映画『燃えよドラゴン』あらすじとネタバレ感想。無料視聴できる動画配信は? | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『燃えよドラゴン』あらすじとネタバレ感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『燃えよドラゴン』の概要:1973年製作のブルース・リー主演の人気作品。この作品が一躍彼を世界的なヒーローにし、カンフー映画を知らしめるという偉業をなした作品である。

スポンサーリンク

映画『燃えよドラゴン』 作品情報

燃えよドラゴン

  • 製作年:1976年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:ロバート・クローズ
  • キャスト:ブルース・リー、ジョン・サクソン、ジム・ケリー、アーナ・カプリ etc

映画『燃えよドラゴン』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『燃えよドラゴン』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu×
Amazonビデオ
dTV
TELASA
TSUTAYA DISCAS
ビデオマーケット
Netflix×

※動画の配信情報は2021年12月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『燃えよドラゴン』 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

映画『燃えよドラゴン』 あらすじ(ストーリー解説)

映画『燃えよドラゴン』のあらすじを紹介します。

少林寺拳法の達人リー。
彼の妹は犯罪組織の一味であるオハラに自害させられた。
そのことを知ったリーは復讐のため、オハラの親分であるハンが開く武術トーナメントに参加することにした。
このトーナメントには様々な理由で追われているものが多くいる、また孤島で行われていることから犯罪の調査は入りにくかった。

いよいよトーナメントでオハラと対戦。
圧倒的な強さで倒してしまう。
その後リーは島を調べ、犯罪の匂いがあることに気がついた。
麻薬で廃人となった人々が閉じ込められていたのだ。
すぐさま国際情報局に無線で知らせるも、ハンにばれてしまう。
リーは戦うもハンに捉えられてしまった。

翌日、リーに解放された人間がハンに反発しはじめ戦うことに。
リーもハンを追い詰め、ついに絶命させる。

その後、無線で知った国際情報局が島を訪れ、この組織を壊滅させたのだった。

映画『燃えよドラゴン』 感想・評価・レビュー(ネタバレ)

映画『燃えよドラゴン』について、感想・レビュー・解説・考察です。※ネタバレ含む

カリスマ性の強さ

ぐうのねも出ないとはこのこと。
なんたるカリスマ性の強さだろうか。
ブルース・リーは間違いなくカンフー映画を世界にエンターテインメントとして広めた人物であり、アジア人の凄さを思い知らせた1人であるといっても過言では無い。
鍛え上げられた肉体は男らしいというよりもまさに美の世界であるし、あの耳に残る怪鳥音を叫ぶシーンは誰もが真似したものである。

またヌンチャク技を見事に披露し未だに語り草になっているスゴさ。
何をとってもどれも当時の人々に衝撃を与え、香港映画の深さを思い知らせた。
そして劇中で何度も目にする彼の目つきの鋭さは、ただ立っているだけなのに存在感があり惹きつける。

今までこんなに後世まで物まねをされたり、ずっとランキング上位で居続ける香港俳優がいただろうか。
現代にはジャッキー・チェンというすごいスーパーヒーローがいるが、それもブルース・リーの後である。
何もない所から香港映画を背負い、カンフー映画を広め、アジア人として誇りをもたせてくれたのはブルース・リーなのである。

わかりやすい勧善懲悪

日本の時代劇と一緒でカンフー映画は基本的には完全懲悪である。
そのため話はシンプルであることが多い。
しかしもしかしたらその発端は彼の映画なのかもしれない。
本作品はとにかくわかりやすく、アクション映画が苦手な人でも非常に見やすい。
血みどろのシーンが多いわけでもなく、かといってつまらない喧嘩が多いわけでもない。
妹の復讐のために敵陣の主催するトーナメントに出場するといういたってシンプルな作り。
これが世界にうけている秘密なのだろう。
ごちゃごちゃ文化の違う国の主観を描かれてもわからない。
しかしこれだけストレートなら誰が見ても楽しむことできるだろう。

映画『燃えよドラゴン』 まとめ

ブルース・リーの存在は現在の映画界においても非常に大きい。
彼はすごいことをしてしまった。
スケールが大きく、CGが進んでいくアメリカ映画が主流になっていった時代に中国文化を世界に広めてしまったのだから。
彼がいなければ後に続く人物は出にくかったかもしれないし、カンフー映画や香港映画自体の存在も危うい。

そういうことをとってもブルース・リーの映画界への貢献度は相当なものである。
惜しくも早くに亡くなったが、それが彼の存在を絶対的なものへとしてしまった。
彼を超える人はもういなくなってしまったのだ。
今後もブルース・リーの凄さを残して欲しいし、多くの人に見てもらいたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクション映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました