映画『ダブルチーム』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「ダブルチーム」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ダブルチームの概要:元CIA捜査官であった主人公は、宿敵であるテロリストが活動を再開したことで、自分も任務へ復帰することにする。だが、作戦中に奴の妻子を殺害してしまったことで、任務に失敗。宿敵は恨みを抱き、主人公の身重の妻を誘拐するのであった。

ダブルチームの作品情報

ダブルチーム

製作年:1997年
上映時間:93分
ジャンル:アクション
監督:ツイ・ハーク
キャスト:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、デニス・ロッドマン、ミッキー・ローク、ポール・フリーマン etc

ダブルチームの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ダブルチーム』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

ダブルチームの登場人物(キャスト)

ジャック・クイン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)
元CIA捜査官。優れた頭脳と鍛え上げられた肉体を持ち、あらゆる任務を成功させてきた実績を持っている。引退後は妻のキャサリンと南フランスで優雅に暮らしていた。テロリストのスタヴロスは宿敵。
ヤズ(デニス・ロッドマン)
アントワープの武器商人。派手好きで毎回、髪の色を変えるのが趣味。高身長で多少の荒事にも動じない。武器の扱いに長けており、地雷の解除もすることができる。
スタヴロス(ミッキー・ローク)
テロリスト。ジャックの宿敵であり、妻子を殺されたことでジャックの妻キャサリンと子供を攫い、人質にする。
キャサリン・クイン(ナターシャ・リンディンガー)
ジャックの妻で妊娠中。彫刻家で夫をとても愛している。スタヴロスによって捕らえられるも、好待遇されていた。

ダブルチームのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ダブルチーム』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ダブルチームのあらすじ【起】

CIAから引退して3年。身重の妻キャサリンと南フランスにて過ごしていたジャック・クインは、穏やかで幸せな生活を送っていた。
だがそんなある日、元同僚が彼の自宅へやって来て宿敵であるテロリスト、スタヴロスが再び動き出したことを知らされる。同僚はジャックに復帰を促し、去って行くのであった。

心配する妻を振り切って、集合場所のアントワープへやって来たジャック。彼はそこで武器商人のヤズという男を訪ね、大量の武器を入手。その後、CIAのデルタチームと合流し、作戦を決行するべくスタヴロスが現れるという遊園地へ向かった。

各員が配置につきスタヴロスを待ったが、様子がおかしいと気付いたジャック。情報通りにスタヴロスは現れたが、更に彼の妻と6歳の息子が姿を現す。ジャックは作戦の停止をしようとしたが、捜査員が狙撃されたため、たちまち遊園地では銃撃戦が開始される。そのせいで、スタヴロスの妻子は命を落としてしまい、ジャックは敵からの攻撃を避けつつ、逃走するスタヴロスを追うのだった。

あるビルへ逃げ込んだため、ジャックもまた中へ。警戒を緩めることなく、攻撃を躱し奴と対峙。激しい戦闘を繰り広げたが、託児所にいた赤ん坊を助けたジャック。手榴弾の爆発に巻き込まれ、意識を失ってしまうのだった。

ダブルチームのあらすじ【承】

意識を取り戻したジャックは任務に失敗したことで、世間ではすでに死亡したことにされていた。彼は神経ガスで脅され、やむを得ず契約を交わす。そこは、コロニーと呼ばれる場所で、任務に失敗した元諜報員や元宿敵などが集められていた。

コロニーは政府機関と密接しており、世界的テロを防ぐ最後の砦だと言う。そこではあらゆるテロリストの行動や犯行を分析し、政府機関への提言や事件の早期解決を目指しているのだった。

コロニーの住民には監視人がつくらしく、脱走した者は即座に捕らえられ始末されると言う。更にコロニー内では特殊な腕時計を装着するのを義務付けられている。その時計は装着者の位置情報と直接に指令が下されることもあるようだった。ジャックは綿密な脱走計画を練り、自らの肉体を鍛え上げることにする。

コロニーに来てから3か月が経過。あらゆる能力を駆使して工作を行い、更に肉体を鍛え上げたジャックは、全ての準備を整えその時を待った。物資が島の近くに降下し回収する間だけ、脱走防止で海に張り巡らされたレーザーが解除される。その時を狙って海へ飛び込んだジャックは、更に回収される荷物へとしがみつき、レーザーが再稼働する寸前にコロニーからの脱走を成功させた。

ダブルチームのあらすじ【転】

荷物から輸送機へ乗り込んだジャックはパイロットを脅し、アントワープのヤズの元へ。半ば無理矢理、武器庫へ入り込み武器を売ってもらおうとしたが、現金を持ち合わせていなかったため、拒絶されてしまう。そこで、CIAの口座を開くコードを教えることで、ヤズの了承を得る。

ヤズと共に自宅を目指したジャック。だが、自宅には罠が仕掛けられており、爆発に巻き込まれてしまう。どうやらスタヴロスの手下らしく、即座に銃撃戦へ突入。無事に難を逃れた。家の近くに停車していた車から情報を得たジャックは、ヤズと共に次の目的地であるローマを目指す。

ローマにてジャックに息子が産まれると知ったヤズは、彼に協力することを決意。情報によると、あるホテルにてスタヴロスがハロウィンパーティーを開くらしい。
同じ頃、スタヴロスはキャサリンを誘拐したものの身重であるため、丁重に扱っていた。だが、ジャックがパーティーの件を突き止めた際、キャサリンが産気づいてしまう。

市内の広場にて奴が現れるのを待ち構えていたジャックは、スタヴロスと再会。だが、その時を待っていたのか、CIAの追手までもが現れ広場はたちまち騒然となる。騒動に紛れて逃走し、スタヴロスが滞在するホテルへヤズと共にやって来たジャックだったが、そこには敵が待っているだけで、妻も宿敵もいないのだった。

キャサリンを病院へ搬送したスタヴロス。彼女はしきりにジャックの名前を呼んでいる。
同じ頃、ジャックはヤズの仲間がいるという教会へ。そこの地下には、大型の通信機器が設置されており、修道士たちが情報を集めていた。ホテルにて処方箋を入手したジャックは、それらから情報を得ようとしたが、向こうから誘うように情報が送られてくるのだった。

ダブルチームの結末・ラスト(ネタバレ)

教会の地下道を進み、キャサリンが出産を行っている島の病院へ。中へ侵入したが、ひっそりとしておりやけに静かである。あらゆる場所に潜んでいる見張りを次々に撃破し、処置室へ辿り着いたジャック。彼はそこで出産を終えたキャサリンとようやく再会を果たした。

だが、そこに産まれたばかりの息子の姿はなく。恐らく、人質としてスタヴロスが連れて行ったのだろう。居場所を特定したジャックは、奴の元へ。スタヴロスは闘技場で待ち構えており、ベンガルトラと勝負しろと言う。闘技場の床には地雷が仕込まれている。トラと対峙したジャックだったが、そこへバイクに乗ったヤズが現れ、早々に赤ん坊を救出。

その後、トラを逃がしたジャックは、闘技場へ戻りスタヴロスへと最後の勝負を挑んだ。力量は互いに互角と思われたが、ヤズの工作により地雷を踏んでしまうスタヴロス。そこへ、運悪くトラが現れ窮地に陥る。ジャックとヤズは赤ん坊を連れて逃走したが、スタヴロスは自らの破滅を察して地雷を発動させるのであった。

1つの地雷が爆発すると、他の地雷も誘爆する。ローマの闘技場は一瞬にして大爆発に巻き込まれる。ヤズが自販機を盾にしてくれたため、どうにか助かった。そうして、愛する一人息子と対面を果たしたジャック。ヤズは彼と赤ん坊を先に逃がし、最後まで残って事態の収拾を引き受けてくれるのであった。

ダブルチームの感想・評価・レビュー

主人公の相棒、武器商人役を元NBAバスケットボール選手のデニス・ロッドマンが演じたことで話題を呼んだ作品。主人公のジャン=クロード・ヴァン・ダムのアクションはもちろんのこと、デニス・ロッドマンもなかなか素晴らしいアクションをこなしている。

任務に失敗した主人公がコロニーに入る意味があったのかどうか。少々、腑に落ちない感じは否めない。アクションはやはり素晴らしく、若きヴァン・ダムの尋常ならざる動きが拝める。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする