8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ダークナイト ライジング』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

ダークナイト ライジングの概要:バットマン三部作、「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に次ぐ三部作目であり最終章。バットマンの終わりと新たな始まりを描く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダークナイト ライジングの作品情報

ダークナイト ライジング

製作年:2012年
上映時間:164分
ジャンル:サスペンス、アクション
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ etc

ダークナイト ライジングの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ダークナイト ライジング』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2021年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ダークナイト ライジングの登場人物(キャスト)

ブルース・ウェイン / バットマン(クリスチャン・ベール)
かつてバットマンとして活躍していた資産家。ジョーカー、そしてハービーとの戦いで足に後遺症を患い一線から退いていたが…。
ベイン(トム・ハーディ)
ブルースを陥れるべく動き出した謎の犯罪者。地下牢獄、奈落の出身者。
セリーナ・カイル / キャットウーマン(アン・ハサウェイ)
ある日ブルースの元からネックレスを盗み出した女怪盗。
ジェームズ・ゴードン / ジム(ゲイリー・オールドマン)
バットマンの理解者である警察官。ベインが巻き起こす犯罪対応に追われている。

ダークナイト ライジングのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ダークナイト ライジング』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ダークナイト ライジングのあらすじ【起】

あのバットマン史上最大の敵、ジョーカーがゴッサム・シティを震撼させたあの事件から8年もの時が流れました。そして同時に、ブルース・ウェインが最愛の想い人をなくし、そしてこの人物になら街を託せると信じたハービー・デントの死からも8年が経過していました。

かつてバットマンの存在という恐怖で犯罪が抑制されていた街は現在、バットマンが汚名を被る事で英雄化され死んでいってハービー・デントの記憶で平和が成り立っていました。「デント法」という法律まで成立し、街は今までにない程の安寧を得たかのように思えました。

しかし、それは表面上の話です。その平和の裏では、着々と嵐の到来が近づいていたのでした。その訪れをかつてのバットマン、ブルース・ウェインに伝えに来たのは、キャットウーマンという女怪盗でした。キャットウーマンことセリーナは、とある指紋物からの依頼でブルースの指紋のついた真珠のネックレスを盗み出していたのです。その依頼人の名前はベイン、かつてブルースが壊滅させた組織、”影の同盟”から破門され、ブルースを憎んでいる人物です。

ダークナイト ライジングのあらすじ【承】

ハービー・デントとの死闘の際足を負傷し後遺症が残った影響で、ブルース・ウェインはバットマンとしての活動から退き、本職であるウェイン財閥の管理に就いていました。しかし今回のセリーナの来訪からゴッサム・シティに再び危機が迫っていることを知ったブルースは、8年ぶりにバットマンとしての活動を再開するべく動き出します。

しかしそんな矢先、ベインが再びブルースに接触してきました。ベインはウェイン財閥が抱えるエネルギー原子炉を利用しメルトダウンを起こそうという計画を練っていたのです。そしてその計画の邪魔となりうるブルースを、架空取引によって破産させました。

そしてブルースを拉致したベインは、彼を通常奈落と呼ばれる牢獄に閉じ込めます。この牢獄は地下深くにあり、かつてこの牢獄から這い出たものは史上たった1人だけという場所でした。奈落の底から攻撃を受けるゴッサム・シティの姿を見たブルースは何とか地上へ戻ろうとしますが、やはりそう簡単にはいきません。ブルースは奈落からの脱出を目指し、真剣にトレーニングに励みます。

ダークナイト ライジングのあらすじ【転】

ブルースが奈落に手間取っている間にも、ベインは次々とゴッサム・シティに猛攻を仕掛けます。ベインは街の至る場所にプラスチック爆弾を仕掛け街を破壊していきます。更に囚人を解放し街を混乱に陥れたベインは、なんとブルースがその身を犠牲にしてまでも庇ってきたハービー・デントの本当の姿を世間に公表してしまったのです。今迄街の英雄と信じてきたハービーの真実と、それを民衆に隠してきたトップに対して住民は怒り狂い、街では暴動が起こります。

しかし、そんな中ようやくブルースが奈落の底から地上へ這い上がることに成功しました。ベインを追い詰めるブルースでしたが、そんなブルースに牙を剥いたのは彼の新しい恋人、ミランダでした。ミランダはブルースに剣を突き立てます。現在は資産家として確固とした地位を築いているミランダでしたが、実はベインと同じくあの奈落の出身でした。かつて唯一自力で奈落を脱出した存在、というのは彼女の事だったのです。彼女は奈落を抜け出す程の高い身体能力を誇り、この暴動を計画しベインを主導したのも彼女だったのです。

ダークナイト ライジングの結末・ラスト(ネタバレ)

ミランダに刺され絶体絶命のブルースを救ったのは、何とあのキャットウーマンでした。キャットウーマンの助けも借り何とかベインを倒したブルースでしたが、ミランダがメルトダウンのスイッチを起動してしまいます。ブルースは咄嗟に自身の飛行艇にその原子炉を繋ぎ、急いでゴッサム・シティから離れました。そしてゴッサム・シティから離れた海の上で巨大な爆発が確認されたのでした。

そして、ブルースの葬儀はひっそりと開かれました。彼の知人が彼の死を嘆く中、長年ブルースの執事を務めてきたアルフレッドのもとに、ある信号が入ります。それは、かつてキャットウーマンに盗まれたブルースの真珠のネックレスに仕掛けられたGPSの反応でした。その信号を頼りにイタリアへ向かったアルフレッドは、セリーナと共に歩くブルースを見かけました。

一方その頃、ブルースの数少ない理解者であるブルースの若き部下、ジョンがブルースの家を訪れていました。彼は孤児出身で、同じく孤児であるブルースを尊敬していたのです。そしてブルースの家の地下に、今迄彼が使用してきたスーツや兵器を発見するのでした。

ダークナイト ライジングの感想・評価・レビュー

前作ダークナイトよりも善悪がはっきりしていてストーリーがわかりやすい。
三部作を纏めるにふさわしいバッドマン再起の展開。
どんどん追いつめられるバッドマン。ラストにむけてどんどん盛り上がっていくので長い上映時間も気にならず、あっという間に観終わってしまった。伏線の回収も見事。そうだったのかーとスッキリしつつ脚本のすばらしさに感心した。
ラストも感動。かっこよくヒーローとして幕を閉じた。(女性 40代)


バッドマンシリーズの最終作に当たる本作品。宿敵ジョーカーの出演が無いので、見所に欠けるかと思いきや、ストーリーがとても分かりやすく描かれていて良かった。奈落に落とされてしまったバッドマンが、心身を鍛え、再び奈落を脱出した時は思わず手に汗握ってしまう程である。又、同じくDCコミックのヒロインであるキャットウーマンも登場し、最終作となっているが、暗にこの先の展開を示唆している終わり方となっているので、是非とも期待したい。(男性 30代)


人気アメリカンコミック「バットマン」の新規映画化シリーズ第3弾で最終章。バットマンが去ったゴッサムシティを包む暗雲を前に再び立ち上がり、最後の戦いに挑むバットマンを描く。

前作で「正義」のありかを問うたわけだが本作では一転して「ヒーロー」の在り方を描いている。圧倒的絶望の中でも立ち上がろうとするバットマン=ブルースの姿に胸を打たれるとともに、キャットウーマン=セリーナの善と悪の狭間で葛藤する姿は「ヒーロー」という生き方を貫こうとしている。(男性 20代)


この作品は1作品目と2作品目が誰が悪なのかはっきりしていたのに対し、今作は割と最後まではっきりせず、騙される形で発覚した。
と言ってもうまく騙してきたなといった印象。伏線もきちんと用意されており、最後に綺麗に回収していくあたりはさすがだなと思った。
最後のセリーナとブルースのシーンも後味が良く、ハッピーエンドで良かった。

最後に、次のバットマンを思わせるジョンブレイクの今後に期待したい。(女性 20代)


アメコミ映画の中で最も深みのある作品が、バットマンだと思います。美学やカリスマ性が光り、悪役が非常に魅力的です。翼に溺れた富裕層や政治家に裁きを下し、良くも悪くも抑圧されたゴッサム市民の解放を唱えたのがベインです。信念による強さが垣間見えます。

自身の弱さを克服しゴッサムを守ったウェインですが、これで見納めになると思います。ただ、ジョンにスーツが引き継がれたように見えるシーンがあります。新生バットマンの活躍も楽しみです。(男性 20代)


大好きな『ダークナイト』シリーズもこれが最終章。バットマンであるブルース・ウェインを演じるクリスチャン・ベイル。執事のアルフレッドにはマイケル・ケイン。今作の悪役ベインにはトム・ハーディ。本部長になったジム・ゴードンを演じるのはゲイリー・オールドマン。いつものクリストファー・ノーランファミリーと言ったところでしょうか。
多くは語りません。自分の目で観て、耳で聴いて感じるべき作品。音楽はもちろんハンス・ジマー。最高のタイミングで流れる重厚な音楽、痺れます。(女性 30代)


前作と比べるとどうしてもインパクトに欠けるが、三部作のラストとしては綺麗にまとまっていたと思う。少し長いなと感じる部分もあったが、余韻のある終わり方はとても良かった。
黒幕がミランダだったのはまったく気が付かなかったので驚いたが、それよりもベイン役がトム・ハーディだった事に一番衝撃を受けた。別人すぎる。
あとはもうとにかくアン・ハサウェイ演じるキャットウーマンが可愛すぎて目の保養だった。(女性 30代)


三部作の最終章。悪役にぼこぼこにされたり会社が倒産したり今までになくピンチを迎えるバットマン。追い打ちをかけるように思いも寄らぬ相手に裏切られたりと、最後の最後までヒーロー物としての爽快感はゼロに近い。しかし最後にはある種画期的な救いがあるのが嬉しい。ブルースに幸せな結末を与えたのは最終章として最高ではなかろうか。そしてここまで名前の出なかった「ロビン」に繋がるエピソードも秀逸。前作のような哲学色はないが、アメコミヒーロー物の一つの着地点。(男性 40代)

関連作品

前作 ダークナイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクション映画サスペンス映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました