映画『白ゆき姫殺人事件』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『白ゆき姫殺人事件』のネタバレあらすじ結末

白ゆき姫殺人事件の概要:しぐれ谷で猟奇的な殺人事件が起こった。絶世の美女のミキノリコを平凡で暗い性格の城野美姫が殺した。ツイッターやワイドショーによってねじ曲げられる真実をリアルに描いたサスペンス映画。

白ゆき姫殺人事件の作品概要

白ゆき姫殺人事件

公開日:2014年
上映時間:126分
ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:中村義洋
キャスト:井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒 etc

白ゆき姫殺人事件の登場人物(キャスト)

赤星(綾野剛)
報道マン。いい加減な性格。自分の思った事を何も考えずツイッターにつぶやいてしまう。彼の軽率な発言が事件をねじまげてしまう。
城野(井上真央)
暗い性格で平凡な女性。不気味な彼女は殺人犯に仕立てられてしまう。芹沢ブラザーズのファンで彼のコンサートに行く為にしたことが、彼女を追いつめてゆく。
ミキノリコ(菜々緒)
絶世の美女。体をメッタ刺しにされて、火をつけられ殺される。歪んだ性格をしていて、後輩に影で嫌がらせをしていた。
リサコ(蓮沸美沙子)
彼女が赤星に電話で情報を流した事から事件の真相がねじまがった。真犯人。
満島(小野恵令奈)
ゴシップの女王。会社の情報通。
篠山(金子ノブアキ)
城野の元恋人。噂によってポジションがかなり変わる。城野とミキノリコの元彼氏と言われている。
夕子(貫地谷しほり)
城野の元親友。美人だったが小学生時代のいじめによって、ひきこもりになってしまう。
みのり(谷村美月)
城野の大学時代の友人。よかれと思ってした事が、城野の実名をネット上に拡散するきっかけになってしまう。

白ゆき姫殺人事件のネタバレあらすじ

映画『白ゆき姫殺人事件』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

白ゆき姫殺人事件のあらすじ【起】

しぐれ谷で事件が発生した。全身10箇所以上刺されて火をつけられた女性ミキノリコ(菜々緒)。赤星(綾野剛)の元にリサコ(蓮沸美沙子)から電話がかかってきた。電話の主はミキノリコのパートナーだった。

彼女いわく犯人は城野美姫(井上真央)。名前に似合わず地味な女性らしい。城野の車に乗るミキノリコを業者の人間が見ていた。東京行きの特急に駆け込む城野を見たらしい。

次のインタビュー相手は満島(小野恵令奈)。通称ゴシップの女王。しぐれ谷にバーベキューに行った時、いきなりスピードをあげて3台の車を追い越した。不気味な笑いを浮かべながら。彼女のボールペンが無くなったときもニヤリと笑ったらしい。城野の異常性が浮き彫りになった。

次は篠山(金子ノブアキ)にインタビューする。城野と付き合っていたとされる男性だ。毎日お弁当を作ってくる城野、家のポストに弁当が無断で入っていた事もある。

城野を駅で見た男性の話によると、猛ダッシュだったという。抱えたバッグがラグビーボールに見えるぐらいだったらしい。

白ゆき姫殺人事件のあらすじ【承】

芹沢ブラザーズ。ミキノリコは彼らのファンだった。誰かに突き落とされて重傷を負っているらしい。事件と関係はあるのだろうか。

ワイドショーで赤星が撮った放送が流れる。事件の前、盗難事件が頻発していた。この番組では城野が犯人のように報道されてしまっている。上司から握手を求められる赤星。キャバクラに連れて行ってもらい大騒ぎする。

ツイッターで情報が拡散されて行く。ネットワーク上で城野の名前が出始めた。その名前を見た大学生時代の親友みのり(谷村美月)が猛抗議しはじめる。篠山は大嘘つきだという。彼の胃袋をつかんだ城野は彼とつきあっていることを電話で聞いたという。

その手紙を見た赤星は上司から怒られた。ツイッターにつぶやいていたいたことも問題になる。失点を挽回する為に、しぐれ谷に行く赤星。

呪いの城野、彼女はそう言われていた。中学生の時、サッカー部のエースの男の子が蹴った雑巾が城野の頭に乗ってしまった。それに怒った城野はその少年に呪いをかけた。彼は車にひかれてサッカー生命が断たれてしまったらしい。

白ゆき姫殺人事件のあらすじ【転】

地元の親友夕子(貫地谷しほり)は、ひきこもりだった。夕子はダイアナ、城野はアン、そう呼び合っていた。お互いの家は窓から見えた。火を使ってメッセージを送り合う。ろうそくの前に雑誌に人形を燃やすとクラスメイトの心が変わりあなたに優しく接してくれる。そのおまじないを実行した2人の火の不始末のせいでお社は全焼。2人は二度と会えなくなってしまう。

城野の母親と父親。母親は涙を流して娘をかばった。父親は土下座する。奥で寝たきりの祖母が咳をしながら孫がそんなことするはずがないと言った。

映像を編集していたスタッフが「これ本当なんすかね」と呟いた。もはや城野が犯人だと言っているようなものだった。

ビジネスホテルで城野は涙を流しながらワイドショーを見ていた。私は私がわからない。自分の事を書き記そうと思う。ここを出るのはそれからでも遅くない。

辛い時、彼女は想像の世界に入り込んだ。赤毛のアンのように。ミキノリコは自分に目を付けたのは、幼なじみの夕子が一番美人だと言ってしまったからだ。城野は篠山に弁当を作って渡していた。彼と付き合っていた城野だが、幸せな時間は長く続かなかった。微笑みながら横切るミキノリコ。

傷心の彼女を癒してくれたのは芹沢ブラザーズ。そのマグカップを後輩に割られてしまった。芹沢ブラザーズのボールペンを持っているミキノリコ。マサヤの恋人はミキノリコ、ネットにはそう書かれていた。城野のすべてを奪って行く。

白ゆき姫殺人事件のあらすじ【結】

チケットを譲ると約束したミキノリコに騙され、特急券のチケットもとってしまった城野。悔しくて給湯室でうずくまる城野にリサコが話しかけた。彼女に眠くなるカゼ薬を飲ませてチケットを奪う。

その作戦に成功した城野は無事コンサートに行く事になった。ファンに押されたはずみで城野は雅哉を突き落としてしまう。そこから逃げた城野。朝目を覚ますとミキノリコが殺されたのをテレビで知った。

ネットでもワイドショーでも殺人犯にされている自分。首を吊ろうとしたら真犯人が捕まった。犯人はリサコ。赤星に電話をかけたあの子だ。ストレス解消のために窃盗を繰り返すリサコ。それを知ったミキノリコと日頃のストレスに限界を感じていた彼女は城野を巻き込んで殺したのだ。

城野はネットによって被害者になった。彼女はなにもやってないのに親戚から白い目で見られる。2階から夕子の家が見えた。メッセージが見えて涙が溢れる。城野もメッセージを送り返す。

謝罪に来た赤星を城野の父親が投げ飛ばす。赤星の名前住所がツイッターでさらされて行く。ボロボロの赤星を轢きそうになる車、そこから女性が降りて来た。いいことありますよ。女性は赤星を励ます。その女性の名前は城野美姫。赤星は顔も覚えていなかった。

Amazon 映画『白ゆき姫殺人事件』の商品を見てみる