映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のネタバレあらすじ結末と感想

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの概要:大人気コミック『進撃の巨人』がまさかの実写映画化。登場人物やストーリーを改変した、オリジナルストーリーで話題となった。もう一つの『進撃の巨人』にあたる今作も要チェック。

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの作品情報

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

製作年:2015年
上映時間:98分
ジャンル:アクション
監督:樋口真嗣
キャスト:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多 etc

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの登場人物(キャスト)

エレン(三浦春馬)
壁の中に暮らす少年。壁の外の世界に憧れ、調査団に加入する。
シキシマ(長谷川博己)
人類最強と称される男。一人で何体の巨人を狩っている。
ミカサ(水原希子)
エレンの幼馴染。2年前の巨人の強襲により命を落としたと思われていたが…?
アルミン(本郷奏多)
エレンの幼馴染。頭が良く、エレンと共に調査団に加入する。
ヒアナ(水崎綾女)
エレン達と同じ調査団に所属する隊員。
ハンジ(石原さとみ)
調査団に所属しながら、巨人に並々ならぬ興味を抱く隊員。

進撃の巨人 ATTACK ON TITANのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

進撃の巨人 ATTACK ON TITANのあらすじ【起】

かつて栄華を誇った人類だが、突如として現れた巨人の猛攻を受け、その数を多いに減らしていた。そして、それから100年が経った頃。人類は巨人から身を守るために、3つの壁を築きその中で生活を営んでいた。エレン、ミカサ、アルミンという幼馴染もその一部である。

しかし、彼らはそんな塀に囲まれた生活を良しとは思っていなかった。彼らは、壁の外の世界に憧れたのである。彼らの夢は、いつか外の世界に出て『海』と呼ばれる場所を見ることだった。しかし、大人達はそんな彼らを許さない。ある日、かつて多大な犠牲を出したために中止になっていた壁外調査隊という組織の復活が決定した。エレンは、その組織に所属すれば壁の外の世界に行けると考える。

しかし、ちょうどその頃だった。今までに見たこともないほど巨大な巨人が現れ、100年もの間人類を守ってきた壁を打ち砕いたのである。その後、大型巨人は姿を消すが、その空いた穴から次々と巨人達が街へと侵入してきた。

進撃の巨人 ATTACK ON TITANのあらすじ【承】

慌てて警備員達が巨人に武器を向けるものの、人間の力はあまりにちっぽけで、巨人には全く効果がない。そして、街のいたる場所で次々と人間が巨人によって捕食されていくのだった。アルミンの父親もその一人だった。

ミカサは、パニックに陥った街の中で赤ん坊を拾う。その赤ん坊を助けようとしたミカサの近くに、一体の巨人の影が近づいていた。全てが落ち着いた頃、エレンはミカサの姿を探すものの、ミカサの姿はどこにも見つからないのだった。

その悲劇の日から、2年が経過した。エレンとアルミンは、調査団に所属していた。彼らの目的は、破壊された壁を修復すること。しかし、その作戦はなかなかうまくいかず、多くの犠牲者を出していた。調査団に所属する兵は、立体機動装置という武器を使用することで、なんとか巨人に渡り合っていた。そして、人間の中にも圧倒的な力を誇り、次々と巨人を狩っている男がいた。シキシマという人類最強の男である。また、彼の元には近年名を挙げている、シキシマに次ぐ実力を持つ女性がいるという。

進撃の巨人 ATTACK ON TITANのあらすじ【転】

そして、とうとう壁修繕作戦の開始日がやってきた。日中に比べ、巨人の動きは夜になると鈍くなるため、調査団は夜に移動を開始した。しかし、途中でメンバーの一人、ヒアナが子供の声に気づく。助けなければ、とヒアナは正義感から飛び出していった。しかし、なんとそれは子供の巨人の泣き声だったのだ。思いもしなかった光景に声を上げてしまったヒアナに、巨人が気づく。そして、巨人の調査団に対する攻撃が始まったのだ。なんとか仲間同士助け合いながら逃げ惑う調査団だったが、行く手を巨人に阻まれてしまう。

絶体絶命の時、現れたのがシキシマだった。シキシマは巨人の弱点であるうなじ部分に攻撃をすると、華麗に巨人を倒してみせた。そして、シキシマは例の女性部下を連れていた。それこそが、死んだと思われていたミカサだったのだ。ミカサが生きていたことを喜ぶエレンだったが、ミカサは既にエレンの知っているミカサではなかった。助けようとした赤ん坊は死に、彼女自身も死の恐怖を味わされたことから、深い憎しみを巨人に抱いていたのである。

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの結末・ラスト(ネタバレ)

自分の知っている姿とは違うミカサに、エレンはショックを受ける。ヒアナはそんなエレンに声をかけるが、その直後、ヒアナが巨人によって食べられてしまう。気がつかないうちに、彼らは巨人達に囲まれていたのだった。

シキシマとミカサが先頭だって巨人達と戦い、エレン達も必死にそれに続いた。しかし、次々と調査団に犠牲が出ていく。そして、なんと巨人の魔の手がアルミンにも伸びたのだ。幼馴染であるアルミンを見捨てることができないエレンは、食べられそうになっているアルミンをなんとか助け出す。しかし、なんとその代わり、エレン自身が巨人に食べられてしまったのだ。

歯で砕かれたわけではないエレンは、巨人の胃の中で生きていた。自身が消化されていくことを自覚しながら、エレンの心の中には巨人に対する憎しみの感情が渦巻いていた。「全ての巨人を駆逐する」、そう強く願った瞬間だった。なんと、エレンを食べた巨人の中から、違う巨人が出てきたのだ。そして、その巨人は他の巨人を次々と襲っていく。ミカサがその巨人のうなじを切り取ると、中からエレンが出てきた。なんと、エレンが巨人となり、他の巨人達と戦っていたのである。

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの感想・評価・レビュー

原作の漫画が大好きで、アニメに続き、映画を観た。
配役やCGなど、前評判がとても良かったので期待していたが、一番楽しみにしていたリヴァイ兵長が映画の中に存在せず、がっかりした。
また、原作とは違った展開はともかくとして、戦闘員同士がいちゃつくシーンが多い気がする。
この描写は必要なのか、意図しているところが掴めなかった。
前編後編で分かれているが、分ける程、続編に内容があるのか、疑問に感じる締めくくりだった。(女性 30代)


原作の漫画とはストーリーが異なるものとなっている。
登場人物も原作の人物+オリジナルキャラクターが登場する。
調査兵団や、巨人の駆逐、エレンとミカサの関係性など、原作に沿った部分もあるが、後半に登場するシキシマ(リヴァイ兵長の代わり?)という人物の思想に基づく行動など、映画オリジナルの展開に少し頭が混乱してしまう。
がしかし、巨人の不気味な存在感の再現はとてつもない程高く、人間の捕食シーンなども期待以上で面白かった。
内容は全て続編の為の布石で終了する作品である。(男性 30代)

関連作品

次作 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブザワールド

この記事をシェアする