「荒馬と女」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

荒馬と女の概要:離婚裁判を終えたばかりの美女・ロズリンは、ネバダ州リノの町でカウボーイのゲイと自動車修理師のグイドと出会う。彼らの自由な生き方に魅力を感じたロズリンは、ゲイと一緒に暮らすようになる。次第にカウボーイとして生きるゲイと、縛られずに生きたいロズリンは、お互いの価値観の違いからぶつかり合っていく。

荒馬と女の作品情報

荒馬と女

製作年:1961年
上映時間:124分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:ジョン・ヒューストン
キャスト:クラーク・ゲイブル、マリリン・モンロー、モンゴメリー・クリフト、イーライ・ウォラック etc

荒馬と女の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『荒馬と女』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年4月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

荒馬と女の登場人物(キャスト)

ロズリン(マリリン・モンロー)
離婚したばかりの美女。会う男性を皆虜にしてしまうが、過去の経験から約束事をしないと決めている。そのため、どこか儚げで掴み所がない雰囲気をしている。
ゲイ(クラーク・ゲーブル)
カウボーイ。自分の自由な生き方を愛しており、変わることを許さない性格。ロズリンのことが一目見て好きになる。
グイド(イーライ・ウォラック)
自動車の修理師。ゲイとは古くからの友人。一緒に馬狩りをしてお金を稼いでいる。ロズリンを好きになる。
パース(モンゴメリー・クリフト)
ゲイ、グイドの友人。ゲイと同じくカウボーイで、ロデオ大会に出たり、馬狩りをしてお金を稼いでいる。彼もロズリンに恋をする。

荒馬と女のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『荒馬と女』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

荒馬と女のあらすじ【起】

ロズリンの離婚裁判の日。離婚を何度も経験してきたという、その土地のおばさんと仲良くなったロズリンは、彼女に付き添ってもらいながら裁判所へ向かう。

裁判所へ到着すると、離婚相手の男性が、ロズリンにもう一度やり直したいと言う。しかし、ロズリンは別れを選ぶのであった。そして裁判で、正式に離婚が成立する。

おばさんの車を修理した修理師のグイドは、ロズリンを一目見て夢中になってしまう。ロズリンは、裁判で勝ったが、心は負けていると思い、元気をなくす。そんなロズリンに、グイドとその友人でカウボーイのゲイが話しかける。ゲイもまたロズリンの美しさにすぐに惹かれる。ロズリン、おばさん、グイド、ゲイは、ロズリンの沈んだ気持ちをリフレッシュさせるため、グイドの自然の中にあるくつろげる家へ行くこととなる。

グイドの家に着くと、ロズリンはその居心地の良さに晴れた気持ちになる。そこで4人でワインを乾杯する。ロズリンのリクエストで、カーラジオをつけてダンスを踊ることになる。ロズリンはゲイと手を取り合って仲良くダンスを踊る。ダンスを楽しんだ後、ロズリンはお酒が回ってかなり酔っ払ってしまう。そこで、ゲイは彼女を町へ送り届けるため車に乗せて走るのだった。

車の中で、ゲイは悲しそうなロズリンに、もう少しここにいないかと提案する。そして、しばらくこの自然の中の家で二人は暮らすこととなる。

荒馬と女のあらすじ【承】

大自然の中の家で一晩を過ごしたロズリンとゲイ。ロズリンが目覚めると、ゲイは朝食を作って用意してくれていた。ロズリンは、そんなゲイの心遣いに嬉しくなる。そして、朝食を食べながら、ゲイは前の奥さんのことを話す。奥さんはゲイの従兄弟と不倫関係にあり、出て行ってしまったそうだ。そして彼には娘もいると言う。ゲイはまだ子供の娘をとても愛おしく思っているようで、彼女の話を嬉しそうに話す。それをロズリンも嬉しそうに聞く。

ゲイは、ロズリンと過ごすうちに、彼女とならずっと一緒にいたいと思い始める。そのことをロズリンに伝えるが、彼女はすぐに話を逸らしてしまう。ロズリンは、過去の経験から、約束することが怖くなってしまったのだ。

楽しく暮らすロズリンとゲイの元へ、グイドがやってくる。そして、一緒にロデオに行くこととなる。彼らの仲間のパースも途中で加わって、ロデオ大会が開かれる町へ向かう。

その町はとても賑わっており、ロズリンたちはロデオ大会が始まるまでバーで時間を過ごす。そこではボールゲームの賭け事が行われており、ロズリンも挑戦してみることとなる。そして、初めてにも関わらず、ロズリンは圧勝するのであった。

荒馬と女のあらすじ【転】

ロデオ大会が始まる。パースは暴れ馬に乗って大会に出場するが、馬から振り落とされて怪我をしてしまう。ロズリンはパースを心配して泣き叫ぶ。病院へ連れて行こうとするが、次は暴れ牛に乗ると言ってパースはロズリンの言うことを聞かない。ゲイとグイドも大会に出るのを止める様子はなし。そして、パースは暴れ牛に乗り、第二戦へ出場する。

第二戦では、またもパースは暴れ牛に振り落とされ、死にかける。ゲイがパースを引き上げたので、危機一髪牛から突進されずに済んだ。ロズリンは倒れたパースを見て気が狂いそうになる。そして心配で泣き続けた。その後、パースはなんとか無事に意識を取り戻す。ロズリンは一安心し、喜ぶ。

パースは自分のために泣いてくれたロズリンに惚れてしまう。ロズリン、ゲイ、グイド、パースはお酒を飲みにバーへ行く。そこでパースはロズリンを誘い出し、二人でゆっくりとお喋りを楽しむのであった。そこへ、急いでやってきたゲイがロズリンを連れて行く。なんと、ゲイの娘がそのバーへやってきたそうだ。ロズリンに会わせたいとワクワクするゲイだったが、彼女を呼びにいっている間に娘はいなくなってしまう。娘の名前を泣き叫びながら探し回るゲイは、ショックで倒れてしまう。

荒馬と女の結末・ラスト(ネタバレ)

ロデオ大会の翌日。ロズリン、ゲイ、グイド、パースは荒野へ馬を捕まえにいく。馬を捕まえて売ってお金を稼ぐのだ。ロズリンは、ロデオや競馬用に馬を売ると思っていたが、殺されてドッグフードとなることを知る。それに反対し、やめようと提案するロズリンだったが、ゲイたちは一向に言うことを聞かない。ロズリンは不貞腐れ、ゲイが彼女を慰める。ロズリンのことが本当に大切だと言うゲイに、自分への本気の想いを感じロズリンは機嫌を直す。

そしてその翌日、グイドは飛行機に乗って馬たちの群れを見つけ出し、その背後から追いかける。その馬たちの走る先で、ゲイとロズリン、パースは待つ。そして、やってきた馬たちをゲイとパースがロープで次々と捕まえて行く。

苦しみ、嫌がる馬を見て、またロズリンも苦しくなる。逃がしてほしいと提案するが、これがゲイたちカウボーイの生き方なのだと言われてしまう。ロズリンは、3人ともひどいと叫ぶ。

そんなロズリンを見て、パースは馬を逃し始める。ゲイは、逃がされた馬一頭と素手で戦って捕まえるが、ロズリンの目の前で紐を放つのであった。ゲイはパースに馬を全て放すように言い、ロズリンとともに家に帰ることを選ぶ。二人は車の中から、外を走る馬を見て微笑み、新しい人生を生きていこうと約束を交わす。

荒馬と女の感想・評価・レビュー

マリリン・モンローの儚げで、ある日逃げ出してしまいそうな掴み所のない雰囲気が、ストーリーにぴったりで魅力的だと感じた。そして、最終的には自分自身も変わるのだということを経験し、それを知ったことで、皆が前に進めたようだった点も良かった。素直に自分自身を認めたことで、それぞれの悩みや苦しみから解き放たれたのではないかと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする