映画『ANON アノン』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「ANON アノン」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ANON アノンの概要:記憶を記録することで犯罪件数を減らす代わりに秘匿性が失われた近未来。視覚情報を乗っ取り、姿を見せずに殺人を繰り返すという連続殺人事件が発生する。主人公は匿名化したある女性が犯人ではないかと推察するも、事態は驚くべき方向へ向かうのだった。

ANON アノンの作品情報

ANON アノン

製作年:2018年
上映時間:100分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:アンドリュー・ニコル
キャスト:クライヴ・オーウェン、アマンダ・セイフライド、コルム・フィオール、マーク・オブライエン etc

ANON アノンの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ANON アノン』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

ANON アノンの登場人物(キャスト)

サル(クライヴ・オーウェン)
一級刑事。45歳。過去に幼い息子を交通事故で亡くした過去を持ち、愛情深い人物。洞察力と推察力に優れている。匿名の女性を追跡し、自ら囮になることも厭わない。匿名の女性に惹かれる。
匿名の女性(アマンダ・セイフライド)
匿名を意味するアノンという偽名で、記憶の改ざんを主な仕事にしている。非常に優れた技術を持ち、全ての記録から自らの存在を消し去ることを徹底している。茶色の髪で美しい女性。
チャールズ(コルム・フィオール)
一級刑事でサルの相棒。55歳。捜査班のリーダー的存在。洞察力に優れ刑事としての経験も豊富。サルの良き相談相手でもある。
サイラス(マーク・オブライエン)
局長の個人推薦により、捜査の応援にやって来る若い刑事。技術専門家でもあり、優れた腕を持つ。実は自ら匿名化しており匿名の女をストーカーし、殺人を犯していた。
クリステン(ソーニャ・ヴァルゲル)
サルの元妻。幼い息子を交通事故で亡くした過去を持つ。現在は再婚し、新生活を送っている。亡くなった息子のことを思い出したくないと思っている。金髪の女性。

ANON アノンのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ANON アノン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ANON アノンのあらすじ【起】

人の記憶が記録され権限を持った人物によって閲覧が可能となった近未来。このことにより、犯罪件数が減った代わりに個々の秘匿性が失われた。視覚映像により相手や物の認識を得る。社会は開かれ記憶の閲覧によって嘘がつけなくなったのである。

一級刑事のサルは記憶の閲覧を許され、あらゆる事件を解決してきた。
その日の朝、サルは街の中でデータのない女を目にする。すれ違っただけだが、それでも記憶には記録される。その時は別の事件への捜査のため、女を追わずただの幻覚だと思ったのだ。

ところが、近年稀に見る殺人事件が発生。それは被害者の視覚をハッキングし、姿を隠して相手を殺害するという事件だった。犯人は自分と被害者の視点の同化を行い、完全犯罪に及んでいる。7月にもボルティモアで類似事件があったことから、犯人は同一犯と思われた。被害者宅への最後の訪問者は女性だと言う。そこで、サルは朝にデータのない女を目にしたことを明かし、同僚のチャールズにもファイルを送った。しかし、その日の夜にデータのない女のファイルが削除されてしまう。

翌日、技術コンサルタントによる記録の調査が行われた。すると、被害者の記憶は1週間前の記憶を複製されたものと判明。犯人が巧妙に記憶を編集し、何らかの行為を削除したと思われる。そこで、サルはチャールズに匿名の女の記憶が勝手に削除されてしまったことを明かしたが、チャールズも同様に削除されたと言うのだった。

その日はサルの亡くなった息子の誕生日。彼は別れた妻クリステンへと連絡を入れたが、クリステンはすでに新しい夫との生活を始めて数年は経過している。元妻とは亡き息子を偲ぶことができなかった。しかし、連絡を切った直後に新たな殺人が発生したと知らせが入る。
直ちに現場へ急行したサル。

ANON アノンのあらすじ【承】

被害者は女性2人でまたも視覚を奪われ殺害されていた。だが、その家には家政婦がおり、訪問者があったと言う。訪問者は茶色の髪をした女性で25歳前後。犯人はまだ屋敷内に潜伏している可能性が高い。現場を発見した警官と警戒した直後、犯人からの銃撃に遭い警官が死亡。サルも銃を構え逃走を図る犯人を追ったものの、地下鉄の駅で視覚を操られ犯人を逃がしてしまうのだった。

被害者の女性2人は非公表のレズビアンだった。2人は記録を消して愛の逃避行を行ったわけだが、記録を消す仕事を請け負った人物がいる。恐らくはその人物が犯人と思われた。サルは犯人追跡時の記録を公開し、リアルタイムで視覚操作が行われたことを仲間に話す。そして、自らが囮となって犯人と思われる人物と接触することにした。

サルは株式ブローカーとなり、1か月をかけて記憶を作る。高級コールガールとの一夜を過ごし婚約者から浮気を隠すため、闇掲示板を使い記憶を消す依頼を出した。特徴が一致しない職人は断る。そうして、何人かを見逃した後、とうとう秘匿を意味するアノンという人物から連絡が入る。特徴が一致したため、彼女を部屋へ案内。料金の受け渡しは現金のみで、サルの依頼通りに数分で記憶の改ざんを行った。アノンの希望は全ての記録から自分の存在を消すことで、それは徹底されていた。

サルはアノンを逮捕することができず逃がしてしまうが、捜査班へと新たに応援でやって来た若い刑事サイラスにより、匿名の女アノンの視覚に侵入することができる。サイラスは若いが優れた技術専門家でもあった。どうやらアノンは画商の依頼により、記憶を改ざんしたらしい。捜査班は一晩中、アノンの視覚の監視を行い彼女の居場所を特定しようとしたが、アノンは徹底してアナログに拘っており、景色さえも見せない。そうして、朝になって突如、信号が途絶えた。すると、画商が殺害されたという知らせが入る。今回も犯行手口は同じだった。

ANON アノンのあらすじ【転】

この事件により、局長は事件の捜査を最優先させることを宣言。だが、局長は被害者が出ることを重要視しているわけではなく、情報社会にて匿名化している者達を検挙することを重要視している。故に、匿名の女の逮捕を最優先しろと言うのだった。
そこで、チャールズは女を誘き出す作戦を立案。刑事たちも記録の修正を行いこちらの手を曝さないよう徹底させた。

そうして、サルは再びアノンと連絡を取り、麻薬を購入した記憶を消してもらう。彼女と麻薬を楽しみながら、サルはアノンの情報を少しでも入手しようとした。彼女は社会からの完全消去を目指していると言う。気分が盛り上がった2人は勢いでベッドインしてしまうが、事後の記憶を消そうとしたアノンは、サルが刑事である記憶を発見してしまう。彼女は隣室に拠点を持つ技術コンサルタントを殺害し逃走した。

匿名の女を捕まえることもできず、刑事であることを知られた上に仲間も殺害されてしまったサル。作戦は失敗しチャールズには帰宅命令を出されてしまう。
肩を落として帰宅したサルだったが、アノンから再び連絡が入り様々な視覚映像を送られ翻弄される。そして、最後に幼い息子が車に轢かれた時の記憶を見せられ、愕然とするのだった。

朝になり息子の記憶が次々と消されていくことに気付いたサルは、慌ててクリステンへと連絡を入れ息子の記憶を送ってもらうよう頼んだが、クリステンの記憶も消されており再入手することができなかった。

ANON アノンの結末・ラスト(ネタバレ)

次に部屋の外へ出て激しい猛火に襲われたサル。銃を発砲したものの、真実ではないことを知り混乱。出社しようと車に乗ったが、周囲の状況も変更されている。サルには車道に車がほとんどいないように見えたが、実は通勤ラッシュで車の群れの中へ無理矢理に入り、事故を起こしてしまうのだった。

チャールズが駆け付けてくれたものの、何が真実か最早分からなくなってしまったサル。その上、サルが隣人を銃殺したとして逮捕状が出ていると出頭命令が下される。確かに互いの記憶上ではサルが銃殺したことになっていた。サルは記録が全て真実ではないことを訴えたが、信用してもらえるはずもない。ひとまずは調査するとのことで、自宅へ戻されることになった。

そこで、サルは目を閉じて監視から逃れ、匿名の女の居場所を推察。住居を突き止めて乗り込んだ。ところが、アノン曰く殺人は自分の仕業ではなく自分を犯人に仕立て上げようとしている第3者の存在がやったことらしい。彼女は隣室の仲間が殺害された時の記憶を見せてくれたが、散々視覚映像により幻覚を見せられたサルには、それが真実かどうかの判断ができない。

逃走したサルを追ってチャールズがやって来る。サルは匿名の女の言動を信じ、彼女は犯人ではないと言い募ったが、チャールズは信じてくれず。記憶の記録を保管するイーサへのアクセス権を取り消された挙句、今までにも増して監視がつけられることになった。
ところがその夜、サルへと再びアノンから連絡が入る。監視の目を誤魔化したので、会いたいと言うのだ。サルは異変を察知し、銃を構えて部屋の中で待った。

すると、視覚が乗っ取られる。いよいよ犯人が自分を殺しにやって来たのだ。サルはチャンスを狙い気配を察して撃たれたふりをする。視界が転じ匿名の女を捕らえた犯人が鏡越しに見えた。犯人はなんとサイラスであった。サイラスはイーサの中で匿名の女アノンを見つけ出し、まるでストーカーのように追いかけまわしていた。そうして、彼女の顧客を次々と殺害していたのである。サルは隙を突いて起き上がり、サイラスへと発砲。奴は女を連れて部屋の外へ逃れたが、部屋の廊下でサルの銃口が奴を捕らえ、放たれた弾丸に斃れるのだった。

後日、いくら探してもサイラスの記録が見当たらないことが判明。推薦した局長にも記憶がなく、恐らくは奴に虚偽の記憶を植え付けられたものと思われる。サルは匿名の女の件について問い詰められたが、何も答えなかった。

その後、匿名の女と再会したサル。彼女はサイラスを誘き寄せるためにサルを利用したと言う。サルは存在の消し方を教えてもらおうとしたが、彼女曰く存在を消すアルゴリズムはすでに誰もが持っているらしい。彼女は自らの記録を断片的にばらまき存在自体を曖昧にしていると言う。故に彼女は一切、秘密などないと断言しサルの前から去って行くのだった。

ANON アノンの感想・評価・レビュー

視覚を通じて情報を入手し記録、検索などできるようになった近未来を舞台にしている。記憶を記録できるようになったことで、嘘をつくことができなくなった世界。人間の記憶は曖昧であるため、視覚映像を記録することで確かに曖昧さはなくなるだろう。嘘がつけなくなれば、秘匿性が失われるのも当然である。

作品内の視覚情報は全て白色で統一されており、非常に見やすい。言語も最小で視界を遮ることなく表示されているが、全てを脳内や視覚情報内でのやりとりで行われるため、傍から見ると人々はただ、デスクに座っているだけの状態で非常にシュール。こんな未来もあるかもしれないという一つの可能性を見ることができる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする