映画『誘拐の掟』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「誘拐の掟」のネタバレあらすじ結末

誘拐の掟の概要:トラウマを抱える元刑事の探偵が依頼されたのは、非道な連続誘拐・殺人事件の犯人探しだった。次第に事件の真相に近づく中、新たな被害者が……。リーアム・ニーソン主演のサスペンス。

誘拐の掟の作品概要

誘拐の掟

公開日:2014年
上映時間:114分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:スコット・フランク
キャスト:リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス、デヴィッド・ハーバー、アストロ etc

誘拐の掟の登場人物(キャスト)

マット・スカダー(リーアム・ニーソン)
元刑事の私立探偵。警察時代から酒におぼれていた過去があり、今は断酒会に通っている。
犯人射殺時に幼い少女を撃ち殺してしまい、その罪悪感から警察を辞めた。
ピーター・クリスト(ボイド・ホルブルック)
マットと断酒会で知り合ったアルコール中毒者。マットが私立探偵と知り、弟ケニーからの依頼を仲介する。
ケニー・クリスト(ダン・スティーブンス)
ピーターの弟で麻薬取引の仲介人。妻を何者かに誘拐され、身代金を払ったにもかかわらず残酷な方法で殺された。犯人に強い恨みを抱き、マットに犯人を捕まえるよう依頼する。
キャリー・クリスト(ラザーヌ・ジャマル)
ケニーの妻。誘拐され、バラバラ遺体の姿で発見された。
TJ(ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー)
ホームレスの青年。図書館に寝泊まりしている。マットの調査を手伝うことになる。探偵ものの本をよく読み、言葉遣いは悪いが聡明で絵が得意。
レイラ(ラウラ・ビルン)
キャリーと同じ手口で誘拐、殺害された被害者。婚約者が麻薬取引の仲介者だった。
ルシア(ダニエル・ローズ・ラッセル)
3人目の誘拐被害者となる少女。父親が麻薬取引の仲介者。
誘拐犯<レイ(デヴィッド・ハーバー)、アルバート(アダム・デヴィッド・トンプソン)>
麻薬取引にかかわる者の身内女性を誘拐、非道な手口で痛めつけバラバラ遺体として返す、という手口を取る誘拐犯。レイはよくしゃべり、アルバートは無口。
ジョナス(オラフル・ダッリ・オラフソン)
レイラの遺体が発見された墓地の管理人で、遺体の発見者。

誘拐の掟のネタバレあらすじ

映画『誘拐の掟』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

誘拐の掟のあらすじ【起】

1991年、ニューヨーク。刑事のマット・スカダーは、酒におぼれる生活をしていた。彼が行きつけの店で酒を飲んでいると、突然店で発砲事件が勃発。マットは逃げる犯人達を撃ち殺す。

1999年、ニューヨーク。マットは刑事を辞めていた。マットに、断酒会で一緒になったピーター・クリストが話しかけてくる。マットが私立探偵をしていると知り、弟を助けてもらうよう依頼しに来たのだ。マットはピーターの弟、ケニーの元を訪れる。ケニーの妻が誘拐され、身代金を払ったが殺されたのだ。彼の依頼は犯人達を捕まえることだった。ケニーが麻薬取引の仲介人と知って、マットは依頼を断る。

マットが自宅に戻ると、ケニーがいた。ケニーは誘拐時の様子を話す。犯人は車で鐘を2つに分けて持って来させた。そして公衆電話で指示され、振り回されたあげく、妻の体は車のトランクで見つかった。彼女は犯され、バラバラに切り刻まれていたのだ。

マットは調査を開始する。バンに乗った男2人の犯人像が浮かび上がってきた。マットは図書館で似たような事件を調べる。図書館で寝泊まりしている青年TJに出会い、仕事を手伝ってもらうことにした。

誘拐の掟のあらすじ【承】

同じ手口で殺されたレイラと言う女性が浮かび上がる。こちらの事件では犯人は3人組だ。マットは遺体発見者の墓地管理人、ジョナスに話を聞きに行くが、あまり協力的ではない。マットはジョナスの後をつける。TJもマットの後をつけていた。次にマットはレイラの婚約者を訪ねた。彼もまた、麻薬で儲けていたようだ。向かいのビルの屋上にジョナスの姿を発見し、マットはそちらへ向かう。

ジョナスは犯人3人のうちの1人だった。2人組の主犯に誘われ、誘拐に誘われたのだ。2人は麻薬取締局に勤めていると話したと言う。麻薬ディーラーの婚約者からレイラを救うと言われ協力したが、2人がレイラに行う非道な行為を見ていられず、逃げ出したのだ。ジョナスは「2人のうち1人の名はレイだ」とだけ告げ、屋上から飛び降りた。

犯人達は、新たなターゲットに目をつけていた。赤いフードの少女、ルシアだ。

同様の事件を調べるマットの後を、配管工事のバンが尾行していた。尾行者をぶちのめしたが、バンから出て来たのは本物の麻薬取締局員だった。彼らはピーターを怪しんでいた。

マットに詰め寄られ、ピーターは真実を話した。ピーターのせいで犯人達にケニーの情報が入り、標的にされたのだ。

TJが暴行に遭い病院へ運ばれ、駆け付けたマットは彼が生まれつき血の病気を患っていることを知る。そんなTJにマットは、警官時代犯人を射殺した事件で、誤って少女を死なせてしまったことを告白する。それが警察を辞めたきっかけだった。

誘拐の掟のあらすじ【転】

ルシアが犯人グループに誘拐された。彼女の父親は麻薬の仲介人でケニーの友人だ。マットはケニー・ピーターとともにルシア奪還に協力する。犯人からの電話にはマットが応対し、逆に相手を脅して、人質の直接取引に持ち込むことに成功する。マットたちは偽札を用意し、マット、父親、ケニー、ピーター、運転役としてTJが取引場所に向かうことになった。

TJを車に残し、ケニーとピーターは遠くからの援護射撃役に回る。マットが犯人達と対峙する。犯人の1人、レイはルシアののど元にナイフを突き付けている。相棒のアルバートが身代金の入ったカバンをバンに運ぶ。マットはルシアを解放させた。ルシアの指は何本か切り落とされていた。マットはルシアを父親に預け、その場から逃がす。

取引終了と思われたその時、アルバートが偽札に気づいてしまった。マットはレイを撃ち、ピーター達も交えた激しい銃撃戦となる。その結果、ピーターが撃たれて亡くなってしまう。犯人達はバンに乗って逃げだした。

マットたちが車に戻ると、TJの姿がない。TJは危険を冒し、犯人達のバンにこっそり潜り込んでいたのだ。バンの中ではレイが脇に傷を負い、騒ぎ立てていた。バンが隠れ家に着いた。TJはマットからもらっていた携帯電話でマットと連絡を取り合い、隠れ家の住所を教える。地下室では、傷を負ったレイをアルバートがワイヤーで絞め殺しているところだった。

誘拐の掟のあらすじ【結】

TJの案内で、マットとケニーが隠れ家に到着した。アルバートを手錠で拘束したマットは、ケニーに2つの選択肢を与える。警察に通報してアルバートを終身刑にさせるか、この場で復讐するか。ケニーは復讐する方を選び、マットたちを隠れ家から出した。マットはTJだけを自分の家に向かわせ、隠れ家の前でケニーを待つ。ケニーはアルバートを酒瓶で殴り、地下室に向かった。そこには死んだレイと、遺体切断に使った包丁があった。

マットは一抹の不安を感じ、再び隠れ家に入った。すると、アルバートが拘束されていたはずの場所には、大量の血痕と手錠しか残されていない。マットは地下室に向かう。地下室の階段で滑り転んでしまったマットは、それが大量の血で、階段でケニーが殺されていることに気づく。銃を構えたマットの後ろから、アルバートがワイヤーで襲ってきた。首を絞められながら銃を撃つが当たらない。取っ組み合いの末、マットはアルバートの頭を撃ち抜いた。

マットが隠れ家を出ると、通報を聞いた警察が集まっていた。夜明け前、マットはひとり家路に着く。マットを待ちながら眠ってしまったTJを見ながら、マットも眠りに着くのだった。

Amazon 映画『誘拐の掟』の商品を見てみる