「16ブロック」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

16ブロックの概要:ニューヨーク市警の刑事ジャックは事件の証人である囚人エディを16ブロック先の裁判所まで護送するよう命じられる。ところが、そのわずかな距離の間で二人は何者かに命を狙われる。

16ブロックの作品情報

16ブロック

製作年:2006年
上映時間:101分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:リチャード・ドナー
キャスト:ブルース・ウィリス、モス・デフ、デヴィッド・モース、ジェナ・スターン etc

16ブロックの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『16ブロック』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

16ブロックの登場人物(キャスト)

ジャック・モーズリー(ブルース・ウィリス)
ニューヨーク市警の刑事。アルコール中毒を患っている。囚人エディの護送を引き受けたことからトラブルに巻き込まれていく。
エディ・バンカー(モス・デフ)
大陪審で証人としてニューヨーク市警の汚職事件の証言をするべく護送されることになった囚人。ケーキ屋を出店するのが夢。
フランク・ニュージェント(デヴィッド・モース)
ニューヨーク市警の刑事でジャックの相棒。ニューヨーク市警の汚職事件に関係している。
ダイアン・モーズリー(ジェナ・スターン)
ジャックの妹。救命救急士をしている。

16ブロックのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『16ブロック』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

16ブロックのあらすじ【起】

ニューヨーク市警の刑事ジャックはアルコール中毒を患っている。勤務中にも飲酒をするほどである。その暮らしぶりには妹で救命救急士として働くダイアンも呆れている。

ある日ジャックは、夜勤明けで帰宅しようとしたところ、人手不足を理由に上司から囚人の護送を命じられる。初めは文句を言っていたジャックだったが、ほんの16ブロックの距離ということもあり、渋々ながら囚人護送の依頼を引き受けた。囚人の名はエディ。ジャックはエディを後部座席に乗せ、車を発進させる。その後方には密かにジャックの車を尾行する謎の車の姿があった。

車を発進させたジャックだったが、話好きのエディの相手に苛立ち、ジャックは車から降りて酒を買いに行ってしまう。ジャックが商店に入っている間、エディが襲撃される。間一髪のところでジャックが車に戻ってきて、ジャックは襲撃してきた謎の男を射殺する。それと同時に何者かに狙撃され、ジャックは車を急発進させる。

16ブロックのあらすじ【承】

ジャックはエディを連れて馴染みのバーへと逃げ込む。そこから警察署へと電話をかけ、狙撃に遭ったことを伝えて応援を要請する。するとすぐに無線を聞いて相棒のフランクとジェリーが駆け付けた。しかしジェリーを見て挙動不審なエディの様子に違和感を覚えるジャック。それに気づいたフランクはジャックにエディが何者であるかを教える。

エディは大陪審に証人として出廷する予定で、彼はニューヨーク市警内の汚職事件に関する証言をするのだという。エディはジェリーが近所の子どもを暴行する瞬間を目撃していたのだ。

フランクは同僚を助けると思ってエディを引き渡してほしいとジャックに迫る。ジャックは、エディを口封じのために殺そうと付け狙っているのはフランクたちだと悟る。ジャックはエディを殺そうとしていたジェリーの足を撃ち、エディと共に逃亡。その後、フランクたちのもとにジャックの上司が合流する。ジャックの上司もまたエディの抹殺を目論む一人だった。汚職に加担した悪徳警官たちが一斉にジャックとエディの行方を追う。

16ブロックのあらすじ【転】

ジャックは妹ダイアンの家で武器を調達し、エディと逃走を続ける。そして裁判所で証人を待つマクドナルド地方検事補に連絡を取り、裁判所のすぐ近くまで来ているが、邪魔をされていてなかなか辿り着けないことを伝える。

ジャックとエディはバスに乗り込み、裁判所を目指す。ジャックは運転手に自分が警官だと明かしていたので、運転手や乗客に銃の所持を見られても車内が混乱することはなかった。しかし、マクドナルド検事補側に内通者が存在したのか、二人がバスで警察署を目指しているのがばれてしまい、バスは警官隊によってパンクさせられ立ち往生する。警官隊に取り囲まれて身動きが取れなくなったバス。ジャックとエディはバスジャック犯に仕立て上げられてしまう。ところがジャックは乱暴な態度でもなく、エディも幼い子どもに優しく話しかけていたので、二人から凶悪さを感じなかった乗客は取り乱すことなく落ち着いていた。

ジャックはバスの窓を新聞紙で塞いで車内の様子を見えないようにすると、人質にしている乗客の人数をわざと多く申告し、スーツ姿の乗客とエディの服を交換させた。そしてエディを人質にしている乗客たちに紛れこませて、乗客全員をバスの外へ一斉に解放した。ジャックはバスの中に残り、警官隊の注意を引いている間にエディを裁判所に向かわせようとした。

エディはバスの外に出たものの、自分のためジャックの命が狙われることに我慢できず、警官隊の前に立ちはだかってしまう。しかし、マスコミも多く集まり、目撃者も大勢いるため、警官隊は安易にエディを狙撃することができずにいた。そのままエディはバスの中に戻ってしまい、ジャックは状況が振り出しに戻ってしまったことに大きく落胆する。

16ブロックの結末・ラスト(ネタバレ)

ジャックは警官隊の銃撃を受けながらバスを発進させ、隙をついてバスを乗り捨てる。ところが銃撃によってエディが負傷してしまう。ジャックは救命救急士の妹ダイアンを呼び寄せ、エディの手当てをさせる。手当てを受けているエディにジャックは真実を告げる。実はジャックも汚職事件に関わる悪徳警官の一人だったのである。数年前に汚職からは足を洗ったものの、告発する勇気は持てなかったと告白するジャック。ジャックとエディは、ダイアンが呼んだ救急車に乗り込むが、ジャックは自分が証人になると言い、単身裁判所に向かう。そしてエディをそのまま病院へと搬送させた。

裁判所に到着したジャックは駐車場でフランクと鉢合わせする。フランクはジャックの説得を試みるが、説得できないと悟り、仲間の警官にジャックの射殺命令を下す。裁判所内でマクドナルド地方検事補に会ったジャックは、エディの代わりに自分が証人になると申し出る。そして汚職警官の名前を列挙すると、エディの犯罪歴の抹消を証言の交換条件とする。証拠の有無を問われたジャックはポケットに手を入れた瞬間、銃を取り出すと勘違いされ狙撃されるが、弾は当たらなかった。そしてジャックは物証として駐車場でのフランクとの会話を提出する。ジャックはそのまま証言台で証言を続けるのであった。

ジャックの証言により、ニューヨーク市警の汚職警官はほとんど逮捕された。その後、ジャックは汚職の罪に問われて2年服役する。そして出所日、妹ダイアンの家にエディからケーキが届く。エディは長年の夢だったケーキ屋を開業していた。ケーキには手紙が添えられ、ジャックとダイアンは微笑むのであった。

この記事をシェアする