映画『トリプル9 裏切りのコード』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トリプル9 裏切りのコード」のネタバレあらすじ結末

トリプル9 裏切りのコードの概要:マイケルは仲間と共に銀行強盗を行った。盗んだ物をロシアン・マフィアのボスに渡すが、金の支払いを拒否される。金を支払う条件は、もう一度仕事を行うことだった。マイケル達は嫌がるが、仲間の1人を殺され脅されてしまう。

トリプル9 裏切りのコードの作品情報

トリプル9 裏切りのコード

製作年:2015年
上映時間:115分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ジョン・ヒルコート
キャスト:ケイシー・アフレック、キウェテル・イジョフォー、アンソニー・マッキー、アーロン・ポール etc

トリプル9 裏切りのコードの登場人物(キャスト)

クリス・アレン(ケイシー・アフレック)
ギャング対策班に新たに赴任して来た警察官。真面目な性格。マーカスと相棒を組むことになるが、きちんと犯罪を取り締まらないマーカスに不満を抱く。
マイケル・アトウッド(キウェテル・イジョフォー)
強盗集団のリーダー。ブラックウォーター社の元警備員。息子と恋人のエレナをとても大切にしている。
マーカス・ベルモント(アンソニー・マッキー)
強盗集団の一員。警察官。ギャング対策班に所属している。クリスの相棒となる。仲間である警察官を殺すことに躊躇する。
ゲイブ・ウェルチ(アーロン・ポール)
強盗集団の一員。ラッセルの弟。元警察官。薬物中毒者。娼婦の彼女がいる。口が軽く、突拍子もない行動を起こすため、マイケル達から度々注意を受ける。
フランコ・ロドリゲス(クリフトン・コリンズ・Jr)
強盗集団の一員。警察官。殺人課に所属。人を殺すことに躊躇しない残忍な性格。
ラッセル・ウェルチ(ノーマン・リーダス)
強盗集団の一員。ブラックウォーター社の元警備員。マイケルとは特に仲が良い。理性的な性格。強盗を行う際は、主に指揮を執っている。
エレナ・ヴラスロフ(ガル・ガドット)
マイケルの恋人。イリーナの妹。マイケルとの間に子供がいる。
ジェフリー・アレン(ウディ・ハレルソン)
重大犯罪課に所属する警察官。クリスの叔父。捜査中に薬物に手を出すなど、警察官として悪い一面も持っている。ファーストシティ銀行の強盗事件の捜査を指揮する。
イリーナ・ヴラスロフ(ケイト・ウィンスレット)
ロシアン・マフィアのボス。夫は現在刑務所に収監されている。マイケルがエレナと付き合っていることに不満を抱いている。マイケルとエレナの間にできた子供のことは、とても大切にしている。

トリプル9 裏切りのコードのネタバレあらすじ

映画『トリプル9 裏切りのコード』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トリプル9 裏切りのコードのあらすじ【起】

ジョージア州、アトランタ。男達はファーストシティ銀行で強盗を行っていた。4人の男(マイケル・マーカス・ゲイブ・フランコ)が銀行に押し入り、1人の男(ラッセル)が外で警察の無線を傍受しながら指示を出していた。マイケル達は無事に強盗を成功させ、ラッセルとは別の用意していた車に乗って逃走した。しかし、途中で盗んだ金についていた防犯用の煙が爆発してしまう。それは、ゲイブが欲を出して盗んだ物だった。マイケル達は自分達が乗っていた車に爆弾を設置すると、男から車を奪って逃走した。

マイケル達はゲイブを激しく非難した。だが、ゲイブはもし盗みが成功していれば自分を称えたはずだと、堪えた様子はなかった。ラッセルはそんな弟を心配するが、ゲイブは煩わしそうにするだけだった。その後、マイケルはラッセルを連れ、マフィアの男に銀行から盗んだ物を渡しに行った。

アレン刑事はファーストシティ銀行の現場を確認し、捜査を行っていた。強盗犯が盗んだ金庫は、ロシア人の富豪であるディミトリ・ペトコフのものだった。しかし、ディミトリの家族は金庫の中身については何も知らなかった。

アレンの甥のクリス刑事が、ギャング対策班に新たに赴任してきた。マーカスはクリスと相棒を組むことになった。

マイケルはボスのイリーナの元に金を受け取りに行くが、もう一仕事しないと払えないと断られる。しかも、妹のエレナがマイケルと交際をしていることも快く思っていないらしく、嫌味を言われる。マイケルが反論しようとしていると、別室にFBI捜査官が来ているのが見えた。FBI捜査官が何の用で来ているのか尋ねるが、イリーナは答えようとはしなかった。

トリプル9 裏切りのコードのあらすじ【承】

イリーナは刑務所に収監されている夫のヴァシリに、マイケルが次の仕事を嫌がっていることを話した。ヴァシリはファイルを盗み出さないと刑務所から出られないため、何としてでも仕事をさせるように伝えた。マイケルは仲間を招集したが、ラッセルの姿がなかった。先に、マーカス達に金が支払われないことと、次の仕事を頼まれたことを話した。マーカス達が仕事を手伝うのを嫌がっていると、ラッセルの車が来たが、壁にぶつかりクラクションが鳴り響いた。異変を感じて見に行くと、ラッセルは手を縛られ、瀕死の状態で運転席に座っていた。マイケルはラッセルを楽にするため、断腸の思いで射殺した。

マイケルはマーカス達に、次の仕事の話をした。国土安全保障省の中から目的の物を盗み出すことなのだが、イリーナは何を狙っているのかは話さなかった。警備員の数は不明だが、SWATのような戦術部隊がいることは間違いなかった。最低でも盗み出すのに10分は必要だが、3分で警察はやって来てしまう。フランコは“コール999”を使う案を提案した。

マーカスはクリスと共にギャングの遺体の身元を確認するため、現場へと向かった。そこで、身元についてマーガスがフランコに話をしていると、聞き込みをしていたクリスが問題を起こしてしまう。マラというギャングの幹部を捜査妨害で逮捕したのだ。マーカスは誰も話さなくなると叱るが、クリスは仕事をしただけだと取り合わなかった。

マイケル達は仕事についての段取りを話し合った。“コール999”は警察官が襲撃されたことを意味し、その連絡が入ると警察官達は皆襲撃現場へと向かうことになっていた。そして、犯人を捜すのに警察官達は躍起になるため、他の現場に手が回らなくなるのだ。マイケル達は“コール999”を使う方向で話を纏めるが、マーカスは仲間の警察官を殺すことに戸惑いを感じていた。

トリプル9 裏切りのコードのあらすじ【転】

マイケル達は話し合い、クリスを標的にすることを決める。しかし、ゲイブは兄ならもっといい作戦を立てたのではないかと、今回の作戦に尻込みをしていた。マイケルはやる気のないゲイブを怒鳴り、家へと帰した。その頃、アレンは情報屋から、銀行強盗をした男(ゲイブ)と話した娼婦の話を得ていた。

マイケルはイリーナに、息子とエレナを人質に取られる。息子達はただリゾートに遊びに行っているだけだと思っているが、帰国できるかどうかの決定権はイリーナが握っているのだ。

アレンは部下と共にゲイブの家を監視した。身元も判明し、3年前に辞めた警察官だと発覚する。何度も問題を起こし、不審な発砲を行って免職したのだ。アレンは薬物容疑でゲイブの恋人の娼婦を逮捕し、釈放する代わりに、ゲイブの情報を求めた。娼婦はマイケルが仲間にいることと、ラッセルが先日亡くなったことを話した。アレンはゲイブがとある家の前にいるとの情報を受け、急いで現場へと急行した。そこは、クリスの家だった。アレンがクリスの無事を確認して安堵していると、マイケルについて部下から連絡が入った。マイケルとラッセルはブラックウォーター社の元警備員で、マイケル達は武装強盗を行い起訴されていた。しかもそれには、ロシアン・マフィアのヴァシリが絡んでいた。しかし、証人4人が消えて、起訴は取り消されていた。上司からの指示で、アレンはイリーナを見張ることになった。

トリプル9 裏切りのコードのあらすじ【結】

マイケルはフランコから連絡をもらい、ゲイブが警察に見張られていることを知る。娼婦の泣く声を聞かせながら、ゲイブに街から消えるよう脅した。アレンはゲイブを見失ってしまい、途方に暮れた。マイケルも家には現れず、イリーナも判事から令状が下りず捜査ができなかった。

マーカスは情報提供者に会うと偽り、クリスを廃墟へと連れて行った。クリスが廃墟の中を彷徨い歩いていると、男(ゲイブ)に出会った。ゲイブから命を狙われていると警告された瞬間、後ろから突然発砲される。クリスは無事だったが、ゲイブは流れ弾に当たって重傷だった。ゲイブは最後の力を振り絞ってマーカスの頭を撃った。ゲイブもマーカスに撃たれて亡くなってしまう。クリスはマーカスが撃たれたため、“コール999”を無線で伝えた。

マイケル達はマーカスが撃たれたことは知らないまま、“コール999”を無線で聞き、国土安全保障省に侵入した。その頃、アレンは同僚からクリスが襲撃されたと聞き、現場へと急いでいた。途中で国土安全保障省が襲撃されたと無線連絡が入るが、そちらは他の者に任せてクリスの元へと急いだ。

マイケル達は目当ての物を盗み出すが、外のスナイパーが既に待機しており、発砲される。何とかその場から逃げ出すが、マイケルは手を撃たれていた。その後、フランコは何食わぬ顔で“コール999”の現場に行き捜査を行うが、スナイパーに撃たれた傷が癒えておらず不恰好な歩き方になってしまう。アレンはその様子に違和感を覚える。

マイケルは盗んだ物をイリーナに渡した。しかし、そこに息子とエレナの姿はなかった。イリーナはお金を持って消えるようマイケルを脅し、マイケルが持っていた息子へのプレゼントを持って、その場を去っていった。マイケルは起爆装置を作動させた。息子へのプレゼントの中身は、爆弾だったのだ。

マーカスは一命を取り留めるが、脳が腫れて弾が摘出できない状態だった。フランコはマイケルの元に行くとそのことを告げ、油断している隙に射殺して金を奪った。クリスはマーカスの所持品から事件を洗い直し、自分を狙っていたことを知る。マーカスとゲイブはかつて同じ管区の配属で顔見知りだったのだ。そのことをアレンに教えた。

アレン達は娼婦が殺されていたことを知り、もう1人警察官の仲間がいることを知る。遺体発見時に指揮を執っていたのはフランコだった。アレンがそのことをクリスに伝えるが、クリスはちょうどフランコと一緒にいるところだった。クリスは警戒しながらフランコと別れ、自分の車に乗り込んだ。フランコも自分の車に乗り込むが、後ろ座席にはいつの間にかアレンが座っていた。フランコの車の中で銃声が鳴り響いた。フランコはハンドルに体を預けるように倒れ、アレンも腹を撃たれて血を流した。クリスは無線で“コール999”を連絡した。

この記事をシェアする