映画『ミッション 8ミニッツ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ミッション 8ミニッツ」のネタバレあらすじ結末と感想

ミッション 8ミニッツの概要:シカゴ行きの列車で爆破テロ事件が発生。政府の最新技術を活用しアメリカ大尉スティーブンスは、爆破が起きる8分間に何度もタイムスリップし事件の真相を追う。だが、そこには事件とは別の驚愕の真実が隠されていた。

ミッション 8ミニッツの作品情報

ミッション 8ミニッツ

製作年:2011年
上映時間:93分
ジャンル:SF、アクション、サスペンス
監督:ダンカン・ジョーンズ
キャスト:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト etc

ミッション 8ミニッツの登場人物(キャスト)

コルター・スティーブンス(ジェイク・ギレンホール)
列車の爆破テロ事件の首謀者を追うアメリカ大尉。政府の最新技術を活用し、爆破が起きる8分前に意識だけを乗客へ移し行動することが可能。
クリスティーナ・ウォーレン(ミシェル・モナハン)
スティーブンスの宿り主である男性と一緒に列車へ乗車していた女性。スティーブンスの行動に困惑しつつも彼に協力する。
コリーン・グッドウィン(ヴェラ・ファーミガ)
スティーブンスの意識を転送させる装置「ソースコード」のオペレーター。

ミッション 8ミニッツのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ミッション 8ミニッツ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ミッション 8ミニッツのあらすじ【起】

アメリカ陸軍で大尉を務めるコルター・スティーブンスは、アフガニスタンの任務で戦闘ヘリを操縦していたはずであった。だが、スティーブンスは目が覚めるとシカゴ行きの列車に乗っていた。周囲には身に覚えのない人達が座っているが、目の前に座っている女性クリスティーナ・ウォーレンはショーンという名前でスティーブンスのことを呼ぶ。

事態が飲み込めない中、列車内のトイレに行き鏡を見ると、鏡に映る自分の姿はスティーブンスではなく別人になっていたことに驚愕する。咄嗟に身につけているものから身分を確認すると身分証にはショーンという名前が書かれていた。

状況を全く呑み込めない中、トイレから出るとスティーブンスの異常な行動に気が付いたクリスティーナが駆け寄ってくる。だが、スティーブンスは依然として状況を理解できておらず、クリスティーナと言い争う。その最中、スティーブンスが列車で目が覚めてから8分に到達した瞬間、突如スティーブンスやクリスティーナが乗車していた列車が大爆発を起こす。列車の乗客は炎に包まれ全員死んでしまった。

ミッション 8ミニッツのあらすじ【承】

スティーブンスは死んだと思ったがなぜか生きていた。目を覚ますと列車ではなく閉鎖的な空間の中にある操縦席のような場所にいた。目の前にあるモニター画面からコリーン・グッドウィンという女性が話しかけてくる。列車の爆破についてスティーブンスは質問されるが、状況を飲み込むことができずにいた。

グッドウィンはスティーブンスへ「ソースコード」と呼ばれる装置を使用し、シカゴ行きの列車で朝7時48分に起きた爆破テロ事件を追う任務に当たっていたと説明をする。

その直後、「ソースコード」を開発したラトレッジ博士は、「ソースコード」は過去に起きた出来事をプログラムで保持し仮想現実を作ることを可能としていることをスティーブンスに言う。そのプログラムの中にいる人に8分間だけ意識を転送できる装置であり、スティーブンスは列車テロ事件で死んだショーンへ意識のみを転送し、テロを起こした首謀者を追う任務に就いていた。

慣れない間の転送は意識が混濁するがこのプログラムは何度も同じ8分間を体験することが可能なため、スティーブンスは再度過去に戻るようグッドウィンから指示を受ける。

ミッション 8ミニッツのあらすじ【転】

スティーブンスは、グッドウィン達の言う通り何度も同じ8分間を体験し、テロの首謀者を追う。同じ8分間を体験するが、スティーブンスは自分の行動によって周囲の状況が変わることに対し、「ソースコード」は単なる仮想現実を作るだけの装置なのか疑問を感じていった。

「ソースコード」への疑問を解決すべくテロ事件の首謀者を追いつつ、スティーブンスは現実の自分の状況についても並行し調べていった。その結果、スティーブンスは2か月前にアフガニスタンの任務中で操縦していたヘリが墜落し、植物状態であることを知る。

スティーブンスは真相をグッドウィンに聞く。スティーブンスとグッドウィン達が会話するときの操縦席やモニターは、「ソースコード」のプログラムによって植物状態のスティーブンスがイメージした形であることを知り、自分の身に起きたことが現実であることを受け止める。

スティーブンスはグッドウィンとラトレッジ博士に対し、テロの首謀者を見つけたら安楽死させてほしいと依頼しそれを承諾する。

ミッション 8ミニッツの結末・ラスト(ネタバレ)

スティーブンスは、列車に爆弾を設置した犯人を見つけ追い詰めるも犯人は車で逃走してしまった。だが、犯人が逃走で使用した車のナンバーを記憶しており、グッドウィンに伝え、現実世界で犯人を逮捕できた。

だが、安楽死するという約束をラトレッジ博士は守るつもりはなく、別の任務でスティーブンスを再度使用しようと画策する。

スティーブンスは、「ソースコード」が単なる仮想現実を生むものではなく、パラレルワールドを生む可能性を秘めていると考えていた。そこで、グッドウィンに列車の乗客を救うため最後に一度だけテロ事件の8分前の過去に戻すのと8分経過したら生命維持装置を切ってほしいと依頼する。

再度爆破テロが起きる8分前に戻ったスティーブンスは、爆破装置を解除した。そして、8分経過した瞬間、現実世界のグッドウィンは生命装置を切ったが、スティーブンス達列車の乗客は8分過ぎた後も生きており、パラレルワールドが生まれた。

スティーブンスはパラレルワールド内のグッドウィンへ一通の手紙を送り、「ソースコード」は秘めた可能性を持っていることを伝えるのであった。

この記事をシェアする