映画『親切なクムジャさん』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「親切なクムジャさん」のネタバレあらすじ結末と感想

親切なクムジャさんの概要:6歳の男児の誘拐・殺人の罪で13年間服役した美しい女性・クムジャ。彼女は復讐を果たすために、監獄の中で囚人たちを仲間につける。パク・チャヌク監督による復讐三部作の最終作にあたる。

親切なクムジャさんの作品情報

親切なクムジャさん

製作年:2005年
上映時間:114分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:パク・チャヌク
キャスト:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク、クォン・イェヨン、オ・ダルス etc

親切なクムジャさんの登場人物(キャスト)

イ・クムジャ(イ・ヨンエ)
6歳の男児・ウォンモの誘拐・殺人の罪で1991年から2004年まで服役。美しく親切なクムジャは、周りの者を虜にした。しかし、それは全て13年前の復讐を果たすための演技であった。出所後はケーキ屋に勤める。
キム・ヤンヒ(ソ・ヨンジュ)
売春宿の元締めを殺した罪で1998年から2002年まで服役。出所後は美容師になる。クムジャに恋愛感情を抱いている。
ウ・ソヨン(キム・ブソン)
夫婦で銀行強盗をした罪で1990年から1996年まで服役。服役中に慢性腎不全で倒れた彼女は、クムジャから腎臓を提供してもらう。出所後は夫婦で鉄工所を営む。
コ・ソンスク(キム・ジング)
1967年から1991年まで服役していた、認知症の元北朝鮮スパイ。刑務所の厄介者だが、クムジャが彼女の世話係を申し出る。クムジャに法句経を譲る。
オ・スヒ(ラ・ミラン)
姦通罪で1993年から1994年まで服役。魔女と呼ばれる囚人から性的虐待を受けていたところ、クムジャに助けられる。出所後は彫刻家になる。
魔女(コ・スヒ)
浮気した夫と相手の女を食べたとされる、太った女囚人。監獄で「魔女」と呼ばれ、皆から疎まれている。
クンシク(キム・シフ)
クムジャの勤めるケーキ屋のバイトの青年。クムジャが殺したとされる少年が生きていれば同い年。純粋な性格。クムジャに思いを寄せる。
ペク(チェ・ミンシク)
英語塾の教師。教育実習生だった18歳のクムジャを妊娠させる。今はイジョンと結婚している。
パク・イジョン(イ・スンシン)
詐欺罪で1998年から1999年まで服役。魔女からいじめられていたところ、クムジャに助けられる。出所後はクムジャの指示でペクと結婚する。
ジェニー(クォン・イェヨン)
クムジャの娘。クムジャの収監中にオーストラリアへ養子に出される。自分を捨てた母のことは許せないが、クムジャと共に韓国へ行くことを望む。

親切なクムジャさんのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『親切なクムジャさん』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

親切なクムジャさんのあらすじ【起】

13年前、ウォンモ君誘拐事件で逮捕されたのは、20歳の美しい女性・イ・クムジャであった。

出所したクムジャは、監獄で仲良くなったキム・ヤンヒの元へ行った。彼女は売春宿の元締めを殺した罪で捕まり、クムジャと出会った。出所後ヤンヒは美容師となり、クムジャを自分の店に連れて行った。クムジャに恋愛感情を抱くヤンヒだが、クムジャの態度は冷たい。

クムジャは自分が殺したとされるウォンモの両親に会いに行き、彼らの目の前で自分の小指を切断した。

指に包帯を巻いたクムジャは、新しい職場のナルセというケーキ屋で店長と話している。彼女は真っ赤なアイシャドウを引き、それまでの薄化粧で優しい雰囲気とは違う。

夫婦で銀行強盗をして捕まっていたウ・ソヨンは、出所後夫と鉄工所を営んでいる。クムジャは鉄工所へ行き、法句経の裏に描かれた拳銃の設計図を見せた。

監獄にいた頃、クムジャは認知症の元北朝鮮スパイで刑務所の厄介者・コ・スンソクの世話役を買って出た。彼女はクムジャに感謝し、お礼として法句経を譲ったのだった。

親切なクムジャさんのあらすじ【承】

姦通罪で捕まったオ・スヒは、「魔女」と呼ばれる太った女囚人に気に入られ、浴室で性的虐待を受けていた。クムジャは浴室の入り口に石鹸を伸ばし、帰ろうとする魔女を転ばせた。

ある日、クムジャの元担当刑事が偶然ナルセへやってきた。ナルセで働く青年・クンシクに尋ねられ、クムジャは自分が人殺しだという話をする。

事件当時、クムジャが「自分が殺した」と言っても刑事はなかなか信じなかった。刑事が、ウォンモの宝物で未だ見つかっていないビー玉の色を聞くと、クムジャは「黄緑色」と答えた。そこにオレンジ色の卓球玉が飛んでくる。

クムジャの逮捕時、丘の上には赤ちゃんを抱いた男がいる。クムジャと目が合うと、その男は何か合図した。

時は遡り、18歳のクムジャは、教育実習でお世話になったペク先生へ電話をかけ、妊娠したから一緒に住みたいと告げた。

クムジャはクンシクを家に誘い、事件の真相を話し始める。13年前、ペクがウォンモを誘拐し殺していた。しかし、クムジャとウォンモの目撃情報が出ると、ペクはクムジャの娘を誘拐し、「罪を被らなければ娘を殺す」とクムジャを脅したのだという。

親切なクムジャさんのあらすじ【転】

クムジャは、娘のジェニーがオーストラリアにいることを突き止め、会いに行く。母に会えたジェニーは喜び、韓国へ行きたいと言った。クムジャは激しく反対したが、ジェニーの熱意に負けた。

クムジャはソヨン夫妻から完成した拳銃を受け取った。

英語塾で働くペクの家には、若い妻・イジョンがいる。パク・イジョンは詐欺罪で捕まっていた。彼女も魔女にいじめられていたが、クムジャが魔女に漂白剤入りの食事を与えて殺した。クムジャは「魔女」の名を受け継いだが、「親切なクムジャさん」の名も健在であった。クムジャに恩のある囚人たちは、出所してから彼女の復讐に協力をした。

作戦の打ち合わせをするクムジャとイジョンの姿を、遠くから伝道師が盗撮している。伝道師はペクに雇われていた。

クムジャとの繋がりに気づいたペクは、男を二人雇い、イジョンの帰りを待ち伏せしている。

クムジャとジェニーはペクの家の前で男たちに襲われるが、クムジャが銃で反撃した。彼女たちがペクの家へ上がると、椅子に縛られ顔中血だらけのイジョンと、ご飯を口に入れながら倒れているペクがいた。クムジャはペクの手足を縄で拘束した。

親切なクムジャさんの結末・ラスト(ネタバレ)

クムジャとイジョンは、気を失ったままのペクと眠ってしまったジェニーを車に乗せて、山奥の廃校へ向かった。

ペクに銃を突きつけながら、クムジャは母としてのジェニーへの想いを語った。ペクは二人の通訳をする。ジェニーを外に出しペクを殺そうとするが、クムジャはなかなか引き金を引けない。すると、ペクの携帯電話のアラームが鳴り、クムジャが携帯を取り上げた。それにはいくつかのストラップが付いており、オレンジ色のビー玉もあった。

クムジャは刑事にペクの携帯を差し出した。ウォンモの他に4人の子供が犠牲になっていたことが分かったのだ。ペクの家からは泣き叫ぶ子供のビデオが見つかった。

クムジャは被害者児童の親を廃校に集め、ビデオを流した。親たちはその場で話し合い、ペクをみんなで殺すことにした。ナイフなどの凶器を持った彼らは、順番で部屋に入りペクを刺した。みんなで山に穴を掘りペクの死体を置くと、クムジャは死体に向かって2発撃った。

復讐を果たしたクムジャだが、彼女の心は救われなかった。クムジャは複雑な思いを抱え家に帰ると、ジェニーが抱きしめてくれた。

関連作品

前作 オールド・ボーイ(2003)

この記事をシェアする