映画『CLIMAX クライマックス』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『CLIMAX クライマックス』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『CLIMAX クライマックス』の概要:雪深い山奥の廃墟に集められた22人のダンサー達は、アメリカ公演に向けたリハーサルを行っていた。3日間の練習を終え打ち上げが始まるも、酒には何者かによってLSDが入れられており、彼らは次第に自我を失っていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『CLIMAX クライマックス』の作品情報

CLIMAX クライマックス

製作年:2018年
上映時間:97分
ジャンル:サスペンス
監督:ギャスパー・ノエ
キャスト:ソフィア・ブテラ、キディ・スマイル、ロマン・ギレルミク、スエイラ・ヤクーブ etc

映画『CLIMAX クライマックス』の登場人物(キャスト)

セルヴァ(ソフィア・ブテラ)
振付師。DJダディと共にフランスから22人のダンサーを集め、フランス・アメリカ公演を行おうとしている。リハーサルのため雪深い山奥の廃墟を貸し切り、3日間の合宿を行う。
ルー(スエイラ・ヤクープ)
セルヴァと仲の良いダンサー。エマニュエルの息子・ティトを可愛がるセルヴァに中絶の経験はあるかと尋ねる。その実、自身が妊娠中だった。
ダヴィッド(ロマン・ギレルミク)
野心家で女好きのダンサー。「ここにいる女全員とヤった」と豪語するが、本命のセルヴァには軽くあしらわれる。
プシケ(テア・カーラ・ショット)
ドイツ人ダンサー。ドラッグにまみれたベルリンのダンスシーンに嫌気が差し、セルヴァの企画する公演のオーディションを受けた。レズビアンでイヴァナという恋人がおり、カップルでオーディションに合格した。
エマニュエル(クロード・ガジャン・モール)
シングルマザーのダンサー。息子のティトと共に合宿に参加した。望まない妊娠を「人生最大の失敗」と後悔しているが、それを成功に変えたいという思いでオーディションへ参加した。打ち上げではお手製サングリアを振る舞う。
DJダディ(キディ・スマイル)
セルヴァと共に公演を企画するDJ。ゲイ。

映画『CLIMAX クライマックス』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『CLIMAX クライマックス』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『CLIMAX クライマックス』のあらすじ【起】

ダンサーのルーは、雪の中をタンクトップで歩いた。彼女は悲鳴を上げながらもがき苦しみ、降り積もった雪は彼女から流れる血の色に染まった。1996年、冬。実話に基づく物語である。

セルヴァとDJダディは、オーディションに合格した22人のダンサー達へインタビューを行った。セルヴァはそれぞれが持つダンスへの思いをはじめ、ドラッグの使用経験や性的嗜好なども質問し、彼らは赤裸々に答えた。

ダンサー達は、全体リハーサルのため山奥の廃墟へ集められた。三日間の厳しい練習を終えた彼らは、すぐさま打ち上げパーティに興じた。エマニュエルの幼い息子・ティトも会場を歩く。ダヴィッドはエマニュエルが用意したサングリアを配って歩きセルヴァにキスを迫ったが、彼女は「やめてよ」とおどけて突き放した。

セルヴァは、ティトが心配だとルーへ溢した。ルーは、子供には悪い環境だねと言い、セルヴァに中絶の経験はあるかと聞いた。セルヴァは僅かに押し黙ると、煙草をふかしながら「選べるって素敵ね」とはぐらかした。

部屋でティトを寝かしつけるエマニュルは、彼に「ママは昔ダンサーだったの」と語りかけた。

映画『CLIMAX クライマックス』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『CLIMAX クライマックス』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『CLIMAX クライマックス』のあらすじ【承】

ディスコと化した広間は一旦落ち着きを取り戻し、ダンスをひとしきり楽しんだ面々は仲の良い者同士で語り合った。酒が入ったプシケと彼女の恋人・イヴァナは些細なことで喧嘩をし、ダヴィッドはオマーの恋人である女装家のガゼルと寝たいと言う。ガゼルの兄・タイラーは、ガゼル本人へ「オマーの何がいいんだ?」と交際をやめるよう諭すが、二人は既に9ヶ月付き合っていた。サイボーグは、ロッコへ「この部屋は嫌な予感がする」と打ち明け、二人は次第に猥談をはじめた。

ゲイのライリーは、同じくゲイのダディに「二日でダヴィッドを落とす」と宣言していた。それを聞いたダディは、「若いんだから全部やろうとするな」と冷静にアドバイスをした。ライリーが去ったDJ卓へやって来たエマニュエルは、ダディと談笑する。彼女は、サングリアの出来は大成功だと喜んだ。

彼らは再びダンスを始めた。皆思い思いに体を動かし、彼らは次第に酒による酔いではない“ハイ”の状態になっていった。

ヤク中のアライアは、コカインを求めて彷徨っていた。ライリーは、ガゼルに言い寄るダヴィッドへ抱き着く。プシケは遠くを見つめ、立ったまま放尿した。そんな光景に異常を感じたセルヴァは、サングリアを作ったエマニュエルを問い詰めた。エマニュエルは何の話か分からなかったが、セルヴァの喧騒にあてられたダンサー達がこぞって自分を責め出したためダディに助けを求めた。

誰かが「酒を飲んでいないオマーが犯人だ」と騒ぎはじめ、また別の者が「LSDを入れたろ!」と喚いたことでパニックが起き、興奮した彼らは無実のオマーを吹雪の中に放り出した。

映画『CLIMAX クライマックス』のあらすじ【転】

混乱の中をふと見るとティトが起きて来ており、眠りにつく前に興味を示していたサングリアを飲んでしまっていた。エマニュエルは慌ててティトの元へ駆け寄り、騒ぐ彼を電気室へ閉じ込めると、「あっちをまともな状態にしたら戻って来るから」と声をかけた。

セルヴァはイヴァナから声をかけられたが、無視してルーの部屋を訪れた。体調が優れないと言って広間を離れた彼女は嘔吐していた。彼女は信頼のおけるセルヴァへ妊娠している事実を告げ、さらに、父親は分からないと打ち明けた。そこへドムが現れ、サングリアを飲んでいないルーが犯人ではないかと言い出した。ルーとセルヴァは妊娠しているから飲酒できないと訴えたが、聞く耳を持たないドムはルーの腹を蹴り上げた。

ルーは会場へ戻ったドムに追いつくと、ナイフを手に取り「殺してやる」と叫んだ。しかし、ハイになったダンサー達は皆ルーが犯人だと喚き散らし、追い詰められたルーは自らの腹部へナイフを突き立てた。

一人廊下を歩くセルヴァは遂に錯乱し、悲鳴を上げながら暴れ出した。廊下と広間を行ったり来たりする彼女は、電気室の扉の前でティトに話しかけるエマニュエルに近付いた。彼女は「鍵をなくした」と泣いている。ティトも尋常ではなく泣き叫んでおり、セルヴァは鍵を探すようエマニュエルに強く言った。

広間はカオス状態だった。男達はダヴィッドをリンチし、動かなくなった彼の額に口紅で十字架を書いた。

映画『CLIMAX クライマックス』の結末・ラスト(ネタバレ)

セルヴァは、イヴァナに連れられて広間を出ようとした。その時、突然電気がショートし、照明が非常灯に切り替わった。エマニュエルはティトがブレーカーに触れて感電死したことを悟ると、半狂乱になって電気室へ向かった。

泣き叫ぶエマニュエルを横目に、セルヴァはイヴァナの部屋へ連れて来られた。イヴァナにキスを迫られたセルヴァは受け入れ、意識を取り戻したダヴィッドが部屋へやって来たが追い返した。

ダンサーの衣装で女装したダディは、部屋で泣いていたライリーを抱き締めた。トイレではタイラーがガゼルをレイプしており、ダヴィッドの出現によってガゼルは「自殺する!」と叫んで兄の元から逃げ出した。

タイラーはガゼルを追って広間へ来た。まともに歩けないガゼルは這って逃げようとするも、LSDの過剰摂取により遂に泡を吹いてしまった。心配したタイラーはガゼルを部屋へ連れ戻した。

広間は阿鼻叫喚の地獄絵図と化していた。セックスにふける者、白目を剥いて痙攣する者、雄叫びをあげながら異様な動きで踊り狂う者、ダヴィッドはそんな中、呻き声を上げながら助けを求め、床の上をはいずり回った。

翌朝、彼らの元には警察が訪れた。警察は建物内の光景に唖然とした。電気室の外ではエマニュエルが自殺しており、ルーは太陽光を頼りに叫びながら外へ飛び出した。外にはうずくまるように雪に埋もれたオマーの死体があり、タイラーのベッドで目を覚ましたガゼルは、タイラーから「何もなかった」と繰り返し言われた。

先程まで踊っていたプシケは、部屋で目薬を差した。彼女の瞳からは一筋の涙が流れていく。

映画『CLIMAX クライマックス』の感想・評価・レビュー

目眩がするような映像の連続だった。ダンサー達の美しさや力強いダンスに加え、奇抜なカメラワークが疑似トリップ体験をさせてくれる。

サングリアにLSDを入れた犯人はプシケだったわけだが、冒頭からあれだけの存在感があったにも関わらず、最後まで真犯人としての息を潜めていたことには驚きだった。個人的には大どんでん返しの内容だった。

ティトが死ぬ場面は見ていられなかった。幼い子供が命を落とす脚本は、無闇に犬を死なせてお涙頂戴する安易な映画くらい嫌悪感がある。エマニュエルが理不尽に責め立てられ、親子共々散々な最後を迎えてしまったのは心苦しい。(MIHOシネマ編集部)


監督が誰なのか見ずに鑑賞し始めましたが、すぐにギャスパー・ノエだと分かりました。彼の作品は本当に独特で、胸糞悪い映像が続くのにクセになるし、いつの間にか彼の描く世界観が美しいとまで感じてしまうのだから不思議です。
今作も例外ではなく、『アレックス』でもとても印象的だった目が回るようなカメラワークや、熱量の高いダンスシーンなど、気味が悪いほど熱い世界が描かれていました。
常識に囚われない彼の作品が好きな方は大満足できると思います。逆に、苦手な方も繰り返し見ているとクセになるのでは無いでしょうか。(女性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サスペンス映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました