映画『氷菓』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「氷菓」のネタバレあらすじ結末と感想

氷菓の概要:数多くの作品を世に送り出している人気小説家、米澤穂信の『古典部シリーズ』の一作目がとうとう実写映画化。原作にもかなり忠実であり、原作ファンでも楽しめる作品に仕上がっている。

氷菓の作品情報

氷菓

製作年:2017年
上映時間:114分
ジャンル:サスペンス
監督:安里麻里
キャスト:山崎賢人、広瀬アリス、小島藤子、岡山天音 etc

氷菓の登場人物(キャスト)

折木奉太郎(山崎賢人)
何事も『省エネ』をモットーにしている高校生。姉の命令で廃部寸前の古典部に入部することとなるが、それが『33年前の事件』に繋がることとなる。
千反田える(広瀬アリス)
古典部に入部してきた、好奇心旺盛な女子学生。とある目的のために古典部に入部した。その好奇心で奉太郎を振り回す。
福部里志(岡山天音)
奉太郎の中学時代からの友人。幅広い知識を持ち、自身をデータベースと称している。
伊原摩耶花(小島藤子)
漫画研究会と掛け持ちという形で、古典部に入部。昔から里志に恋心を抱き猛烈なアプローチをしているが、はぐらかされている。

氷菓のネタバレあらすじ

映画『氷菓』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

氷菓のあらすじ【起】

この春高校生になる折木奉太郎は、これまで何事にも7割の力で取り組む、『省エネ』スタイルを貫いてきた。そのスタンスはこの春からも変わる予定はなかったが、そんな奉太郎に対して、彼の姉がとある命令を下すのだった。

それは、彼女がかつて所属しており、現在部員不足で廃部の危機に陥っている『古典部』を救うこと。自分と歳が離れ、かつ自分と違い常にエネルギーに溢れている姉にどうしても頭が上がらない奉太郎は、入学後渋々古典部の部活へと向かうことになる。しかし、待てど暮らせど奉太郎以外の入部希望者は現れない。このままいけば部員不足で部として成立しない、と喜ぶ奉太郎。

しかし、そこに一人の女子生徒が「私、気になります!」と声をあげながら飛び込んできた。彼女の名前は千反田える。奉太郎と同じ新一年生であり、好奇心が旺盛で、奉太郎とは異なりエネルギーに満ちている女子生徒だった。そして、奉太郎は面倒くさいことになる前に、と省エネ精神で彼女の疑問を推理し、解決してしまうのだった。

氷菓のあらすじ【承】

えるはそんな奉太郎に感銘を受け、そして、なんと古典部に入部したいという。さらにそこに奉太郎の旧友であり情報通、自分をデータベースと名乗る福部里志、そんな里志にかねてより恋心を寄せている男勝りな伊原摩耶花も次々と古典部に入部する。そして、奉太郎の思惑とは裏腹に、古典部はなんと部として成立してしまうのだった。

えるの好奇心に振り回されながらも、奉太郎の学生生活は賑やかに過ぎていく。そして、あまり部活動らしい部活動をしてこなかった古典部は、10月に控えた学園祭、通称『カンヤ祭』に、例年通り部誌を発行することにするのだった。

しかし、その頃、えるが奉太郎にとある相談を持ちかける。実は、彼女はとある理由からこの古典部に入部していた。彼女の叔父である関谷純は長らく行方不明になっており、近々関谷の葬儀が開かれることになっていた。実は、えるには関谷とのとある思い出があった。彼女はかつて、古典部の部長であった彼から古典部に関する何かについて話を聞き、恐怖のあまり泣き出してしまったというのだ。

氷菓のあらすじ【転】

しかし、その肝心の内容を、えるは忘れてしまったのだという。彼女は叔父を見送る前に、その失われた真実を明らかにするため古典部に入部したのである。えるは奉太郎がこれまでに披露してきた推理力を見込んで、彼に一緒にその真実探しをして欲しいと頼んできたのだ。省エネ主義の奉太郎だったが、なぜか彼女の頼みを断り切れず、それを引き受けることになるのだった。

一方、部誌を作るためにバックナンバーに目を通していた古典部の面々は、とある不可解な文章を見つける。それは、第2号に記述されていた一文であった。そして、その文はなんと、関谷純に関するものだったのだ。それは、『関谷純』と『33年前の事件』について記されていたものの、肝心の事件の内容は分からなかった。

そこで、奉太郎だけでなく里志と摩耶花も加わり、33年前になにが起こったのかを調査し、それを今回の文集の特集とすることにしたのだった。彼らはそれぞれの視点から情報を収集し、えるの家へと集まった。そして、その集まった情報から、奉太郎が一つの推論を組み上げたのだった。

氷菓のあらすじ【結】

33年前、それは学生運動が最も盛んな時期だった。それは奉太郎達が通う高校も例外ではなく、学園祭を縮小しようとする学校側に対し、生徒達が強く反発したのである。しかし、その運動は想像以上よりも大きな事態を巻き起こしてしまい、学校はとある生徒を見せしめに処分することにした。それが、実際には学生運動とは関係のなかった関谷純である。そして、全校生徒の責任を一手に負わされた関谷は、学校を退学させられてしまったのである。

奉太郎は、その答え合せをとある人物に依頼する。それは、彼らの学校の司書、糸魚川先生だった。彼女こそが、例の一文を書いた張本人だったのである。奉太郎の推理は、概ね的中していた。退学前に、関谷は半ば無理やり古典部の部誌の名前を『氷菓』に決定していた。そして、奉太郎はその名前に込められた関谷の思いに気がつく。氷菓を英語にすると、「アイスクリーム」。「アイ・スクリーム」、「私は叫ぶ」。全校生徒の盾とされた関谷は、誰にも告げることのできなかった自分の思いを、文集のタイトルに込めたのである。

それを聞いたえるは、関谷との会話を思い出した。関谷は、えるに強くなるように伝えていた。力がなければ、彼女も自分と同じように生きたまま殺される。その言葉を恐れた当時のえるは、恐怖のあまり泣いてしまったのだった。えるの謎は解決し、部誌は無事に発行された。しかし、えるの好奇心はそれからも奉太郎を振り回すのだった。

この記事をシェアする