映画『ぼくを探しに』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ぼくを探しに』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『ぼくを探しに』の概要:伯母のダンス教室でピアノを弾いているポールは、言葉を話すことができなかった。幼い頃に両親の死を目撃し、ショックを受けたのが原因だった。ひょんなことからポールと出会ったナタリー・プルーストは、母親の記憶を呼び起こす手伝いをした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『ぼくを探しに』の作品情報

ぼくを探しに

製作年:2013年
上映時間:106分
ジャンル:コメディ
監督:シルヴァン・ショメ
キャスト:ギヨーム・グイ、アンヌ・ル・ニ、ベルナデット・ラフォン、エレーヌ・ヴァンサン etc

映画『ぼくを探しに』の登場人物(キャスト)

ポール(ギヨーム・グイ)
33歳。2歳の頃に両親の死を目撃し、ショックから言葉が話せなくなる。伯母のアニーとアンナ姉妹に引き取られ、ピアニストになるための英才教育を施される。友人はおらず、孤独な日々を送っている。
ナタリー・プルースト(アンヌ・ル・ニ)
ポールと同じアパートに暮らしている女性。ハーブティーを使い、人の記憶を呼び起こす仕事をしている。家の中で畑を耕している。
アニー伯母さん(ベルナデット・ラフォン)
姉妹のアンナと共にポールを引き取り、育てる。アンナと一緒にダンス教室を経営している。ポールを溺愛しており、ピアニストにしようと奮闘する。

映画『ぼくを探しに』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ぼくを探しに』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ぼくを探しに』のあらすじ【起】

ポールは伯母のアニーとアンナ姉妹に育てられた。ピアノの英才教育を施され、彼女達が経営するダンス教室でピアノを弾いていた。ポールは友達がおらず、孤独な日々を送っていた。そして、言葉を話すことができなかった。

ある日、ポールは盲目のピアノの調律師、ミスター・コエーリョがレコードを落としたことに気づく。コエーリョはアパートの1室の中に入っていった。ポールは後を追い、その部屋の住人であるナタリー・プルーストと出会う。プルーストはポールにハーブティーを振る舞った。

ハーブティーを飲んだポールは、気を失った。プルーストはポールの様子を見て、悪夢を見ていることに気づく。実は、ポールが言葉を話さなくなったのは、2歳のときに両親の死を目撃したことが原因だった。ポールは母親のことを恋しがっていたが、父親のことは恐れていた。プルーストとコエーリョは、ポールを部屋の外へと運んだ。ハーブティーの効果で、目を覚ましたポールはプルーストの部屋にいたことを忘れていた。

アニーはダンス教室の外に来たホームレスの男性にお金を渡し、追い払った。一方、プルーストはポールから盗んでいた鍵を使い、彼の部屋に忍び込んだ。そして、母親の居場所を知っているというメモを残した。

メモを見たポールは、プルーストに会いに行った。プルーストが言っている母親の居場所は、ポールの奥底に眠っている記憶のことだった。プルーストはハーブティーをポールに振る舞い、記憶を呼び起こす手伝いをした。その時、1回50ユーロのお金を徴収した。ハーブティーを飲んだポールは、幼い自分をあやす母や大人達の姿を思い出す。

映画『ぼくを探しに』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『ぼくを探しに』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『ぼくを探しに』のあらすじ【承】

ダンス教室の中を、ホームレスの男性が覗いていた。ポールは男性を目撃し、幼い自分をあやしていた大人の1人だと気づく。慌てて男性を追いかけるが、逃げられてしまう。ポールはプルーストの元を訪ね、再びハーブティーを飲んだ。

ポールは幼い頃の記憶を再び思い出す。ポールの母・アニタの家は音楽一家で、アニタも元ピアニストだった。しかし、アニタは父のためにピアノを弾いていただけで、音楽に特別強い思い入れがあるわけではなかった。アニーとアンナはポールをピアニストにしたかったため、アニタの考えを残念に思う。

アニーとアンナはポールを連れ、知り合いの家を訪ねた。ポールは33歳になり、ピアノコンクールの若手部門に出場するのは今年で最後だった。優勝を目指していたが、毎年中国人に敗れていた。アニー達が中国人の文句を言っていると、知り合いの養女のミッシェルが中国人であることが判明する。アニー達は気まずい思いをした。ミッシェルはポールに興味を抱き、積極的にアプローチをした。ポールは困惑する。

ポールとプルーストは公園のベンチの端と端に座っていた。プルーストがウクレレを弾いていると、ミッシェルがやって来た。ミッシェルはポールの隣に座り、手を握ろうとした。ポールは驚き、拒んでしまう。ミッシェルは気にした様子もなく、笑顔で去っていった。

映画『ぼくを探しに』のあらすじ【転】

ポールはハーブティーを飲み、再び幼い記憶を思い出した。アニタはポールと共に、おむつのCMに出演した。そのお金を使い、家の改築を行った。ホームレスの男性はジェジェという名で、ポールの父であるアッティラ・マルセルの友人の大工だった。家の2階にはアニーとアンナが暮らしており、ピアノの音が鳴り響いていた。アッティラはアニタ達がCMに出演したことが気に入らず、激しく怒っていた。アッティラに襲われているアニタの姿を思い出し、目を覚ましたポールは涙を流して悲しんだ。

公園の木が伐採されることになり、プルーストは座り込んで抗議した。しかし、プルーストは警察に連行され、木は伐採されてしまう。ポールは公園に行き、プルーストのウクレレが壊されて捨てられていることに気づく。ポールはウクレレを持って帰り、修理した。一方、アニーとアンナはポールの様子がおかしいことを心配していた。

コエーリョは調律をしながら、ポールにプルーストの話をした。その時、ポールは別室に移動しており、部屋にはアニーとアンナがいた。アニー達はプルーストのせいでポールがおかしくなってしまったのだと思い、部屋に怒鳴り込みに行った。

映画『ぼくを探しに』の結末・ラスト(ネタバレ)

コエーリョはプルーストに託されたハーブと手紙をポールに渡した。手紙には店じまいすること、旅に出ることが書かれていた。ポールはハーブティーを飲み、プロレスラーのアッティラがリングの上でアニタと戦っている様子を思い出す。勝利したのはアニタで、試合後アッティラとアニタは仲睦まじそうに微笑んでいた。ポールは仲がよさそうな両親の姿を思い出し、喜んだ。ポールは感謝の言葉を書いた紙と共に、プルーストの部屋にコンクールの招待状を届けた。

ポールはコンクールに出場した。客席にプルーストの姿を探すが、いなかった。ポールは落胆しながらも、ピアノを弾いた。すると、幼い頃に見たキャラクターの幻覚が見えた。ポールは笑顔で演奏を終えた。客席や審査員達は立ち上がり、ポールの演奏に拍手を送った。

ポールは優勝を勝ち取り、プルーストの部屋を訪ねた。だが、プルーストはいなかった。ポールは部屋に戻り、ハーブティーを飲んだ。両親は音楽を聞きながら、幸せそうに踊っていた。その時、2階にあったピアノが落ちてきて、両親は下敷きになる。アニーとアンナはその光景を目撃していた。目を覚ましたポールは、自分が使っていたピアノが、両親の上に落ちたピアノだと気づく。ピアノには修理した跡があった。ショックを受けたポールは、思いっきり鍵盤を叩いた。蓋が落下し、ポールは指に怪我を負う。

アニー達はポールに事情を説明した。家の壁を取り払ったジェジェの違法工事がピアノの落下の原因で、彼は5年の刑に服していた。アニー達は指の治療をするため、ポールを病院に連れていった。ポールの指は、二度とピアノが弾けなくなっていた。

ポールはプルーストの部屋を訪ねた。すると、大家がおり、部屋を修繕していた。プルーストは癌を患い、亡くなっていた。ポールはプルーストが埋葬されている墓を訪れ、彼女のウクレレを供えた。すると、雨によってウクレレが鳴った。ポールはプルーストの気配を感じ、微笑んだ。ポールはウクレレを持ち帰った。

ポールはウクレレの先生になり、ミッシェルと結婚した。2人の間には子供がいた。ミッシェルは子供が話しそうだと気づき、ポールを呼んだ。ポールは我が子の顔を見て「パパ」と言葉を教えた。

映画『ぼくを探しに』の感想・評価・レビュー

ちょっとホロリとする場面があり、楽しい場面があり、色々感情を揺さぶられる素敵な作品だった。特に音楽がおしゃれで、物語に合っていたのが良かった。ポールは33歳ながらもアニー達に過保護に育てられ、幼い印象を受けた。しかし、プルーストに出会い記憶を取り戻したことで、本来の自分を取り戻せたのだと思う。アニー達は酷い義母だと思うが、ポールを大切に思っていた気持ちは本当だったのではないかと思う。(MIHOシネマ編集部)


フランス映画らしいアイロニーとユーモアにあふれる作品。
マダム・プルーストの植物だらけの部屋は童話のよう。似たような服を着て双子みたいな叔母たちや、盲目のピアノ調律師、動物の剥製を作る医者など個性的なキャラクターが出てきてファンタジックです。
両親の死にショックを受けて言葉を話せなくなった主人公のポールが、子供の頃の記憶に触れることで成長していくストーリー。でもあまり深く考えず、お洒落な世界を楽しむのがいいと思います。ポールとその父親を同じ俳優が演じていますが、雰囲気がまったく違うのも印象的でした。(女性 40代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメディ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました