8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『セブン』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『セブン』の概要:デヴィッド・フィンチャーが監督を務めた超人気作。七つの大罪をテーマに繰り広げられていく連続殺人と、それを追う2人の刑事の逃走劇。オチの読めない映画としても有名。

スポンサーリンク

映画『セブン』の作品情報

セブン

製作年:1995年
上映時間:126分
ジャンル:サスペンス、ホラー
監督:デヴィッド・フィンチャー
キャスト:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ジョン・C・マッギンレー etc

映画『セブン』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『セブン』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
TELASA×
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix×

※動画の配信情報は2021年7月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『セブン』の登場人物(キャスト)

デイヴィッド・ミルズ(ブラッド・ピット)
熱意に満ちた新米刑事。サマセットとコンビを組み、世間を騒がす「七つの大罪」をモチーフとした連続殺人事件の捜査に乗り出す。
ウィリアム・サマセット(モーガン・フリーマン)
デイヴィッドの相棒で、あと1週間で定年退職を控えたベテラン刑事。暴走しがちなデイヴィッドを諌める保護者的役割。
トレイシー・ミルズ(グウィネス・パルトロー)
デイヴィッドの美人妻。思いもしない形で事件と関わりを持つ様になる。

映画『セブン』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『セブン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『セブン』のあらすじ【起】

とある街で、一つの燦々たる事件が起こりました。被害者は汚物にまみれ、無理やり食べ物に顔を突っ込まれなくなっているという状態で、その傍らには「大食い」と恐らく犯人からの犯行メッセージであろう言葉が残されていました。捜査にあたる事となったのは、あと1週間で定年退職を迎えるベテランのサマセット刑事、そして熱意とやる気に満ちている新米刑事、デイヴィッドです。

しかしこの一件はこの後に続く悲惨な連続殺人のほんの序章に過ぎませんでした。その次に起きた事件では、弁護士が腹を引き裂かれて息絶えていました。そして先の事件の様に、死体の傍らには犯行メッセージが残されています。今回の文字は「強欲」でした。

大食いと強欲、この2点を結ぶ共通点は「7つの大罪」であると判断した2人は、犯人は7つの大罪になぞらえて事件を起こしているのではないかと予測します。つまり残りの5つの大罪、「嫉妬」「怠惰」「色欲」「高慢」「憤怒」になぞらえたあと5つの殺人が起きるのではないかと考えるのでした。

映画『セブン』のあらすじ【承】

デイヴィッドとサマセットは、凄惨な現場に残された一つの手がかりを発見します。それは犯人のものと思われる指紋でした。指紋を採取した彼らは、その指紋の持ち主と思われる人物の家に急行しました。しかしなんと、その部屋ではまるで廃人の様に死に絶えている男が1人取り残されていました。そして例の如く、死体の傍らには犯行メッセージが残されていました。今回の言葉は「怠惰」、まだ殺人が続くという2人の予想は奇しくも的中してしまったのでした。

捜査の末、なんと今回の被害者は一年間もこの部屋に監禁され徐々に弱らされていった事が判明します。つまり犯人のこの一連の犯行はかなり前から計画され、そして実行に向けて着手していたのでした。犯人の狂気的な執念に気圧されながらも、サマセットとデイヴィッドは犯人を捉えるべく捜査を続けます。

そして新たに犯人の目星をつけた2人はその人物を捕まえるべく踏み込みましたが、デイヴィッドの若さ故の情熱が空回りしてしまいます。そんなデイヴィッドの隙を見て犯人と思しき人物は逃走してしまうのでした。

映画『セブン』のあらすじ【転】

デイヴィッド達が突入した部屋には、その犯人の犯行を裏付ける様に室内に今までの被害者の写真が残されていました。そして何故か、デイヴィッドの写真もその中にあったのでした。

その後のデイヴィッドとサマセットの必死な捜査も虚しく、「肉欲」と「高慢」を題材とした2つの犯罪が立て続けに生じてしまいます。その被害にあったのは、肉欲では娼婦、そして高慢ではモデルの女性でした。残りの大罪は「嫉妬」と「憤怒」です。何とかその2つの犯罪が起きる前に犯人を食い止めようと、操作が行き詰まる中デイヴィッドとサマセットは躍起になりました。

しかし丁度その時、自分が一連の事件の犯人だという男が名乗り出てきました。何故あと二件の殺人を残すこのタイミングで自首してきたのか。その意図は全く不明なまま犯人と思われる男に対する取り調べが行われます。そして犯人は、自分の犯行について教えてやる、とサマセットとデイヴィッドを連れてとある場所へ向かうのでした。

映画『セブン』の結末・ラスト(ネタバレ)

デイヴィッドは犯人の言うままに車を走らせます。そして到着した場所は何もない、ただただ広がる荒野でした。犯人が何故この場所を指定したのか意味がわからない2人でしたが、そんな彼らの前に一台の宅急便の車が止まります。そしてその場に小包をひとつ置き去っていったのでした。

荒野の真ん中に置かれたその小包を、「中身を見てみろ」とデイヴィッドに向かって楽しそうに犯人は笑います。嫌な予感がしながらもデイヴィッドは犯人に従い、その小包に手をかけました。すると何と、小包の中にはデイヴィッドの最愛の妻であるトレイシーの生首が入っていたのでした。ここでサマセットは犯人の企みに気がつきます。

トレイシーという美人な妻をもらったデイヴィッドに「嫉妬」した犯人は、トレイシーを殺す事で「嫉妬」をテーマとした殺人を成立させたのです。そして最後の一つ、「憤怒」は言うまでもありません。必死で止めるサマセットの声も届かず、怒りのままデイヴィッドは犯人に向けて銃口を向けるのでした。

映画『セブン』の感想・評価・レビュー

後味の悪い映画作品は数多く存在しますが、これは必ずピックアップされます。
デヴィッド・フィンチャー監督の代表作でもある今作は、たしかに後味は悪いのですが、内容としては最高に良い作品です。
日本人には馴染みの薄い、七つの大罪をテーマとしながらも難解さを感じさせる隙すら作らない構成は、さすがフィンチャーと感じさせます。
主演のブラッド・ピットとモーガン・フリーマンのタッグも完ぺきにハマっていて、各キャラクターを際立たせています。(女性 20代)


七つの大罪になぞられて起こる殺人事件に立ち向かう二人の刑事。ラストの箱を開けた時の絶望感は半端ない。暗く陰鬱な雰囲気が漂うが、場面の構成、キャストたちの演技力の高さに惹きつけられる。見た後は心にズシッと来る、後を引きずる映画。映画としては心に残る、とても良作な作品だが心構えをして見て欲しい。ずっと雨模様の天気だったのに絶望のラストだけは晴天という細やか演出にも注目。そして、この作品でのブラッド・ピットは本当に美しく、超絶カッコいい。(女性 30代)


この映画の秀逸なところはラストの意外性と後味の悪さだけがよく挙げられるが、物語の道中に多々ある伏線とブラッド・ピット演じるミルズ刑事をメインのキャラクターだと思わせ、感情移入させる所にあると思う。
ミルズ刑事とモーガン・フリーマン演じるサマセット刑事の対称的な性格は最後までくっきりしていた。
サマセットは何度かミルズに冷静になれ、と繰り返していたし、ミルズは最後まで聞かなかったのだ。変わるつもりのないミルズにとっては結局同じ結論になっていたのだろうと感じた。
なんとも興味深い作品であった。(女性 20代)


ラストの展開は、中盤で予想できた人も多いと思います。救いのないだけのラストなら、ここまでの衝撃はないと思います。7つの大罪の殺人が成ったと理解したタイミングで、観ていた自分も犯人に憤怒を覚えていました。悲しいわけではなく、悔しい気持ちで終えるのが、他作品にはない独特の後味の悪さを引き出すのだと思います。

ブラットピット、モーガン・フリーマンの演技力、配役も完璧です。好き嫌い分かれる事は別にして、文句をつける隙の無い傑作です。(男性 20代)


デヴィッド・フィンチャー監督の超人気作。こんな胸糞悪くて最高な映画、私は観たことありません。もう絶対に観たくないと思うほど残酷で不快で大嫌いなのに、なぜかまた観てしまう。大好きなんです。
ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンのタッグは安心感があります。ブラッド・ピット演じる熱い新米刑事をモーガン・フリーマン演じるベテラン刑事がフォローします。2人が直面するのはなんとも不快な殺人事件。
この作品はキリスト教の「7つの大罪」を基にしています。この、死に至る罪源と言われる人間の持つ欲望についてよく知ると更に作品を楽しめると思います。(女性 30代)


作中、月曜から始まり7つの殺人が予想されるという設定がテンポを生んでいる。次どうなるのだろう、と観る者を巻き込む。ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンの不思議なバディ振りも面白い。そして噂の「衝撃のラスト」だ。これがまた噂通りに後味が悪い。しかし後味が悪いから二度と観たくなくなるかというと、そうはならないのがこの映画。観る度にやるせない気持ちになるのだが、それでも時々観返したくなってしまう。そんな不思議な魅力のある一本だ。(男性 40代)


ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン主演のサスペンス映画。デビッド・フィンチャー監督の名を轟かせた作品としても有名である。
「七つの大罪」をモチーフに殺人事件が起こり、定年間近のサマセット刑事と、血気盛んなミルズ刑事が事件の捜査を開始する。そのうち、自分が犯人であるとジョン・ドゥという男が自首してくることで大きく展開が変わる。
主役二人とともに、この犯人のジョン役であるケビン・スペイシーの気味の悪い演技が圧巻もの。史上最高のサスペンス映画に一役買っている。(男性 40代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サスペンス映画ホラー映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. きい より:

    この作品は、公開から20年以上経っている今もなお色あせない名作だと思う。決してハッピーエンドではなく、これまで観てきた映画の中でも上位のいわゆる胸糞映画である。しかしそのあまりにも衝撃的な結末は、観る者の心に残ることだろう。
    物語としては、次々と殺人事件が起きていくというありきたりな設定ではあるものの、一つ一つの事件が衝撃的な内容で、驚きの連続に目が離せない。予想をはるかに上回る残酷な殺人事件、そして苦しくなる程無残なラスト、サスペンス好きにはたまらない一作である。

  2. 匿名 より:

    七つの大罪、私達にはあまり馴染みがない言葉ですが、主にカトリック教会の言葉で人間が罪を犯すかもしれない人間の欲や感情を戒めるために定義されたものらしいです。物語では書物通りに罪を裁くための殺人が行われていると言っています。

    最初に殺された巨漢の男の罪は大食い、次は弁護士のグールドは強欲のため殺されます。弁護士は次のターゲット怠惰のアランの弁護を務めたことがあります、お金の為にアランの罪を軽くしたため目をつけられました。次は肉欲の金髪女性が殺され翌日には高慢の女性が顔をひどく傷つけられ両手には電話と睡眠薬が糊づけされた状態で発見されました。残る憤怒と嫉妬の罪は・・・それはラストで確認してみてください。

  3. 匿名 より:

    犯人はジョン・ドゥという人物ですがこの人物の素性など最後まで一切分かりません。とにかくお金を持っているという事と指紋を削り取っているため犯行現場で指紋がなかったということだけです。ジョン・ドゥという名前も日本でいうところの“名無しの権兵衛”のような意味合いです。

    自分は選ばれた人間で救世主だと言っていました、自分のしたことが人々の心に残り悔い改める機会が与えられると。サマセットも捜査中に犯人は殺して痛悔を強いたと言っています、痛悔(つうかい)とは神を信じていなくても悔いることを指すのだそうです。

  4. 匿名 より:

    とにかくラストの衝撃が強すぎる映画でした、何年経ってもこのインパクトは計り知れないほど強くて映画のセブンと聞いただけであのシーンが甦ります。無関心という鎧を纏って定年まで刑事として過ごしてきたサマセットと熱血というかキレやすい新米刑事ミルズという対照的なキャラクターという王道の組み合わせで物語が進んでいきます。これがラストであんなに衝撃的な事になるとは思いもよりませんでした。もっと冷静に考えるようにしたらどうだというサマセットのアドバイスにミラズは“自分は感情で動く人間なんだ”と開き直りますがその時アドバイスを受け入れていたら・・と本当に悔いが残ります。実際に殺されるのではなく心を殺すこともできるんだと考えさせられた作品でした。

タイトルとURLをコピーしました