映画『男はつらいよ 柴又慕情』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「男はつらいよ 柴又慕情」のネタバレあらすじ結末と感想

男はつらいよ 柴又慕情の概要:『男はつらいよ』シリーズの第9作目となる作品。北陸の金沢でどこか影のある美人の歌子と知り合った寅さんは、彼女と柴又で再会を果たし、恋の病を患う。マドンナは当時27歳だった吉永小百合。初代おいちゃん役の森川信が亡くなったため、おいちゃんには松村達雄がキャスティングされている。

男はつらいよ 柴又慕情の作品情報

男はつらいよ 柴又慕情

製作年:1972年
上映時間:108分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:山田洋次
キャスト:渥美清、倍賞千恵子、吉永小百合、松村達雄 etc

男はつらいよ 柴又慕情の登場人物(キャスト)

車寅次郎(渥美清)
テキ屋稼業を生業とするヤクザ者で、身内には迷惑ばかりかけているが、純粋な心を持つ愛すべき人物。今回は薄幸な美人の歌子に恋をして、彼女との結婚を夢見る。恋をすると、他のことが何も手につかなくなる。
歌子(吉永小百合)
結婚適齢期を迎えた女性。同僚の女性と3人で北陸を旅行し、金沢で寅さんと知り合う。5年も付き合っている陶芸家の恋人がいるが、父親に反対され、結婚に踏み切れない。両親が早くに離婚したため、ずっと父親の世話をしている。
高見修吉(宮口精二)
歌子の父親。小説家で、非常に気難しい。家のことは何もできず、歌子に任せきり。1人になることを嫌い、娘の結婚に反対している。
さくら(倍賞千恵子)
寅さんの腹違いの妹。満男というまだ幼い息子がいる。今は狭いアパート暮らしだが、近々マイホームを持つ予定。そのために、涙ぐましい努力をしている。歌子の結婚の相談に乗ってやる。
竜造(松村達雄)
寅さんの叔父。2階を貸して、さくら夫婦を援助してやろうと考える優しいおいちゃん。しかし、寅さんとはすぐに喧嘩する。
つね(三崎千恵子)
竜造の妻。欲のない働き者で、わがままな寅さんにも尽くしてくれる。
博(前田吟)
さくらの夫、印刷工場で働く真面目な労働者で、みんなから信頼されている。焼きナスが大好物。
登(津坂匡章)
寅さんの舎弟。寅さんにとっては可愛い弟分で、たまに再会すると、2人で子供のようにはしゃぎ回る。

男はつらいよ 柴又慕情のネタバレあらすじ

映画『男はつらいよ 柴又慕情』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

男はつらいよ 柴又慕情のあらすじ【起】

春が過ぎた頃。東京は葛飾柴又にある帝釈天の山門前で、さくらと御前様が立ち話をしている。御前様は、今年もツバメが帰ってこなかったので、そろそろ山門の巣を片付けようかと悩んでいるらしい。さくらは兄の寅さんとツバメを重ね、帰った時に巣がないとかわいそうだと考える。

その後、帝釈天参道にあるだんご屋の「とらや」を訪れたさくらは、入り口に「貸し間あり」の札がぶら下がっているのを見て、どうしたのかとおいちゃんに尋ねる。おいちゃんとおばちゃんは、マイホームを持つ予定のさくら夫婦に少しでも援助してやりたくて、2階の部屋を貸すことにしていた。さくらは、おいちゃんたちの気持ちに感動する。ただ、その部屋は今まで寅さんが使っていたので、もし寅さんが帰ったら、まずいことになりそうだった。

そんな時に限って、寅さんは必ず帰ってくる。みんなの予想通り、寅さんは「貸し間あり」の札を見て怒り出し、自分で部屋を探すと言って、不動産屋へ行ってしまう。

寅さんは不動産屋へ行けばどうにかなると思っていたが、現実は厳しかった。年中旅暮らしの不安定な商売人で、貯金も財産もない寅さんに、多くの不動産屋は冷たい。それでも、何軒目かに訪れた不動産屋の親父は、いい部屋があると言って、車でその家へ連れて行ってくれる。しかし、親父が紹介してくれたのは、とらやの2階の貸し間だった。これには、寅さんもとらやの一同も唖然とする。

寅さんは意地を張っていたが、さくらたちに宥められ、家に入ろうとする。ところが、親父はこれを契約完了と見なし、6000円の仲介料を払えと言い出す。自分の家へ帰るのになぜ金がいるのかと寅さんは反発するが、親父も譲らない。結局、博が6000円を支払って、親父に帰ってもらう。

その夜、腹の虫が収まらない寅さんは、夕食後も愚痴を言い続ける。あまりのしつこさにおいちゃんも怒り出し、「お前が帰ってくるのは迷惑だ」と言ってしまう。頭にきた寅さんは、貧乏人のくせに自分の家を建てるなんて生意気だと、さくら夫婦を罵倒し始める。夫婦は本気で傷つき、さくらは涙ながらに「どうしてお兄ちゃんは、さくら頑張れよと言ってくれないの」と訴える。これには寅さんも参ってしまい、おばちゃんにお金を渡して、旅へ出てしまう。

男はつらいよ 柴又慕情のあらすじ【承】

商売をしながら、寅さんは金沢にたどり着く。兼六園の近くで商売をした夜、宿へ戻った寅さんは、舎弟の登とばったり会う。久しぶりの再会に2人は盛り上がり、仲居さんまで呼んで、どんちゃん騒ぎを始める。隣の部屋に宿泊していた3人組の女性から苦情が出たので、ようやく宴会は終了するが、寅さんと登は布団の中でも酒盛りを続けていた。

翌朝、寅さんが目を覚ますと、登はすでに旅立っていた。寅さんは、何となく物悲しい気持ちになって宿を出る。

隣の部屋に宿泊していた3人組の女性は、観光を済ませ、一軒の寂れた食堂へ入る。ちょうど奥の座敷では、寅さんが1人で酒を飲んでいた。寅さんは、芝居染みた口調で3人組に声をかけ、故郷の柴又には30年も帰っていないのだと法螺を吹く。3人は寅さんの話を真に受け、そんな人もいるのかと感心する。

寅さんに奢ってもらった3人は、店の外で改めてお礼を言って、一緒に記念写真を撮ってもらう。シャッターを切る瞬間、寅さんは「チーズ」と間違えて「バター」と言ってしまい、3人を爆笑させる。寅さんに親近感を抱いた3人は、その後一緒に観光をして、笑いの絶えない楽しい時間を過ごす。

夕方、寅さんは東京へ帰る3人を見送る。3人の中で1番美人の歌子は、感謝の気持ちを込めて、寅さんにお土産の鈴を手渡す。寅さんは、そんな歌子の気持ちが嬉しかった。

夜遅く、東京へ到着した歌子は、疲れた足取りで父親の待つ家へ帰る。父親の修吉は小説家で、小説を書く以外は何もできない男だった。両親は離婚しており、歌子がそんな修吉の世話をしている。今夜も、歌子は気難しい修吉に気を遣いながら、すぐに家の片付けを始める。

男はつらいよ 柴又慕情のあらすじ【転】

それからしばらくして、寅さんが柴又へ帰ってくる。とらやへ帰る前、江戸川沿いをぶらついていた寅さんは、金沢で会った歌子以外の2人と再会する。2人は、寅さんが30年ぶりに故郷へ戻ったのだと思い込み、一緒にとらやを探そうと言い出す。寅さんは、あれは全部作り話だとも言えず、一緒にとらやを探す振りをする。

参道でとらやを見つけた2人は、おいちゃんとおばちゃんに「車寅次郎さんをご存知ないですか?」と真顔で尋ねる。仕方がないので、寅さんも30年ぶりに身内と会った芝居をしてみるが、あまりのバカバカしさにやめてしまう。結局、これは笑い話となり、みんなで大笑いする。2人から、歌子の話を聞いた寅さんは、どこか薄幸な歌子に会いたくなる。

翌日、寅さんが帰っていると知って、歌子がとらやを訪ねてくる。最初は緊張気味だった寅さんも、そのうち調子が出てきて、いつものように茶の間で盛り上がる。しかし、歌子に「寅さんはどうして結婚なさらないの?」と質問され、寅さんはしどろもどろになってしまう。一同は、そんな寅さんを見て爆笑する。

気難しい父親と暮らしている歌子は、とらやの賑やかなもてなしに心から感動し、何度も「来て良かった」と言っていた。歌子はよほど嬉しかったのか、帰宅後もわざわざ電話してきて、寅さんに「また行く」と約束する。寅さんは、完全に舞い上がっていた。

実は、歌子には5年も付き合っている恋人がいるが、修吉に反対され、なかなか結婚に踏み切れずにいた。歌子は、修吉が機嫌の良さそうな時を見計らい、もう一度恋人に会って欲しいと頼んでみる。しかし、その話をすると修吉は不機嫌になり、「結婚したきゃ勝手にしろ」と言い捨てる。歌子はとても悲しくなり、1人でさめざめと涙を流す。

男はつらいよ 柴又慕情のあらすじ【結】

寅さんは、1日中、家で歌子を待ち続け、ため息ばかりついていた。そんなある日、みんなが自分の噂話をしているのを聞いてしまった寅さんは、いじけて旅へ出ようとする。ところが、そこへ歌子が現れたので、すっかり機嫌が直る。みんなは、やっと来てくれた歌子を歓迎する。

食事の後も話が弾み、歌子は自分の失恋について語り始める。歌子は、婚約者に「結婚したら、君はバラの手入れだけしとけばいいんだよ」と言われ、結婚をやめた過去があった。さくらは、何となく歌子の様子がおかしいと感じ、今日は泊まっていくように勧める。

さくらと2人になった歌子は、最初から泊めてもらうつもりで来たのだと打ち明ける。歌子は結婚のことで父親と衝突し、置き手紙を残して家を出ていた。

翌日、寅さんは上機嫌で歌子と楽しい時間を過ごし、また夕食の時間になる。寅さんは一緒に晩御飯を食べるつもりだったが、歌子はさくらの家へ行ってしまう。寅さんは、歌子が自分のことを相談するのだと勘違いし、快く彼女を見送る。

歌子はさくら夫婦に、ずっと1人で悩んできた結婚問題について相談する。歌子の恋人は、愛知県の田舎で焼き物をしている陶芸家で、彼と結婚したら、歌子は東京を離れることになる。どうやら修吉は、頼りにしてきた歌子と離れるのが寂しくて、2人の結婚に反対しているらしい。

話を聞いた博は、お父さんのために結婚を諦めても誰も幸せになれないし、お父さんはちゃんと耐えて生きていくはずだと歌子の背中を押す。さくらも、好きだという気持ちがあれば大丈夫だと歌子を励ましてやる。歌子は、とてもいい話ができたと喜んでいた。

ちょうど寅さんが迎えに来てくれたので、歌子はさくら夫婦にお礼を言って、とらやへ帰る。帰る道々、歌子は寅さんに、恋人と結婚する決心がついたので、明日、彼に会いに行くと打ち明ける。歌子は泣きじゃくりながら、「もし私が幸せになれたら、それは寅さんのおかげよ」と寅さんに感謝する。寅さんは失恋の痛みを隠し、「決心できて良かったな」と歌子を祝ってやる。そして、翌日、寅さんも旅に出る。

夏の盛り。娘が世話になったからと、修吉がとらやを訪ねてくる。修吉は不自由しながらも、何とか1人で暮らしているらしい。愛知へ行った歌子は、毎日汗だくになって、彼の仕事を手伝っていた。寅さんは1度だけ歌子の様子を見に行ったが、ちょうど歌子は留守にしていた。歌子はさくら宛のハガキに「寅さんに会いたい」と書いていた。

その頃、寅さんは、田舎の河原で用を足していた登と再会し、2人で連れ立って旅を続けるのだった。

この記事をシェアする