映画『バスケットボール・ダイアリーズ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「バスケットボール・ダイアリーズ」のネタバレあらすじ結末と感想

バスケットボール・ダイアリーズの概要:ジム・キャロルが、自らの実際の少年期を基にして書いたノンフィクション作品。麻薬や売春といったテーマを取り扱っているため、当時物議を醸した問題作。主役は若かりし頃のレオナルド・ディカプリオ。

バスケットボール・ダイアリーズの作品情報

バスケットボール・ダイアリーズ

製作年:1995年
上映時間:102分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:スコット・カルヴァート
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、ロレイン・ブラッコ、マーク・ウォールバーグ、アーニー・ハドソン etc

バスケットボール・ダイアリーズの登場人物(キャスト)

ジム・キャロル(レオナルド・ディカプリオ)
バスケットボールと詩に熱中する少年。しかし、ヘロインに手を出してしまい少しずつ人生が狂っていく。
ミッキー(マーク・ウォールバーグ)
ジムの悪友の一人。学校を退学になった後もジムと共に麻薬に手を出していたが、とうとう殺人を犯してしまう。
ペドロ(ジェームズ・マディオ)
ジムの悪友の一人。ジムらと共にすっかりヘロイン中毒となってしまい、少年院から出たジムに再びヘロインを勧めてくる。
ニュートロン(パトリック・マッゴウ)
ジムの悪友の一人。他の仲間とは違いヘロインには手を出さなかった。後に全国大会に出場するほどの選手となる。
レジー(アーニー・ハドソン)
ヘロインに苦しむジムを助けようとしてくれた人物。自身もかつては薬物中毒だった過去がある。
ボビー(マイケル・インペリオリ)
ジムの親友で、ジムの持つ詩の才能を理解してくれていた。重い白血病を患っている。

バスケットボール・ダイアリーズのネタバレあらすじ

映画『バスケットボール・ダイアリーズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

バスケットボール・ダイアリーズのあらすじ【起】

大都市、ニューヨークのマンハッタン。ジム・キャロルという少年はカトリック系の高校に通ってはいるものの、学校が終わると悪友たちと遊び歩く日々を送る不良であった。

ジムと、悪友であるペドロ、ミッキー、ニュートロンは様々な場所に出かけ、未成年でもあるにも関わらずタバコ、挙げ句の果てにはシンナーにも手を出していた。強盗などを繰り返し荒んだ日々を送るジム。しかし、そんなジムにも数少ない熱中できるものがあった。バスケットボールと、詩を書くことである。そして、そんなジムの才能を認めてくれる数少ない人物がいた。ボビーという少年である。

ジムはそんなボビーと確かな友情を育んでいくが、実はボビーは重い白血病に侵されていた。そして、ある日、ボビーはジムを残し、若くしてこの世を去ってしまったのである。自分の数少ない理解者であるボビーの死は、ジムにとって大きな衝撃であった。彼を失った悲しみに暮れたジムは、さらに自堕落な日々を送ることになってしまうのだった。

バスケットボール・ダイアリーズのあらすじ【承】

そして、友人の死によって自暴自棄になったジムは周りに勧められるがまま、とうとうヘロインにまで手を出すようになってしまうのだった。そして、最悪なことにジムはヘロインを辞めることができず、すっかり中毒になってしまう。

今や彼の生活の中心はヘロインになってしまい、ヘロインを手に入れるためだけに盗みを繰り返すまでになってしまったのだった。ジムの母親もそんな息子を心配するが、ジムが自分の行動を悔い改めることはないのだった。そして、とうとう薬の影響は彼の大切な趣味にまで及んでしまう。

ある日、ジムはバスケットボール部のコーチであるスウィフティに、身体の関係を求められる。スウィフティはゲイだったのである。そして、ジムはそんなスウィフティに怒りを露わにし、なんと彼を殴ってしまうのだった。そして、とうとうジムは試合中にもヘロインに手をかけてしまう。ニュートロンが必死になって止めるものの、それでもジム、ミッキー、ペドロの3人はヘロインを吸ってしまうのだった。

バスケットボール・ダイアリーズのあらすじ【転】

クスリの影響で騒ぎを起こしてしまったジム達は、警察へと連れていかれる。そして、ジム、ミッキー、ペドロの3人はとうとう退学処分となってしまうのだった。母親も、そんなジムに怒りを露わにする。しかし、反省する素振りを見せないジムは母親と大喧嘩をしてしまい、そのまま家出をするのだった。

それからというもの、ジムはミッキーとペドロと共にどん底の生活を送った。ヘロインを辞めることができない彼らは、ヘロインのために罪を犯し続けたのだ。しかし、とうとうジムにも運の尽きがやってくる。盗みを働いていたところを逮捕されてしまったのだ。

そして、その頃ジムの目に衝撃的な光景が映る。なんと、あのニュートロンが全国大会に出場し活躍していたのだ。かつては友人として共にプレイをしていたはずのニュートロンとジム。しかし、今ではすっかりジムは落ちぶれてしまい、クスリのせいで死にかけている状態。ここまでの差がついてしまったことに、ジムは愕然とするのだった。

バスケットボール・ダイアリーズのあらすじ【結】

そんなジムに手を差し伸べたのが、近所に住むレジーという人物だった。自身もかつてはドラッグ中毒だった過去を持つレジーは、なんとかジムを更生させてやろうとジムの面倒を見る。そんなレジーに応えようとするジムだったが、結局クスリを断ち切れないのだった。

ある日ミッキーと共にクスリを手に入れていたジム。しかし、なんとそのクスリは偽物で、そのことに怒ったミッキーが相手の売人を殺害してしまうのだった。行き場を失ったジムは久しぶりに母親の前に姿を見せるが、母親は敢えてジムに厳しくあたり、彼を少年院へと引き渡した。そして、半年間を少年院で過ごしたジムは、そこで体内のクスリを完全に抜いたのだった。

しかし、少年院を出たジムに、ペドロが声をかける。クスリを勧めるペドロだったが、ジムはその誘いをきっぱりと断るのだった。完全にクスリとは縁を切ったジム。それからジムは自らの経験を舞台で語ると、『バスケットボール・ダイアリーズ』という詩集を発表するのだった。

この記事をシェアする