映画『万引き家族』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

万引き家族の概要:柴田治は息子の祥太と万引きを行い、帰路に就いた。その途中にある団地の外廊下には、1人の少女が体を震わせながら立っていた。治は放っておくことができず、少女を家に連れて帰ることにした。そこから、少女と柴田家の奇妙な家族関係が始まった。

万引き家族の作品情報

万引き家族

製作年:2018年
上映時間:120分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:是枝裕和
キャスト:リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優 etc

万引き家族の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『万引き家族』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

万引き家族の登場人物(キャスト)

柴田治(リリー・フランキー)
日雇い労働者として働いているが、やる気はない。息子の祥太と共に万引きを行っている。
柴田信代(安藤サクラ)
クリーニング屋の工場で働いている。子供を産むことができない。口が悪いが、家族に対しては優しい。
柴田亜紀(松岡茉優)
治と信代と一緒に暮らしているが、2人と血の繋がりはない。初枝の夫の後妻の息子夫婦の娘。初枝のことを慕っている。「さやか」という名前でJK見学店で働いている。柴田家の中で唯一万引きを行っていない。
柴田祥太(城桧吏)
治と信代と一緒に暮らしているが、2人と血の繋がりはない。学校には行っていない。愛読書は絵本の『スイミー』。幼い頃、車に放置されていたところを治達が誘拐した。本当の両親のことを覚えていない。
柴田初枝(樹木希林)
治達と一緒に暮らしているが、血の繋がりはない。年金を受給しており、治達との生活費に充てている。万引きなどの犯罪を行っている。
ゆり(佐々木みゆ)
本名、北条じゅり。父親からは暴力を振るわれ、母親からは育児放棄されている。ひょんなことから柴田家で暮らすようになり、家族として打ち解けていく。

万引き家族のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『万引き家族』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

万引き家族のあらすじ【起】

柴田治は息子の祥太とスーパーに行き、万引きをさせて商品を手に入れた。そして、商店街のコロッケ屋さんでコロッケを購入し、帰路に就いた。家の近所にある団地の外廊下で、少女が震えながら立っていた。それは度々見る光景だった。治は放っておくことができず、少女を連れて帰った。

少女はゆりと名乗った。治の妻の信代は文句を言い、食事をさせたら帰すよう治に指示した。祖母の初枝は、ゆりの体に虐待の跡があることに気づく。治と信代はゆりのことを気にしながらも、通報される前に自宅に帰すことにした。家まで送っていくと、ゆりの家の中から男女の言い争う声が聞こえてきた。結局、信代達はゆりを自宅に帰すことができず、家に泊めた。

治はやる気がないながらも日雇い労働者として働き、信代はクリーニング屋の工場で働いていた。2人が働いている間、初枝はゆりの傷の手当てを行い、学校に通っていない祥太と一緒にいた。市の職員が家を訪ねて来た。実は、初枝は1人で住んでいることになっており、祥太達の姿を見られるわけにはいかなかった。祥太とゆりはこっそり家を出た。

柴田家の長女である亜紀は、ゆりを勝手に連れてきたのは誘拐に当たるのではないかと心配していた。だが、身代金を要求しているわけではないからと、信代は聞く耳を持たなかった。皆で夕飯を食べていると、工事現場で足を怪我した治が帰ってきた。1ヶ月ほど仕事ができない状態だった。治達は労災が下りることを期待した。だが、結局労災は下りなかった。

万引き家族のあらすじ【承】

亜紀は「さやか」という名前を使い、JK見学店で働いていた。常連客の中には、亜紀が「4番さん」と名付けた人物がいた。初枝は年金を家に入れている傍ら、パチンコ店で他の客のドル箱を盗んでいた。治は祥太だけではなく、ゆりにも万引きを手伝わせた。祥太は男だけの方が良いと思いゆりに手伝わせることに反対だったが、治は聞く耳を持たなかった。治は家にいやすくするため、ゆりにも協力させた方が良いと考えたのだ。祥太は治に説得され、ゆりが手伝うことに納得した。

ゆりの失踪事件がテレビで報道された。テレビを見て、ゆりの本名が「じゅり」だと知る。2か月経っても捜索願が出されていなかったことから、じゅりの両親は重要参考人として事情聴取を受ける予定だった。じゅりを殺害したのではないかという疑いを持たれているのだ。じゅり本人が柴田家にいることを選んだため、信代達はじゅりの髪を切って「りん」という偽名で呼ぶことにした。

信代と初枝はりんのために水着を選ぶが、りんは水着が欲しくないと首を横に振った。りんは暴力を振るわれることを恐れていた。信代は優しい声で暴力を振るわないことを教えた。その後、信代は水着を着たりんと一緒にお風呂に入った。信代の腕にはアイロンでついた火傷の跡があった。そして、りんの腕にも似たような火傷の跡があった。りんは信代の腕の火傷の跡を優しく摩った。

万引き家族のあらすじ【転】

祥太はりんと一緒に、よく万引きをする駄菓子屋を訪れた。りんが万引きを行うと、店主に呼び止められる。店主は祥太に駄菓子を渡し、妹にはさせるなと忠告した。一方、信代は同僚と一緒に上司に呼び出され、どちらか辞めてもらいたいと言われる。同僚は信代がじゅりと一緒にいるところを目撃しており、黙っている代わりに辞めて欲しいと頼んだ。信代は退社を受け入れた。

初枝は亡くなった夫の月命日に、後妻の息子夫婦(譲、葉子)の家を訪ねた。そこには「さやか」という娘がおり、姉の「亜紀」はオーストラリアに留学していることになっていた。両親は亜紀が初枝と一緒にいることを知らないのだ。初枝は素知らぬ顔で話を合わせた。譲は母が夫を奪ったことについて初枝に対して申し訳なく思っており、度々お金を渡していた。初枝は殊勝な態度を取りながらも、そのお金を当てにしていた。

亜紀は4番さんと店のトークルームに行き、顔を合わせた。その時、4番さんの手に傷があることに気づく。4番さんは自分を殴ったときに出来た傷だと教えた。亜紀も自分を殴ったことがあり、4番さんの辛い心情に共感した。亜紀は4番さんを抱き締めた。

万引き家族の結末・ラスト(ネタバレ)

柴田家は皆で海水浴に出かけ、楽しいひと時を過ごした。それからすぐ、初枝が家で亡くなった。治達は遺体を埋め、初枝の年金を受け取ることにした。祥太は治達と仲良くしながらも、彼らが行う犯罪行為に疑問を持ち始めていた。治が車上荒らしを行っても、祥太は手伝わなかった。

祥太がりんと駄菓子屋に行くと、「忌中」の紙が貼られていた。祥太はスーパーに移動すると、りんを店の前に残して万引きを行うことにした。だが、りんが祥太の言いつけを破り、店に入ってきて万引きをやろうとしてしまう。祥太はりんの行為を止めるため、物音を立てて商品を盗み店員の注意を引いた。祥太は店員の追跡から逃れるため高いところから飛び降り、足を骨折してしまう。

祥太の件で警察が介入してきたため、治達は祥太を見捨てて夜逃げしようとした。だが、警察に捕まってしまう。りんは保護され、全員事情聴取を受けることになった。治の本名は「えのきしょうた」、信代の本名は「たなべゆうこ」だった。2人はゆうこの前夫を刺殺して埋めていた。亜紀は治達の罪や初枝が両親からお金を受け取っていた事実を刑事から教えられ、ショックを受ける。信代は全ての罪を自分が被り、祥太は施設に行くことになった。そして、りんは本当の両親の元に戻った。

祥太は治と一緒に釣りを行い、刑務所にいる信代に会いに行った。祥太は捕まったことを謝罪すると、学校に通ってテストの成績が良いことを話した。信代達は祥太を責めることはなかった。信代は本当の両親を探し出せるようにするため、祥太が置き去りにされていた車の特徴と拾った場所を教えた。信代は祥太を手放すことを受け入れ入ていた。

祥太は治の家に泊まり、見捨てて逃げようとしたのか確認した。治はそれを認めて謝罪した。そして、「父」から「おじさん」に戻ることを伝えた。治もまた祥太を手放すことを受け入れたのだ。別れる間際、祥太はわざと捕まったことを治に打ち明けた。その後、りんは団地の外廊下で、1人で遊んでいた。

万引き家族の感想・評価・レビュー

何とも複雑な人間模様を描いた作品で、とても斬新な作品だった。柴田家に集まった人々は、傷を舐め合い寂しさを紛らわせているように感じた。両親から虐待をされている「りん」の存在があることで、血の繋がりについても考えさせられる物語だった。日本の社会で起きている貧困・虐待などの深い闇を感じ取れる作品である。登場人物達が明るいのだが、取り上げている内容が重いため視聴後はもの凄くしんどくなる作品だった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする