映画『ソーセージ・パーティー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ソーセージ・パーティー」のネタバレあらすじ結末と感想

ソーセージ・パーティーの概要:スーパーマーケット「ショップウェルズ」にいる商品達は、外の世界に楽園があると信じていた。皆客に選ばれカートの中に入れられることを望んでいたのだが、返品を受け外の世界から出戻ってきた商品が、外の世界が恐ろしい場所であると叫び出した。

ソーセージ・パーティーの作品情報

ソーセージ・パーティー

製作年:2016年
上映時間:89分
ジャンル:コメディ、アニメ
監督:コンラッド・ヴァーノン、グレッグ・ティアナン
キャスト:セス・ローゲン、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒル、ビル・ヘイダー etc

ソーセージ・パーティーの登場人物(キャスト)

フランク(セス・ローゲン)
ソーセージ。ブレンダの恋人。苛められている仲間を助ける、心優しい性格。
ブレンダ(クリステン・ウィグ)
ホットドッグのバン。恋人がピンチのときは身を挺して助けに向かう、勇敢な女性。
バリー(マイケル・セラ)
フランクと同じ袋に入っているソーセージ。他のソーセージよりも短くて太いのがコンプレックス。
ビデ男(ニック・クロール)
膣洗浄器。フランクのことを外の世界に行くことを邪魔したフランクに、激しい憎悪を向ける。

ソーセージ・パーティーのネタバレあらすじ

映画『ソーセージ・パーティー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ソーセージ・パーティーのあらすじ【起】

スーパーマーケット「ショップウェルズ」。商品達は自動ドアの外の世界には夢の楽園があると信じ、客に購入されることを望んでいた。スーパーの店員(ダーレン)は自分達を廃棄処分するため、恐ろしい存在だった。ソーセージのフランクは、1日でも早くホットドッグ専用パンのブレンダに挟まって1つになることを望んでいた。今日は「独立記念日セール」が行われているため、外に出られる確率が高かった。

ハニー・マスタードが返品のため、自動ドアの外の世界から出戻ってきた。ハニー・マスタードは「外の世界」に怯えていた。フランクとブレンダは人間に捕まり、カートの中に入れられる。その中に、出戻ってきたハニー・マスタードも入れられる。ハニー・マスタードは外の世界に出るのを嫌がり、カートの外へと身を投げた。フランクとブレンダは袋から飛び出して助けに向かうが、別のカートとぶつかった衝撃で落下してしまう。ハニー・マスタードは地面にぶつかり粉々になった。

フランクとブレンダの他にもカートから落下した商品達がいた。半分ほど亡くなり、膣洗浄器のビデ男は掃除されてゴミに捨てられた。そんな中、2人はベーグルのサミー・ベーグル・ジュニアと中東のパンのカリーム・アブドゥル・ラヴァッシュに出会う。

ソーセージ・パーティーのあらすじ【承】

ビデ男はフランクのせいで外の世界に行けなくなったと恨みえを募らせ、復讐に燃えた。その頃、フランク達は食品棚に戻るためにスーパーの中を歩いていた。途中で酒売り場を通ると、アルコール飲料達が箱から飛び出して騒いでいた。フランクは火酒や長期保存食品に、外の世界のことについて1人で話を聞きに行った。

ブレンダ達はフランクが戻ってこないことを心配していた。すると、テキーラに呼ばれ、フランクがいる場所まで案内すると言われる。だが、それはビデ男の罠だった。ブレンダ達はビデ男に見つかる前にタコスの皮のテレサ・デル・タコに助けられ、逃げ出すことに成功する。

火酒達は「外の世界には天国が待っている」という話は保存食品達が作った嘘であること、本当は人間に食べられて死んでしまうことを明かした。昔は全ての商品達がそのことを知っていたのだが、怯えて泣き叫ぶ声を聞いているのが苦痛になり、保存食品達は嘘の情報を流すことにしたのだ。その頃、人間に購入された食品達は包丁で切られ殺されていた。フランクの友人のソーセージのバリーだけは命からがら抜け出した。

ソーセージ・パーティーのあらすじ【転】

ブレンダ達はビデ男に見つかるが、何とか逃げ出してフランクと再会を果たす。フランクは外の世界の真実について話すが、ブレンダは信じようとはしなかった。2人は喧嘩別れしてしまう。

バリーは仲間に危機を知らせるために、車にしがみついてスーパーに戻ろうとした。だが、辿り着いたのは、麻薬を嗜む青年の家だった。青年は麻薬を使ってハイになり、バリーや他の商品達の言葉が分かるようになった。青年は怯えて叫び声を上げた。バリーは青年を脅し、スーパーまで連れて行ってもらうことにした。しかし、青年が眠ってしまい、起きたときには薬の効果が切れてしゃべれなくなっていた。

ブレンダ達は自分がいた商品の棚にそれぞれ戻っていった。すると、フランクがテレビ中継を行い、外に出れば殺されることを商品達に話した。そして、人間達が食材を食べている絵を見せた。フランクは逃げようと声をかけるが、弱虫と罵ってしまったために商品達の反感を買ってしまう。

ソーセージ・パーティーのあらすじ【結】

ブレンダがカートの中に入れられてしまう。フランクが困っていると、バリーが青年の家で仲良くなった商品達と一緒に現れる。商品達は麻薬を楊枝に付着させ、人間達に撃ち込んでいった。ブレンダを購入した人は麻薬でハイになり、動く食品達を見て叫び声を上げた。フランク達は協力して人間を倒し、ブレンダを取り戻した。

フランクは改めて商品達に外の世界が恐ろしいことを訴えた。その時、麻薬の影響でハイになった人間達が、商品達を襲い始めた。フランク達が死を覚悟したとき、サミーとカリームに助けられる。商品達は人間の恐ろしい姿を見て、フランクの話が真実だと知る。協力して人間達を襲撃した。

ビデ男はダーレンのお尻に突き刺さり、操縦してフランクをやっつけようとした。フランクはビデ男に体を噛まれてしまうが、ブレンダ達に助けられる。商品達はゴミ箱や火を使い、ビデ男とダーレンを外に吹っ飛ばした。フランクとブレンダはお互いの無事を喜び合い、商品達もはしゃいだ。

フランク達は仲間のガムから、この世界は幻で悪趣味な映画好きな者のために作られた「アニメ」であることを教えられる。商品達は俳優や声優の分身に過ぎないのだ。フランク達は全てのかたをつけるため、ガムが作った異次元に移動できるマシンを使って俳優達の元へと飛ぶことにした。

この記事をシェアする