映画『ターザン:REBORN』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ターザン:REBORN』のネタバレあらすじ結末

ターザン:REBORNの概要:イギリスで貴族となったターザンが、攫われた妻を取り戻す為、再びジャングルへ。ワイルドというより、爽やかなターザンと肉体美は必見。ジャングルでのアクションには、目を離せない迫力がある。

ターザン:REBORNの作品概要

ターザン:REBORN

公開日:2016年
上映時間:110分
ジャンル:アクション、アドベンチャー
監督:デヴィッド・イェーツ
キャスト:アレキサンダー・スカルスガルド、サミュエル・L・ジャクソン、マーゴット・ロビー、ジャイモン・フンスー etc

ターザン:REBORNの登場人物(キャスト)

ジョン・クレイトン / ターザン(アレクサンダー・スカルスガルド)
5代グレイストーク伯爵。貴族院議員。過去、ジャングルで孤児となりターザンとしてゴリラに育てられた青年。現在はイギリスに在住。
ジェーン・クレイトン(マーゴット・ロビー)
ジョンの妻。自然に沿った生活を好み、野生動物に詳しい。ターザンとの間に出来た子供を1度流産した過去があり、その件に関しては夫婦間でも禁句。気丈で美しい女性。
ジョージ・ワシントン・ウィリアムズ(サミュエル・L・ジャクソン)
米国の公使。ハリソン大統領の命でイギリス視察に来ている。少々粗野だが、紳士的な面もある。射撃の腕が良い。
レオン・ロム(クリストフ・ヴァルツ)
ベルギー国王の腹心。コンゴの全部族を制圧すると共に、秘境オパールのダイヤを手に入れる為、ジョンを貶めようとする。

ターザン:REBORNのネタバレあらすじ

映画『ターザン:REBORN』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ターザン:REBORNのあらすじ【起】

1884年、ベルギー国王レオポルド2世は、資源が豊富なコンゴ盆地の所有権を得たが、その開拓に5年費やし、巨額の負債を抱え込んでしまった。困窮した国王は、打開策として秘境オパールのダイヤを狙い、腹心レオン・ロムをコンゴへ派遣した。

アフリカ、コンゴ。ロムはとうとう秘境オパールを発見。秘境の入り口を守る原住民を、機関銃と兵士の銃で殲滅し先へと進むが、原住民の襲撃に遭い共に来た兵士達は全滅。たった1人、大勢の原住民に囲まれたロムだったが、族長のムボンガと交渉。ダイヤを貰う代わりに1人の男を連れて来る事を約束した。

イギリス、ロンドン。ジョン・クレイトンは5代グレイストーク伯爵として、貴族院議員を務めている。その会議で国王よりコンゴの視察に招待されるが、ジョンは丁重に断った。会議にはアメリカ公使のジョージ・ワシントン・ウィリアムズも参加していたが、帰り際に失礼な発言をしたと謝罪される。その会話をきっかけに、ジョージは負債を抱えた国王が、コンゴで秘密裏に金策しているのではと疑念を持ち、それを調べたいと話す。ジョージの説得により、ジョンは仕方なくコンゴの視察を了承した。

ジョンは両親の事を思い出す。船で遭難した両親は小さなジョンを連れ、ジャングルで生活を余儀なくされた。母親は衰弱して死亡。ゴリラの群れに襲われた父親も死亡。たった1人残されたジョンは、赤子を連れたメスゴリラに拾われ命を繋いだ。
屋敷に戻ると妻のジェーンが、使用人の子供達を集めて授業をしていた。子供達を返した後、ジェーンにコンゴ視察へ向かう話をする。すると、彼女は自分もついて行くと言い張った。夫婦は言い合いになる。
深夜、ジョンは父親の日記を取り出して読む。翌日、拗ねたジェーンは庭の大木の枝に登っていた。ジョンはそこへ向かい彼女と和解。結局、妻もコンゴへ連れて行く事にした。

ターザン:REBORNのあらすじ【承】

ジョン夫妻とジョージは、広大なアフリカ草原を徒歩で進む。途中、ターザンの幼馴染のメスライオン達に遭遇しつつも、クボ族の集落へ到着した。族長にからかわれながら笑顔で挨拶。ジェーンにとっても、この村は故郷だった。ジェーンが住んでいた家も残っており、3人は村へ滞在する事にする。

その頃、ロムはボマの港で、ジョン夫妻とジョージの渡航記録を確認していた。彼らはボマの手前で下船し、徒歩で故郷のクバへ向かったと思われる。コンゴ招待を出したのはロム。全てはダイヤを手に入れる為の計画だった。ロムはダイヤの原石をちらつかせ、商人から傭兵を雇う。

到着した夜、ジョンはクバ族の村で族長から、奴隷商人が村人を攫っている事を聞く。
深夜、クバ族の集落にロム率いる軍隊が襲来。これにより族長は射殺。そして、抵抗も虚しくジョンは捕縛される。兵の話では、このままムボンガへ引き渡されるようだ。ジェーンも捕まった。そこへジョージが登場。クバ族の若者も反撃へ加わる。ジョンは縄を解かれ逃れるが、ジェーンはそのまま船で連れ去られてしまう。

ジョージに助けられたジョン。翌朝、自分を攫おうとしたのは傭兵の集まりである公安軍で、率いているのは国王の腹心レオン・ロムである事が分かった。クバ族の若者とジョンはムボンガの集落へ向かう事にした。しかし、ジョージもジョンについて行くと言い張る。ジョンは彼に命の保証はないと言い、連れて行く事にする。ジャングルを進む彼らのスピードは驚異的だ。ジョージはついて行くので精一杯。崖の上から飛び込み、木の枝を走る。ジョージを背負ったジョンは、木の蔦に掴まって列車に飛び乗った。

列車には、攫われて来た各部族の男達が繋がれていた。ジョンは兵士達と戦い、隊長と和解。奴隷として連れて来られた800人の男達は、橋を架ける為の労働力だった。
線路はコンゴを縦断する形で作られており、完成すればコンゴ全域を3日以内で移動可能となるらしい。50の要塞はすでに完成しており、これから来る軍隊の数は2万になると言う。それも正規軍ではなく全て傭兵らしい。コンゴ全域にいる全ての部族を奴隷にする気なのだ。これらの計画は全てロムが立案、指揮している。じき総督になるという話もあるようだった。

ターザン:REBORNのあらすじ【転】

逃げたジョンを捕らえる為、囮になったジェーンは船でムボンガの元へ向かっていた。船には一緒に捕らえられたクバ族の若者が2人いたが、その内の1人は幼い頃から可愛がっていた青年だった。彼を檻に入れられ、船の外に繋がれる。ジェーンが何かしようとすると、青年が犠牲になる。ロムは美しいジェーンを篭絡しようとする。ジョンをムボンガに引き渡せば、妻のジェーンは未亡人となる。その後釜を狙っていた。飽くまでも紳士的に接するロム。そこでジェーンは国王の軍があと6日で到着する事と、ジョンをムボンガに渡すという情報を得る。

ロムの計画を知ったジョンは、列車を途中で降りる。時間短縮の為、ジャングルを突っ切りジェーンを救う事にする。クバ族の青年に計画の証拠を託し、ジョージと共にジャングルへ。ジョンが通ろうとしているルートは、かつて共に暮らしたゴリラの群れの縄張りを通る。故に、群れへ挨拶をしなければならなかった。群れのボスとの激しい戦闘後、ジョンはボスに服従の意を表し、ジョージもそれに倣った。これで無事に、縄張りを通る事が出来る。

ジェーンは船に鎖で繋がれていたが、鎖を解かれた瞬間を狙い、川へ飛び込んで脱走。青年を檻から出し、縄張りを荒されたカバに追いかけられながらも、川から青年と共に逃走した。激しいスコールが降る中、青年を村へと向かわせて自分は逆の方向へ走る。しかし、そこでゴリラの群れに遭遇。ジェーンはゴリラ達に服従の意を示す。そこへロムが兵と現れ、彼女を連れ出そうとするが、兵が銃でゴリラ達を撃ち始める。ジェーンの制止をよそに、傭兵達はまるで狩りを楽しむかのようにゴリラ達を撃ち続けた。

ジャングルの崖上でジェーンの叫び声を捉えたジョンは、即座に崖から飛び降り、蔦から蔦へと飛び移って声の方へ向かう。ゴリラを乱射する兵達へオスゴリラが参上。あわや銃弾の餌食となる瞬間、ジョンがゴリラを救った。かつての兄弟と共に、人間達を撃退する。ターザンと呼ばれた男は、犠牲になったゴリラ達を目にして悲痛な雄叫びを上げた。

その昔、ターザンの母親代わりだったゴリラを、成人の儀式で殺した青年がいた。ターザンは深く悲しみ、怒りに任せてその青年の命を奪った。青年はムボンガの一人息子だった。ムボンガは息子を殺したターザンに復讐しようとしていたのだった。

ターザン:REBORNのあらすじ【結】

ジョンがムボンガの元へ辿り着いた時、ジェーンはダイヤと共に、ロムと船に乗せられるところだった。船の前には部族と族長のムボンガが立ちはだかる。ムボンガと部族を相手に奮闘するジョン。ジャングルを1人で抜け出して来たジョージは、ムボンガとジョンの決闘を陰から見守る。長く続くと思われた決闘は、ムボンガを捕らえる事によって勝利したが、ターザンの母親を殺した青年はまだ子供で、対するターザンはその頃、もう大人だった。部族の誇りはどこへ。ムボンガは涙ながらに叫ぶ。だが、その頃のターザンには部族に誇りがあるとは知らなかった。そこへ、ムボンガを離したジョンの元に、ゴリラの群れがやって来る。たった1人で戦っていたジョンを守るようにゴリラ達が敵対。ジョージとジョンはムボンガを説得した。我々は皆殺しにしないが、ロムは徹底的に殲滅する。ムボンガは慄きつつも、彼らと戦う事をやめた。

ボマ港では軍隊が行軍の準備を進めていた。ロムはダイヤで千人の兵を集め、更にその後から2万の兵がやって来る。丘の上でそれらを眺めるジョンとジョージ。ターザンは仲間を集める為、ジョージとゴリラ達で荒野を走った。万を超えるヌーの群れが、ボマの街を襲う。ヌーは走り出すと止まらない。群れの中にはライオンやゴリラも交じっている。連れられて行くジェーンを追って、ターザンが走る。桟橋のレーンを使ってジェーンを救助。ジョンは破壊されていく桟橋から、川へ飛び込んだ。ロムは船に乗って逃亡を図る。

ジョージは別の建物にあった機関銃でロムの船を攻撃し穴だらけにする。沈みゆく船にジョンが乗り込み奴を探す。ダイヤの入った箱を見つけ、それを持ち帰ろうとしたジョンをロムが襲う。首を絞められ繋がれた。ダイヤの箱を奪われるが、首に回った首飾りは容易に切れない素材で出来ていた。商人がダイヤを受け取る為に小舟で向かって来ている。ジョンは苦しみに苛まれながら、求愛の声を発した。両足でロムの体を捕まえる。その刹那、首に回っていた首飾りが切れる。ロムは川へ投げ出され、ジョンの求愛の声で寄って来たワニに襲われた。その次の瞬間、船が爆発。

奴隷として集められた部族の者達が、丘の上に並び勝利の雄叫びを上げる。商人は悔しさを噛み締めつつ去って行った。破壊されず残っていた桟橋で、ジェーンは待つ。愛しい夫ターザンを。彼は背後から現れ、そっと妻を抱き締めた。

その後、無事にイギリスへ戻ったジョージは、ベルギー国王の所業を公にした。
1年後、ジョン夫妻はクバ族の村にいた。待望の赤ちゃんも産まれ、ジョンはターザンに戻ってジャングルの仲間達と共に、森の中を飛び回っていた。

Amazon 映画『ターザン:REBORN』の商品を見てみる