映画『セブン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「セブン」のネタバレあらすじ結末

セブンの概要:デヴィッド・フィンチャーが監督を務めた超人気作。七つの大罪をテーマに繰り広げられていく連続殺人と、それを追う2人の刑事の逃走劇。オチの読めない映画としても有名。

セブンの作品概要

セブン

公開日:1995年
上映時間:126分
ジャンル:サスペンス、ホラー
監督:デヴィッド・フィンチャー
キャスト:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ジョン・C・マッギンレー etc

セブンの登場人物(キャスト)

デイヴィッド・ミルズ(ブラッド・ピット)
熱意に満ちた新米刑事。サマセットとコンビを組み、世間を騒がす「七つの大罪」をモチーフとした連続殺人事件の捜査に乗り出す。
ウィリアム・サマセット(モーガン・フリーマン)
デイヴィッドの相棒で、あと1週間で定年退職を控えたベテラン刑事。暴走しがちなデイヴィッドを諌める保護者的役割。
トレイシー・ミルズ(グウィネス・パルトロー)
デイヴィッドの美人妻。思いもしない形で事件と関わりを持つ様になる。

セブンのネタバレあらすじ

映画『セブン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

セブンのあらすじ【起】

とある街で、一つの燦々たる事件が起こりました。被害者は汚物にまみれ、無理やり食べ物に顔を突っ込まれなくなっているという状態で、その傍らには「大食い」と恐らく犯人からの犯行メッセージであろう言葉が残されていました。捜査にあたる事となったのは、あと1週間で定年退職を迎えるベテランのサマセット刑事、そして熱意とやる気に満ちている新米刑事、デイヴィッドです。

しかしこの一件はこの後に続く悲惨な連続殺人のほんの序章に過ぎませんでした。その次に起きた事件では、弁護士が腹を引き裂かれて息絶えていました。そして先の事件の様に、死体の傍らには犯行メッセージが残されています。今回の文字は「強欲」でした。

大食いと強欲、この2点を結ぶ共通点は「7つの大罪」であると判断した2人は、犯人は7つの大罪になぞらえて事件を起こしているのではないかと予測します。つまり残りの5つの大罪、「嫉妬」「怠惰」「色欲」「高慢」「憤怒」になぞらえたあと5つの殺人が起きるのではないかと考えるのでした。

セブンのあらすじ【承】

デイヴィッドとサマセットは、凄惨な現場に残された一つの手がかりを発見します。それは犯人のものと思われる指紋でした。指紋を採取した彼らは、その指紋の持ち主と思われる人物の家に急行しました。しかしなんと、その部屋ではまるで廃人の様に死に絶えている男が1人取り残されていました。そして例の如く、死体の傍らには犯行メッセージが残されていました。今回の言葉は「怠惰」、まだ殺人が続くという2人の予想は奇しくも的中してしまったのでした。

捜査の末、なんと今回の被害者は一年間もこの部屋に監禁され徐々に弱らされていった事が判明します。つまり犯人のこの一連の犯行はかなり前から計画され、そして実行に向けて着手していたのでした。犯人の狂気的な執念に気圧されながらも、サマセットとデイヴィッドは犯人を捉えるべく捜査を続けます。

そして新たに犯人の目星をつけた2人はその人物を捕まえるべく踏み込みましたが、デイヴィッドの若さ故の情熱が空回りしてしまいます。そんなデイヴィッドの隙を見て犯人と思しき人物は逃走してしまうのでした。

セブンのあらすじ【転】

デイヴィッド達が突入した部屋には、その犯人の犯行を裏付ける様に室内に今までの被害者の写真が残されていました。そして何故か、デイヴィッドの写真もその中にあったのでした。

その後のデイヴィッドとサマセットの必死な捜査も虚しく、「肉欲」と「高慢」を題材とした2つの犯罪が立て続けに生じてしまいます。その被害にあったのは、肉欲では娼婦、そして高慢ではモデルの女性でした。残りの大罪は「嫉妬」と「憤怒」です。何とかその2つの犯罪が起きる前に犯人を食い止めようと、操作が行き詰まる中デイヴィッドとサマセットは躍起になりました。

しかし丁度その時、自分が一連の事件の犯人だという男が名乗り出てきました。何故あと二件の殺人を残すこのタイミングで自首してきたのか。その意図は全く不明なまま犯人と思われる男に対する取り調べが行われます。そして犯人は、自分の犯行について教えてやる、とサマセットとデイヴィッドを連れてとある場所へ向かうのでした。

セブンのあらすじ【結】

デイヴィッドは犯人の言うままに車を走らせます。そして到着した場所は何もない、ただただ広がる荒野でした。犯人が何故この場所を指定したのか意味がわからない2人でしたが、そんな彼らの前に一台の宅急便の車が止まります。そしてその場に小包をひとつ置き去っていったのでした。

荒野の真ん中に置かれたその小包を、「中身を見てみろ」とデイヴィッドに向かって楽しそうに犯人は笑います。嫌な予感がしながらもデイヴィッドは犯人に従い、その小包に手をかけました。すると何と、小包の中にはデイヴィッドの最愛の妻であるトレイシーの生首が入っていたのでした。ここでサマセットは犯人の企みに気がつきます。

トレイシーという美人な妻をもらったデイヴィッドに「嫉妬」した犯人は、トレイシーを殺す事で「嫉妬」をテーマとした殺人を成立させたのです。そして最後の一つ、「憤怒」は言うまでもありません。必死で止めるサマセットの声も届かず、怒りのままデイヴィッドは犯人に向けて銃口を向けるのでした。

Amazon 映画『セブン』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    とにかくラストの衝撃が強すぎる映画でした、何年経ってもこのインパクトは計り知れないほど強くて映画のセブンと聞いただけであのシーンが甦ります。無関心という鎧を纏って定年まで刑事として過ごしてきたサマセットと熱血というかキレやすい新米刑事ミルズという対照的なキャラクターという王道の組み合わせで物語が進んでいきます。これがラストであんなに衝撃的な事になるとは思いもよりませんでした。もっと冷静に考えるようにしたらどうだというサマセットのアドバイスにミラズは“自分は感情で動く人間なんだ”と開き直りますがその時アドバイスを受け入れていたら・・と本当に悔いが残ります。実際に殺されるのではなく心を殺すこともできるんだと考えさせられた作品でした。

  2. 匿名 より:

    犯人はジョン・ドゥという人物ですがこの人物の素性など最後まで一切分かりません。とにかくお金を持っているという事と指紋を削り取っているため犯行現場で指紋がなかったということだけです。ジョン・ドゥという名前も日本でいうところの“名無しの権兵衛”のような意味合いです。

    自分は選ばれた人間で救世主だと言っていました、自分のしたことが人々の心に残り悔い改める機会が与えられると。サマセットも捜査中に犯人は殺して痛悔を強いたと言っています、痛悔(つうかい)とは神を信じていなくても悔いることを指すのだそうです。

  3. 匿名 より:

    七つの大罪、私達にはあまり馴染みがない言葉ですが、主にカトリック教会の言葉で人間が罪を犯すかもしれない人間の欲や感情を戒めるために定義されたものらしいです。物語では書物通りに罪を裁くための殺人が行われていると言っています。

    最初に殺された巨漢の男の罪は大食い、次は弁護士のグールドは強欲のため殺されます。弁護士は次のターゲット怠惰のアランの弁護を務めたことがあります、お金の為にアランの罪を軽くしたため目をつけられました。次は肉欲の金髪女性が殺され翌日には高慢の女性が顔をひどく傷つけられ両手には電話と睡眠薬が糊づけされた状態で発見されました。残る憤怒と嫉妬の罪は・・・それはラストで確認してみてください。