「シークレット・ルーム(2016)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

シークレット・ルーム(2016)の概要:プロの訴訟弁護士、ハワードは妻との喧嘩をきっかけに、屋根裏部屋から家族を監視するようになる。妻や家族との歴史や、これまでの自分を振り返る主人公を通じて、他者の必要性を再確認させてくれる映画。

シークレット・ルームの作品情報

シークレット・ルーム

製作年:2016年
上映時間:109分
ジャンル:サスペンス
監督:ロビン・スウィコード
キャスト:ブライアン・クランストン、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・オマラ、ビヴァリー・ダンジェロ etc

シークレット・ルームの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『シークレット・ルーム(2016)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

シークレット・ルームの登場人物(キャスト)

ハワード・ウェイクフィールド(ブライアン・クランストン)
企業相手の訴訟を専門にする弁護士。ちょっとした口論をきっかけに長年抱えていた夫婦のわだかまりが溢れ出し、屋根裏部屋で監視生活を送ることになる。
ダイアナ・ウェイクフィールド(ジェニファー・ガーナー)
ハワードの妻で博物館に勤めている。以前はダークと付き合っていたが、ハワードがダークについた嘘をきっかけにハワードと結婚した。ハワードが失踪した後も、二人の娘の面倒を見ていたしっかり者。
ダーク・モリソン(ジェイソン・オマラ)
ダイアナの以前の交際相手のビジネスマンで、ハワードとは友人だったが、彼のついた嘘をきっかけにダイアナと破局。現在では一流のビジネスマンとして雑誌に取り上げられるほど出世している。
バープ(へヴァリー・ダンジェロ)
ダイアナの母で、ハワードの義母。夫はすでに他界しているものの、彼の遺産で悠々自適に生活している。ハワードと仲が悪い。

シークレット・ルームのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『シークレット・ルーム(2016)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

シークレット・ルームのあらすじ【起】

やり手の弁護士、ハワード・ウェイクフィールドは電車で帰宅していた。やっと仕事を終え、ほっとしたのも束の間、乗っていた電車が突然停電する。

疲れた体を引きずって、やっとのことで帰宅したハワードは、自宅の前にいた野生のアライグマを追い払ううちに、自宅の物置の屋根裏部屋に入り込んでしまう。

屋根裏部屋の窓からふと自宅を覗き込むと、妻、ダイアナが電話をかけていた。以前、ハワードはダイアナが元交際相手と話していたことに嫉妬したことをきっかけに、喧嘩していたのだった。

電話に出ないハワードに痺れを切らしたダイアナは、ハワードの用意していた夕食をゴミ箱に。その様子をみたハワードは、帰宅せず、家族が寝静まった頃に家に帰ろうと考えた。

しかし、仕事の疲れもあり、椅子に座ると眠ってしまい、気がつくと朝になっていたのだった。

慌てたハワードだったが、今帰宅すると自分の浮気を疑われてしまうと考え、捨ててあった昨夜の夕食で飢えを凌ぎ、妻が仕事に出るまで待つことにする。

シークレット・ルームのあらすじ【承】

双子の娘たちが学校に出かけると、ダイアナはハワードが心配で、職場や友人たちに電話する。その様子を見て面白がっていたハワードだったが。ダイアナが警察に連絡したことにより、事態は深刻に。

警察に事情を話した後、ダイアナが涙している姿を見たハワードは罪悪感を感じたが、ダイアナの母、バープが訪ねてくると再び腹を立てる。彼はバープのことを嫌っていたのだ。

バープと顔を合わせたくないハワードは、それからしばらく屋根裏部屋に立て篭ることに。

手持ちの現金は少なく、痕跡が残るためカードも使えない。食料も底をつき、ゴミ漁りで飢えを凌ぐしかない。こうしてハワードは次第に浮浪者のような姿になっていくのだった。

彼は監視しながら日々を過ごす中で、二人の結婚について回想する。ダイアナは以前、ダーク・モリソンという真面目なビジネスマンと付き合っていた。ダークとハワードは友人であったにも関わらず、ハワードはダイアナに嘘を吹き込んで略奪したのだった。

結婚当初、彼女に対する愛情を実感できていなかったものの、娘たちが生まれると次第にそのことを考えなくなってしまったのだ。

そんなある日、ダイアナと娘たちが車でバカンスに向かう姿を目撃する。自分がいなくとも幸せに生活している家族を見て、ハワードは孤独を噛み締める。

シークレット・ルームのあらすじ【転】

ある日の晩、いつものようにゴミを漁っていたハワードの前に、二人のロシア人が現れる。彼らは浮浪者ではないが、使えそうな粗大ゴミを回収していた。彼らとゴミの取り合いをするハワード。しかし、屈強なロシア人に歯が立たず追いかけられるはめに。

彼はロシア人を撒くためにとある民家に逃げ込む。するとそこにはダウン症の少年ハーバードと、発生障害を持つ少女、エミリーがいたのだった。ハワードは自分の存在を秘密にするよう彼女たちに頼むと、二人は快く了承する。

翌日、二人がハワードの屋根裏部屋を訪ねてくると、人との触れ合いに植えていたハワードは、二人と遊んで過ごす。

その後、ダイアナは再びダンス教室に通い始め、娘たちにはボーイフレンドができる。自分以外の家族たちが幸せに生活している姿を目の当たりにしたハワードは、家族への愛情を再確認する。

季節は流れ、冬になる。あまりの寒さに体調を崩したハワードはエイミーとハーバードに看病してもらう。

なんとか体調も回復した頃、ハワードが外に出ると、偶然同じタイミングで外出しようとしていたダイアナと遭遇。しかし、ダイアナは彼に目もくれず、自分の夫であることに気がつかなかった。

シークレット・ルームの結末・ラスト(ネタバレ)

ダイアナに自分だと気付かれなかったハワードは、監視生活をやめて妻に会いにいくことを考え始めるが、今さら姿を見せて家族に受け入れられるのかわからず、なかなか決心がつかない。

そんなある日、家族の夕食に何者かが招待される。ハワードが一部始終を監視している中、ディナーは開かれ、招待客が姿を現す。その客とはダイアナの元恋人で、ハワードが騙したダーク・モリソンだった。

自分の過去の罪がばらされたと思ったハワードは、もう二人を引き裂こうとはしなかった。

翌日、ハワードは服を買い、散髪して身なりを整え、ニューヨークにあるオフィスに向かう。人で溢れかえる街に動揺しつつも、オフィスの近くの高級店でスーツを購入したハワードは自宅に戻る。

家の窓からダイアナと娘たちがクリスマスの準備をしている様子を見て、再び受け入れてくれるのか不安になったハワードは足を止める。

覚悟を決め、腹を括ったハワードはドアを開け、「ただいま」と告げるのだった。

シークレット・ルームの感想・評価・レビュー

今作の主人公は基本的に社会から断絶しているため、会話のシーンが少ないがボイスオーバーで心理状況を詳しく説明しているため、逆に感情理解がしやすかった。

妬み、怒り、幸せ、喜びなど、人間関係の中で発生するすべての感情を体験する主人公を通じて、人と関わることの難しさや、そこから得られる喜びを学ぶことができた。

人は、一人では肉体的にも精神的にもいけていけないということに改めて気付かされる映画だった。(MIHOシネマ編集部)


本作は、日常に嫌気がさし、あるきっかけで屋根裏部屋から家族を監視する生活を始める訴訟弁護士ハワードを描いたサスペンス作品。
自分がいなくなった家族の様子を観察するのは面白そうだが、最初混乱していた妻も段々普通に過ごしている様子は、夫を思うといたたまれない気持ちになった。
そして、含みを待たせる結末も鑑賞者によって色々な解釈ができて楽しめた。
家族の監視を通して、人の関わりの大切さを気付かせてくれる作品。(女性 20代)

この記事をシェアする