映画『ホワイトアウト(2009)』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

『アビエイター』のケイト・ベッキンセイル主演のサスペンス。南極で起きた殺人事件に挑む女性捜査官の姿を描く。監督は『ソードフィッシュ』のドミニク・セナ、脚本はジョン・ホーバー、エリックホーバーら。

あらすじ

映画『ホワイトアウト』(2009)のあらすじを紹介します。

南極の米国観測基地アムンゼン・スコットに勤務する連邦保安官のキャリー(ケイト・ベッキンセイル)は、見渡すかぎり銀世界の南極にうんざりしていた。6ヶ月も続くという冬を前に、仕事をやめて南極を脱出するつもりで居たのだが、米軍観測基地とロシア基地の間にある氷床で死体が発見され、犠牲者は米国地質学者のワイスという男だった。死体には不可解な点が多く、キャリーの他に国連調査官のロバート、輸送機パイロットのデルフィ、医師のジョンの4人が調査のために観測基地に取り残されてしまった。おそらく、この中に犯人がいる。極限状態の彼らに追い打ちを掛けるように発生したホワイトアウト。次第に明らかになってくるキャリーの過去。果たしてキャリーは無事に南極から脱出できるのか?

評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2009年10月31日
  • 上映時間:101分
  • ジャンル:サスペンス
  • 監督:ドミニク・セナ
  • キャスト:ケイト・ベッキンセール、ガブリエル・マクト、トム・スケリット、コロンバス・ショート、アレックス・オローリン etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

映画『ホワイトアウト(2009)』について、考察・解説します。※ネタバレあり

期待していたほどでは

私は映画を観る前にあらすじを確認するんですが、あらすじがかなり面白そうだったので、かなり期待していました。殺人事件の犯人かもしれない連中と閉鎖空間に閉じ込められ、外に出てみればホワイトアウト!彼らとくっついて行動しなければいけない状態に……ああ怖い。恐ろしい!これだけでも十分に怖そうだし、B級映画としては申し分ないですよ。なのに、キャリーの過去やら南極の秘密まで明らかになるという親切さ。面白いに決まっている!と思っていたのですが……なんともまあ……中途半端ですね。ケイト・ベッキンセイルは美しいし、白銀世界の恐怖感がそこそこ伝わってくる撮影など、いいところは良いんです。でも、案の定話がどうにも。あらすじ以上の事は起こらないので、かなりガッカリしています。3人の男と一緒に閉じ込められ、これは大変な事になるんだろうなぁと思っていたら、そんなことはないわけで。キャリーの過去もそんなに驚かないわけで。南極の秘密は何がなんだかわからんわけで。これ、多分製作者が別に用意していた映画の企画が没になったのが悔しくて、その映画のプロットを最後に無理やり盛り込んだんじゃないかと思っているんですが、真相はどうなんでしょうね。別に気になりませんけど。結末も「やっぱりね」といった感じでございまして、白銀世界とケイト・ベッキンセイルを楽しむ目的で観るんなら、悪くないんじゃないかな……程度の評価です。

まとめ

監督のドミニク・セナはミュージックビデオの監督としてのキャリアが長いんだそうですよ。ミュージックビデオとは何なのかというと、短時間で人間の欲望をくすぐる映像。ですから、ドミニク・セナは目を引く映像作りのプロなわけです。そんな人が南極を舞台にしたサスペンスを撮る!これは期待してしまいますよね。確かに緊張感のある映像を撮影出来ているし、キャリーが感じている孤立感など、心境を映像で表現することには成功していると思います。ただ、やっぱり話が面白くないと……。昔のロードムービーじゃないんだから、話もキッチリしてないとキツいですよ。面白そうな設定のサスペンスなんだから、そっちにも力を注いで欲しかった。

Amazon 映画『ホワイトアウト(2009)』の商品を見てみる