映画『トランスポーター』あらすじとネタバレ感想

トランスポーターの概要:「トランスポーター」(仏題: Le Transporteur, 英題: The Transporter)は、2002年製作のフランス・アメリカ合作映画。製作・脚本は「レオン」のリュック・ベッソン、監督は「タイタンの戦い」のルイ・レテリエ。主演「セント・エルモス・ファイアー」のジェイソン・ステイサム。共演者に「クローサー」のスー・チー、「オーケストラ!」のフランソワ・ベルレアン。

トランスポーター あらすじ

トランスポーター
映画『トランスポーター』のあらすじを紹介します。

主人公のフランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)は、愛車BMW735i(E38)を駆って、どんな品物も時間厳守で目的地に運ぶトランスポーター(運び屋)である。
彼は仕事において3つのルール、「契約厳守」「(依頼者の)名前は聞かない」「依頼品を開けない」を信条とする。その天才的な運転技術によって常に依頼者を満足させ、依頼が途切れることはなかった。

ある日フランクのもとに、とある組織からバッグ運搬の依頼が舞い込んで来る。
荷物を積んで車を走らせるフランクだが、車がパンクしてしまい、その修理のためにトランクを開けると預かったバッグが自ら動いていた。「依頼品を開けない」という信条に反するが、ついバッグを開けて中身を確認してしまうフランク。中には手足を縛られ口をテープで封じられた中国人の女(スー・チー)がいた。

女に飲み物を与え、トイレに行きたいという要求を聞いてやると、隙を見て彼女は逃走してしまう。だが、かつて特殊部隊にいたこともあるフランクだけに、すぐに女を拘束し、目的地まで届けて契約を完了する。

再び組織から荷物を運ぶ依頼を引き受けたフランクだが、途中、車が爆破されてしまう。たまたま車を降りていて難を逃れたフランクは激怒し、依頼主を襲撃する。そして逃走用に奪った車の中に、最初に運んだ中国人女性、ライ・クワイが乗っていた。

組織の攻撃の手は止まず、さらにフランクの自宅までがウォールの襲撃にあい、崩壊してしまう。組織が人身売買を行っていると聞いたフランクは、それを阻止するべく、組織に乗り込んで行く…。

トランスポーター 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2002年
  • 上映時間:93分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:ルイ・レテリエ、コリー・ユン
  • キャスト:ジェイソン・ステイサム、スー・チー、マット・シュルツ、フランソワ・ベルレアン etc

トランスポーター ネタバレ批評

映画『トランスポーター』について、感想批評です。※ネタバレあり

生身のアクションを繰り広げるジェイソン・ステイサムの出世作

「ザ・ワン」でジェット・リーと共演し、アクションスターとしての地位を得たジェイソン・ステイサム。本作でも生身で次々とアクションシーンを繰り広げ、世界的なヒット作品へと押し上げた。本作以降主演作も数多く、現在まで活躍が続いている。

元々ジェイソン・ステイサムは水泳の飛込競技の選手であり、イギリスの代表チームに選抜されたほどの実力の持ち主だ。抜群の運動神経で、迫力あるアクションシーンをこなしている。スタントはなるべく使わないのが彼の信条で、「可能な限り自分で演じ、その緊迫感で表現できることが大事だと思う。」と述べている。
このように主演自らの、まさにギリギリのアクションが一助ともなり、素晴らしいエンターテインメント作品に仕上がっている。

ベッソン脚本の魅力的なキャラクター設定

潔癖症であり、自らに厳しいルールを課すなど、くせのある主人公フランク・マーティン。そんなキャラクター設定が見事にストーリーに活きていて、シンプルながら面白み満載の脚本となっている。

自らのルールを破ったことによって、自らを律しようとするフランク。愚痴を吐く姿が切れたアクションを繰り広げる姿とは対照的で、思わず笑いを誘う。そんなキャラクター設定が好評を得、続編も製作されていく。
タルコーニ警部はレギュラーキャストとなり、フランクの良きパートナーとして2作目・3作目にも登場する。ファンとしても嬉しい限りだ。

スー・チー演じるヒロインはステレオタイプの女性だが、チャーミングに演じている。フランクを惑わす色気をまとって、画面に華やかさを添えている。
悪役はキャラクター設定が今一つなのが残念だ。できれば、フランクとは違うこだわりが欲しかった。

トランスポーター 感想まとめ

冒頭、銀行強盗を運ぶ主人公の迫力あるカーチェイスシーンから始まるこの映画。全編にわたって、爽快なアクションが満載である。

ステイサムによる銃撃のシーンは少ないものの、生身のアクションが迫力満点で観ているこちらが圧倒されるものばかりだ。フランクの自宅襲撃シーンではマシンガンで礫のように狙撃され、銃弾をくぐりぬけながら主人公たちが逃げる姿はドキドキして目が離せない。港におけるクライマックスでは、ステイサムが上半身裸になってまで、生身のアクションを息つく間もなく繰り広げる。

世界的大ヒットとなった本作のおかげで次々続編が作られているので、機会があれば共々ご覧頂き、トランスポーター“フランク”の魅力をとことん堪能して欲しい。ストーリーに重厚さは無いが、スカッとした気分を味わいたい時にはお薦めの作品。

Amazon 映画『トランスポーター』の商品を見てみる

関連作品