間は破壊を試みますが、残虐な破壊によって機械が反逆を起こし、形勢逆転したあたりから人間が支配下に置かれたようです。

なかなか、本作品を見ただけではこの世界観を理解することが難しいかもしれません。有名な作品な分、数多くの解説や解釈が展開しているので興味がある方は是非しらべてみてください!

優秀なソフトウェア「エージェント・スミス」

作品の鍵を握る「エージェント・スミス」。彼の役割は仮想世界に訪れた現実世界の人間を排除することである。
いわゆるパソコンで言えば、ウィルス対策のソフトウェアであり、侵入者がいれば場所を構わず出現する恐ろしい敵である。
これが、実際にウィルス対策ソフトであればとても優秀なソフトウェアなのであるが、この作品で見る限り、サングラスに黒スーツで見た目は奇妙としか言いようがない。

また、この次回作「マトリックス リローデッド」ではエージェントが増殖してネオを襲う名シーンがある。これまた、全員がサングラスに黒スーツなので画面が真っ黒でなにがなんだか・・。
でも、ネオたちもサングラスに全身黒なので、この世界ではそういうスタイルが流行なのかもしれませんね。

まとめ

シリーズにもなっている話題作「マトリックス」であるが、私はいまいちこの作品の面白さがわからない。
たしかに映像技術が大変すばらしく、戦闘シーンは本作品の魅力であるが、それ以外のストーリー性や演出はいまいち設定が理解できない。

そもそも、トーマスがいた仮想世界からなぜ急にトリニティーが出現したのか、トーマスはなぜ仮想世界にいたのか、最初の設定から謎であるし、この仮想世界と現実世界との結びつきは本作品で見ただけでは理解しがたい。

この謎が多い作品だからこそ、世界中からの評価が高く、マトリックスという世界への考察、人間と機械との関係性についての考察が数多くされているのかと感じた。

Amazon 映画『マトリックス』の商品を見てみる

関連作品