映画『パーフェクト ストーム』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「パーフェクト ストーム」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト ストームの概要:1991年、9月。メカジキ漁船の船長は5人の船員と共に、今シーズン最後のチャンスを狙って出航。紆余曲折を経て魚の宝庫と呼ばれるポイントで大漁を得るが、その帰路中に前代未聞のパーフェクトストームと遭遇する。荒れ狂う海の恐ろしさを描いた作品。

パーフェクト ストームの作品概要

パーフェクト ストーム

製作年:2000年
上映時間:130分
ジャンル:サスペンス、アドベンチャー
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
キャスト:ジョージ・クルーニー、マーク・ウォールバーグ、ダイアン・レイン、ジョン・C・ライリー etc

パーフェクト ストームの登場人物(キャスト)

ビリー・タイン(ジョージ・クルーニー)
メカジキ漁船アンドレア・ゲイル号の船長。漁師として長年の経験を持ち、どんな時にでも漁獲を得てきた人物。ひと山当てようと躍起になっている。
ボビー・シャットフォード(マーク・ウォルバーグ)
元々は漁具の修理をしていたが、大金を稼ぐためにビリーが船長を務めるメカジキ漁船へ乗り込み漁師となる。漁師としてはまだ新人で一番年若い。
デイル・マーフィー(ジョン・C・ライリー)
通称マーフ。別れた妻との間に1人息子がいる。サリーとは犬猿の仲。ビリーの親友で良き理解者。
デヴィッド・サリヴァン(ウィリアム・フィクナー)
通称サリー。口を開けば、嫌味ばかりを言う性格でマーフとは犬猿の仲。だが、マーフに危険が及んだ時は、真っ先に助けに向かう良い面もある。

パーフェクト ストームのネタバレあらすじ

映画『パーフェクト ストーム』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パーフェクト ストームのあらすじ【起】

1991年、9月。マサチューセッツ州グロースター。メカジキ漁船アンドレア・ゲイル号の船長ビリーは、船主に漁獲が少ないことを指摘され嫌味を言われる。不漁で帰れば当然、報酬も少ない。船員は予想よりも少ない報酬に少々不満気味である。

1度漁に出れば何か月も海の上で過ごすため、陸にはそうそう戻れない。その代わりに大漁を得れば、報酬も高い。メカジキ漁はハイリスクハイリターンの仕事だった。
ビリーはシーズン最後のチャンスを掴むべく、帰港して2日後に再び、船員を連れて出港した。

航行は順調に進み、グランド・バンクスのセーブル島東550キロ地点へ。ボビーと船員5名は意気揚々と仕掛けを海に投下。夜明け前まで待ち、仕掛けを引き上げる。
ボビーの目論見通り、始めの漁では上がりがあった。だが、船倉はまだがら空きである。

しかしこの時、気象庁ではバミューダ海域一帯にハリケーン発生の恐れがあると警戒を強めていた。

翌日の夜、悪化する天候の中、アンドレア・ゲイル号は仕掛けを引き上げる。海は荒れ始め、波も2メートル近くとなっていた。大物がかかったため、引き上げようとした矢先、大波に揺られ魚が仕掛けごと船へ乗り込んで来る。仕掛けにかかっていたのは獰猛なサメ。ボビーが右脛を噛まれ、負傷してしまう。
この頃、バミューダ海域にハリケーングレイスが発生。レベル5と認定された。

パーフェクト ストームのあらすじ【承】

以降、仕掛けを投下し続けるもメカジキは一向に上がらず。船員もビリーも苛立ちを隠せず、仲間内で小競り合いが続いていた。
そんな時、雨が降る中、仕掛けを投下していたマーフは、ビリーから餌を増やせと言われ、仕事の遅いサリーに発破を掛ける。すると、焦ったサリーが転倒。道具を甲板にぶちまけてしまう。仲間達が拾うのを手伝っている間に仕掛けが足に絡まり、マーフが海へ落下。

マーフの姿が見えないことに、逸早く気付いたサリーが彼を助けに海へ飛び込んだ。息の合った船員達の行動とビリーのお陰でマーフは助かり、それまで喧嘩ばかりしていたマーフとサリーが仲直りする。

天候は徐々に悪化の一途を辿っていた。船が大波に煽られ、あわや転覆の危機に見舞われる。
どうにか転覆せずに済んだが、このことが決め手となり船員達が嫌な予感がすると、ビリーに訴え始める。
サメや大波、マーフの落下と確かに良くないことが続いているのは事実だ。だが、ビリーはひと山当てようと躍起になっており、彼らの言い分を聞こうとしない。

ビリーはバンクスから東へ進路を向け、魚の宝庫と呼ばれるフレミッシュ・キャップへと向かっていた。しかし、その一帯は嵐が頻繁に発生することでも有名だった。
フレミッシュ・キャップで漁を開始したアンドレア・ゲイル号は、今までに類を見ないほどの大漁に当たる。船倉は沢山のメカジキで溢れ、船員達も歓声を上げて魚を獲りまくった。

パーフェクト ストームのあらすじ【転】

しかし、船倉が魚で埋まる頃になって、鮮度を保つための製氷機が故障してしまう。ビリーは仕方なく、港へ帰る決断を下した。
操舵室へ戻ったビリーは、天気図のファックスに気付き、船員にどうしたいかを問う。帰路に就く進路にハリケーンのグレイスが近づいていたためだ。
船員達は即座に嵐を突っ切る道を選ぶ。だが、この時の彼らは、この決断により命の危険に晒されることなど知る由もない。

ハリケーングレイスの上には、更に新たなる嵐の目があった。そして、北には寒冷前線。グレイスが北上を続ければ、嵐が目を覚まして寒冷前線にぶつかりグレイスと合体。前人未到のパーフェクトストームができあがってしまうのである。

嵐に向かって進んでいたアンドレア・ゲイル号。いよいよ、大波に突入を始める。ビリーはボビーを助手として操舵室へ上げ、他の船員には船室へいるよう命令した。
しかし、大波のせいでアンドレア・ゲイル号のアンテナが破損。通信が途絶え、海図のファックスが届かない。頼りは途切れ途切れの無線のみ。
アンドレア・ゲイル号は知らずに嵐と嵐の狭間へ突入しようとしていた。

アンテナ修理のため、ボビーが外へ出るも風に煽られ甲板へ落下。波に攫われそうになったが、何とか凌ぐ。しかし、アンテナは完全に破損し、どこかへ飛ばされてしまう。これでアンテナも無線も使えなくなった。更に操舵室の窓が破損。操舵室内は一気に騒然となる。

嵐に耐え切れないアンドレア・ゲイル号が徐々に壊れ始め、船員達が必死に修理をしようとするも、1つを治せば別の1つが壊れるという有様。人が飛ばされるほどの強風と山のような大波の中、命の危険と隣り合わせで嵐に耐え続ける。風に煽られて飛び回る吊り上げ機具をビリーがどうにか切り離し、一先ずの難を逃れた。
次は割れた窓をどうにかしなければならないが、大波と強風で作業が全く捗らない。

パーフェクト ストームのあらすじ【結】

その頃、沿岸警備隊のヘリが行方不明になったアンドレア・ゲイル号の救助に向かっていた。しかし、ヘリは強風に煽られ墜落してしまう。

割れた窓の修理に一丸となって、どうにか作業を続ける船員達。しかしその時、風に流され外で板を押さえていた船員2人が飛ばされてしまう。何とか2人の救出に成功するも、四方八方から波が押し寄せ、息もつけない。

どうにか船員達を失わずにここまで来たが、満身創痍の仲間達を目にしたビリーは、とうとう嵐を突っ切ることを諦め、戻る決断を下した。魚を獲る機会は今回が最後ではない。次の機会にまた獲りに来ればいいのだ。命あっての物種である。
ビリーは長年の経験を活かし、ボビーと共に船を操縦。沈没しかけながらも進路の変更に成功する。このまま全速で夜明けまでもたせられれば、嵐を抜けられるだろう。

嵐の外へ向かって進路をとっていたアンドレア・ゲイル号。一瞬の間、朝日を垣間見る。波も風も鎮まり、どうにか嵐を抜けられそうだと思った束の間、辺りは暗転。強風と大波が戻って来る。しかし、ここに来て目の前にビルの高さほどもある大波と対峙。乗り越えようと立ち向かうも、敢無く波に飲み込まれ転覆してしまう。
船が浸水し始め、船員達が船室に閉じ込められてしまう。ビリーはボビーを外へと送り出し自分は船と運命を共にするのだった。

嵐が去った後にも捜索は続けられたが、アンドレア・ゲイル号も生存者も結局、発見できずに捜索は打ち切られるのだった。

Amazon 映画『パーフェクト ストーム』の商品を見てみる