映画『レザボア・ドッグス』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「レザボア・ドッグス」のネタバレあらすじ結末と感想

レザボア・ドッグスの概要:警察のイヌ(裏切り者)が仲間に混じっていたせいで、ダイヤ強盗に失敗した男たちの壮絶なバトルを描く。クエンティン・タランティーノの脚本・監督デビュー作。秀悦な脚本と演出に加えてキャストの演技も素晴らしく、低予算ながらハイレベルな作品に仕上がっている。

レザボア・ドッグスの作品情報

レザボア・ドッグス

製作年:1991年
上映時間:100分
ジャンル:フィルムノワール、アクション
監督:クエンティン・タランティーノ
キャスト:ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、クリストファー・ペン etc

レザボア・ドッグスの登場人物(キャスト)

ホワイト(ハーヴェイ・カイテル)
本名ラリー。ベテランの強盗で、元締めのジョーとは長い付き合い。強盗のプロなので、無益な殺しを嫌う。昔気質の男で、義理人情に厚い。短気。
オレンジ(ティム・ロス)
本名フレディ。ロス市警のおとり捜査官。先輩刑事のアドバイスに従い、ジョーの集めた強盗一味に潜り込む。ホワイトと気が合う。
ブロンド(マイケル・マドセン)
本名ヴィック。金で雇われるプロの強盗と違い、ずっとジョーの仕事を手伝っている。4年間刑務所に服役し、最近出所したばかり。暴力的。
ピンク(スティーヴ・ブシェミ)
本名不明。ホワイトと同じく、金で雇われたプロ。コソ泥専門の小物で、細かいことにうるさい。悪知恵はよく働き、逃げ足も速い。
ジョー(ローレンス・ティアニー)
犯罪組織の元締めで、ホワイトのようなプロの強盗に仕事を依頼して、宝石店などを襲わせる。警察もマークしているが、用心深いので、なかなか尻尾がつかめない。
エディ(クリス・ペン)
ジョーの息子。父親の仕事を手伝っている。ブロンドとは親友。よく喋る。
ブラウン(クエンティン・タランティーノ)
本名不明。あまり仕事ができそうには見えないが、一応ジョーに雇われたプロ。マドンナの歌詞の解釈にこだわりがある。
ブルー(エディ・バンカー)
本名不明。髭面の一癖ありそうな親父。詳しいことはよくわからないが、年齢から見て、かなりベテランの強盗らしい。

レザボア・ドッグスのネタバレあらすじ

映画『レザボア・ドッグス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

レザボア・ドッグスのあらすじ【起】

さびれたレストランで、8人の男が朝食を食べている。6人の男は黒のスーツにネクタイ姿で、残りの2人はラフな服装だ。ある男は、「マドンナのライク・ア・ヴァージンは巨根の男とやる歌だ」と熱弁している。彼らは終始くだらない会話をしているが、それほど親しそうには見えない。ジョーと呼ばれる年長者の男が朝食代を払い、他のメンバーは1ドルずつチップを出す。しかし、ピンクと呼ばれる理屈っぽい男だけ、最後までチップを出し渋っていた。8人の男は店を出て、颯爽と歩き始める。

場面は一変し、走行中の車内へ。腹を撃たれて血まみれになっている男が、後部座席で泣き言を言い続けている。負傷した男が「ラリー」と呼んでいる運転席の男は、彼を励ましながら、集合場所の倉庫へ急いでいた。

倉庫に到着すると、負傷した男は「病院へ連れて行って欲しい」と言い出す。彼は「逮捕されても何も喋らない、道端に放置してくれたら、あとは自分で何とかする」と頼む。しかし彼らには、病院へ行けない事情があった。

そこへピンクがやってくる。ピンクは、「誰かが警察のイヌ(裏切り者)だ!」と怒っていた。彼らはプロの強盗で、ダイヤの問屋を襲ってきたばかりなのだ。しかし、犯行を始めて1分で警察がやってきて、バラバラに逃げてきた。ブラウンと呼ばれる仲間は、逃走中に頭を撃ち抜かれて死亡した。ピンクは、運転席の男を「ホワイト」と呼ぶ。彼らは、色にちなんだニックネームで、お互いのことを呼び合っていた。

ホワイトは、ブロンドのせいで計画がめちゃくちゃになったと怒っていた。ブロンドは、警報を鳴らした店員を撃ち殺して銃を乱射し、その直後に警察が来た。ホワイトはブロンドのことを「あいつはプロの強盗じゃない、ただの殺人狂だ」と罵る。そして、ブロンドのような奴を仲間に入れたジョーに対しても腹を立てていた。

強盗の実行犯は6人で、ホワイトとピンク以外に、瀕死のオレンジ、死亡したブラウン、そして銃を乱射したブロンドと、ブルーという男がいた。現時点で、ブロンドとブルーの生死は不明だ。ジョーと呼ばれる男は、6人に仕事を依頼した犯罪組織の元締めで、もうひとりの若い男は、ジョーの息子のエディだった。これが、レストランにいた8人の男たちの正体である。

レザボア・ドッグスのあらすじ【承】

ピンクは、警察に追われながらも、現場からダイヤの入ったカバンを持ち出していた。いち早く裏切り者の存在に気づいたピンクは、集合場所にも罠が仕掛けてあるかもしれないと考え、カバンを安全な場所に隠していた。ホワイトはそれを聞いて少し落ち着く。

ホワイトはベテランの強盗で、ジョーとも古い付き合いだった。ジョーもホワイトの腕を信用しており、今回も最初に声をかけていた。ホワイトは、なんとかジョーに連絡を取り、病院へ行かずにオレンジの手当をしなければと考える。ホワイトは、オレンジがすぐ死ぬと思って本名と出身地を明かしてしまったため、どうしても彼を警察へ渡すわけにはいかなかった。それを聞いたピンクは、ホワイトの不注意を罵り、2人は喧嘩を始める。

2人が銃を突きつけ合っているところに、ブロンドがやってくる。ピンクは、裏切り者がいるからここも危険だと説明する。しかしブロンドは、ここを動くべきではないと言い張る。銃の乱射を批難するホワイトをブロンドが煽り、2人は一触触発の空気となる。ピンクが仲裁に入ったのでその場は収まるが、ホワイトは相当腹を立てていた。しかし、ブロンドが持ち帰った土産を見て、ホワイトも機嫌を直す。ブロンドは、警官を拉致して、車のトランクに詰め込んでいた。

ブロンドはエディから「そこを動くな」と指示を出されていた。そもそもブロンドは、ジョーの身内の人間だった。つい最近、4年の刑期を終えて出所した時も最初にジョーを訪ね、何度も差し入れをしてくれたことへの礼を述べている。ブロンドはエディとも親友で、その信頼関係は厚い。まだ保護観察中にも関わらず、今回の仕事も自ら望んで参加していた。

ブロンドから連絡を受けたエディは、倉庫へ急いでいた。倉庫内では、ホワイトとピンクが警官を殴り、裏切り者の名前を吐くよう迫っていた。倉庫へ到着したエディは、ホワイトとピンクが逃走用に強奪した2台の車を処分し、ダイヤの隠し場所へ向かうことにする。エディがホワイトとピンクを連れて出て行ったので、倉庫内にはブロンドと瀕死のオレンジと人質の警官が残される。オレンジは意識を失い、ピクリとも動かなかった。

レザボア・ドッグスのあらすじ【転】

3人が出て行くと、ブロンドは不気味な笑みを浮かべ、警官の拷問を開始する。ブロンドは警官の口を粘着テープでふさぎ、音楽に合わせて踊りながら、警官の耳を削ぎ落とす。その後、粘着テープをはがし、今度は彼にガソリンをぶっかける。警官は、「本当に俺は何も知らない、焼かないでくれ」と訴えるが、ブロンドはライターに火をつける。その時、突然オレンジが起き上がり、銃でブロンドを撃ち殺してしまう。

ブロンドが死んだのを確認し、オレンジは警官に自分が刑事であることを打ち明ける。警官は最初から、オレンジがフレディというロス市警のおとり捜査官であることに気づいていた。

オレンジは、先輩刑事が紹介してくれた男を通じて、ジョーのチームに潜り込んでいた。オレンジはまずホワイトを信用させ、エディとの接触にも成功する。ジョーとも会えそうだという話を聞き、先輩刑事はオレンジに、クスリの売人の小話を暗記させる。オレンジはその小話を暗記し、自然に話せるようになるまで練習を繰り返す。そしてジョーとの顔合わせの席で、いかにも自分が経験したことのように、大量のマリファナを持ってトイレへ入り、そこで4人の警官と警察犬に遭遇した時の話をする。ジョーはその話を聞いてオレンジを信用し、仲間に加えたのだった。

ジョーは、今回の仕事を依頼した6人の男を集め、オレンジ、ホワイト、ブルー、ピンク、ブロンド、ブラウンというニックネームをつける。ジョーは、本名で呼び合うこともプライベートな話をすることも一切禁止し、仕事の段取りを説明する。ピンクは、自分のニックネームに不満を言うが、ジョーは余計な揉め事を避けるため、例外は認めない。

そして今日、6人はそれぞれの配置場所につき、犯行を開始した。しかし警察に踏み込まれ、オレンジとホワイトは、車で待機していたブラウンと逃走する。焦ったブラウンは事故を起こし、車が動かなくなる。ホワイトは追ってきたパトカーを待ち伏せて、警官を射殺する。車に戻るとブラウンが頭を撃ち抜かれて死んでおり、ホワイトはオレンジを連れて徒歩で逃げる。途中で女性の運転する車を奪おうとするが、その女性が護身用の銃でオレンジに発砲し、オレンジは腹を撃たれる。女性はオレンジが撃ち殺す。ホワイトは、負傷したオレンジを後部座席に乗せ、集合場所へやってきたのだった。

レザボア・ドッグスのあらすじ【結】

倉庫へ戻ってきたエディは、ブロンドが射殺されているのを見て、オレンジに事情を聞く。オレンジは、裏切り者はブロンドで、彼は警官の耳を切って焼き殺そうとしたのだと語る。エディは失笑し、警官を撃ち殺す。ブロンドが宝石を独り占めするつもりだったと聞き、エディは、その話には無理があると指摘する。ブロンドは、ジョーをかばって4年も刑務所に服役した。そのブロンドが釈放直後、自分たちを裏切ることなど考えられない。しかしホワイトはオレンジの言い分を信用し、彼をかばう。

そこへジョーがやってきて、「そいつはロス市警の刑事だ」とオレンジを指差す。ブルーも警察に射殺され、ジョーは激怒していた。オレンジは必死で弁解するが、ジョーは長年培った嗅覚で、彼が裏切り者だと確信していた。そしてオレンジに銃口を向ける。するとホワイトがジョーに銃口を向け、オレンジを守ろうとする。エディはホワイトに銃口を向け、銃を下ろすよう命じる。3人の男が銃を向けあう状態となり、危険を感じたピンクは物陰に隠れる。

その時、ジョーが発砲し、ほぼ同時にホワイトとエディも発砲する。ジョーはオレンジを、ホワイトはジョーとエディを、そしてエディはホワイトを撃っていた。ジョーとエディは即死状態でその場に倒れ、ホワイトは撃たれながらもオレンジを介抱しにいく。ピンクはダイヤの入ったカバンを持ち、その場から逃げ出す。

それを見て、倉庫の外に待機していた警察が動き出す。警察は、元締めのジョーが姿を現すまで待機する段取りになっており、突入の機会をうかがっていた。オレンジは最後の力を振り絞り、「俺は刑事だ、すまない」と、自分を信じ続けてくれたホワイトに詫びる。ホワイトは愕然としてうめき声をあげ、オレンジの顔に銃口を当てる。そして、警察が突入してきたのを見て引き金を引く。ほぼ同時に、ホワイトも射殺される。

この記事をシェアする