映画『パンズ・ラビリンス』あらすじとネタバレ感想

パンズ・ラビリンスの概要:2006年に製作されたダーク・ファンタジー映画で、メキシコ・スペイン・アメリカの合作。監督、脚本、製作は「ホビット」シリーズの脚本も手がけたギレルモ・デル・トロ。

パンズ・ラビリンス あらすじ

パンズ・ラビリンス
映画『パンズ・ラビリンス』のあらすじを紹介します。

昔々、地下には王国があった。
そこのお姫様は地上に憧れ外に飛び出したが、光のまぶしさから記憶を失い、別人として地上で一生を終えた。

・・・1944年のスペイン。
内戦は終結したが火種がくすぶっていた。
童話が好きなオフェリアは、身重の母と共に新しい父親の大尉の住む山中へと向かっていた。

彼女は偶然、妖精を見つけて追いかけていくと不思議な場所にたどり着く。
身の回りの世話をまかされたメルセデスは危ないから入らないように、と注意するが、オフェリアは妖精に導かれて迷宮の中を進んでいく。
そこで迷宮の守護神パンと出会い、地下の王国の物語と、自分がモアナ姫の生まれ変わりだと聞かされる。
だが王国に戻るには3つの試練を乗り越えなくてはいけない。

最初の試練を終え、黄金の鍵を手に入れたオフェリア。
再びパンに会いに行くと、魔法のチョークを渡される。

地下の王国に夢中になっていたオフェリアだったが、母が流産しかけ、メルセデスと母の主治医がゲリラを助けている事を知って不安に駆られる。
だが、パンにせかされて次の試練に向かう。

決まりを破って豪勢な食事に手をつけてしまったオフェリアだったが、魔法のチョークを使って、追いかけてきた不気味な怪物から逃げることができた。
だが、決まりを破ったことをパンに知られ、二度と王国には戻れないと言われてしまう。
弟を生む際に母も命を落とし、メルセデスがゲリラのスパイをしていたことがばれてしまい、医師も命を落としてしまう。
そんな時、オフェリアの前に再びパンが現れ、王国に戻る最後のチャンスを与えると告げる。

パンズ・ラビリンス 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:119分
  • ジャンル:ファンタジー
  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • キャスト:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ etc

パンズ・ラビリンス ネタバレ批評

映画『パンズ・ラビリンス』について、感想批評です。※ネタバレあり

ファンタジーと現実を同時進行させる上手い演出

時代背景もあり、夢のようなファンタジーというよりも、薄暗いイメージのダークファンタジー。
内戦を生き延びたという環境のせいなのか、オフェリアの表情がやや乏しい。
戦争で命を落としたという父親を慕っているから大尉を嫌うのだろうが、その点が曖昧なために序盤のストーリーに入り込めない。
巨大なダンゴ虫が体を這っても嫌な顔ひとつせず、巨大なカエルに平然と向かっていくオフェリアには感情移入しにくい。

一般市民を間違えて殺めても部下の確認がなっていないと言い、拷問をしていく大尉は悪役として確立されている。
大尉に気に入られろうとする母親との確執、唯一オフェリアを気にかけているメルセデスのスパイ活動など、ドロドロとした現実と、オフェリアが逃げようとするファンタジー世界を、色彩の変化を使いながらも同時に進めるという演出の上手さが光っている。

不気味なダークファンタジーストーリー

オフェリアをモアナ姫の生まれ変わりだと告げ、導く存在となる迷宮の守護神パンもどこか不気味な存在であり、2番目の試練で食べてはいけないと言われた食卓の果物を食べたオフェリアを、これでもかと責め立てる。
生まれたばかりの弟の血でモアナ姫に戻してやると言い、断ったオフェリアをそのままにして消えるという、導くというよりは騙すというほうが正しいような存在。
2番目の試練に出てくる、目が手についているペイルマンを演じたダグ・ジョーンズはパン役も演じており、おとぎ話にはやや遠い不気味な雰囲気を醸し出している。

ラストで命を落とすオフェリアが地下の王国に王女として戻るシーンは、彼女が死の間際に見た幻のように描かれており、生きるよりも死んだほうが幸せな人物もいた時代、という印象を強く残す。
王国の話やパンに出会ったこと、試練の全てはオフェリアの空想ともとれるシーンがいくつか存在するが、曖昧なままでエンディングを迎える。
ファンタジー作品には多く使われるラストのため、独特のストーリーや演出が台無しになっている。

パンズ・ラビリンス 感想まとめ

有名な冒険ファンタジー「ロード・オブ・ザ・リング」の続編で前日譚の「ホビット」シリーズの脚本を手がけた、ギレルモ・デル・トロの監督作品。

内戦直後のスペインの山中を舞台に、反政府ゲリラと政府軍の争い、軍の大尉と再婚した美しい母を持つおとぎ話を夢見るしか救いが無かった少女の織り成す、厳しい現実と甘いだけではないおとぎ話を描いた作品。
命を落として、永遠におとぎ話の世界で幸せになったという残酷なラストには、考えさせられるものが多い。

登場する妖精も、最初は昆虫の形でしかないし、オフェリアを導く牧神パンの不気味さも独特の雰囲気を出している。
パンとペイルマンを演じたダグ・ジョーンズの一風変わった演技は、「ヘルボーイ」や「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」など、他のギレルモ・デル・トロ監督作品でも見る事ができる。

Amazon 映画『パンズ・ラビリンス』の商品を見てみる

コメント

  1. 匿名 より:

    少女オフェリアがシャンバラ世界に帰還する物語です。この映画で印象に残ったことは、
    外的な世界では内戦が勃発していて人々は生き残るために必死ですが、少女オフェリアはそのような外的な世界とは意味を異にする内的な世界を生きていたということです。このギャップにこの物語の面白さを感じました。