「リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密の概要:姪の病を治すため、人魚の万能薬を売っているサーカスへとやって来た記者の叔父。姪と叔父はそのサーカスで本物の人魚と出会い、彼女が魔術師に囚われて利用されていることを知る。2人は魔術師から人魚を逃がそうと奮闘する。

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密の作品情報

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密

製作年:2018年
上映時間:85分
ジャンル:ファンタジー、ヒューマンドラマ、アドベンチャー
監督:ブレイク・ハリス
キャスト:ポピー・ドレイトン、ウィリアム・モーズリー、ジーナ・ガーション、ロレト・ペラルタ etc

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密の登場人物(キャスト)

エリザベス(ポピー・ドレイトン)
おとぎ話にも出てくる人魚姫。人間の王子に恋をして魔法使いと契約し、心を奪われてしまう。サーカスの見世物として囚われている。人魚が泳いだ水には魔法が宿り、万能薬として活用されていた。美しい姿と歌声を持つ。
カム(ウィリアム・モーズリー)
新聞記者でエルの叔父。姪の病を癒すべく、よい薬を探している。愛情深くエルを大切にしている。エリザベスと出会い、彼女に惹かれるようになる。人魚や不思議なことを信じなかったが、エリザベスが本物の人魚であることを知り、受け入れるようになる。
エル(シャーリー・マクレーン)
両親を失い、叔父のカムに引き取られた少女。原因不明の病を抱え激しい運動は控えている。天真爛漫で人魚や妖精を信じる純粋さを持つ。実は人魚の心を持った人間。
ロック(アルマンド・グティエレス)
サーカスを経営する魔術師。強大な力を持ち、契約によってエリザベスの心を奪い支配している。魔法を使う占い師や獣姿の男などに甘言を説き、サーカスで働かせていた。人魚の心を持つエルを狙うなど、エリザベスを利用して万能薬を売り、荒稼ぎしている。

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密のあらすじ【起】

遠い昔、海の底には王国があった。王と王妃には6人の王女がいて、海の上以外はどこへでも行くことができた。15歳になると地上へ1日だけ行くことが許される。そして、ついに末っ子が15歳を迎えた。だが、末っ子は人間の王子へと恋に落ちてしまい、魔法使いに頼み人間になりたいと願う。すると魔法使いは条件として人魚の心を差し出せと言う。末っ子は自分の心を差し出し、人間になった。だが、王子は人魚を愛してはくれず、末っ子は魔法使いによって永遠に心を奪われてしまうのだった。

両親を亡くし原因不明の病に侵されているエルは、人魚や不思議なものを信じる純粋な娘だった。新聞記者の叔父カムがエルを引き取って面倒を見ているが、病状はあまり良くない。カムは姪の病を治すため、よりよい薬を探し求めていた。
そんなある日、何にでも効く薬があるという広告を発見する。大勢の人々が効くと証言しているが、怪しいものだ。上司からの勧めもあり、カムは人魚の万能薬と呼ばれる薬の開発者、ロック博士を取材することにした。

しばらくの間、留守をすることになるため、エルも一緒に連れて行く。列車に乗ってミシシッピへ。小さな町に滞在することになったが、町の人々は魔法の水で病を治したと言う。
その日の夜は、町を訪れているサーカスへ行くことに。占い師のテントへ入ると、エルには海の魔法が使えると言われる。カムは大切な宝物をある男に奪われないよう注意しろと告げられた。
一番大きなテントにて見世物ショーを見る。2人はそこで本物だと言われる人魚の姿を目にする。大きな水槽に閉じ込められた人魚はとても美しく、エルへと興味を示すのであった。カムはまやかしだと信じなかったが、ひとしきり楽しんで帰宅。

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密のあらすじ【承】

翌日からカムは魔法の水を飲んで病を癒した人々に取材を開始。その後、サーカスの魔術師でもあるロック博士を訪ねた。ところが、ロックは魔法を信じないカムに何も話してはくれなかった。

帰宅後はエルと滞在先周辺を散歩。すると、近くの川からサーカスで見た人魚とそっくりの女性が現れる。エル曰く、どうやら彼女は人魚と同一人物らしい。女性は海が引き潮の時、人魚には足が現れるのだと言う。人魚エリザベスは人魚の心を持った女の子がいると話していたが、何かを感知し急に踵を返して帰ってしまう。

真実を探るべくサーカスへと侵入したカムは、ロックが特別な女の子を見つけたという話を盗み聞きし、美しい歌声を耳にする。彼は歌声の主を探し歩き、エリザベスの姿を発見。彼女の歌声と美しさに胸を打たれる。しかし、そこへロックが現れ、二度と勝手に入るなと釘を刺され追い出されてしまうのだった。

サーカスの誰もがロックに怯えている。カムは未だに人魚はいないと思い込んでいたが、サーカスで何か異様なことが起こっているのは確かだ。
その日の夜、観光ついでにフェリーへと乗り込んだカムとエル。エルが外で人魚探しをしている間、カムは個室で仕事をしていた。そこへ、なんとエリザベスが現れる。水は自分の体の一部だと言うエリザベス。彼女もエルを特別な子だと言う。そして、魔法は万物に宿っているものだが、ロックの魔法は別物だと話した。

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密のあらすじ【転】

エルとエリザベスと共にダンスを楽しんだカム。エリザベスと良い雰囲気になるも突然、彼女が帰らなければと慌てて海へ飛び込んでしまう。カムもまた海へと飛び込んで彼女を追った。小さな沼の畔でエリザベスが本物の人魚だと知ったカムは驚愕したが、真実を知りたいと言い募る。エリザベスはロックに自分の心を契約によって奪われているため、奴の手から逃れられないと言い、帰ってしまうのだった。

肩を落として帰宅したカムだったが、家政婦からエルがいなくなったと知らされる。ロックもエリザベスもエルが特別な子だと話していたため、姪を連れ去ったのは恐らくロックだろう。カムは急いでサーカスへと向かった。

人魚の心を持っているらしいエル。ロックはエルを手中に収めたら、エリザベスから全てを奪い彼女を捨てるつもりだ。
エルはロックから甘言を説かれるも、奴が悪者であることを知っており、言う通りにはならない。サーカスへとやって来たカムは占い師の協力により、エルを助け出すことに成功する。占い師の話によると、エリザベスは奪われた心を取り戻さなければ、近い内に死んでしまうらしい。

幸い、カムはエリザベスの心の隠し場所を知っていたため、そこから心を入手。占い師が時を止める魔法を使い、誰にも見つからずに内部を移動しエリザベスを救出した。占い師の魔法は優れたものだったが、長時間は難しい。カムは時間稼ぎのため、囚われていた象を逃がし、エリザベスを逃がす算段をつける。海へ向かう汽車の汽笛が聞こえたため、一行は汽車へと乗り込むことにした。一息ついたところで、エリザベスへと奪われていた心を返却。

その頃、占い師の魔法が解け時が動き出す。ロックはエリザベスと隠し場所に心がないことに気付き憤慨。急いで追手を差し向ける。奴は一行が乗り込んでいる汽車をも止めて捕縛へ向かった。カムたちは占い師の機転により汽車から逃れ、近くにあった車で逃走。

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密の結末・ラスト(ネタバレ)

ところが、こんな時にエルの発作が発生し、汽車へ戻ろうとカムが言い出す。だが、エルはエリザベスを救うため、発作を堪えると言う。仲間として同行していた獣姿の男が足止めに残り、カムたちは車で先を急いだ。

それから程なくして、エリザベスの足が人魚へと戻ってしまう。しかし、こんな時に限って車が故障。占い師が残ることにし、カムがエリザベスを抱えて海へと向かうことにする。しかし、じきに海へと到達するところで、ロックが立ちはだかる。カムは2人を守ろうとしたが、ロックの魔法は強力である。すぐに吹き飛ばされてしまう。

占い師が駆け付けくれたため、エリザベスは自分の心を使うよう促した。だが、心を使ってしまえば彼女の身も命も危ない。ロックから逃れるには、強大な力が必要だった。エルの力も相まってロックをも凌ぐ力が発動。奴を崖から突き落とすことに成功する。

一行はエリザベスを海へと浸し、心を彼女へと戻した。寸でのところで助かったエリザベスだったが、エルの発作が再び発生したため、彼女を海の中で癒すことにする。ほんの数分後、エルは元気な姿で現れる。カムとエルは惜しみつつ、エリザベスと別れるのだった。

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密の感想・評価・レビュー

おとぎ話の人魚姫をテーマに描かれたファンタジー。話によっては人魚姫がラストシーンで泡になって消え、ディズニーアニメでは王子と結婚するなど、ハッピーエンドに終わっている。だが、今作は同じ人魚姫でもその後と言うべきか、また違ったラストを迎える。

設定もさることながら、魔法が深く関わっているようだ。人魚には癒しの魔法があるらしく、泳いだ後の水が万能薬として使われ、絶大な効果を発揮するなど不思議が満載。結局、少女の病が何だったのか判明せず、治す方法も明らかになっていない。人魚の心を持っているからなのかも判然とせず、突っ込みどころも満載。ふわふわとしたおとぎ話のような映画。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする