「6アンダーグラウンド」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

6アンダーグラウンドの概要:世間から死んだとされている男女6人。誰からも心配されない、この世界に未練のない者達で構成された暗躍チームがそれぞれの特技を活かして、世界を少しだけ良くしてゆく。

6アンダーグラウンドの作品情報

6アンダーグラウンド

製作年:2019年
上映時間:128分
ジャンル:アクション、フィルムノワール
監督:マイケル・ベイ
キャスト:ライアン・レイノルズ、メラニー・ロラン、コーリー・ホーキンズ、アドリア・アルホナ etc

6アンダーグラウンドの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『6アンダーグラウンド』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年4月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

6アンダーグラウンドの登場人物(キャスト)

ワン(ライアン・レイノルズ)
チームを率いる億万長者。個人的な未練を絶って、この世界を良くしようと自らの意思でチームを結成した。
トゥー(メラニー・ロラン)
元CIA捜査官。オールマイティーに何でもこなせる、妖艶な美女。任務の中でスリーと恋仲になる。
スリー(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)
元ヒットマン。狙撃から格闘までお手の物だが、情に厚くて隙があり、憎めない男。母親を大事にしている。
フォー(ベン・ハーディ)
元泥棒で、パルクール技術を買われ「スカイウォーカー」としてスカウトされる。メンバーの中では若い。
ファイブ(アドリア・アルホナ)
元ドクター。撃たれたメンバーを治療したり、逃走ルートを確認したり、チームの補佐役として活躍する美女。
シックス(デイヴ・フランコ)
当社はドライバーとしてチームに所属し、カーチェイスを担当していたが、銃撃されて命を落とす。
セブン(コーリー・ホーキンズ)
元米軍特殊部隊デルタフォースの所属軍人で、ワンにスカウトされてスナイパーとして参戦。
ロヴァク・アリ(リオル・ラズ)
独裁国家トゥルギスタンの大統領で、国民に悪政を強いる。チームのターゲット。
ムラット・アリ(ペイマン・マアディ)
ロヴァクの弟。国民を救いたいと思っているが、力及ばずにいる。

6アンダーグラウンドのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『6アンダーグラウンド』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

6アンダーグラウンドのあらすじ【起】

人は死んだら幽霊になる。世間に「死んだ」と思われたものたちを率いて暗躍させる男がいた。リームのリーダー、ワンは、かつて一人で飛行機に乗っていた。エンジントラブルで脱出したのを最後に、世間的には死んだことになっている。

3年の月日が過ぎて時は現代、イタリアのフィレンツェにて。通行人を跳ね飛ばしながらカーチェイスするチームのメンバー達。元CIA捜査官だったトゥーは撃たれて血を流し、元ドクターのファイブが車内で手術を行っている。追われ、囲まれて絶体絶命のチームだったが、ドゥオーモの上にいたフォーが屋根を飛び移りながら援護に来た。スカイウォーカーと呼ばれる身軽な男だ。

手術を受けていたはずのトゥーも立ち上がって車を降り、銃を乱射。ドライバーのシックスは追手の裏をかいて爆走していたが、敵からの狙撃を受けて死亡。なんとかその場の危機を脱したメンバーは船で脱出し、名も知らぬシックスの死を悼みながら彼の死体を海へと落とした。

6アンダーグラウンドのあらすじ【承】

アメリカ、ジョージア州。サバナにて、親友を失った軍人・ブレインがいた。彼を訪ねてきたワンは、政府が言う悪人ではなく、世界クラスの悪人を倒さないか?と彼に話をもちかける。少し世界を良くしようと思う。引き金を引くなとは言わないが、どうか?と問われたブレインは彼の提案に乗り、自らの死を偽装する。

ブレインの葬式が行われていた。涙もろい男にスピーチをさせ、英雄としての見送りがされる。今からお前はセブンだ、と言われたブレインはメンバーは7人かと尋ねるが、6だと言われる。幽霊達はお互いの素性を詮索せず、番号で呼ぶこととなっている。深入りしすぎないようにと彼らはワンから言われているのだ。

チームの目的は、独裁国家トゥルギスタンから、独裁者の弟を誘拐すること。弟・ムラットは兄・ロヴァクと違い、民主派の善人だ。ワン達はムラットを新たなリーダーにあてがって、トゥルギスタンを救おうと企んでいる。今のムラットの居場所はどうやら香港のようだった。

6アンダーグラウンドのあらすじ【転】

アメリカ、ネバダ州。老人施設で母親と会うスリー。独裁者の兄を倒し、弟を据えて…という話をするが、ぼけた親はあまり反応しない。ところが、話しているのがスリーだと気付くと顔色を変え、人殺しだと罵り始めた。殺した相手の小さな娘に話しかけられ、声が出なかった記憶を思い出しているスリーに、ワンは親と会うなと苦言を呈した。

フォーは宝石泥棒に失敗してワンに拾われた若者だ。セブン達が少し詮索してもワンの正体が何者かは誰にもわからず、向こうから絶妙なタイミングで現れた大富豪なのだと言う。

ロヴァクの悪政は続いていた。何者かに部下が倒されていることを確認していたが、毒ガス攻撃で応戦すると言う。ムラットがロヴァクに「いつか報いを受ける」と言うと、ロヴァクは「私に災難が起きればお前にも起こる」と返した。

ミッションが始まった。フォーがまずビルをつたって行く。ガスマスクをして乗り込んだメンバーは、笑気ガスをまいた。笑い転げる警備員を倒しながら進む。

6アンダーグラウンドの結末・ラスト(ネタバレ)

絶体絶命のフォーをセブンが助けたり、ガスを吸ってしまったスリーをトゥーが庇いながら進んだり、いくつかのミスをしながらもチームは協力しながら戦闘を進める。現場にパトカーが駆けつけてきた。ファイブが時間切れを知らせる。

チームはなんとかムラットを確保することに成功したが、フォーが脱出困難な状況に陥る。ワンはフォーを待たずに進むことを決めたが、メンバーは彼に助けられたことを主張して全員待つと言った。セブンがフォーの追手を狙撃し、なんとかフォーも逃走に成功。任務が最優先だ、番号で呼ぶ理由を考えろと怒り狂うワンに、反抗したメンバー達はそれぞれ本名を名乗った。

国営テレビに侵入したメンバーは、ムラットに自由になろうと語りかける放送をさせる。ワンが爆破スイッチを押すと、ロヴァクの像や建物が破壊され始めた。ムラットはロヴァクを国民達のなかに落とす。国民に追われ、ロヴァクは惨めに走り出した。

チームのメンバーは皆、生きていた時の身内に会った。ワンは息子に全財産を譲る手紙を残す。また次の任務のため、チームは集まるのだった。

6アンダーグラウンドの感想・評価・レビュー

面白そうな設定が根っこにあるが、設定を活かすストーリーというより爆破やアクションを重視した映画に仕上がった。人情ものの風味は、本当に風味だけである。

ただ、それを補っても余りある派手な画面作りへの情熱は、さすがと言わざるを得ない。見ているだけで伝わってくる監督の熱い思いがそこかしこに存在している。ただ任務をこなすだけではないメンバー達の、この後を見たいという気持ちにもさせられる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする