『メン・イン・ブラック』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

メン・イン・ブラックの概要:「メン・イン・ブラック」(原題:Men in Black)は、1997年のアメリカ映画。監督は「アダムス・ファミリー」のバリー・ソネンフェルド。製作総指揮に「E.T.」、「ジュラシック・パーク」などのスティーヴン・スピルバーグ。主演は「メン・イン・ブラック」、「スペース・カウボーイ」のトミー・リー・ジョーンズと、「バッドボーイズ」、「インデペンデンス・デイ」のウィル・スミス。共演にはリンダ・フィオレンティーノ、ヴィンセント・ドノフリオ、リップ・トーンなど。

メン・イン・ブラック あらすじ

メン・イン・ブラック
映画『メン・イン・ブラック』のあらすじを紹介します。

ニューヨークで犯人を追う刑事のジェームズ・エドワーズ(ウィル・スミス)の前に、黒いスーツに黒いサングラスの男、”K”(トミー・リー・ジョーンズ)が現れ、地球上のエイリアンを監視する秘密機関の者だと名乗った。彼を伴って”K”は質屋に向かい、いきなり店主の頭を銃で吹き飛ばすが、その体は瞬く間に再生してしまう。驚くジェームズに”K”はペン型ライトを見せ、それが光った瞬間にジェームズの今夜の記憶は消えていた。翌朝にジェームズは”K”の残した名刺の住所を訪れる。そこは宇宙人との接触を目的に設立された「MIB」と言う政府の最高秘密機関だった。”K”とその上司”Z”(リップ・トーン)の説明によると、その任務はエイリアン受け入れの移民局の運営であり、地球上での彼らの行動を監視し、その存在を世間から隠すことだった。

ジェームズは刑事を辞め、MIBに入ることを決意する。彼の存在を証明するデータは全て抹消され、MIBの新人エージェント”J”が誕生した。その頃、NY郊外に円盤が墜落し、バグという凶悪なエイリアンが地球に無断侵入していた。バグは農夫のエドガーを襲ってその皮膚を着てNYに向かい、”K”と”J”は彼の後を追う。やがてエドガーの姿を借りたバグに宝石商ローゼンバーグが殺された。検死官補のローレル博士(リンダ・フィオレンティーノ)は、死体の内蔵がないことに首をひねる。”K”と”J”がその現場に駆けつけると死体の頭部が開き、そこに瀕死の小さなエイリアン、アルキリアン帝国の王族が現れ、謎の言葉を残して王子は息絶えた。二人がMIB本部に戻ると緊急事態が発生していた。エイリアンたちが次々と地球を離れ、さらにアルキリアンの戦艦から「銀河系を返せ」と謎めいた警告が届いている。パグ犬の姿をした宇宙外交の専門家フランクに相談すると、銀河系とは貴重な原子エネルギー源であり、ローゼンバーグの持っていたガラス玉の事だと判明。ローレルはローゼンバーグの死体から離れようとしない、彼の愛猫オリオンが不思議な首飾りをしていることに気づく。「オリオンのベルト」とは猫の首輪のことだった。”K”と”J”もそれに気づくが、ひと足先にエドガーがローレルの前に現れ、彼女を人質に「銀河系」を奪い逃走する。行き先は万博跡地に隠された円盤である。一方、アルキリアン帝国は、1時間以内に「銀河系」を奪回できなければ、地球を滅ぼすと最後通告する。”K”と”J”は万博跡地に駆けつけ、エドガーを乗せた円盤を墜落させるが、エドガーの皮を剥いだバグは巨大なゴキブリ型エイリアンの正体を現し”K”と”J”に迫る。

メン・イン・ブラック 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1997年
  • 上映時間:85分
  • ジャンル:SF、アクション、コメディ
  • 監督:バリー・ソネンフェルド
  • キャスト:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス、リンダ・フィオレンティーノ、ヴィンセント・ドノフリオ etc

メン・イン・ブラック 批評 ※ネタバレ

映画『メン・イン・ブラック』について、感想批評です。※ネタバレあり

頭を空にして楽しめるエンターテインメント

無愛想なトミー・リー・ジョーンズ演じる”K”と、表現豊かなウィル・スミス演じる”J”のコンビが対照的で、独特なコメディセンスで笑いを誘う。エイリアンが地球に襲来する設定ではなく、地球には既に多くのエイリアンが住んでおり、人類と共存しているという設定が斬新である。バリー・ソネンフェルド監督とスティーブン・スピルバーグが悪ノリ気味で作った「スター・ウォーズ」のようなイメージであり、それぞれの宇宙人の個性が何とも魅力的である。ストーリーは悪いエイリアンを退治するというありきたりな内容であり、シナリオに重きを置いている映画ではないが、その解りやすいストーリーが笑いのセンスとテンポの良さを際立たせ、ユーモアに満ち、何も考えずに楽しめるエンターテインメントとしてのクオリティの高さが満喫できる。「逃亡者」の渋い演技でオスカーに輝きながらも、主演作品には恵まれなかったトミー・リー・ジョーンズの魅力を、上手いこと引き出した作品としても注目度が高い映画である。

アメリカ的ブラックユーモアのオンパレード

「MIB」の黒いスーツにサングラスという「ブルース・ブラザース」みたいな出で立ちが、ブラックコメディのイメージにピッタリである。携帯電話や記憶消去装置のペンライトなどの小物などユニークなアイデアグッズも満載であり、特殊効果もコメディにしては大がかりな演出で力が入っている。敵にした悪者がゴキブリ型の化け物であり、随所に現れるグロシーンは少々いただけないが、凡庸になりがちな展開の中で「悪趣味」というエッセンスを織り込んだ、アメリカ的な一つのジョークのスタイルだろう。他にも”K”が平然とエイリアンの頭を撃ち抜くシーンも同じようなニュアンスである。

メン・イン・ブラック 感想まとめ

華のない役者だったトミー・リー・ジョーンズを、見事に輝かせたというところが受けたというところもあるのだろうか。ウィル・スミス中心ではここまでヒットはしなかっただろう。当初”K”の候補としてクリント・イーストウッドも挙がっていたようだが、そうなるとウィル・スミスの存在が霞んでしまい、イーストウッドのキャラクターが強すぎて作品内容のバランスにも問題が出てくるはずなので、オスカー俳優ながらベテランの中でもサポート的な役回りの多かったトミー・リー・ジョーンズは正しく適役だったのだろう。日本でも缶コーヒーのCMですっかり有名になってしまったが、やはりこの人は「助演」というところでの渋さが際立つ役者なのだろう。

Amazon 映画『メン・イン・ブラック』の商品を見てみる

関連作品