「101匹わんちゃん」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

101匹わんちゃんの概要:2匹のダルメシアンが恋に落ち、そして結ばれた。しかし、そんな2匹の間に生まれたのは何と15匹のわんちゃん!?15匹のわんちゃんが巻き起こす大騒動から目が離せない。

101匹わんちゃんの作品情報

101匹わんちゃん

製作年:1960年
上映時間:80分
ジャンル:アクション、コメディ、アニメ
監督:ウォルフガング・ライザーマン、ハミルトン・S・ラスケ、クライド・ジェロニミ
キャスト:ロッド・テイラー、リサ・デイヴィス、ケイト・バウアー、ベン・ライト etc

101匹わんちゃんの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『101匹わんちゃん』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

101匹わんちゃんの登場人物(キャスト)

ボンゴ(ロッド・テイラー)
ロジャーの飼い犬のダルメシアン。パーディダに一目惚れをする。ロジャーとアニータにとってはキューピッド的存在。
パーディダ(ケイト・バウアー)
アニータの飼い犬のダルメシアン。ボンゴと結ばれ、15匹の赤ちゃんを授かる。
ロジャー・ラドクリフ(ベン・ライト)
売れない作曲家。ある日ボンゴのおかげでアニータと出会い、のちに結ばれる。
アニータ(リサ・デイヴィス)
パーディダの飼い主。パーディダとボンゴの出会いをきっかけに、その後結婚する。
クルエラ・ド・ビル(ベティ・ルー・ガーソン)
アニータの知り合い。大の毛皮コレクターで、ダルメシアンの毛皮を作ろうと企んでいる。

101匹わんちゃんのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『101匹わんちゃん』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

101匹わんちゃんのあらすじ【起】

広い広いロンドンのとある一角に、ロジャーという男性と彼の飼い犬、ダルメシアンのボンゴが暮らしていました。ロジャーは作曲家を営んでいますが、中々彼の作った作品は売れずに、家計は火の車です。しかし、音楽をこよなく愛するロジャーはそれでも作曲家の夢を諦めることはありませんでした。

その日も、ロジャーはいつものように自身のピアノに向かい作曲に励んでいました。ロジャーが構ってくれないために、ボンゴはとても退屈しています。ボンゴはアパートの窓から、なんとなく下の通りを見下ろしていました。すると、とある一匹のダルメシアンと飼い主の女性が目にとまったのです。そしてボンゴは、そのパーディダというダルメシアンに一目惚れをしてしまうのです。

ボンゴは慌ててロジャーを無理やり散歩へと連れ出し、二人を追いかけました。そして二人に追いつくと、互いに興味を持ったボンゴとパーディダがくるくるとロジャーと飼い主の女性、アニータの周りを回ります。その為リードがアニータとロジャーに絡まり、二人は噴水に転落してしまいました。

101匹わんちゃんのあらすじ【承】

しかし、この事をきっかけに二人は惹かれあい、そして交際の末に結婚する事になったのです。そして、アニータとロジャーだけでなく、彼らのキューピッドとなったボンゴとパーディダも晴れて結ばれる事になりました。

幸せなニュースはこれだけでは終わりません。なんと、ボンゴとパーディダの間に子供が出来たのです。しかし実際に生まれてみてびっくり、なんと15匹もの赤ちゃん犬が誕生したのでした。ロジャー達は大変喜びますが、そこにアニータの知り合いであるクルエラという女性が訪ねてきました。

しかしこのクルエラ、大変な毛皮コレクターという趣味を持っていました。そして何と、クルエラは15匹の赤ちゃんに目をつけると、彼らの毛を使い新しい毛皮を作りたいと思い立ったのです。クルエラはロジャーに赤ちゃんを売って欲しいと交渉しますが、彼らを毛皮にするという事は彼らを殺すという意味です。当然ロジャーは断りますが、クルエラはそんなロジャーの態度を気に入らず憤慨して帰って行きました。

101匹わんちゃんのあらすじ【転】

ロジャーはクルエラがまたいつ接触を図ってくるかと身構えていましたが、そんなロジャーの不安に反して数ヶ月間クルエラからは何の音沙汰もありませんでした。その月日の間で、子犬たちも元気に大きくなりました。そこで、ロジャーは、アニータ、ボンゴ、パーディダと共に散歩に出かける事にしました。その間、お手伝いのナニーが子犬たちの面倒を見てくれます。

しかし、そんな時です。電気会社と名乗る男二人が無理やり家に侵入し、そして15匹の子犬達を誘拐していったのです。彼らはクルエラの手下で、アニータとロジャーがいなくなるタイミングを狙っていたのでした。散歩から帰った一向はパニックに陥ります。

ボンゴとパーディダは、近所に住む飼い犬や野良犬に助けを求める事にしました。2匹の遠吠えでのSOSを受けた近所の犬達は、子犬達の捜索を手伝ってくれます。そして、15匹がとある屋敷に監禁されている事、そしてその屋敷には15匹だけでなく、他から誘拐された84匹のわんちゃんも拉致されている事が分かったのでした。

101匹わんちゃんの結末・ラスト(ネタバレ)

彼らからの報告を受けたボンゴとパーディダは、自分達の子供を助け出すべくその屋敷に侵入する決意をしました。一方、野良犬のチーブスもまた、子犬達を助けようと屋敷に忍び込んでいました。そして、手下達がテレビに夢中になっているすきに、少しずつ子犬達を外に逃がしていきます。しかし、あと一歩というところで手下に気づかれてしまいました。

絶体絶命、そんな時ボンゴとパーディダが助けに現れたのです。合計101匹のわんちゃんは、必死に屋敷から逃走しました。追っ手にクルエラも加わり、逃走劇は困難を極めます。しかし、途中でクルエラと手下達の乗る車が衝突するという自滅もあり、彼らは全員揃って何とかロジャーとアニータの元にたどり着く事ができたのでした。

101匹のわんちゃんを見たロジャー達は大喜びします。しかし、勿論このアパートでは101匹を飼うことなどできません。そこでロジャーは思い切って、全員で暮らす大きな屋敷を田舎に購入し、全員揃って幸せに生きていく決意をしたのでした。

101匹わんちゃんの感想・評価・レビュー

ディズニーの名作の一つである本作品。意外と知らないのが、15匹+2匹以外は、血の繋がっていない犬達なのである。本作のヴィランであるクルエラがよくぞそこまでダルメシアンばかりを集めたなという驚きもさる事ながら、毛皮にするという発想が、ディズニーにしてはなかなか直球な展開である。もちろんディズニー作品なので、ハッピーエンドが待っているのだが、最終的に101匹をロジャーが飼う方向でまとまるという部分でいうと、元の飼い主は良いのかなとちょっとだけ疑問に感じてしまうのは私だけだろうか。(男性 30代)


ディズニー映画の中でもこの作品は力を入れずに気楽に観ることが出来る作品だが、小さい頃に何度も観ていたはずでも記憶が薄かったので、大人になった今もう一度観てみると小さな頃よりも別の視点から観ることが出来て色々と考えさせられた。

犬たちは101匹いて外見はあまり区別がつかない程似ているが、中身はそれぞれ全く違う性格をしているので、その部分がとても可愛く実際の動物たちも皆性格が違うのでリアルに感じてよかった。(女性 20代)


CGになる前の絵本のような独特の色遣いが印象的な作品。なによりも秀逸なのが悪役を務めるクルエラ・ド・ビル様。大人が観てもけっこう怖い気がする。まして目的が犬の毛皮を作るというのが怖さを一層に引き立てる。この容赦のない悪役ぶりが映画の芯となって案外緊張感があるストーリなのが面白い。もちろん個悪党の二人組や子犬それぞれの表情などかわいらしい部分もたくさんあるので子供向けの作品。このバランス感が恐ろしいほどだ。(男性 30代)


昔から親しまれているディズニー映画。この映画を知らない人はいないと言っても過言ではないだろう。後にリメイクも出ていることが、この映画の人気を物語っている。
たくさんの犬たちの大冒険と言えるこの作品は、子供から大人まで楽しめるアニメ映画になっている。シナリオは分かっていてもやっぱり見たくなる、そんな映画だ。お決まりのハッピーエンドだが、とても心が温まる。家族みんなで集まって観たい、ファミリー向けの定番と言える映画ではないだろうか。(女性 30代)

この記事をシェアする