映画『パンズ・ラビリンス』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『パンズ・ラビリンス』のネタバレあらすじ結末

パンズ・ラビリンスの概要:独裁政権が牛耳るスペインは、どこもかしこも争いばかりで、苦痛が蔓延していた。戦争で父を失ったオフェリアは、母親の再婚相手の屋敷で世話になることになった。新しい生活に不安を覚えたオフェリアは屋敷を抜け出し、森に逃げ込む。そこで彼女は自分のことを魔法の国の王女の生まれ変わりだと言うパンという名の怪物と出会った。

パンズ・ラビリンスの作品概要

パンズ・ラビリンス

公開日:2006年
上映時間:119分
ジャンル:ファンタジー、ホラー
監督:ギレルモ・デル・トロ
キャスト:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ etc

パンズ・ラビリンスの登場人物(キャスト)

オフェリア(イバナ・バケーロ)
おとぎ話が好きな少女。戦争で父を亡くし、母の再婚相手であるビダル大尉の屋敷で暮らすことになる。争いや恐怖ばかりの現実に嫌気が差していたところに、魔法の国の存在を知る。
パン(ダグ・ジョーンズ)
オフェリアが森で出会った羊の頭の怪物。オフェリアのことを魔法の国の王女の生まれ変わりと呼び、彼女が再び魔法の国に戻るために三つの試練を課す。

パンズ・ラビリンスのネタバレあらすじ

映画『パンズ・ラビリンス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パンズ・ラビリンスのあらすじ【起】

1944年のスペイン。内戦が終わった後も、山では武装した人々が新たな独裁政権と争いを続けていた。

遥か昔、嘘や苦痛のない魔法の王国が地面の下にあった。その王国のお姫様は人間の世界を夢見ていた。澄んだ青空や、そよ風、太陽を見たいと願っていた。そしてある日、お姫様は従者の目から逃げ出すことにした。地上に出たお姫様はあまりの明るさに目が眩み、全ての記憶を失ってしまった。自分が誰で、どこから来たのかも忘れてしまったお姫様は、魔法の王国にはなかった寒さや痛み、病に晒される。そして、彼女はとうとう、地上で息絶えてしまった。しかし、父王はお姫様の魂が別の肉体に宿り、別の時代に戻ってくることを命の限り待ち続けていた。

オフェリアは本の虜で、家族と山に出かけている車中でも文面から目を離さなかった。産気づいた母の訴えで車が止まる。母の体調が戻るまでの間、オフェリアは山中で奇妙な像に巣くう虫の妖精を見つけた。

オフェリアが着いたのは、新しい父親になるビダル大尉の家だった。新しい父親は母には優しかったが、オフェリアには冷たい態度で接した。居心地の悪さを感じているとオフェリアは虫の妖精が自分を追ってきていたのに気付いた。

パンズ・ラビリンスのあらすじ【承】

ビダル大尉は自分の屋敷で部下と共にゲリラを掃討する作戦を立てていた。その晩、オフェリアはベッドの上で母に、どうして再婚したのかと尋ねた。寂しかったからだと答えた後、母はオフェリアに腹の中の弟におとぎ話を聞かせてあげてほしいと言った。オフェリアはとある物語を語り出す。

遠い昔のこと。遠く離れた不幸な国に、黒い岩でできた巨大な山があった。その頂上には、日が暮れると摘んだ人を不死身にする魔法のバラが咲いた。しかし、近づく者はいない。そのトゲが猛毒だと知っていたから。人々は死の恐怖や痛みについて話しても、永遠の命の事は誰一人口にしなかった。バラは冷たい山の頂上で永遠の命の恵みを誰にも与えることもなく人々から忘れ去られ、この世の終わりまでひっそりと咲いて散った。

部下がゲリラの容疑者を捕えたという報せを受けて、ビダルは現場に向かう。そこには銃を携えた父子がいた。二人は農民で、兎を撃ちに森に入ったと言う。ビダルは父を弁護する子を殴り殺し、泣き喚く父親を撃ち殺した。それから、二人の荷物を検めると、鞄の中には兎の死体があった。

パンズ・ラビリンスのあらすじ【転】

オフェリアたちの寝室に窓から虫の妖精が忍び込んできた。妖精はオフェリアを外に導く。オフェリアが妖精についていくと、大穴を見つけた。そこには角の生えた人型の怪物がいた。迷宮の守護神パンを名乗るその怪物は、オフェリアのことをモアナという王女の生まれ変わりだと言う。パンはモアナに本を渡し、彼女に王女の力が残っているか確かめるため、三つの試練を受けろと言い残して姿を消した。

オフェリアは母と共にビダルのパーティに出席することになった。出かける準備の最中、オフェリアはパンから受け取った本を開く。すると、白紙だったページに文字が浮かび上がった。

パーティの準備が進む中、ビダルは森に浮かぶ狼煙を見つける。ゲリラがいるに違いないと考えたビダルは部下と共に現場に向かった。一方、オフェリアは森の中でパンから受け取った本に書かれていた呪いを実行した。そして、枯れ木の幹に開いた穴に潜ると、そこは不思議な世界と繋がっていた。

狼煙の下に着いたビダルは、まだ温かい焚火の後を見つけた。近くにゲリラの集団がいることを確かめたビダルは屋敷に引き返す。ビダルたちが姿を消すと、茂みの中から十数人のゲリラが姿を現した。

木の幹の中を進むオフェリアは、そこで虫を食って太ったカエルの様な生き物と出会った。そのカエルから鍵を手に入れたオフェリアは来た道を引き返した。外は既に夜になっていた。

屋敷に還ったオフェリアは遅い帰宅を叱られる。しかし、オフェリアにとっては、母の機嫌なんかどうでもいいことだった。皆が寝静まると、オフェリアは手に入れた鍵を持ってパンと出会った穴に向かった。パンはオフェリアを祝福し、次の試練に使う白いチョークを彼女に渡した。

明くる日、地元住民への配給が行われる最中、オフェリアの母が腹から大量の血を流して倒れた。母の病気を心配して試練を止めたオフェリアの下にパンが現れる。パンは母の体調を直す万能薬を渡し、試練を続けるようオフェリアに説いた。

オフェリアは白いチョークを使い、壁に扉を描いた。すると、扉が実体化し、不思議な世界の入口になった。入口の向こうは豪華な宮殿で、贅沢な食事が並んだテーブルの前に目のない怪物が座っていた。オフェリアはこっそりと、宮殿に隠されていた短剣を盗み出し、テーブルの上の果物を摘まんだ。すると、突如怪物が動き出し、彼女を追い駆けた。慌てて帰ろうとするオフェリアだが、その寸前で戸が閉まってしまう。オフェリアは天井に新しい扉を作ると、そこから間一髪脱出に成功した。

ゲリラがビダルの屋敷を襲撃してきた。ビダルは部下と共にゲリラを殲滅し、一人の捕虜を捕えた。ビダルは捕虜を拷問にかけてゲリラの本隊の居所を得ようとする。

その晩、オフェリアの下にパンが現れた。パンはオフェリアが怪物のテーブルに並んでいた果物を食べたことを責め、試練は失敗だと言って消えた。

パンズ・ラビリンスのあらすじ【結】

オフェリアに弟が生まれた。しかし、その代償に母は死んでしまった。悲しむオフェリアの前にパンが現れ、最期のチャンスを与えると言い出した。弟を連れて迷宮に来い。オフェリアはパンの指示に従うことにした。ビダルの部屋に忍び込んだオフェリアは、彼の目を盗んで弟を部屋から連れ出そうとする。部下が負傷したという報せを受けてビダルが部屋を出たのを見ると、オフェリアは彼の酒に毒を盛った。そして、弟を連れ出そうとしたが、ビダルが戻ってきて見つかってしまう。だが、そこにゲリラが屋敷を襲撃するために現れた。オフェリアはビダルの隙を突いて弟と共に森の穴の中に逃げ込んだ。オフェリアはパンに弟を渡そうとする。しかし、パンは魔法の国の扉を開けるため、弟を殺そうとした。オフェリアはパンの要求を拒む。だが、そこにビダルが現れ、彼女から弟を奪っていく。去り際、ビダルはオフェリアを撃ち殺した。

子供を連れて森から戻ったビダルを待ち受けていたのは、ゲリラの軍勢だった。ビダルは自分の運命を悟るとゲリラに息子を託した。その後、ビダルはゲリラの銃弾に倒れた。

ビダルの銃弾に倒れたオフェリアの血が、森の穴に滴る。その血を鍵に魔法の国の扉が開いた。オフェリアは自分の名を呼ぶ声を聞き、気付くと宮殿にいた。父王と母、それからパンが彼女の前に現れ、弟の代わりに自らの血を流すという選択をしたオフェリアを祝福した。

パンズ・ラビリンスの解説・レビュー

ファンタジーと現実を同時進行させる上手い演出

時代背景もあり、夢のようなファンタジーというよりも、薄暗いイメージのダークファンタジー。
内戦を生き延びたという環境のせいなのか、オフェリアの表情がやや乏しい。
戦争で命を落としたという父親を慕っているから大尉を嫌うのだろうが、その点が曖昧なために序盤のストーリーに入り込めない。
巨大なダンゴ虫が体を這っても嫌な顔ひとつせず、巨大なカエルに平然と向かっていくオフェリアには感情移入しにくい。

一般市民を間違えて殺めても部下の確認がなっていないと言い、拷問をしていく大尉は悪役として確立されている。
大尉に気に入られろうとする母親との確執、唯一オフェリアを気にかけているメルセデスのスパイ活動など、ドロドロとした現実と、オフェリアが逃げようとするファンタジー世界を、色彩の変化を使いながらも同時に進めるという演出の上手さが光っている。

不気味なダークファンタジーストーリー

オフェリアをモアナ姫の生まれ変わりだと告げ、導く存在となる迷宮の守護神パンもどこか不気味な存在であり、2番目の試練で食べてはいけないと言われた食卓の果物を食べたオフェリアを、これでもかと責め立てる。
生まれたばかりの弟の血でモアナ姫に戻してやると言い、断ったオフェリアをそのままにして消えるという、導くというよりは騙すというほうが正しいような存在。
2番目の試練に出てくる、目が手についているペイルマンを演じたダグ・ジョーンズはパン役も演じており、おとぎ話にはやや遠い不気味な雰囲気を醸し出している。

ラストで命を落とすオフェリアが地下の王国に王女として戻るシーンは、彼女が死の間際に見た幻のように描かれており、生きるよりも死んだほうが幸せな人物もいた時代、という印象を強く残す。
王国の話やパンに出会ったこと、試練の全てはオフェリアの空想ともとれるシーンがいくつか存在するが、曖昧なままでエンディングを迎える。
ファンタジー作品には多く使われるラストのため、独特のストーリーや演出が台無しになっている。

パンズ・ラビリンスの感想まとめ

有名な冒険ファンタジー「ロード・オブ・ザ・リング」の続編で前日譚の「ホビット」シリーズの脚本を手がけた、ギレルモ・デル・トロの監督作品。

内戦直後のスペインの山中を舞台に、反政府ゲリラと政府軍の争い、軍の大尉と再婚した美しい母を持つおとぎ話を夢見るしか救いが無かった少女の織り成す、厳しい現実と甘いだけではないおとぎ話を描いた作品。
命を落として、永遠におとぎ話の世界で幸せになったという残酷なラストには、考えさせられるものが多い。

登場する妖精も、最初は昆虫の形でしかないし、オフェリアを導く牧神パンの不気味さも独特の雰囲気を出している。
パンとペイルマンを演じたダグ・ジョーンズの一風変わった演技は、「ヘルボーイ」や「ヘルボーイ ゴールデン・アーミー」など、他のギレルモ・デル・トロ監督作品でも見る事ができる。

Amazon 映画『パンズ・ラビリンス』の商品を見てみる

コメント

  1. 匿名 より:

    少女オフェリアがシャンバラ世界に帰還する物語です。この映画で印象に残ったことは、
    外的な世界では内戦が勃発していて人々は生き残るために必死ですが、少女オフェリアはそのような外的な世界とは意味を異にする内的な世界を生きていたということです。このギャップにこの物語の面白さを感じました。