映画『メン・イン・ブラック(MIB)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「メン・イン・ブラック(MIB)」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・ブラック(MIB)の概要:地球に住む多数のエイリアン監視する秘密機関、その名もMIB。ジェームズはスカウトされMIBエージェントとしての人生を歩むことになるが、凶暴なエイリアンが地球に降り立とうとしていた……。大ヒットSFアクションコメディ映画の第1弾。

メン・イン・ブラック(MIB)の作品概要

メン・イン・ブラック(MIB)

公開日:1997年
上映時間:97分
ジャンル:SF、アクション、コメディ
監督:バリー・ソネンフェルド
キャスト:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス、リンダ・フィオレンティーノ、ヴィンセント・ドノフリオ etc

メン・イン・ブラック(MIB)の登場人物(キャスト)

ジェームズ・エドワーズ / エージェントJ(ウィル・スミス)
ニューヨーク市警だったが、捜査中にエイリアンの存在に気づき、エージェントKからエイリアン監視組織MIBにスカウトされる。お調子者でしゃべり好き。MIBではそれまでの個人の存在を消去するため、新しい名前“J”が与えられた。
エージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)
エイリアン監視組織MIBのベテランエージェント。ジェームズをスカウトした。いつも不機嫌顔で無口。MIBに入ることで会えなくなった元恋人を今でも想っている。
ローレル・ウィーバー(リンダ・フィオレンティーノ)
女性検死官。解剖した死体がエイリアンであることを見抜く。
エージェントZ(リップ・トーン)
MIBニューヨーク本部のトップ。Kとは長年の付き合い。
エドガー / バグ(ヴィンセント・ドノフリオ)
エドガーは妻に厳しく嫌味ったらしい農夫。トラックにエイリアン(バグ)の宇宙船が墜落し、体の中身を食べられ皮膚を乗っ取られてしまった。

バグはアルキリアン星の王が持つ銀河を奪いに地球にやってきたエイリアン。巨大な虫の見た目をしている。そのため虫が殺されると激怒する。正体を隠すため、エドガーの皮膚をかぶって行動。

フランク(犬)(ティム・ブラニ―)
犬の姿をしたエイリアン。情報通で銀河の事に詳しい。

メン・イン・ブラック(MIB)のネタバレあらすじ

映画『メン・イン・ブラック(MIB)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

メン・イン・ブラック(MIB)のあらすじ【起】

メキシコからの不法入国者取り締まり現場。2人の黒い背広姿の男が現れる。不法入国者に交じっていたエイリアンが彼らに襲いかかるが、2人のうちエージェントKがエイリアンを始末する。彼らはエイリアンを取り締まる組織の一員なのだ。年を感じたもう一人のエージェントは、Kに「自分の記憶を消して一般人に戻してくれ」と頼む。

ニューヨーク市警のジェームズ・エドワーズ刑事は犯人を追っていた。しかし犯人は人間離れした身体能力で、高架の上から飛び降りる。ジェームズは驚きながらも後を追い、犯人を追いつめたが飛び降り自殺されてしまった。

ジェームズは、犯人はエイリアンだと主張するが、同僚たちは信じない。検死官のローレルだけが彼の話を信じてくれるが、部屋を出たところで何者かに閃光を浴びせられその場を去る。Kと名乗る男が、ジェームズにも同じ閃光(ニューラライザー)を当てて記憶を消す。そして自分の名刺を手渡し去って行った。

ジェームズが名刺に書かれた場所へ行くと、秘密機関メン・イン・ブラック(MIB)の試験会場だった。ジェームズはスカウトされたのだ。ジェームズは試験に合格し、今までの名前も存在も消去されて“エージェントJ”としてKとコンビを組むことになった。地球には多くのエイリアンが生活しており、彼らを監視するのがMIBの任務なのだ。

メン・イン・ブラック(MIB)のあらすじ【承】

そのころ、エドガーという農夫の土地に宇宙船が墜落する。様子を見に行ったエドガーは、巨大な虫型のエイリアン、バグに体の中身を食べられてしまった。バグは正体を隠すためエドガーの皮膚をかぶり、家を去る。

アルキリアン星の王は愛猫とともに、宝石商として地球に隠れ住んでいた。しかしバグに見つかり、殺されてしまう。バグは王の持つ何かを探しているらしい。王が持っていたダイヤ入りのケースを間違って持っていってしまう。

JとKは規制法を破って州を移動しているエイリアン夫婦を追う。夫婦は妻が臨月にもかかわらず地球を発とうとしていた。エイリアンたちは地球に大変なことが起こると察知していたのだ。Kはゴシップ紙の記事から手掛かりを得、宇宙船が不時着した農家に向かう。エドガーの妻から話を聞いたKは、地球にバグがやってきたことを知る。

遺体安置所では、ローレルが王とその部下の死体に疑問を持っていた。そこへJとKが現れる。すると王の死体の内部に小さなエイリアンの本体が現れ、「戦争を阻止せよ、銀河はオリオンのベルトにある」と言い残し息を引き取った。Kはローレルの記憶を消し、MIB本部に向かう。一方バグは、ケースの中身がただの宝石と知り怒り狂っていた。

メン・イン・ブラック(MIB)のあらすじ【転】

「銀河はオリオンのベルト」の謎が解けずにいるうちに、アルキリアン星から軍団が攻めてくる。彼らは王の死を受け、「銀河を返さねば地球を破壊する」と脅す。銀河がバグの手に渡る前に彼らに返さなければならない。

JとKが王の地球での住まいに向かうと、ちょうどバグが部屋を荒らした直後だった。Jはバグと銃撃戦を繰り広げるが逃げられてしまった。しかしバグは宇宙船を積んだトラックを置いていってしまう。

JとKはパグ犬の格好をした宇宙人、フランクにヒントを聞きに行く。フランクは「銀河はビー玉のような大きさ」と教える。Jは王の部屋で見た猫の写真を思い出した。猫の名は「オリオン」、その首輪に銀河が付けられていたのだ。遺体安置所に猫がいたのを思い出し、2人は遺体安置所へ急ぐ。

バグも猫が銀河を持っていると気付き、一足先に遺体安置所へきていた。JとKはバグと戦うが、銀河とローレルを連れ去られてしまう。宇宙船の無い状態でどうやってバグは地球を脱出するのか?その答えはニューヨークの万博跡地、ツインタワーにあった。そこにはモニュメントのふりをした宇宙船が2機あったのだ。JとKは急いでツインタワーに向かう。

メン・イン・ブラック(MIB)のあらすじ【結】

ツインタワーでは、バグが宇宙船に乗ろうとしていた。ローレルは辛くもバグの手を逃れるが、バグは銀河を持って宇宙船で飛び立ってしまう。そこへ現れたJとKがミサイルを撃ち込み、宇宙船は2人の目の前に不時着する。もう1機の宇宙船に乗ろうとするバグを2人は止めようとする。しかしバグはエドガーの皮を破ってその正体を表し、2人の武器をのみこんでしまった。Kは武器を取り戻すため、自らバグに飲み込まれる。Jがなんとかバグを足止めし、Kがおなかの中から銃を発射、バグの体は真っ二つになった。

銀河を撮り返し安どする2人だったが、しぶとく生きていたバグが背後から襲いかかる。それを が銃で仕留め、事件は一見落着した。Kは の記憶を消さず、かわりに自分の記憶を消してくれと頼む。メン・イン・ブラックを辞め、普通の生活に戻る気になったのだ。JはニューラライザーでKの記憶を消した。

そのしばらく後。新聞には長いこん睡状態から目覚め、恋人の元に戻った男の話がKの写真とともに載っていた。Jは新しくパートナーとなったローレルことエージェントLと、新たな仕事に向かう。

Amazon 映画『メン・イン・ブラック』の商品を見てみる

関連作品

次作 メン・イン・ブラック2

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    華のない役者だったトミー・リー・ジョーンズを、見事に輝かせたというところが受けたというところもあるのだろうか。ウィル・スミス中心ではここまでヒットはしなかっただろう。当初”K”の候補としてクリント・イーストウッドも挙がっていたようだが、そうなるとウィル・スミスの存在が霞んでしまい、イーストウッドのキャラクターが強すぎて作品内容のバランスにも問題が出てくるはずなので、オスカー俳優ながらベテランの中でもサポート的な役回りの多かったトミー・リー・ジョーンズは正しく適役だったのだろう。日本でも缶コーヒーのCMですっかり有名になってしまったが、やはりこの人は「助演」というところでの渋さが際立つ役者なのだろう。

  2. 匿名 より:

    ①頭を空にして楽しめるエンターテインメント。

    無愛想なトミー・リー・ジョーンズ演じる”K”と、表現豊かなウィル・スミス演じる”J”のコンビが対照的で、独特なコメディセンスで笑いを誘う。エイリアンが地球に襲来する設定ではなく、地球には既に多くのエイリアンが住んでおり、人類と共存しているという設定が斬新である。バリー・ソネンフェルド監督とスティーブン・スピルバーグが悪ノリ気味で作った「スター・ウォーズ」のようなイメージであり、それぞれの宇宙人の個性が何とも魅力的である。ストーリーは悪いエイリアンを退治するというありきたりな内容であり、シナリオに重きを置いている映画ではないが、その解りやすいストーリーが笑いのセンスとテンポの良さを際立たせ、ユーモアに満ち、何も考えずに楽しめるエンターテインメントとしてのクオリティの高さが満喫できる。「逃亡者」の渋い演技でオスカーに輝きながらも、主演作品には恵まれなかったトミー・リー・ジョーンズの魅力を、上手いこと引き出した作品としても注目度が高い映画である。

    ②アメリカ的ブラックユーモアのオンパレード。

    「MIB」の黒いスーツにサングラスという「ブルース・ブラザース」みたいな出で立ちが、ブラックコメディのイメージにピッタリである。携帯電話や記憶消去装置のペンライトなどの小物などユニークなアイデアグッズも満載であり、特殊効果もコメディにしては大がかりな演出で力が入っている。敵にした悪者がゴキブリ型の化け物であり、随所に現れるグロシーンは少々いただけないが、凡庸になりがちな展開の中で「悪趣味」というエッセンスを織り込んだ、アメリカ的な一つのジョークのスタイルだろう。他にも”K”が平然とエイリアンの頭を撃ち抜くシーンも同じようなニュアンスである。