「ヒットマンズ・レクイエム」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ヒットマンズ・レクイエムの概要:殺し屋のレイとケンはロンドンで一仕事を終えた後、ベルギーのブルージュに行くよう指示される。ケンは観光を楽しみ、レイは落ち着かない日々を過ごしていた。そんなある日、ケンはレイを始末するよう、ボスから指示される。

ヒットマンズ・レクイエムの作品情報

ヒットマンズ・レクイエム

製作年:2008年
上映時間:107分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:マーティン・マクドナー
キャスト:コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、レイフ・ファインズ、クレマンス・ポエジー etc

ヒットマンズ・レクイエムの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ヒットマンズ・レクイエム』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ヒットマンズ・レクイエムの登場人物(キャスト)

レイ(コリン・ファレル)
新米の殺し屋。初めて行った殺しで、無関係の少年を死なせてしまう。そのことをずっと気にかけており、悔いている。
ケン(ブレンダン・グリーソン)
レイの相棒。熟年の殺し屋。レイの父親的存在。建築物や美術品など、芸術に詳しい。観光が好き。
ハリー(レイフ・ファインズ)
レイとケンのボス。子供は殺さないなど、自分が大切にしている美学がある。激昂しやすい。
クロエ・ヴィレット(クレマンス・ポエジー)
レイと出会い、恋に落ちる。映画関係者。元彼とタッグを組み、観光客を脅してお金を稼いでいる。

ヒットマンズ・レクイエムのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ヒットマンズ・レクイエム』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ヒットマンズ・レクイエムのあらすじ【起】

殺し屋のレイはケンと一仕事終えた後、ロンドンを出てベルギーのブルージュに行くよう指示を受ける。そこで、次の指示を待つことになった。ケンは観光を楽しみ、レイは早く帰りたいと落ち着かない時間を過ごした。

ケンはブルージュで仕事があるのではないかと考えた。しかし、はっきりしたことは、ボスのハリーの連絡がないと分からなかった。2人はホテルでハリーからの連絡を待つが、じっとしていることに耐えられなかったレイが根を上げる。2人は街へと出かけた。

街中で映画の撮影が行われていた。レイは撮影を見に行き、関係者のクロエと出会う。レイはクロエに興味を持つ。先にホテルへと戻ったケンは、ハリーからの伝言を受け取る。ハリーはホテルにいなかったことを怒っており、明日は部屋にいるよう伝言を残していた。

レイはクロエとデートをする約束をしていたため、ケンに電話番を任せることにした。ケンは承諾する代わり、観光に付き合わせた。ケンが向かった場所は、聖血礼拝堂だった。レイはずっと不機嫌で、落ち着かなさそうにしていた。ケンはレイを叱り、聖血礼拝堂のことを説明した。しかし、レイが興味を抱くことはなく、1人で外に出ていった。

ヒットマンズ・レクイエムのあらすじ【承】

レイはハリーからの指示で神父を殺害した。その時、子供も一緒に巻き添えで殺してしまう。レイはそのことを悔いていた。現在、レイはケンに連れられ、美術館を訪れていた。絵のことを詳しく知らないレイが唯一気に入ったのは、地球最後の日を描いた「最後の審判」だった。

レイはクロエとレストランで食事をした。クロエが席を立つと、近くにいた男性が「信じられない」と呟いた。クロエは煙草を吸っていたのだが、男性はその煙に嫌悪していたのだ。しかし、レイ達がいた場所は喫煙席だった。レイは腹を立て、男性を殴り飛ばした。男性の妻が瓶で攻撃してきたため、妻も殴りつけた。席に戻って来たクロエは騒動を見て驚く。しかし、レイに対して嫌悪感を抱いていない様子だった。

ケンはハリーからの連絡を受け、レイを始末するよう指示される。子供を殺したのが原因だった。レイをハリーに紹介したのはケンのため、落とし前をつけろと言われる。2人をブルージュに行くよう指示したのは、死ぬ前に良い思いをさせるためだった。

レイはクロエとベッドで良い雰囲気になるが、突然クロエの彼氏を名乗る男・エイリックが銃を持って現れる。レイは反撃し、空砲でエイリックの目を傷つけた。実は、クロエは元彼のエイリックと力を合わせ、観光客からお金を脅し取っていた。レイはショックを受けるが、クロエはレイからお金を脅し取る気はなかった。エイリックが勝手にやったことだと説明される。クロエはエイリックを病院まで連れて行くことにした。1人クロエの部屋に残されたレイは、麻薬と実弾を見つける。

ヒットマンズ・レクイエムのあらすじ【転】

ケンは迷いながらもハリーに逆らうことができなかったため、レイを殺すために銃を手に入れた。しかし、ホテルに戻ると、従業員からレイの様子がおかしかったと聞かされる。妊娠している従業員に全財産を渡したと言うのだ。ケンはレイの後を追い、公園に向かった。

ケンはベンチに座っていたレイを射殺しようとした。その時、レイは拳銃を取り出して自殺しようとした。ケンは思わず自殺を止めてしまう。レイは自分を射殺しようとしたケンに気づき、驚く。2人は場所を移して話をすることにした。ケンは自殺を止めるため、レイから銃を預かった。レイは子供を殺したことを悔い、死にたいと泣きじゃくった。ケンはレイを慰め、足を洗って他の命を救えと諭した。

レイはケンに見送られ、列車に乗り込んだ。ケンはハリーに電話をかけ、レイを逃がしたことを伝えた。そして、ホテルで待っているため、来るよう伝えた。ハリーは激怒した。一方、列車に乗っていたレイは、レストランで夫妻を殴った件で逮捕される。そして、ブルージュの町に戻されることになった。

ヒットマンズ・レクイエムの結末・ラスト(ネタバレ)

ハリーはブルージュの町に行き、武器商人の元で銃を手に入れる。そこで、エイリックと出会う。エイリックはレイにやられた話をハリーにした。ハリーはお前が間抜けだとエイリックのことを馬鹿にした。エイリックは腹を立てるが、武器商人にハリーへの攻撃を止められる。

ハリーは飲食店でケンと落ち合い、場所を移動した。その時、近くには保釈されたレイとクロエがいた。しかし、ハリー達は気づかなかった。ハリー達は鐘楼の中に入っていった。その姿をエイリックが見ていた。

ケンはレイを見逃すため、自分が死ぬ覚悟を決めていた。ハリーが銃を向けても、ケンは銃を取らなかった。ハリーは殺すことができず、ケンの脚を撃った。その時、エイリックが現れ、下のバーでレイの姿を見かけたと言いに来た。ケンはハリーを止めようとするが、首に拳銃の弾が当たってしまう。ハリーが去った後、ケンは瀕死の状態で体を動かし鐘楼から飛び降りた。

ケンは地面に叩きつけられるが、辛うじて生きていた。駆け寄ってきたレイにハリーが来たことを伝えた。レイはケンの死にショックを受ける。その時、ハリーが現れ、銃を撃ってきた。レイはその場を逃げ出し、ホテルに戻って自分の銃を手に入れた。部屋にはケンが書いた遺書があった。しかし、読む前にハリーが来てしまう。

レイ達は妊婦のホテルの従業員を巻き込まないようにするため、外に出た。レイは部屋から運河を渡っている小舟に飛び乗った。その時、拳銃を運河に落としてしまう。ハリーは離れた場所からレイを撃ち抜いた。

レイは瀕死の重傷を負いながらも逃げるが、さらに撃たれてしまう。その時、ハリーは少年を巻き添えに殺してしまう。しかし、その少年は映画の出演者で、背の低い成人男性だった。そのことを知らないハリーは子供を殺さないという自分の主義を破ったため、自殺した。その後、レイは救急隊員に運ばれた。

ヒットマンズ・レクイエムの感想・評価・レビュー

ブラックジョークが所々散りばめられており、正直ついて行けないところもあった。きっと外国人が見れば、もっと楽しめたのかもしれない。物語の最初は正直言ってつまらなかったのだが、後半から一気におもしろくなった。レイを大切に思うケンだったり、自分の主義を大切にしているハリーだったり、意外と人間臭いところがある登場人物達が魅力的だなと感じた。ケンが飛び降りたシーンは生々しくて痛々しかったのだが、そこまでしてレイを守りたいと思う心にグッときた。最後はケンとレイの2人が幸せになって欲しかったなと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする