映画『ゴジラVSモスラ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ゴジラVSモスラ」のネタバレあらすじ結末と感想

ゴジラVSモスラの概要:大人気シリーズ『ゴジラ』の19作目にあたる今作。数あるゴジラ作品の中でも本作は圧倒的な人気を誇り、『シン・ゴジラ』に抜かれるまで、長年配収記録1位に輝き続けていた。

ゴジラVSモスラの作品情報

ゴジラVSモスラ

製作年:1992年
上映時間:107分
ジャンル:SF、アドベンチャー
監督:大河原孝夫
キャスト:別所哲也、小林聡美、村田雄浩、米澤史織 etc

ゴジラVSモスラの登場人物(キャスト)

藤戸拓也(別所哲也)
あらゆる遺跡をめぐるトレジャーハンター。その能力を買われ、とある島へ同行することになる。
手塚雅子(小林聡美)
藤戸の元妻。逮捕された藤戸を助ける代わりに、彼にある条件を提示する。
安藤健二(村田雄浩)
丸友観光に勤める人物。とある目的のために、藤戸らとともにインファント島に乗り込んだ。
コスモス(今村恵子&大沢さやか)
インファント島に暮らす原住民。テレパシーや瞬間移動といった特殊能力を身につけている。

ゴジラVSモスラのネタバレあらすじ

映画『ゴジラVSモスラ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ゴジラVSモスラのあらすじ【起】

ある時、なんと100メートルに近い巨大な隕石が地球へと向かっていた。そして、それは小笠原諸島の近くへと落下する。その隕石は、地球全土に多大な影響を及ぼした。インファント島という南の国では巨大な嵐が巻き起こり、さらに島の乱開発が加わり、大きな被害となった。そして、その最中、土の中からとあるものが発見される。それは、正体不明の謎の卵だった。また、この時にもう一つ恐ろしい出来事が起こっていたのだが、その時の人類は知る由もないのだった。

その隕石落下事件から、約1ヶ月半の時が過ぎた頃だった。藤戸拓也というトレジャーハンターは、タイの地下寺院に眠っている仏像を狙い、密かに行動を起こしていた。しかし、その地下寺院には様々な仕掛けが施されており、崩れてきた天井から藤戸は命辛々逃げ出した。なんとか九死に一生を得た藤戸だったが、寺院の出口では、藤戸を捕まえるべく多くの警官たちが待機していたのだった。そして、藤戸は窃盗と、遺跡を破壊した容疑でそのまま逮捕されてしまうのだった。

ゴジラVSモスラのあらすじ【承】

逮捕され、有罪の身となってしまった藤戸。そんな藤戸に、救いの手を差し伸べる者達がいた。藤戸の元妻、手塚雅子と、丸共観光という企業で働く安藤健二という人物だった。

しかし、彼らは藤戸を助ける代わりに、藤戸にある条件を提示してきた。それは、先日例の卵が発見された、インファント島へ彼らと共に向かうことだった。未開の地を開拓するには、トレジャーハンターである藤戸の力が必要だったのである。

断るわけにもいかず、藤戸は共にインファント島の地を踏むことになる。そして、藤戸達はインファント島を探索し始める。すると、なんとインファント島は、数万年前に書かれたと思われる壁画も存在する、とんでもない場所だったのだ。そして、彼らは旅の目的である卵を発見した。すると、島の原住民であるコスモスという人物が現れる。コスモスは、その卵について藤戸らに語り始めた。なんと、その正体不明の卵は、モスラと呼ばれる怪獣の卵だというのだ。

ゴジラVSモスラのあらすじ【転】

モスラの卵のことを知った丸友観光は、それを観光資源にしようと卵を持ち帰ろうと考える。一方、卵を日本へと運ぼうとしている最中、太平洋ではとある怪獣が目覚めていた。それは、バトル=モスラ、通称バトラと呼ばれる怪獣である。北極圏で長い眠りについていたバトラは、目覚めるとなんと日本に乗り込み、名古屋に襲撃をかけ去っていくのだった。

そして、攻撃を受けたのは名古屋だけではなかった。あの日、隕石が地球を震撼させた時、もう一体の怪獣が眠りから覚めていた。それは、度々人類を危機に陥れてきた、ゴジラである。そして、ゴジラは卵を乗せた船を狙う。ゴジラは、モスラの卵を破壊しようとしていたのだった。しかし、ゴジラに破壊される寸前で卵が孵化し、モスラの幼虫が誕生した。

ゴジラとモスラの戦いにバトラも加わり、三体は激しい闘争を繰り広げることとなる。その時、海底火山が爆発した。そのマグマに飲み込まれ、ゴジラとバトラは、海の底へと沈んでいくのだった。

ゴジラVSモスラのあらすじ【結】

生き残ったのはモスラだった。しかし、モスラはとあるものを狙っていた。コスモスである。そんなことを知る由もない丸共観光は、なんと、コスモスを社のイメージキャラクターにしよう、と無理矢理連れ帰っていたのだった。

幼虫だったモスラは、国会議事堂に繭を作り成虫へと進化した。しかし、そこにゴジラとモスラが復活を果たす。彼らはそれぞれパワーアップしてこの世に舞い戻ってきたのだ。今回の戦いでは、モスラとバトラが手を組んだ。モスラは本来地球の守護者であり、バトラは自然を守ろうとしている怪獣である。そんな彼らにとって、全てを破壊し尽くすゴジラの力は脅威だったのだ。二体がかりでも、ゴジラはなかなか倒れない。むしろ、バトラが戦いの最中致命傷を負ってしまう。しかし、バトラは諦めることなく、自らの命を賭して、ゴジラを海へと突き落としたのだった。

そして、戦いが終わった時、モスラとコスモスが地球を飛び立とうとしていた。なんと、21世紀に再び隕石が地球に衝突するというのだ。彼らは、その軌道を変えるべく地球をあとにするのだった。

この記事をシェアする