「インビジブル 暗殺の旋律を弾く女」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女の概要:ソフィアは盲目のピアニスト。ある日、同じアパートのベロニクが転落死をする。ソフィアは言い争う声を聞いていたが、警察には嘘をつく。彼女はある目的で、ベロニクの父ラディチに接近しようとしていたのだ。

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女の作品情報

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女

製作年:2018年
上映時間:101分
ジャンル:サスペンス
監督:アンソニー・バーン
キャスト:ナタリー・ドーマー、エド・スクライン、エミリー・ラタコウスキー、ジョエリー・リチャードソン etc

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女の登場人物(キャスト)

ソフィア(ナタリー・ドーマー)
5歳の時に失明したピアニスト。ボスニアの元軍人ラディチに近づくため、娘のベロニクと同じアパートに住んでいる。
ラディチ(ヤン・ベイヴート)
ボスニアの元軍人で、ヨーロッパの裏社会を仕切るカリスマ。今はイギリスに亡命中。
過去にボスニアで大量虐殺をした疑いがある。
マーク(エド・スクライン)
アレックスの弟。ベロニクが持ち出したUSBメモリを探すため、ソフィアを尾行する。
アレックス(ジョエリー・リチャードソン)
マークの姉。ラディチの警備責任者。機密情報が入ったUSBメモリを取り返すため、ソフィアを拉致する。
ベロニク(エミリー・ラタコウスキー)
ソフィアと同じアパートに住む女性。父はラディチ。ある日、アパートで謎の転落死を遂げる。
ミルズ刑事(ニール・マスケル)
ベロニクの怪死事件を担当する刑事。捜査を進めるうちにソフィアの行動を怪しみ、彼女の素性を調べ始める。

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女のあらすじ【起】

盲目のピアニスト・ソフィアは、楽団の練習を終えてアパートに帰宅した。エレベーターに乗ると、上階に住むベロニクが飛び込んできた。続いて男が追いかけてきたが、盲目の彼女には姿が見えなかった。

ソフィアが自分の部屋に入ると、上から言い争う声が聞こえた。その直後、ドスンという大きな音がした。ベロニクが転落し、即死だった。警察の実況見分が始まり、ソフィアにも聴取が及んだ。彼女は何も聞いていないと嘘をついた。

エレベーターでベロニクを追っていたのは、彼女の恋人、マークだった。彼は遺体安置所に潜入し、ベロニクの遺留品を物色。しかし、目当てのUSBメモリは見つからなかった。

警察の検視の結果、遺体には争った形跡がなく、自殺として処理しようとしていた。捜査担当のミルズ刑事は、彼女が直前に鼻を整形していたため、自殺とは考えていなかった。彼女の素性を調べると、父親は元ボスニア軍人で、現在イギリスに亡命しているラディチであると判明した。

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女のあらすじ【承】

ラディチの家でパーティーが開かれた。ソフィアはピアニストとして出席。ベロニクが生前、演奏を依頼していたのだ。ソフィアが追悼曲を弾き始めると、来客は静かに聞き入った。

ラディチはソフィアを自室へ招く。彼が席を離れた隙に、ソフィアは隠し持っていた毒をグラスに入れようとした。しかし、手を滑らせて失敗してしまう。その帰り道、彼女は暴漢に襲われた。彼女を尾行していたマークが現れて、彼女を救出した。

後日、ソフィアはある老人に呼び出された。彼は最近のソフィアの行動を心配し、身を引くように忠告する。話がヒートアップすると、2人はクロアチア語で言い合った。ソフィアは、絶対に復讐を諦めないと言うと、ベロニクから受け取っていたUSBメモリを老人に渡した。

帰り道、ソフィアはラディチの警備責任者アレックスに拉致される。USBメモリの在り処を吐かせるため拷問にかけられていると、再びマークが彼女を救出。彼は姉のアレックスと共にUSBメモリを探していたが、姉の強引なやり方を許せなかった。

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女のあらすじ【転】

ソフィアは病院に運ばれた。老人はUSBメモリを解読し、彼女に返した。その中にはラディチを陥れるための機密情報が入っていた。2人の様子をミルズ刑事は怪しげに見ていた。

彼女は病院を抜け出し、マークと密会する。彼女は思い出を語り始めた。父は姉にも盲目の不自由さを理解させるため、目隠しをしてピアノの練習をさせていた話をした。その夜、ソフィアとマークは男女の関係になった。

ソフィアはボスニア時代の話を続けた。隣人であったラディチが彼女の家を放火したこと。彼女だけが生き残ったこと。それを聞いたマークは、彼女がラディチを殺そうとしていることを感じ取った。そして、やつを殺しても何にもならないぞと忠告した。

ソフィアは美術館でアレックスと会った。ラディチと2人きりになる機会を用意しなければ、USBメモリの内容をばらすと脅した。

そして、ベロニクの葬儀当日。車の中で2人きりになる機会が用意された。彼女はナイフを握り締め、彼を刺そうと襲いかかった。

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女の結末・ラスト(ネタバレ)

その時ラディチは、彼女がボスニアの娘だと気づいた。ボスニア時代、彼はソフィアの母に乱暴をし、妊娠させた。後に盲目の女の子が誕生したことも知っていた。彼はその後、再び母を乱暴し、放火したことを認めた。

彼はソフィアに向かって、「俺を殺せ!」と威圧。彼女は怯えて刺せなかった。彼女は車から這い出る際、裏切り者はアレックスとベロニクだと暴露した。

ミルズ警部は、ソフィアの身元詐称を見抜いていた。老人は彼女の身元引受人だった。彼女は部屋に戻ると、カッと目を見開いた。実は盲目ではなかったのだ。

ラディチはアレックスを暗殺し、ベロニクのアパートへ向かった。待ち構えていたソフィアが、今度こそ殺そうと襲いかかる。そこにマークも現れて、彼を窓から突き落とした。「私が殺せたのに!」とソフィアは嘆いた。

マークは揉み合う際、致命傷を負っていた。必死で止血する彼女を見て、盲目ではないことに気づいた。ボスニアで生き残ったのは、盲目を装った姉だったのだ。彼女は彼に目隠しをして、その場を去った。その目はまっすぐ前を見据えていた。

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女の感想・評価・レビュー

ソフィア役のナタリー・ドーマーの演技が光る作品。目が見えないピアニストの役を、後姿から指先まで、繊細に演じている。前半は、ソフィアはたまたま事件に居合わせただけと見せかけて、後半は、実は彼女こそ事件を起こそうとしていたという展開が、意外性があって面白い。見えないはずの目が、見える目に変わる瞬間もゾクゾクして印象的。ナタリーが脚本と製作を担当しているということで、彼女の意気込みが隅々に感じられる作品だ。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする