MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末 - Part 392

『グリーン・ホーネット』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

「グリーン・ホーネット」(The Green Hornet)は、2011年のアメリカ映画。監督は「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー。過去のテレビドラマでブルース・リーがカトー役で出演していた「グリーン・ホーネット」の映画化である。主演のブリット(グリーン・ホーネット)役にセス・ローゲン。相棒のカトー役にジェイ・チョウ。社長秘書役のヒロインにキャメロン・ディアス。

映画『マチェーテ』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

「マチェーテ」(英: Machete)は、2010年に公開されたアメリカのアクション映画。ロバート・ロドリゲスとイーサン・マニキスが監督。2007年の映画「グラインドハウス」で使われた偽の予告編を後から映画化した作品。主役は初の主演作品であるダニー・トレホ。その他にジェフ・フェイヒー、ジェシカ・アルバ、ドン・ジョンソン、チーチ・マリン、ミシェル・ロドリゲス、スティーヴン・セガール、ロバート・デ・ニーロら豪華な顔ぶれが出演。

『プラネット・テラー in グラインドハウス』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

「プラネット・テラー in グラインドハウス」(Planet Terror)は、ロバート・ロドリゲス監督による2007年アメリカ公開のアクション・ホラー映画。制作にはエリザベス・アヴェラン、クエンティン・タランティーノも参加しており、独特な画面の世界観が展開されている。主演は「ブラック・ダリア」に出演したローズ・マッゴーワン。映画初主演となった男優のフレディ・ロドリゲス。脇役でブルース・ウィリス、マイケル・ビーン、クエンティン・タランティーノも出演している。何故か、本編の冒頭に映画「マチエーテ」の予告編が挿入されている。

映画『バタフライ・エフェクト』のネタバレあらすじ結末

バタフライ・エフェクトの概要:過去に戻る能力を持った主人公は、自殺した初恋の人を救うため、何度も過去に戻って女性が幸せになれる人生を模索する。カオス理論の中のバタフライ効果にヒントを得て、些細な過去の変化が未来にどう影響するかを描いたSFサスペンスであり、主人公の一途な愛を描いたラブストーリーでもある。緻密に計算された脚本が秀悦な見応えのある作品。

『フレンチ・コネクション』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

『フレンチ・コネクション』(The French Connection)は、ロビン・ムーア原作のノンフィクション小説をモデルにした1971年製作のアメリカ映画。第44回アカデミー賞8部門にノミネート。作品賞、 監督賞、 主演男優賞、 脚色賞、編集賞の5部門を受賞した。主演の刑事「ポパイ」役にジーン・ハックマン。監督は同作と二年後の「エクソシスト」で名を馳せたウィリアム・フリードキン。実在のニューヨーク市警がフランスから密輸された麻薬約40kgを押収した事件をモデルにしており、事件に関わった刑事はアドバイザーとして制作に協力している。スティーブ・マックイーン主演の刑事アクション『ブリット』と同じプロデューサー、フィリップ・ダントーニが製作した。

映画『キック・アス』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

「キック・アス」(Kick-Ass)は、マーク・ミラーとジョン・ロミータ・Jrによる同名のコミックを原作とした、2010年公開のヒーロー映画。主演はアーロン・ジョンソン。ヒロインのヒット・ガールにミンディ・マクレイディ。その父ビッグ・ダディにはニコラス・ケイジ。監督は「レイヤー・ケーキ」「スターダスト」のマシュー・ヴォーン。

映画『ガントレット』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

「ガントレット」(The Gauntlet)は、1977年のアメリカ映画。証人の護送を任された刑事と、スキャンダルの揉消しを企てた上役との対決を描くアクション作品。主演・監督兼任のクリント・イーストウッド。共演はイーストウッドとの名コンビであったソンドラ・ロック。タイトルの“ガントレット”とは、両側にムチを持った人間を並べその間を走り抜けさせる拷問の事で、クライマックスに両側から無数の警官隊による銃撃を受けつつショックリーが運転するバスのシーンを指している。

1 389 390 391 392 393 394 395 441