「A-X-L/アクセル」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

A-X-L/アクセルの概要:監督オリヴァー・デイリーが、2014年に発表した短編映画『Miles』を長編映画化した作品。長編映画監督デビュー作でもある。最先端の人工知能を搭載した高性能な軍用犬型メカ、アクセルを発見したモトクロス選手の青年が、親友となったメカを守るために奮闘する。

A-X-L/アクセルの作品情報

A-X-L/アクセル

製作年:2017年
上映時間:98分
ジャンル:SF、アクション、アドベンチャー
監督:オリヴァー・デイリー
キャスト:アレックス・ニューステッター、ベッキー・G、アレックス・マクニコル、ドミニク・レインズ etc

A-X-L/アクセルの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『A-X-L/アクセル』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

A-X-L/アクセルの登場人物(キャスト)

マイルズ(アレックス・ニューステッター)
高度な技術を持ったモトクロス選手。父親のチャックと二人三脚で大会へと出場しているが、スポンサーがつかず資金繰りに苦労している。情に厚くアクセルを普通の犬扱いする。サラに惹かれている。
サラ(ベッキー・G)
サムの家の家政婦の娘。黒髪で美しい容貌をしている。サムの言うことには逆らうことができないが、マイルズに惹かれアクセルと彼を守ろうとする。サムを毛嫌いしている。
サム(アレックス・マクニコル)
裕福な家の息子でマイルズとはライバル。強欲で少々子供っぽく傲慢。貧乏なマイルズを馬鹿にしており、サラを自分の恋人だと勘違いしている。モトクロス選手。
アンドリック(ドミニク・レインズ)
クレイン社のプログラマー兼代表者。小型ドローンで名声を得ている。軍から多額の軍事費用を得てA-X-Lを製作するも、完成を前に研究所から逃がしてしまう。アクセルの成長を見守り、生体認証をしてしまったマイルズも捕まえようとする。
チャック(トーマス・ジェーン)
マイルズの父親。整備工場にて働きつつ、息子のバイクの整備も行っている。妻を2年前に亡くしているが、マイルズと手を取り合って生きてきた。息子の可能性を信じる誠実で、頼りになる父親。

A-X-L/アクセルのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『A-X-L/アクセル』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

A-X-L/アクセルのあらすじ【起】

モトクロス選手のマイルズは整備を担う父親のチャックと二人三脚で試合へと挑んでいた。ところが、試合中にバイクのチェーンが切れて出場できなくなってしまう。そこで、2人は苦汁を飲んでライバルであるサムのチームへと頭を下げ、チェーンを借りようとしたが、相手は驕っており貸せないと言う。しかし、2人を嫌う女性がこっそりチェーンをくれたため、試合へと参加し優勝をもぎ取ることができたのだった。

その頃、小型ドローンで有名なクレイン社では、軍用犬をモデルに多額の軍事費用を投入した犬型のメカA-X-L、以下アクセルの製作を行っていたが、開発施設からの逃亡を許してしまう。開発者アンドリックは完成を前に技術が盗まれないよう、秘密裏にドローンを飛ばしアクセルの捜索を行った。

ライバルのサム宅にて試合後にパーティーが催され、マイルズも参加。サムは強力なコネを持ちスポンサーでもある父親と一歩距離を取っているらしく、マイルズの技術力を素直に称えてくれたが、そこにはやはり金持ちの傲慢さが見え隠れしている。マイルズもまたスポンサーを探していたが、コネを持っているわけではなく正直に言えば、金に困っていた。
そんな時、チェーンをくれた女性サラがマイルズの前に現れる。彼女はサムの家の家政婦の娘だったが、マイルズに気がある様子だった。

翌日、バイクでのジャンプを動画にしてネットにアップしようとサムが誘いにやって来る。自分の技術が世間に知られれば、スポンサーがつく可能性が高まる。マイルズは彼の誘いに乗ったが、サムの取り巻きによってバイクに細工されてしまいジャンプに失敗してしまう。しかも、サムは転倒したマイルズを置いて帰ってしまうのだった。

A-X-L/アクセルのあらすじ【承】

燃料タンクにジュースが入れられていたため、新たに燃料を入れてもすぐにエンジンはかからない。マイルズは近くに廃材置き場があるのを発見したが、何かの気配を察知し慌ててバイクのエンジンをかけ逃げようとした。途中で様子を窺い、犬型のメカに追われる羽目になったマイルズ。大ジャンプで犬を転ばせることに成功する。

着地に失敗したメカが弱っているようだったため、マイルズは犬を助けることにした。すると、メカの方もマイルズを信頼できると判断。最新のメカはネットを介してスマホへと信号を送る。犬は自分をアクセルだと明かし、損傷部位があることを知らせた。非常に高性能なアクセルを修理しようとすると、メカはマイルズを管理者として登録してしまう。

一晩かけてアクセルを修理したマイルズ。アクセルの動きは犬と同じで口輪を外すと途端に遊んで欲しがる。燃料はガソリンで動画にもアクセスすることができる。大きさはバイクと同等で、常にマイルズの動きを分析し行動していた。
ところが、小型ドローンがそんなアクセルを発見してしまう。アンドリックは自らの意思で動くアクセルの行動に興味を示し、行動を観察することにした。

廃材置き場にマイルズを心配したサラがやって来る。アクセルは敵が来たと認識し、サラの車を拘束してしまうが、マイルズの執り成しによって彼女を味方だと認識させることに成功した。その後、サラと共に時を過ごし良い雰囲気になる。アクセルは2人の様子から情緒や機微を学び、関係を進展させる手助けをするのだった。

翌朝、サラとマイルズはアクセルを連れて帰宅。アクセルは2人が貧乏でガソリンも入れられないことを知ると、ハッキングして大金とガソリンを与える。ひとまずはサラの隠れ家へ。すると、アクセルはサラが描く絵から機密情報へのアクセスキーを読み取ってしまい、高性能な軍用犬メカであることを2人に知られてしまうのだった。マイルズはアクセルと生体認証を交わしアクセルとペアになってしまう。

A-X-L/アクセルのあらすじ【転】

アンドリックはアクセルとマイルズがペアになってしまったことで、マイルズをも回収することを決定させる。
そんな時、サラの隠れ家へサムがやって来る。彼はサラが自分の恋人だと勘違いしており強引に連れ戻そうとする。マイルズはアクセルを使ってサムを追い返すことにした。ところが、そんな彼に幻滅してしまったサラ。2人は喧嘩してしまうが、チャックへと相談することにする。2人はアクセルを隠れ家に残し家へ帰った。

夜になり、マイルズとアクセルに腹を立てたサムが隠れ家へ。彼はガソリンを撒いてアクセルを破壊しようとしているが、アクセルはガソリンが撒かれたことを察知。サムが火炎放射器を持ち出して来たため、アクセルは危険を察知し、サラのスマホへと動画を通知。
動画を見たサラとマイルズが駆け付けた頃には、アクセルはサムによって破壊された後だった。

アンドリックはアクセルの危機を察知し軍隊を送ってチャックを訪問。ところが、チャックは傲慢な軍人を信用せず、息子がアクセルを拾ったことを話さなかった。
アクセルを3Dプリントができる印刷屋へ運んだマイルズは、サラと共に修理を開始。辛うじてセームモードで動いていたアクセルは、システムの再起動を行った。

アクセルのシステムが再起動したことを知ったアンドリックは、回収の実行を命令。システムの再起動が99%になった頃、印刷屋へ捜索隊が侵入して来る。アクセルは再起動してすぐに捜索隊を撃破し、記録からサムを敵と認識、撃滅を決定させてしまう。
突如、印刷屋から走り去ったアクセルの目的がサムだと知ったマイルズとサラも急いで後を追った。

A-X-L/アクセルの結末・ラスト(ネタバレ)

その日の夜、サムはまた野外にてパーティーを開催していたが、そこへアクセルが登場。会場は瞬く間に騒然となり、若者達が逃げ惑う。アクセルはサムへと執拗に襲いかかったが、マイルズの姿を視界に入れるとすぐさま戦闘モードを解除してくれる。
ところが、そこへ小型ドローン群が出現し、アクセルへと攻撃。捜索隊も到着しサラとマイルズ、アクセルはクレイン社に捕縛されてしまうのだった。

意識を取り戻したマイルズの前にアンドリックがいる。彼はアクセルへとアクセスするには、成体認証キーが必要だと言う。彼はサラを人質にしてアクセルに襲わせようとしたが、サラは絵を描くことでアクセルの記憶を触発。アクセルは記録からサラのことを思い出し、アンドリックへと牙を剥くのだった。

アクセルを取り戻したマイルズは即座に研究室から脱出。アンドリックも外へ逃げ出したが、軍に捕縛されてしまう。マイルズは施設にあったバイクに乗り、アクセルと共に逃走。サラは軍に投降した。

山を逃走したアクセルとマイルズは軍のヘリに追われる羽目になったが、崖から落下してしまう。アクセルはマイルズを守るために逃げようとしなかったが、マイルズは逃げるように強く命令する。アクセルは身の危険を察知し、データをクラウドへと保護。何度も攻撃され最早、システムの損傷は免れないと察したアクセルはマイルズを振り返ると、自爆モードを発動し爆破した。

6週間後、サラとマイルズは軍からの奨学金を手に、チャックから見送られて町を後にする。ネット上にはアクセルのコードが散乱していたが、徐々に形を成し始めているらしい。軍の大尉は拘束していたアンドリックへ事態の収拾をするよう命令。
後日、チャックからマイルズの元へアクセルの生体認証キーが届けられる。起動するとスマホにアクセルが起動する表示が映し出されるのであった。

A-X-L/アクセルの感想・評価・レビュー

メカとは言え、犬を基に製作されているハイテクな兵器とモトクロス選手の信頼関係を描いている。この犬型メカのフォルムや動きが非常に良く、メカなのに本物の犬のように見える。AI搭載であるため、主人公との接触により様々なことを覚えていくのだが、非常に賢く忠誠心が高く、最後までペアの主人公を思いながら自爆する。

主人公のライバルがまた頭が悪く、まるで悪ガキのようでいちいち腹立たしい。裕福な家に育っているため、非常に傲慢でプライドが高くアクセルの破壊を目論む。更にヒロインを恋人だと勘違いしていることからも、まるで絵に描いたような雑魚加減がいい。開発者がメカの様子を窺うシーンも研究者っぽくて良かったし、自爆シーンなどは忠誠心の高さから瞼が熱くなった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする