「ダイバージェントFINAL」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ダイバージェントFINALの概要:近未来のシカゴ。人類を5つの派閥に分けていた時代が終わり、混沌としていた。異端(ダイバージェント)のトリスたちはフェンスを越え、シカゴを脱出する。外には驚くべき世界が待ち受けていた。

ダイバージェントFINALの作品情報

ダイバージェントFINAL

製作年:2016年
上映時間:120分
ジャンル:SF、アクション
監督:ロベルト・シュヴェンケ
キャスト:シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、ジェフ・ダニエルズ、マイルズ・テラー etc

ダイバージェントFINALの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ダイバージェントFINAL』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ダイバージェントFINALの登場人物(キャスト)

トリス(シェイリーン・ウッドリー)
「勇敢」に所属していたが、どこにも属さないダイバージェント(異端)と判明。当初は危険視されていたが、人類存続のためのキーパーソンであることがわかる。外の世界に逃亡し、壁の真実を知ることとなる。
フォー(テオ・ジェームズ)
「勇敢」に所属。トリスとともにシカゴの外へ逃亡するが、やがて外の世界に不審を抱くようになる。
ピーター(マイルズ・テラー)
「高潔」出身で「勇敢」。状況に応じてコロコロと立場を変える男。
ケイレブ(アンセル・エルゴート)
トリスの兄。トリスとともにシカゴから逃亡する。
デイビッド(ジェフ・ダニエルズ)
遺伝子繁栄推進局の局長。人類存続のための重要な実験に、トリスが欠かせないと考えている。
イブリン(ナオミ・ワッツ)
博学の時代に代わって、シカゴを支配する「無派閥」のリーダー。フォーの母親。
ジョアンナ(オクタビア・スペンサー)
「平和」のリーダー。イブリンと対立する。

ダイバージェントFINALのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ダイバージェントFINAL』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ダイバージェントFINALのあらすじ【起】

人類を区別していた派閥が崩壊したあと、事態はよくなるどころか悪化していた。かつての支配者であった高潔のメンバーは次々に裁判にかけられて処刑された。イブリンが率いる無派閥が、高潔に代わってシカゴを支配していたのだ。トリスはこの状況に絶望するが、過去からのメッセージ「ダイバージェントこそ、人類存続のカギ」という言葉を思い出す。街を囲む高い壁の向こうには何かがあると信じ、越える決意をする。

逃亡を企てたトリスたちは、無派閥の激しい攻撃をかわしていく。ついに、街を囲んでいた巨大な壁を乗り越えた。夢に見た外の世界だったが、そこは草も生えない荒れた大地だった。土は汚染され赤色に染まり、空からは血の雨が降り注いだ。

無派閥も壁を越えて追いかけてくる。襲われそうになった瞬間、目の前の風景に大きな穴があき、別の世界につながった。別世界を区切っていたのは偽装壁というものだった。偽装壁から戦隊が現れて追っ手を退治し、トリスたちは保護された。

ダイバージェントFINALのあらすじ【承】

トリスたちが案内されたのは、最先端技術を備えた未来都市だった。街は遺伝子繁栄推進局が統括していて、彼からシカゴの成り立ちを聞かされる。

人類はかつて遺伝子操作を繰り返した結果、人間性を失い、文明が崩壊してしまったのだという。推進局は遺伝子を純粋状態にする実験を行った。遺伝子操作をしていない人間だけを集め、シカゴという街を作ったのだという。それ以来200年間、彼らはずっとシカゴを観察していたという。

トリスは局長デイビッドのもとに案内された。トリスの母はシカゴ出身ではなく、推進局の周辺部にいたところを救われた損傷者で、シカゴへは自らの意思で行ったのだと。

推進局での新しい生活が始まり、フォーはパトロールの訓練を、ピーターとケイレブはシカゴの街の監視業務にあたった。監視カメラで覗いたシカゴの街は、ますます激しく対立していた。

局長デイビッドは、トリスの存在を重要視し、評議会に出席させるつもりでいた。

ダイバージェントFINALのあらすじ【転】

訓練を受けたフォーは、推進局のパトロールの実戦に駆り出された。テント村にいる子供を救出するためだと聞かされるが、実際は親を殺害し、子供を連れ去る仕事だった。さらに子供たちにガスを吸引させ、一切の記憶を消していた。新たに育て直すためだという。

子供を略奪している事実を知り、フォーはトリスとシカゴに戻ろうとする。トリスは断り、評議会に出ることを優先した。フォーはひとりシカゴに向かった。

シカゴでは、ジョアンナが率いる対抗軍が結集し、イブリンとの戦争が始まろうとしていた。

評議会でトリスは、人類を分類するのは間違いだと訴える。シカゴはデイビッドが管理していて、派閥を復活させるつもりだと聞かされる。派閥がある方が平和を保てるという考えに、トリスは反発する。

デイビッドはピーターに任務を依頼する。記憶を消去するガス装置をシカゴに持ち運び、街中に拡散せよというものだった。

ダイバージェントFINALの結末・ラスト(ネタバレ)

ピーターはイブリンのところへ行き、ガス装置を渡す。街の換気システムを利用して、イブリンに拡散をさせようとしていた。

デイビッドを信頼できなくなったトリスは、脱出するために、監視係のケイレブにフォーを捜索させた。監視カメラから覗いたシカゴの光景を見ると、フォーは監禁されていた。そしてデイビッドの真の目的は、シカゴの人の全記憶を消すというものだと見抜いた。トリスは推進局を離れ、飛行機を盗みシカゴに向かった。

シカゴでフォーと再会したトリスは、セラムの拡散を阻止すべく、イブリンを止めに走った。妨害を突破し、トリスが拡散システムを破壊した。その様子をデイビッドは監視システムで見ていたが、止めることはできなかった。

トリスは市民に真実を伝える。外の世界の人が作った派閥をやめて、今こそ団結しようと呼びかけた。シカゴは実験台ではない!と訴えるその様子を、デイビッドは監視カメラでずっと見ていた。

ダイバージェントFINALの感想・評価・レビュー

近未来の派閥システムを描いたシリーズの完結編。トリスは回を重ねるごとにたくましくなっていく。1・2では、博学vsその他の派閥という構図だったのに、FINALでひっくり返ってしまった。推進局という最大の敵が登場し、200年もシカゴを監視していたとは驚きだ。戦う相手が変わっても、トリスの行動は一貫している。派閥や差別をなくそうという強い意志が彼女を突き動かしていて、物語の中心を支えていると感じた。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 ダイバージェントNEO

この記事をシェアする