映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の概要:大人気コミック『進撃の巨人』がまさかの実写映画化。登場人物やストーリーを改変した、オリジナルストーリーで話題となった。もう一つの『進撃の巨人』にあたる今作も要チェック。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の作品情報

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

製作年:2015年
上映時間:98分
ジャンル:アクション
監督:樋口真嗣
キャスト:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多 etc

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の登場人物(キャスト)

エレン(三浦春馬)
壁の中に暮らす少年。壁の外の世界に憧れ、調査団に加入する。
シキシマ(長谷川博己)
人類最強と称される男。一人で何体の巨人を狩っている。
ミカサ(水原希子)
エレンの幼馴染。2年前の巨人の強襲により命を落としたと思われていたが…?
アルミン(本郷奏多)
エレンの幼馴染。頭が良く、エレンと共に調査団に加入する。
ヒアナ(水崎綾女)
エレン達と同じ調査団に所属する隊員。
ハンジ(石原さとみ)
調査団に所属しながら、巨人に並々ならぬ興味を抱く隊員。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のあらすじ【起】

かつて栄華を誇った人類だが、突如として現れた巨人の猛攻を受け、その数を多いに減らしていた。そして、それから100年が経った頃。人類は巨人から身を守るために、3つの壁を築きその中で生活を営んでいた。エレン、ミカサ、アルミンという幼馴染もその一部である。

しかし、彼らはそんな塀に囲まれた生活を良しとは思っていなかった。彼らは、壁の外の世界に憧れたのである。彼らの夢は、いつか外の世界に出て『海』と呼ばれる場所を見ることだった。しかし、大人達はそんな彼らを許さない。ある日、かつて多大な犠牲を出したために中止になっていた壁外調査隊という組織の復活が決定した。エレンは、その組織に所属すれば壁の外の世界に行けると考える。

しかし、ちょうどその頃だった。今までに見たこともないほど巨大な巨人が現れ、100年もの間人類を守ってきた壁を打ち砕いたのである。その後、大型巨人は姿を消すが、その空いた穴から次々と巨人達が街へと侵入してきた。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のあらすじ【承】

慌てて警備員達が巨人に武器を向けるものの、人間の力はあまりにちっぽけで、巨人には全く効果がない。そして、街のいたる場所で次々と人間が巨人によって捕食されていくのだった。アルミンの父親もその一人だった。

ミカサは、パニックに陥った街の中で赤ん坊を拾う。その赤ん坊を助けようとしたミカサの近くに、一体の巨人の影が近づいていた。全てが落ち着いた頃、エレンはミカサの姿を探すものの、ミカサの姿はどこにも見つからないのだった。

その悲劇の日から、2年が経過した。エレンとアルミンは、調査団に所属していた。彼らの目的は、破壊された壁を修復すること。しかし、その作戦はなかなかうまくいかず、多くの犠牲者を出していた。調査団に所属する兵は、立体機動装置という武器を使用することで、なんとか巨人に渡り合っていた。そして、人間の中にも圧倒的な力を誇り、次々と巨人を狩っている男がいた。シキシマという人類最強の男である。また、彼の元には近年名を挙げている、シキシマに次ぐ実力を持つ女性がいるという。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のあらすじ【転】

そして、とうとう壁修繕作戦の開始日がやってきた。日中に比べ、巨人の動きは夜になると鈍くなるため、調査団は夜に移動を開始した。しかし、途中でメンバーの一人、ヒアナが子供の声に気づく。助けなければ、とヒアナは正義感から飛び出していった。しかし、なんとそれは子供の巨人の泣き声だったのだ。思いもしなかった光景に声を上げてしまったヒアナに、巨人が気づく。そして、巨人の調査団に対する攻撃が始まったのだ。なんとか仲間同士助け合いながら逃げ惑う調査団だったが、行く手を巨人に阻まれてしまう。

絶体絶命の時、現れたのがシキシマだった。シキシマは巨人の弱点であるうなじ部分に攻撃をすると、華麗に巨人を倒してみせた。そして、シキシマは例の女性部下を連れていた。それこそが、死んだと思われていたミカサだったのだ。ミカサが生きていたことを喜ぶエレンだったが、ミカサは既にエレンの知っているミカサではなかった。助けようとした赤ん坊は死に、彼女自身も死の恐怖を味わされたことから、深い憎しみを巨人に抱いていたのである。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の結末・ラスト(ネタバレ)

自分の知っている姿とは違うミカサに、エレンはショックを受ける。ヒアナはそんなエレンに声をかけるが、その直後、ヒアナが巨人によって食べられてしまう。気がつかないうちに、彼らは巨人達に囲まれていたのだった。

シキシマとミカサが先頭だって巨人達と戦い、エレン達も必死にそれに続いた。しかし、次々と調査団に犠牲が出ていく。そして、なんと巨人の魔の手がアルミンにも伸びたのだ。幼馴染であるアルミンを見捨てることができないエレンは、食べられそうになっているアルミンをなんとか助け出す。しかし、なんとその代わり、エレン自身が巨人に食べられてしまったのだ。

歯で砕かれたわけではないエレンは、巨人の胃の中で生きていた。自身が消化されていくことを自覚しながら、エレンの心の中には巨人に対する憎しみの感情が渦巻いていた。「全ての巨人を駆逐する」、そう強く願った瞬間だった。なんと、エレンを食べた巨人の中から、違う巨人が出てきたのだ。そして、その巨人は他の巨人を次々と襲っていく。ミカサがその巨人のうなじを切り取ると、中からエレンが出てきた。なんと、エレンが巨人となり、他の巨人達と戦っていたのである。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の感想・評価・レビュー

原作の漫画が大好きで、アニメに続き、映画を観た。
配役やCGなど、前評判がとても良かったので期待していたが、一番楽しみにしていたリヴァイ兵長が映画の中に存在せず、がっかりした。
また、原作とは違った展開はともかくとして、戦闘員同士がいちゃつくシーンが多い気がする。
この描写は必要なのか、意図しているところが掴めなかった。
前編後編で分かれているが、分ける程、続編に内容があるのか、疑問に感じる締めくくりだった。(女性 30代)


原作の漫画とはストーリーが異なるものとなっている。
登場人物も原作の人物+オリジナルキャラクターが登場する。
調査兵団や、巨人の駆逐、エレンとミカサの関係性など、原作に沿った部分もあるが、後半に登場するシキシマ(リヴァイ兵長の代わり?)という人物の思想に基づく行動など、映画オリジナルの展開に少し頭が混乱してしまう。
がしかし、巨人の不気味な存在感の再現はとてつもない程高く、人間の捕食シーンなども期待以上で面白かった。
内容は全て続編の為の布石で終了する作品である。(男性 30代)


設定もキャラも全く違うので、原作ファンとしては違和感があるところが多かった。特に、リヴァイ兵長に当たる役はシキシマなのかなと思ったが、リヴァイ兵長としての要素は巨人を狩る能力が高いところ以外ほとんどない。ミカサにおいては、エレンとの関係性や性格にだいぶズレがあるので少し残念。

本作は、原作のことは忘れて見たほうがいいのだろう。ただ、街並みやアクションシーンは安っぽくなく、リアルでとてもよくできていたと思う。(女性 20代)


原作がコミックの実写化はどうしても原作と比較して見てしまいます。
闘争心丸出しのはずのエレンが、ミカサへの恋心が前面に出ていたり、女性に迫られたりというのは、あまりにもギャップが大きく、ちょっと残念な感じでした。ミカサも寡黙なところが良さと思っていたので、劇中のミカサはよくしゃべるのでイメージと違い、かっこよさが減少でした。
石原さとみが演じたハンジは、ドタバタっとしていてコミカルな感じがイメージと一致していて、唯一の救いでした。(男性 40代)


漫画を知っていたからこそ、実写化なんて出来るのだろうかと疑問に思っていたが、そんな心配は無用であった。巨人が人間を捕食するシーンの不気味さや恐怖感は漫画よりも強く感じた。ここまで実写できるのかと驚いたものだ。

また、漫画の内容と違う部分が多々あるため、漫画を知り尽くしていても楽しめるうえ、漫画に忠実な部分もあり、比較しながら映画を存分に味わうことが出来る。

見応えたっぷりな俳優陣のおかげで映画により味が出ている。実力俳優陣ばかりだが、やはり巨人に目が行ってしまうのは私だけだろうか。(女性 20代)


諌山創の大人気マンガの実写化。人間を捕食する得体の知れない巨人から身を守るため、周囲に何重もの壁を作って暮らしている人間たちの物語だ。
人気マンガとあって、実写化には様々な意見があるが、リアリティーのある恐怖が視聴者をドン底に叩き込み、壁の高さを越えた巨人が、顔を覗かせるシーンなどは圧巻である。
また、「立体機動装置」をアクションでどのように盛り込むか楽しみであったが、その期待以上にスピード感が出ていた。
実写化ならではの臨場感が楽しめた映画である。(男性 40代)


『進撃の巨人』を実写化…!?とかなり冷ややかな目で見ていましたが、見てみるとああなるほどと納得出来る作品になっていました。原作とは異なるキャラクター、展開になっているので別物として考えた方が楽しめると思います。
逆に、アニメや漫画を見ていない人が見やすい作りになっていました。原作ファンにとっては納得のいかない作品だと思いますが、そこまで思い入れのない私は意外と楽しめました。
巨人のビジュアルはアニメ版より気持ち悪くて怖かったので、苦手な方は注意してくださいね。(女性 30代)

関連作品

次作 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブザワールド

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アクション映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました