映画『ラム・ダイアリー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ラム・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末と感想

ラム・ダイアリーの概要:1960年、フリーの新聞記者がプエルトリコへ渡り、ラム酒漬けになりながらもジャーナリスト魂を燃やす。誰もが尊敬する伝説のジャーナリスト、故ハンター・S・トンプソンの自伝小説を映画化。彼の友人でもあるジョニー・デップが製作・主演を務めている。

ラム・ダイアリーの作品情報

ラム・ダイアリー

製作年:2011年
上映時間:120分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:ブルース・ロビンソン
キャスト:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ、アンバー・ハード etc

ラム・ダイアリーの登場人物(キャスト)

ポール・ケンプ(ジョニー・デップ)
ニューヨークからやって来た新聞記者。断酒をしたいと思いながらも、酒が止められない。記者としての才能と情熱を秘めている。シュノーに一目惚れしてしまう。
シュノー(アンバー・ハード)
サンダーソンの婚約者。金髪の白人女性で美人。知的な会話と自由奔放さのバランスが取れている人物。サンダーソンの婚約者だったが、ポールと出会い彼に惹かれるようになる。
ハル・サンダーソン(アーロン・エッカート)
昔はスター社の編集部にいたが、現在は自称PRコンサルタント。主に土地を米国人に売買している有力者。人脈を駆使してポールを潰そうと画策する。
ボブ・サーラ(マイケル・リスポリ)
スター社のカメラマンでポールとコンビを組む。気の良い人物で恰幅がいい。長年、プエルトリコにて生活しポールに過ごし方を教え、住居などを紹介してくれる。
ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)
スター社の編集長でポールの上司。若い頃は事件を追って記事を書くことに情熱を傾けていたが、現在はそれも乏しくポールのやる気をアメリカン・ドリームだと言う。
モバーグ(ジョヴァンニ・リビシ)
スター社の記者で、専門は宗教や信仰など。現在はラム酒にぞっこんで、記者としての仕事をせずに飲んでばかりいる。ロッターマンを殺したいほどに憎んでいる。

ラム・ダイアリーのネタバレあらすじ

映画『ラム・ダイアリー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ラム・ダイアリーのあらすじ【起】

1960年、南米プエルトリコ。ニューヨークから来たポール・ケンプは、編集長のロッターマンと面接して見事に採用。スター社へ新聞記者として就職した。
その夜、カメラマンのボブと夕食を共にしたポール。就職したスター社が実は今にも潰れそうな会社であることを知る。更に夜にしか現れない同僚モバーグや、過去に編集部へ勤めていた謎の人物ハル・サンダーソンの話も聞いた。

その日はホテルへ帰宅。プールでひと泳ぎしようと思ったのに、どっかの大会社がパーティをしている。仕方ないので海へ足漕ぎボードを出して飲み直した。そこへ、海中から美しい女性が現れる。彼女に一目惚れしてしまうポール。

ホテルの宿泊料は会社が払ってくれるので、飲みたいだけミニチュアボトルの酒を飲んでしまい、ロッターマンに叱られたポール。月曜にはホテルから出ろと言われてしまう。そこへモバーグがやって来て、ロッターマンに未払いの報酬を払えと迫る。編集長はそれを断るも、同僚はスター社を呪ってやると怒鳴って出て行くのだった。

マイアミ市長が来るという話で朝から空港へ来たポール。サンダーソンと共に待っていたが、市長が予定をキャンセル。ポールは誘われるまま、海沿いに建つサンダーソンの豪邸へと向かった。しかし、そこでつい先日ホテルで出会った女性と再会。彼女はシュノーといい、サンダーソンの婚約者だった。

ラム・ダイアリーのあらすじ【承】

月曜日。ホテルを出たポールは一旦、ボブの自宅へ身を寄せることに。彼の部屋はとても広いが、一室に鶏が放し飼いされていた。鶏は雄鶏でボブが大切に育てている闘鶏だった。

ボブのアパートにはモバーグも住んでいる。モバーグは常に酔っぱらっていて、ラム酒に目がない。アパートに蒸留器を持ち込んで、ラム酒の蒸留をするほどである。それも度数は規格外の470度。聞いたこともない。

ポールはニューヨークの暴露を記事にして、ロッターマンに提出した。すると、編集長はポールの執筆ややる気を称賛し、少し前ならそのネタを追っていたが、今はもうその気がほとんどないことを話した。そして、それは叶わない夢だと言うのだった。

ある夜、サンダーソンに招待されてパーティへ参加したポール。そこには元海兵隊の少佐だった人物と不動産王が姿を見せていた。
ポールはサンダーソンの口利きで、彼らから記事の依頼を受ける。ある孤島にホテルを建てる計画で、記事にて民衆の支持を得たいと言う。ポールは返事をしないまま、パーティから辞した。

ボブはシュノーとサンダーソンに深入りするなと言う。言いながら、道に迷って同じ場所を何度も回った。彼はモバーグ特製のラム酒を一口飲んで、ポールへも渡す。度数470度は半端ない威力だった。迷った挙句に地元の食事処に立ち寄った2人だったが、その店には白人を良く思わない地元の連中がたむろしている。サンダーソンのプライベートビーチに侵入しようとして、追い払われていた者達の顔もあった。

ボブとポールは彼らから危険を感じて逃走するも、追いかけられて殺されそうになる。2人は特製ラム酒に火を放ち対抗。止めに来た地元の警官へ火傷を負わせ、更に逮捕へ抗ったために裁判で30日の拘留を言い渡されてしまう。
言葉も通じない土地での刑務所は最悪な事態であったが、サンダーソンの助けでどうにか事なきを得た。

ラム・ダイアリーのあらすじ【転】

帰宅後、すぐに放置して来た車を取りに戻るも、運転席と助手席、ドアが盗まれていた。おまけに天井もない。ボブの車はオンボロになってしまったが、エンジンは無事だったので、ボブの上にポールが乗って運転。だが、昨夜の攻防のせいで車軸が変形してしまい、街に入ったところで謎のバウンド現象が起こる。おかしな動きをしているため、再び警察がサイレンを鳴らして近付いて来る。そうして、ボブとポールは車庫に突っ込んだ。

結局、会議には遅刻してしまったポール。サンダーソンは怒らずに受け入れてくれた。彼らが計画を立てている島は政府の物で、その一部には海軍の演習場があった。政府はカリブ海にあるこの島の借地契約を放棄する予定らしい。まずはそこにホテルを1つ建て、徐々に広範囲へ開発する予定だった。
会議は無事に終了し、ポールは計画へ参加するための書類へサイン。翌日は取材へ向かう予定になった。そこで彼は、成功したら手にする大金を前借りできないか、サンダーソンに相談。彼は快く車と当座の現金を貸してくれる。その代わり、シュノーの迎えを頼むのだった。

真っ赤なオープンカーを借り受けたポール。早速、海辺の豪邸へ行きシュノーを回収。彼女と恋の駆け引きをしながら移動を開始。良い雰囲気になるも、今サンダーソンを裏切るのは得策ではないと思い直し、無事に婚約者の元へ送って行った。

ポールとボブが逮捕された写真が別の新聞の一面に載る。ロッターマンには、すでにバレているだろう。スター社へ来た2人を警察が待っている。このままでは、また逮捕されてしまう。ポールは彼と共にカリブ海へ飛んだ。

例の島へ上陸。建設予定地と模型を見せてもらう。ポールがパンフレットの文章を作成し、ボブが写真を撮ることになった。島は空軍の演習音を除けばとても美しく、サンダーソンの言う通り最高のビーチだった。

翌日はセント・トーマス島のカーニバルへ。広場でシュノーを発見したポールは、サンダーソンのボートへ。だが、彼はボブが計画に参加することをよしとせず、計画から外すように言うのだった。

その夜、バンドの生演奏を聞きに行ったが、シュノーは酔っぱらって婚約者の言うことを聞かない。陽気に弾けて踊り続ける彼女を連れ帰ろうとしたサンダーソンは、店から追い出されてしまう。それに気付いたポールとボブも後を追いかけて店の外へ。以降は中へ入れてもらえず、シュノーは行方不明に。
翌日、サンダーソンへ会いに行くと車の返却を求められた上、計画からも外されてしまう。

ラム・ダイアリーのあらすじ【結】

2人は肩を落としてプエルトリコへ帰国。移動手段が無くなってしまったので、モバーグを頼ってサイドカー付きのバイクを入手した。彼の言う話では、給料をもらいにスター社へ向かったが、ロッターマンも給料も無くなっていたらしい。万事休すである。

そんなある日、ポールの元にシュノーが会いに来る。サンダーソンから彼女の服を全て受け取ったポールは、疲れ果てた様子のシュノーを介抱し距離が縮まる。彼女と良い雰囲気になり、ベッドインする間際。スター社閉鎖の知らせが届く。

ロッターマンは社員に何も残さずに去った。社員達は憤りつつも一様に落ち込みを隠せない。そこで、ポールは諦めずに最終号を発行しようと提案。未だに記者魂を失っていないポールの言葉に賛同者はいなかった。

その後、帰宅するとシュノーが姿を消している。彼女は礼金として1000ドルを置いてニューヨークへ去ってしまったのだった。
ポールとボブとモバーグは、最終号の発行について話し合う。何をするにしても金がないと身動きが取れない。そこで、闘鶏の強者である怪物と呼ばれる鶏に賭けることにした。

3人で怪物を借りた後、モバーグが言う占い師の元へ行ってみる。怪物に祝福を授けてもらい、いざ勝負。祈祷が効いているのか、怪物は驚異的な強さを見せた。
同時刻、残ったモバーグがスター社で印刷の準備を整える予定だったが、電話に出た彼の様子がおかしい。ボブとポールは急いで戻った。

スター社へ向かうとモバーグはいたが、中にあったはずの印刷機が全て無くなっていることが判明。サンダーソンとその取り巻きの仕業だった。
賞金の使い道や、あれこれと案を出してみたが、ポールはふと思いつく。サンダーソンの自慢のボートを腹いせに盗んでやろうと。

ボブとモバーグに見送られながら、ポールはサンダーソンのボートに乗って沖合へと向かうのだった。
彼はその後、ニューヨークへ戻りシュノーと結婚。米国で伝説のジャーナリストと呼ばれるようになる。彼の文章には独特なものがあり、読者を魅了し続けた。

この記事をシェアする