映画『ブロークン・アロー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ブロークン・アロー」のネタバレあらすじ結末と感想

ブロークン・アローの概要:仲間だと思っていた人物に裏切られた空軍大尉のヘイル。そんな裏切り者、ディーキンスはなんと核弾頭を盗み出した。ヘイルは核弾頭を取り返し、世界を救うことができるのか。

ブロークン・アローの作品情報

ブロークン・アロー

製作年:1996年
上映時間:108分
ジャンル:アクション
監督:ジョン・ウー
キャスト:クリスチャン・スレイター、ジョン・トラヴォルタ、サマンサ・マシス、ジャック・トンプソン etc

ブロークン・アローの登場人物(キャスト)

ライリー・ヘイル(クリスチャン・スレーター)
米軍の空軍大尉。狙撃の能力に長けており、先輩のディーキンスのことを尊敬していたが…?
ヴィック・ディーキンス(ジョン・トラヴォルタ)
米軍の空軍少佐。プロ級のボクシングの腕を持ち、いつも賭けボクシングでヘイルのことを負かしている。ある日突然謀反を起こし…?
テリー・カーマイケル(サマンサ・マシス)
ディーキンスに裏切られたヘイルが逃げ延びた場所で出会った公園監視員。ヘイルと共に行動することになる。

ブロークン・アローのネタバレあらすじ

映画『ブロークン・アロー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ブロークン・アローのあらすじ【起】

ライリー・ヘイル大尉とヴィック・ディーキンス少佐は、共に米軍に所属するパイロットである。二人は日頃から共にボクシングを楽しむ仲で、ヘイルはディーキンスのことを良い先輩として尊敬していた。そんなある日、二人は最新式の爆撃機のテスト飛行を行うこととなり、ユタ砂漠へと向かっていた。

全てが順調にいっていたその時だった。なんと、ディーキンスが突如ヘイルに襲いかかってきたのである。ヘイルは訳も分からぬまま必死に抵抗するが、ディーキンスは非常脱出装置のボタンを押すと、ヘイルを機外へと放り出してしまうのだった。

その爆撃機は、2基の核弾頭を搭載していた。そして、ディーキンスの狙いはその核弾頭にあったのである。かねてより軍に不満を抱いていたディーキンスは、核弾頭を盗み出し悪用する作戦を立てていたのだ。そして、ディーキンスは核弾頭を密かに投下させると、軍に「ヘイルがミスをした」という嘘の無線を報告するのだった。

ブロークン・アローのあらすじ【承】

そして、その後ディーキンスはわざと乗っていた爆撃機を墜落させる。報告を受けた軍が駆けつけるものの、いくら探しても核弾頭は見つからない。そして、軍は一連の事件をヘイルによるものだと誤認識してしまったのだった。このことを受け、核弾頭紛失という意味を指す暗号、『ブロークン・アロー』が発令される。あまりに強大な力を持つ核弾頭の紛失に、軍は緊張に包まれる。

一方、空中へ放り出されたヘイルは、パラシュートを開き無事にその場から脱出、一命をとりとめていた。そして、国立公園へとランディングしたヘイルは、たまたまその場に居合わせた公園監視員のテリー・カーマイケルと行動を共にすることになる。

その頃、ディーキンスは地上で待機していた仲間達と合流し、核弾頭を作戦通り手に入れていた。核弾頭を輸送していたディーキンス達。しかし、そこにヘイル達が現れる。ヘイルとテリーはディーキンス達に襲いかかると、見事核弾頭を取り戻してみせたのだった。

ブロークン・アローのあらすじ【転】

二人は、取り戻した核弾頭を持ってディーキンス達をまくと、そのまま旧銅鉱山へと逃げ込んだ。ヘイルは核弾頭の動きを止めるべくショートさせようと試みるが、しかし、ディーキンスが事前に核弾頭のプログラムをいじっており、結局失敗に終わってしまう。追ってきたディーキンス達と激しい銃撃戦を繰り広げたヘイルだが、もう1つの核弾頭を奪われてしまうのだった。

さらに最悪なことに、核弾頭の起爆スイッチが起動してしまい、その場で爆発してしまう。兄弟な核弾頭の爆発から、二人は咄嗟に流れていた川に逃げ込み一命を取り留める。また、溶け出した洞窟内の銅が溶鉱炉の役割を果たしたおかげで、彼らは放射線の影響からも逃れられたのだ。これほど危険な目にあいながらも、二人は諦めなかった。二人は再びディーキンスを追跡するのだった。

一方、ディーキンス達は手に入れた核弾頭をネタに、政府に脅迫をしかけていた。そして、多額の金銭を要求したのである。

ブロークン・アローのあらすじ【結】

そして、ヘイルは列車で逃走するヘイル達を追いかけていた。うまく潜入したと思われたその時、テリーが敵に捕まってしまうのだった。そんなテリーを助けるべく、ヘイルが危険を顧みず乗り込んで行く。激しい銃撃戦の末、彼らはいつものようにボクシングで決着をつけることになる。ヘイルはいつも真に勝とうとできない心の問題から、ディーキンスに賭けボクシングでは敗れていた。しかし、今回ばかりは負けるわけにはいかない、とヘイルはディーキンスに対して互角の戦いを見せるのだった。

そして、ディーキンスが稼働させた核弾頭を隙を見て解除したヘイル。列車内で核弾頭が暴れ出してしまう。ヘイルは急いで列車から逃げ出すが、核弾頭はまっすぐにディーキンスのほうへと向かっていく。ディーキンスは観念したように目を閉じた。そして、彼はそのまま核弾頭の爆発に巻き込まれ命を落とすのだった。なんとも言えない面持ちで爆発した列車を見つめるヘイル。そんな彼の元にテリーが駆け寄り、事件は解決を迎えるのだった。

この記事をシェアする