映画『フィラデルフィア・エクスペリメント(1984)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「フィラデルフィア・エクスペリメント(1984)」のネタバレあらすじ結末と感想

フィラデルフィア・エクスペリメント(1984)の概要:昔から都市伝説として密かに噂されている『フィラデルフィア計画』を題材としたSF映画。40年後の世界にタイムスリップしてしまった二人の男性が、時空を超えて世界を救う。

フィラデルフィア・エクスペリメントの作品情報

フィラデルフィア・エクスペリメント

製作年:1984年
上映時間:102分
ジャンル:SF
監督:スチュワート・ラフィル
キャスト:マイケル・パレ、ナンシー・アレン、ボビー・ディ・シッコ、エリック・クリスマス etc

フィラデルフィア・エクスペリメントの登場人物(キャスト)

デヴィッド・ハーデッグ(マイケル・パレ)
1943年のフィラデルフィア実験に同席していた船員。ジミーと共に異常を起こし始めたエルドリッチから抜け出した結果、1984年にタイムスリップしてしまう。
アリソン・ヘイズ(ナンシー・アレン)
デヴィッドとジミーが逃走する際たまたま居合わせた女性。現代の車を運転できない彼らに拉致され、そのまま行動を共にすることになる。
ジム・パーカー(ボビー・ディ・シッコ)
デヴィッドと共に1984年へとタイムスリップしてしまった船員。突如体に異変が生じ始め、デヴィッドの前から姿を消してしまう。
ジェームズ・ロングストリート博士(エリック・クリスマス)
フィラデルフィア実験を担当していた科学者。1984年にも同様の実験をしており、そのことがキッカケとなり地球に危機が訪れる。

フィラデルフィア・エクスペリメントのネタバレあらすじ

映画『フィラデルフィア・エクスペリメント(1984)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

フィラデルフィア・エクスペリメントのあらすじ【起】

1943年、世界は第二次世界大戦が繰り広げられている真っ最中だった。その頃、アメリカの海軍は戦争に勝利するため、敵のレーダーから自国の艦船を見えなくするという、通称『フィラデルフィア実験』に取り組んでいた。そして、とうとう実験が執り行われる日がやってきた。

実験の対象である駆逐艦エルドリッチは、ロングストリート博士が用意した強大な電磁波に包まれた。そして、見事エルドリッチはレーダーからその姿を消してみせた。しかし、ここで問題が生じてしまう。なんと、エルドリッチはレーダーからだけではなく、実際の世界からも忽然と姿を消してしまったのである。

一方、エルドリッチに乗り込んでいた船員達は、なぜか突如として苦しみ始める。異変に気付いたジミーとデヴィットは、その影響から逃れるため慌てて海へと飛び込んだ。しかし、そこにあるはずの海はなく、彼らは深く底が見えない穴へと吸い込まれていってしまったのである。そして、ようやく彼らはどこかへと着陸する。気がつくと、なぜか彼らは砂漠を歩いていたのだった。

フィラデルフィア・エクスペリメントのあらすじ【承】

実は、二人はどういったわけか、約40年後の未来のネバダ州へとタイムスリップしてしまっていたのである。そのことを知る由も無い二人は、全く知らない科学の進歩した新しい世界に戸惑いを隠せないのだった。そして、突如ジミーの身体に異変が起こる。なぜかジミーの身体が放電したのだ。

そのことによって二人は店の物を壊してしまい、店主に詰め寄られてしまう。二人は逃げようにも現代の車を運転することができず、たまたま居合わせたアリソンという女性を拉致すると車を運転させ、その場を逃げ去るのだった。

そして、ジミーの体には異変が続いていた。彼の腕は激痛と共に、どんどん黒ずんでいったのだ。病院へと運ばれたジミーだったが、なんと皆が見ている前で突如として身体が光に包まれ、ジミーはその場から消え去ってしまったのだった。恐ろしくなったデヴィットは、思わずその場から逃げ去ってしまう。一方、老齢になったロングストリート博士がこの世界でもまだ研究者として活躍していた。そして、彼はジミーとデヴィットがこの世界に来たことに気がついたのである。

フィラデルフィア・エクスペリメントのあらすじ【転】

そして、その頃ロングストリート博士は41年前の駆逐艦エルドリッチに対して行ったものと同じ実験を、ゴーストタウンを対象に行なっていたのだった。しかし、実験で生じたあまりに膨大なエネルギーは、異常気象となって地球を襲った。なんと、巨大な裂け目が誕生してしまい、渦となり地球上のあらゆる物を吸い込み始めたのだ。

そして、そんなロングストリート博士は先程二人を診察していた医師に連絡を取ると、デヴィットの捜索を開始するのだった。そんなことを知る由も無いデヴィットは、追っ手から逃げるためアリソンと共に車を走らせていた。

しかし、途中二人を追っていた車が横転してしまう。様子を見に行ったデヴィットは、その車からとある資料を見つける。そして、そこにロングストリート博士の名前があることに気づき、彼に会うために実験場へと向かう決心をするのだった。デヴィット達が実験場に向かう間にも、益々異常気象は酷くなり、地球は滅亡の危機に陥っていた。

フィラデルフィア・エクスペリメントのあらすじ【結】

封鎖されている実験場のバリケードを破り、デヴィットは侵入に成功する。そして、とうとうロングストリート博士との再会を果たすのだった。ロングストリート博士は1943年と1984年の実験によって、時空を超えワープホールが誕生してしまったことをデヴィットに説明する。

ワームホールを閉じるには、ワープホールに飛び込みエルドリッチ号の電源を落とす他ない。そして、ロングストリート博士はその役目をデヴィットに頼んできたのである。一度はそれを断ったデヴィット。しかし、地球に危機が迫っていることを知り、その任務を引き受ける決意を固めるのだった。

そして、防護服を着用したデヴィットは穴の中へと決死の覚悟で入り込んでいく。久しぶりに戻ってきたエルドリッチ号。彼は斧でエルドリッチ号の装置を破壊した。すると、徐々に異変は収まっていくのだった。しかし、デヴィットは再びエルドリッチ号を飛び出すと、この時代に来た時のように深い穴へと飛び込んだ。そして、1984年に戻ったデヴィットは、待っていたアリソンと結ばれるのだった。