映画『悪霊島』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「悪霊島」のネタバレあらすじ結末と感想

悪霊島の概要:横溝正史が発表してきた、大人気ミステリー小説『金田一耕助』シリーズの一つを実写化。金田一が、とある島で起きている恐ろしい事件に挑む。シリーズのお馴染みキャラクター、磯川の過去についても語られている。

悪霊島の作品情報

悪霊島

製作年:1981年
上映時間:131分
ジャンル:サスペンス
監督:篠田正浩
キャスト:鹿賀丈史、室田日出男、古尾谷雅人、岸本加世子 etc

悪霊島の登場人物(キャスト)

金田一耕助(鹿賀丈史)
一見どこにでもいるような普通の男性だが、実は天才的頭脳を持つ私立探偵。とある事件解明のために、刑部島という場所を訪れていた。
磯川警部(室田日出男)
金田一とは旧知の仲である警部。はるという産婆が殺された事件を調査していた。
三津木五郎(古尾谷雅人)
刑部島で金田一と出会った観光客。今作のキーマンとも呼べる人物。
越智竜平(伊丹十三)
かつて巴と恋人関係にあった男性。大膳によって無理矢理仲を裂かれた。
刑部巴(岩下志麻)
大膳の娘。守衛と政略結婚を強いられ、二人の娘に恵まれていた。
刑部守衛(中尾彬)
巴の夫で神主。ある日遺体で発見される。
刑部大膳(佐分利信)
巴の父で、島の権力者。自らの権力のため、娘を守衛と結婚させる。

悪霊島のネタバレあらすじ

映画『悪霊島』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

悪霊島のあらすじ【起】

三木津五郎は、ラジオ局で働く男性だった。その頃、世間は大スター、ジョン・レノンが暗殺されたニュースで持ちきりだった。そんなニュースを見ながらぼんやりと、三木津は10年前、突如として起こったある事件について思い出していた。

10年前の1967年のことである。当時の三木津は、まだ大学を卒業したばかりの若い青年であった。そんな三木津は、その時、瀬戸内海にポツリと浮かぶ刑部島という場所に観光に訪れていた。その刑部島で、三木津は不思議な人物との出逢いを果たしたのだ。その男の名前は、金田一耕助という人物だった。

金田一は一見どこにでもいそうな、外見は少しみすぼらしい30代半ばと思われる普通の男である。しかし、実は金田一は超人的な推理能力を持つ私立探偵だったのだ。私立探偵である金田一がこんな辺鄙な島を訪れた理由は一つ。彼の元にとある依頼が舞い込んできたのである。金田一に依頼を持ち込んだ人物は、越智竜平という人物だった。

悪霊島のあらすじ【承】

現在は実業家として名を馳せる億万長者の越智竜平であるが、彼は元々はこの刑部島出身であった。実は、現在刑部島には再開発計画が持ち上がっていた。しかし、その計画が持ち込まれてからというもの、突如不自然な失踪を遂げた人物がいたのだ。そして、越智の依頼とはその人物を探し出すことだった。

一方、その島がある岡山県で、とある男が瀕死の状態で発見された。そして、その男は最後の力を振り絞って、「あの島には悪霊が取り憑いている、鵺の鳴く夜は気をつけろ」と言い残しこの世を去ったのだった。

そして、その男こそが金田一が探していた人物だったのだ。金田一にその情報を教えてくれたのは、磯川常次郎という、金田一と知り合いの刑事だった。磯川は、はるという産婆が殺害された殺人事件の調査のため、こちらに来ていたのだった。

そして、はるは死ぬ前に一通の手紙を磯川に残していたのだった。その手紙には、自分は何者かに命を狙われているということが記載されていた。そのきっかけは、20年前にとある赤ん坊を取り上げたことだった。

悪霊島のあらすじ【転】

そして、金田一は刑部大膳という権力者が経営する宿に泊まることとなる。そして、その男にはとある後ろめたい過去があった。彼には巴という最愛の娘がいた。巴は竜平という男と恋に落ちるが、刑部はそれを許さなかった。彼は、自分の権力のためにも守衛という男と巴を結婚させたかったのだ。そして、刑部によって巴と竜平の仲は引き裂かれてしまったのだった。そして、巴は真帆と片帆という二人の双子の娘を産むのだった。また、巴にはふぶきという姉がいたが、彼女は精神疾患にかかり、現在は一人離れた場所で暮らしているという。

そして、ある時、島で二つの遺体が発見される。一つ目は、巴の夫である守衛のものだった。彼は、開発計画のために島へ寄贈された、黄金で作られた矢に胸を刺されて絶命していた。そして、2つ目の遺体は片帆のものだった。片帆は、何者かに首を絞められた状態で発見された。そして、全ての事件の真相を明らかにするべく金田一が調査に乗り出した。

悪霊島のあらすじ【結】

金田一は、はるに関する新たな真実をつきとめる。実は、20年前にはるが取り上げた子供は、竜平と巴の間に授かった子供だったのだ。しかし、なんとはるはそのことをネタに、巴を脅迫し続けていたのだった。そして、金田一はもう一つ衝撃の事実を明らかにする。なんと、ふぶきはとうの昔に死んでいたのである。では、今までふぶきと言われていた人物は一体誰だったのか。

それは巴だった。実は、巴はかつて竜平と無理矢理別れさせられてからというもの、ショックのあまり二重人格になってしまっていたのだった。巴のもう一つの性格は、次々と男と関係を持つ魔性の女だった。それを隠すべく、刑部はそれをふぶきと偽っていたのだ。

そして、例の瀕死の状態で見つかった男を殺したのも巴だった。巴は、自分と関係を持った男を今まで何人も殺してきたのである。守衛を殺し、その現場を見ていた片帆を殺したのも巴である。最終的に、巴は穴に転落し命を落とした。刑部もそんな娘の後を追うように自ら命を絶ったのであった。そして、今まで巴に殺されてきた男たちの遺体が、次々と島から発見されたのだった。

この記事をシェアする