映画『フォーガットン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「フォーガットン」のネタバレあらすじ結末と感想

フォーガットンの概要:航空機事故で息子を亡くした母親はある日突然、息子の記録が忽然と姿を消し、周囲の人々の記憶からも消えていることに気付く。自分がおかしいのか、周囲がおかしいのか。謎を解明するべく、同じ境遇で娘を亡くした父親と奔走。意外な顛末に驚く作品。

フォーガットンの作品情報

フォーガットン

製作年:2004年
上映時間:92分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:ジョセフ・ルーベン
キャスト:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ、アルフレ・ウッダード etc

フォーガットンの登場人物(キャスト)

テリー・パレッタ(ジュリアン・ムーア)
愛する息子サムを航空機事故で亡くした女性。愛情深いために死んだ息子を忘れられずにいる。自分の信念を貫き、息子の生存を信じて行動する。
アッシュ・コレル(ドミニク・ウェスト)
娘ローレンをテリーの息子と同じ航空機事故で亡くした男性。妻とは別れ1人で娘を育てていたが、ローレンを亡くした後は酒に溺れ自堕落な生活を送っている。
ジャック・マンス(ゲイリー・シニーズ)
テリーが通う精神科の医師。彼らの存在を知る数少ない人間。脅威を良く知っているため、抗うことをせず傍観に徹している。
ジム・パレッタ(アンソニー・エドワーズ)
テリーの夫。息子を失ったことで心を病んだ妻を見守ってきたが、逸早く彼らに記憶を消される。その後は妻であったテリーのことも忘れさせられてしまう。
アンナ・ポープ(アルフレ・ウッダード)
刑事。ジムにテリーの話を聞き、不審な点に気付く。テリーとアッシュの足取りを追い、彼らが話すことを信じるようになる。

フォーガットンのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『フォーガットン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

フォーガットンのあらすじ【起】

約1年前、愛する息子サムを航空機事故で亡くしたテリー・パレッタは、深い喪失に苛まれ精神科へ通っていた。彼女は息子との思い出ばかりを脳裏に浮かべては、悲しみに浸る日々を送っていたが、ある夜から自宅の写真が夫婦だけのものになり、アルバムやビデオテープさなど、サムの記録の一切が忽然と姿を消してしまう。更に夫ジムからはそもそも、息子などいなかったと言われ混乱に陥る。

ジムはテリーを連れてかかりつけの精神科医師ジャック・マンスの元を訪れるが、ジャック曰く、サムとの9年間はテリー自身が作り出した架空の存在だと言う。それが消えたのなら治療が効いて回復してきた証だと言うのだった。
そんな話を到底、信じられないテリー。彼女は図書館へ向かい、証拠となるはずの航空機事故の記事を探した。だが、その記事すらも見つからない。

次に彼女は、かつてのベビーシッターの元を訪れるが、相手もサムのことを知らないと言う。テリーは逃げるように同じ航空機事故で娘ローレンを亡くしたアッシュの元へ向かった。
しかし、アッシュも娘のことを覚えておらず、サムのことも知らないと言うのである。

フォーガットンのあらすじ【承】

アッシュはローレンを失ってから酒に溺れる日々を送っていた。彼はその夜も酒を飲み、テリーを置いて休んでしまう。テリーは彼の部屋を見回し、壁に傷痕を発見。その傷から壁紙を剥がし、ローレンが描いた落書きを見つけるのだった。
翌朝、アッシュにそれを見せ必死の説得を試みたテリー。だが、残念なことにアッシュの記憶は戻らず通報された挙句、警察に逮捕されてしまう。
アパートから連れ出されたテリーは、国家安全保障局を名乗る男達へと引き渡される。

テリーが部屋を去った後、再び壁紙が剥がされた部屋へ向かったアッシュ。彼はそこで、ようやく娘ローレンのことを思い出し、急いでテリーを引き止めに向かった。そして、アッシュは思い出したとテリーへ叫び、彼女を保障局の車から逃がしてくれるのであった。

人影が無くなった深夜、テリーは以前もアッシュと会ったことがある公園へ向かう。そこで合流した2人は、存在すらも人の記憶から全て消し去ることが、果たして国家や人間にできるものかと疑問に思う。それも、一夜にして全てが変わってしまうほどの大規模なものだ。普通に考えたら到底、できるはずもない。だとすると、これは人間以外の仕業である。

とにかく、移動しなければ追手に見つかってしまうため、2人は車に乗って移動を開始。しかし、安心したのも束の間、安全保障局の車が突っ込んで来て、2人を捕まえようとする。逃走の末、草むらに身を潜めることで、追手から逃れることに成功した。

徒歩で辿り着いたモーテルで、夜を明かしたアッシュとテリー。翌朝、テリーは思考を巡らせてあることに気付く。子供達が死んだのに、どうして親の記憶を消す必要があるのか。それは、子供達がまだ生きているからではないか。彼女はアッシュにそのことを話した。

フォーガットンのあらすじ【転】

新たに車を入手し、移動しようとした2人だったが、彼らの前に男が立ち塞がる。背後の退路も塞がれたアッシュは、決断を迫られ男を轢いて脱出することにした。

男の相貌に見覚えがあると感じたテリー。そこへ彼女の携帯に刑事のアン・ポープから着信が入る。実は夫のジムがテリーの捜索をアンに依頼。刑事はジムから話を聞き、心を病んで騒ぎを起こした女性に、なぜ国家安全保障局が関わってくるのかと不審に思うのだった。

夫ジムに会い、サムのことを思い出すよう呼びかけたらどうかとアッシュが言うため、ジムの元へ向かったテリー。だが、ジムは息子のことばかりではなく、テリーと結婚したことすら覚えていなかった。再び追手が迫って来たため、急いで逃げ出した2人。

一方、テリーから聞き込みを行い、2人が人を轢いた現場へ向かったアン。店員から話を聞くと、車に轢かれた男に出血や傷は見当たらず、何事もなかったように立ち上がったと言う。そこへ、安全保障局の男達が現れ捜査を止めろと刑事に忠告。だが、アンは気丈にも引き下がらず、捜査は続けると宣言しその場を去るのであった。

山奥の山荘に身を潜めたテリーとアッシュ。だが、アッシュは大切な愛娘を忘れていたことを悔やみ、飲酒をやめることができない。テリーはそんな彼を説得。彼女の言葉にアッシュは酒を断つことを決める。
同じ頃、仕事を終え帰宅しようとしていたアン刑事の前に、ジャックが姿を現す。彼は心を病んだテリーに逸早く対処するには、自分が必要だろうと刑事を説得し捜査に加えてもらうことになった。

深夜、物音に気付いたアッシュは捜査官の捕縛に成功する。テリーとアッシュは捜査官に詰め寄り、事の次第を聞き出した。今現在、どうやら地球上では大規模な実験が行われているらしい。子供を奪い記憶を操作するのは、その実験の一端だと言う。だが突如、コテージの天井を突き破り、何者かが捜査官だけを連れて行ってしまったため、それ以上のことは知り得なかった。これで、これまでのことが人間の仕業でないことが判明する。

フォーガットンの結末・ラスト(ネタバレ)

一夜明け、テリーとアッシュの足跡を追って、ほぼ全壊したコテージに辿り着いたアン刑事。そこには、割れずに残った窓ガラスにメッセージが残されていた。更に現場には保障局捜査官のIDが残されていたが、死体は見つかっていない。アン刑事は報告を聞いて、やはりどこかおかしいと感じるのであった。

車で逃走中、サムの記憶を振り返ったテリー。子供達が乗った飛行機の航空会社を思い出す。2人は早速、航空会社の事務所を訪れるも、中には会計士がたった1人だけいて倒産後の事務処理をしていた。テリーは会計士から会社社長の住所を上手く聞き出す。その後、住所の家へ向かったが、そこは大分前から空き家だった様子。

その日は空き家へ一泊。翌朝、テリーはまたも記憶を振り返り、車で轢いた男があの場にいたことを思い出す。同じ頃、家の写真から男の姿を発見したアッシュ。2人は追手の気配を感じ、急いで逃げることにした。だが、そこへジャックを伴ったアン刑事が到着。アッシュはテリーを先に逃がすことにして1人残った。しかし、そこへ例の男が登場。刑事は男を銃撃するも、なぜか攻撃が全く通じない。

アッシュは刑事の車に残っていたジャックを伴って、テリーとの待ち合わせである自分のアパートへ向かった。
同じ頃、車にて逃げようとしていたテリーだったが、タイヤが泥に嵌ってタイムロス。そこへ、アン刑事が現れテリーの言うことを信じると言う。だが、彼女は突如、吹っ飛ばされ驚異的な早さで空の彼方へと連れ去られた。

テリーは急いでアッシュのアパートへ。無事に彼と合流を果たすも、そこへ男が現れる。アッシュはテリーを逃がすために男と一緒に窓から飛び降りた。すると、アッシュも空の彼方へ連れ去られ、男はまたも姿を消してしまう。

茫然とするテリーだったが、待機していたジャックに促され車へと乗り込む。そうして、事の発端となった飛行場へ向かうことにした。
飛行場では例の男が待っていた。そこで、ジャックは実験の中止を頼むも、男は頑なに実験を続行させると言う。どうやらジャックは、彼らを知る数少ない人間らしい。テリーは息子の返還を必死に言い募るが、聞き入れてもらえなかった。

男は母と子の絆について実験していた。それは非常に強い繋がりであることを知っていたが、理解ができない。彼はまず、親と子の絆を断ち切ることにした。その実験は見事に成功するも、なぜかテリーだけ断ち切ることができない。男は実験の責任者として、テリーに息子の存在を忘れさせることに躍起となった。失敗すれば責任を取らされるからだ。

男は逃げるテリーを拘束し、息子が産まれる瞬間の記憶まで遡り記憶を消した。だが、テリーは妊娠期間中のことを思い出し、やはりサムの存在を思い出してしまう。そのせいで男は責任を取らされ、空の彼方へと連れ去られるのだった。

その後、急いで自宅へ戻ったテリー。近くの公園でサムの姿を無事に見つける。ローレンも無事だった。ということは、アッシュも無事に戻っているはずである。ブランコのところにいたアッシュに声をかけたテリー。彼は彼女のことを覚えていなかったが、テリーはアッシュとの関係を新たに始めるのであった。

この記事をシェアする