映画『REVENGE リベンジ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「REVENGE リベンジ」のネタバレあらすじ結末と感想

REVENGE リベンジの概要:愛人と砂漠の別荘にやってきたジェニファーは、そこで愛人の友人から強姦されてしまう。ことを荒立てたくない愛人だったがジェニファーの態度が気に入らなかったことから、彼女は崖から突き落とされてしまった。

REVENGE リベンジの作品情報

REVENGE リベンジ

製作年:2017年
上映時間:108分
ジャンル:アクション
監督:コラリー・ファルジャ
キャスト:マチルダ・ルッツ、ケヴィン・ヤンセンス、ヴァンサン・コロンブ、ギヨーム・ブシェード etc

REVENGE リベンジを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『REVENGE リベンジ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

REVENGE リベンジの登場人物(キャスト)

ジェニファー(マチルダ・ルッツ)
リチャードと共に荒野の別荘を訪れた愛人。スタンに強姦されたことで状況が変わり、リチャードから崖に突き落とされる。
リチャード(ケビン・ジャンセン)
若き富豪。妻と子供がいるが、愛人のジェニファーと密会している。
スタン(ヴィンセント・コロンブ)
リチャードの狩り仲間。ジェニファーに好意を持ち、欲望を抑えきれずに強姦する。
ディミトリ(ギヨーム・ブシェド)
リチャードの狩り仲間で甘いものが大好き。

REVENGE リベンジのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『REVENGE リベンジ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

REVENGE リベンジのあらすじ【起】

金持ちのリチャードは愛人のジェニファーを連れて荒野の中に建つ別荘へとやってきた。目的は数日後に開かれる狩りの大会に出場することだったが、それまでジェニファーと過ごそうと思っていたのだ。

だが、狩り仲間のスタンとディミトリが一日早く到着してしまう。その夜は四人で楽しく食事をしたが、魅力的なジェニファーが誘惑するような踊りを披露したことで、スタンはすっかり彼女に夢中になってしまった。

翌朝、ジェニファーが目覚めるとリチャードの姿が無かった。スタンの話では狩りの許可証を取りに行ったという。居心地が悪くなったジェニファーは帰るための身支度を始めるが、欲情したスタンは彼女を強姦。ディミトリも見て見ぬふりをする。

戻ってきたリチャードはスタンのしたことに怒るが、ことを荒立てたくもなかった。彼はジェニファーの口座に金を送金し、カナダに行けと指示する。怒ったジェニファーは、家に帰りたいのでヘリを呼べと叫び、要求が呑まれないならリチャードの妻と子供に自分との関係をばらすと脅迫した。

その言葉はリチャードの逆鱗に触れ、ジェニファーは彼に暴力を振るわれる。恐ろしくなったジェニファーはその場を逃げ出すが、周りは荒野。すぐさま崖にぶち当たり逃げ場を失ってしまった。リチャードはジェニファーを崖から突き落とし、別荘に残った彼女の痕跡を消しに戻って行った。

崖から突き落とされてもジェニファーは一命を取り留めていた。尖った木の幹が腹部を貫通していたが、古い大木の上に落ちたことが幸いしたのだ。

REVENGE リベンジのあらすじ【承】

再び崖の下を覗きにやってきたリチャードたちは、ジェニファーの姿が無くなっていることに気がついた。彼らは車とバイクを走らせ、ジェニファーを探し始めた。木の破片を腹部に刺したまま、ジェニファーは血を流しながら砂漠を逃げ走った。

ジェニファーの血を追って川に辿り着いた三人。スタンをその場に残し、リチャードとディミトリは二手に別れて探索に出た。川の中を逃げていたジェニファーは車の灯りに気がついて近づいた。それはディミトリのバギーの灯りで、彼女は隙を突いて銃を奪ったが弾が入っておらず返り討ちにあってしまう。

川に顔を押し付けて溺死させようとするディミトリからナイフを奪ったジェニファーは、それで彼の目を刺して殺した。ディミトリの装備を手にバギーを走らせ、更に遠くまで逃げたジェニファー。やがてバギーは動かなくなり、徒歩で洞窟へと辿り着く。

腹部に刺さる木の破片をなんとかしなくては長くは持たない。ジェニファーがそう考えていた時、以前、リチャードから強力な幻覚をもたらすドラッグを渡されたことを思い出した。彼女はそれを食べて幻覚の中に落ちると、ナイフで傷を開き、木片を取り除いた。熱したナイフで火傷による止血も行った。

REVENGE リベンジのあらすじ【転】

翌朝、川からディミトリの死体が浮かんでいるのを発見したリチャードとスタンは、一刻も早くジェニファーを探し出して殺そうと躍起になり始めた。

リチャードは二手に別れて山の中を探そうと提案する。スタンは別々に行動するのは危険だと言ったが、リチャードは言うことを聞かない。ジープに乗り込んで探しに出たスタンの姿を発見したジェニファーは静かに後をつけていった。

山道でガス欠になり、給油しているところを狙ってスタンに照準を合わせたジェニファーだったが、彼の命を奪うことはできなかった。だが、右肩に重傷を負わせることには成功する。逃げていくスタンを追いかけていったが、逆に背後を取られてジェニファーは耳を吹き飛ばされてしまった。追いかけてくるスタンを撒こうとライトを割ってガラス片をまき散らすと、案の定、スタンはそれを踏みつけて足をざっくりと切ってしまった。

ジープに戻ったスタンは、車で轢き殺そうとジェニファーに向かって突進していった。ジェニファーは真正面からスタンを狙い、弾丸はフロントガラスを突き破ってスタンの頭部に命中し彼の命を奪った。

REVENGE リベンジの結末・ラスト(ネタバレ)

スタンと連絡が取れなくなったリチャードは、仕方なく別荘へと戻ってきた。彼は30分後に迎えのヘリを寄こすように連絡を入れると、体の汚れを洗い流そうとシャワーへ。その時、物音が聞こえたため、リチャードは大急ぎで銃を手に別荘をくまなく調べ回った。調べ尽くした結果、誰もいないことを確認し安心したのだが、その途端、目の前にジェニファーが現れる。

二人は向かい合って銃を撃ち合い、リチャードは腹部に重傷を負わされる。二人は血を流しながら、銃を手にして別荘をグルグルと追いかけあった。そうこうしているうちに、床を埋め尽くした大量の血液で足を取られたジェニファーが転倒してしまう。その隙を突いてリチャードは彼女を追い詰めた。

リチャードは、反抗せずに俺の言うことを聞いておけばよかったのだ、と言いながら殺そうとしたが、ジェニファーに腹部の傷をえぐられて油断する。すかさず銃を拾いあげたジェニファーは、ためらいなくリチャードを撃ち殺した。

血だらけになった別荘にはジェニファーだけが生き残り、彼女の復讐は見事に達成された。頭上にはリチャードが呼んだ迎えのヘリが近づきつつあった。

REVENGE リベンジの感想・評価・レビュー

トロント映画祭では気絶者が続出したらしいが、そこまで過激な描写はない。間抜けな三人の男を相手に、頭の悪そうな女が銃を手に復讐するだけの単純なストーリーだが、70~80年代に量産された低予算B級作品だと思って観れば、そこそこ暇つぶしにはなる。こういったタイプの作品は、どれだけ傷が痛そうに演技をするのかが重要だが、スタン役のヴィンセント・コロンブが硝子の破片で足を切るシーンはとても良かった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする